ファチマの聖母の会 さん プロフィール

  •  
ファチマの聖母の会さん: ファチマの聖母の会・プロライフ
ハンドル名ファチマの聖母の会 さん
ブログタイトルファチマの聖母の会・プロライフ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fatimanoseibo
サイト紹介文ファチマの聖母とプロライフは関係があります。胎児の命を守るために。日本でもマーチフォーライフ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 176日(平均3.8回/週) - 参加 2017/05/29 21:31

ファチマの聖母の会 さんのブログ記事

  • 怖すぎる未来の年表
  • 怖すぎる未来の年表…「3年後、女性の2人に1人が50歳以上に」より引用●1992年に205万人だった18歳人口は、2018年頃(121万人)から激減する。2032年には100万人を割ることが『確定』している。●2020年には女性の過半数が50歳以上になるのが事実。子供を産める女性自体が不足。●2022年には「団塊の世代」が75歳=後期高齢者に突入。2025年には後期高齢者の人口全体に占める割合は18%に達する。●東京圏(東京、千葉、神奈川、埼 [続きを読む]
  • 革命家のカテキズムーネチャーエフーFatima
  • セルゲイ・ゲンナジエヴィチ・ネチャーエフの革命家のカテキズムからの引用カッファラ枢機卿は「天主とサタンとの最後の戦いは、婚姻と家庭に関わるものであるとシスター・ルシアが言った」と証言した。サタンは天主の創造の業を完全に破壊しようとする。殺人は、天主の似姿を破壊する反創造である。サタンは、堕胎と同性愛の嘘を進めて、創造の二つの最も重要な柱を破壊しようとする。サタンの最終の目的は、「反創造を作り上げる [続きを読む]
  • メキシコシティ: 礼拝が増すにつれ、暴力が劇的に減少
  • ●2008年から2010年まで、メキシコ北部のフアレス市は、世界で最も危険な都市の一つだった。しかし今とても安全と考えられている。その変化は聖体礼拝のためだ。「教会が昼も夜も神を礼拝する時、街は変容する。」●聖体礼拝を始めた直後から殺人率が劇的に低下し始めた。2010年から2015年の間に、殺人件数は3,766人から僅か256人に減少した。●絶望した小教区の一つが宣教師たちに絶え間ない聖体礼拝を頼んだ。「イエズス様だけが [続きを読む]
  • シスター・ルシアの第二の手記の日本語訳  Ⅱ. ご出現 15. 背の高い訪問者
  • シスター・ルシアの手記の日本語訳(続き)第二の手記II. 御出現15. 背の高い訪問者もしも私の間違いでないなら、この月の間に、或る一人の若者が私の家に来ました [注23] 。彼は背があまりに高かったので、私は恐れで震えました。その人が私を探して玄関をくぐって入るのに身をかがめなければならなかったのを見たとき、私はこの人はドイツ人に違いないと思いました。当時、戦争の時だったので、大人たちは子供たちを怖がらせよう [続きを読む]
  • 金正恩の大暴走をロシアが手放しで喜ぶワケ
  • 金正恩の大暴走をロシアが手放しで喜ぶワケ米国には目障りな中国・ロシア戦線http://toyokeizai.net/articles/-/179568●北朝鮮が長距離弾道ミサイル(ICBM)実験を行ったことによる最も恐ろしい影響は、中国の習近平国家主席と、ロシアのウラジミール・プーチン大統領が、北朝鮮危機に対し共同戦線を張ることに合意したこと。この戦線の標的は米国。●米国は「かつてないほど強いロシア―中国戦線に直面している。」●「中国とロシ [続きを読む]
  • シスター・ルシアの第二の手記の日本語訳  Ⅱ. ご出現 13. 9月13日
  • シスター・ルシアの手記の日本語訳(続き)第二の手記II. 御出現13. 9月13日9月13日が近づいてきました。私が既に申し上げたことに付け加えて、聖母は私たちにこの日にこう言われました。「天主はあなたたちの犠牲を喜ばれています。しかし主はロープを付けて寝るのをお望みになりません。ロープは日中だけ身に着けなさい。」言う必要はありませんが、私たちは直ちに主の命令に従いました。1ヶ月前、私たちの主が通常のことを超え [続きを読む]
  • シスター・ルシアの第二の手記の日本語訳  Ⅱ. ご出現 12. 償いと苦しみ
  • シスター・ルシアの手記の日本語訳(続き)第二の手記II. 御出現12. 償いと苦しみ数日後、私たちが羊らと一緒に道を歩いていると、馬車からロープが落ちているのを見つけました。私はそれを取り上げて、遊ぶつもりで、腕の周りを縛りました。しばらくするとロープが痛いと言うことに気づきました。「ほらっ、これ痛いよ!」と私は従姉妹たちに言いました。「私たち、これを腰の周りに縛って、これを天主様への犠牲として捧げようよ [続きを読む]
  • プーチンはなぜ「北」を守るのか?
  • 金正恩暴走の影にロシアの支援あり、プーチンはなぜ北を守るのか」(北野幸伯:国際関係アナリスト)からの引用●北朝鮮の核・ミサイル開発への国際的な非難が高まるなか、ロシアは北朝鮮を経済面で支えている。●ロシアが北朝鮮に主に輸出する石油製品はガソリンとディーゼル燃料で、それらの輸出量は年間20万〜30万トンに達している。ただ、多くは中国向けとして輸出され、最終的に北朝鮮に運びこまれるため、統計に反映されない [続きを読む]
  • 北朝鮮のミサイル開発、ロシアが支援で金儲け…
  • 北朝鮮のミサイル開発、ロシアが支援で金儲け…石油製品輸出も倍増(文=渡邉哲也/経済評論家)からの引用●「戦争前夜」の様相を呈してきた北朝鮮情勢●北朝鮮製の兵器はロシアン・マフィアを通じて海外の“顧客”に流れている●北朝鮮のミサイルに使用されている部品の多くは、ロシア経由で入っている。●ロシアがウクライナの工場で生産した部品を北朝鮮に売り、北朝鮮はその部品を使ってミサイルを組み立てる。そして、発射実験 [続きを読む]
  • 第二次朝鮮戦争を準備する
  • イギリスの王立統合防衛・安全保障研究所(RUSI)のMalcolm Chalmers教授の書いた Preparing for War in KoreaからRUSI は、Royal United Services Institute for Defence and Security Studies の略。●ペンタゴンの情報機関によると、北朝鮮は2018年の終わりには核弾頭を持つ大陸間弾道ミサイル(ICBM)を持つ。●平壌は、2020年までには25から60の核兵器を持つだろう。2020年代の半ばにはその数は80に達するかもしれない。●ア [続きを読む]