しょーこ さん プロフィール

  •  
しょーこさん: 欲深LIFE!
ハンドル名しょーこ さん
ブログタイトル欲深LIFE!
ブログURLhttp://yokubukashoko.hatenablog.jp/
サイト紹介文ママだって国内・海外旅行へ!子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。JGC修行中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 118日(平均2.6回/週) - 参加 2017/05/30 12:09

しょーこ さんのブログ記事

  • ボルネオでの野生動物たちとの出会い【前編】
  • マレーシア・サバ州第2の都市、サンダカン。リバークルーズ、リバーサファリと呼ばれるボートに乗って川からジャングルに生息する動物を観察するエコツアーの拠点となっています。個人では行きにくいため、サンダカンを発着する現地ツアーに参加するのが一般的です。日数や行きたい場所、泊まりたい宿などを考え数社のプランを比較検討した結果、今回は「ボルネオエコツアーズ」という会社でツアーをお願いしました。www.borneoe [続きを読む]
  • “世界一亀が産卵する島”へ
  • 今年、2017年の夏休み家族旅行はボルネオに行ってきました。ボルネオ島は巨大な島で、マレーシア、インドネシア、ブルネイの3か国で領土を分かち合っています。今回訪れたのはボルネオ島の右上あたりの港町、サンダカンの沖合に浮かぶマレーシア領のセリンガン島、別名タートルアイランド(亀島)。その名の通り、WWFが認めた「世界一亀が産卵する島」なのです。子どもに亀の産卵を見せてあげたい!・・・という思いももちろんあ [続きを読む]
  • 「肉山の一階」で辛い鍋を堪能
  • 吉祥寺の超人気店「肉山」の1階にその名も「肉山の一階」が5月27日にオープン。幸運なことに、グルメ友達にお誘いいただいたので行ってきました。事前の情報としては「辛い鍋の店。お腹いっぱいになるよ」とのこと。いったいどんな店なのか…ワクワクしつつ潜入。席に着く前から、すでに鍋がセッティングされていました。これが噂の辛鍋ですな。でも肉は見当たらず。点火して、とりあえず野菜がしんなりしたら、この上に肉を置く [続きを読む]
  • 南紀白浜で穴場ランチスポット発見
  • 南紀白浜に行った観光客がほぼ必ず行くであろうスポット、それが「とれとれ市場」という漁協が運営している超巨大な海鮮市場。www.toretore.info中にはあらゆる海産物が売られているほか、お土産や食事処もあります。しかし、私が訪れたのは土曜日。レンタカーを駐車場に停めるのも大変なほどでした。中も覗いてみましたが、海鮮丼に長蛇の列・・・子連れではとても並んではいられません。がっ!そのすぐ近くに、穴場の食事処があ [続きを読む]
  • 癒される・・・南紀白浜でパンダに超接近体験!
  • パンダと「お近づき」になりたい!「日本一パンダがいる」和歌山・白浜のアドベンチャーワールド。ここの有料アトラクションとしてその名も「パンダラブツアー」というのがあります。1日1回、15人のみの事前予約・購入制。参加すると、バックステージに行けて、詳しいレクチャーを受けたうえで、パンダに超接近することが可能。おやつをあげたり記念撮影をしたりできるというものです。…何それ、超楽しそう!それを初めて知った [続きを読む]
  • 憧れのタイ料理店に潜入
  • どうしても行ってみたい未訪の店がいくつかあります。最近、常連しか予約できない店も多いですよね…。そのうちの一つに念願叶ってようやく行けました!浅草の奥地にある「ソンポーン」というタイ料理店です。この店構え…えっと、とても、超人気店とは思えないですよね(失礼!)ところがこちらのお店、知る人ぞ知る名店。カウンター5席しかないことから、予約は困難を極めます。まさにプラチナシート!今回食通のお友達が「2 [続きを読む]
  • 「虎馬」で父の喜寿祝い
  • 7月1日は父の喜寿、つまり77歳の誕生日でした。どこでお祝いする?という話になり、弟夫妻とは「子供もいるから、食べやすい中華がいいかね」「個室あるところかな」などと話していました。「富麗華」か、ウェスティンの「龍天門」あたりが候補に。さて、どうしようか…などと話しつつ、バタバタしていて予約しそびれていました。父と会った時に「お祝いはホテルと一軒家レストランどっちがいい?」と聞いたら、「レストランがい [続きを読む]
  • 北朝鮮に行った話〜知られざるグルメ事情〜
  • 食いしん坊を名乗っている以上、そこが北朝鮮であっても、やっぱり「ご当地グルメ」を堪能したいところ。平壌といえば、その名の通り「平壌冷麺」の本場。中でも名店と言われている「玉流館」にぜひ行ってみたい!4travel.jp猛烈にリクエストして連れて行っていただきました。食事代金はオールインクルーシブだったのでおいくらなのかは分かりません。雰囲気のある朝鮮式家屋の中に案内され、着席。冷たい金属の器に入った [続きを読む]
  • 北朝鮮に行った話〜衝撃の連続〜
  • 平壌へは中国の瀋陽経由で行きました。瀋陽から乗るのは、もちろん初めて乗る「高麗航空」。ナショナルフラッグであり、北朝鮮唯一の航空会社です。ちなみにスカイトラックス評価、世界ワースト1位なんですね。(今調べて知りました。)なかなかない機会にときめきます。謎の白い煙乗ってまず驚いたのは、エアコンの吹き出し口から、ドライアイスのような白い煙がもくもくと出ているのです!それも、演歌歌手が登場するときみ [続きを読む]
  • 北朝鮮に行った話〜朝鮮半島と私〜
  • 近くて遠い国、と聞いて、あなたはどこを思い浮かべますか?韓国のことを指すことが多いのかもしれませんが、私にとっては北朝鮮がそうでした。北朝鮮=朝鮮民主主義人民共和国。ヴェールに包まれた、世襲の独裁国家。近いのに、心理的にも物理的にも世界で最も行きにくいところのひとつではないでしょうか。ところが、実は国際情勢が緊迫してないときで、マスコミ関連企業で働いていなければ北朝鮮に行くことは意外と簡単です [続きを読む]
  • 修行終了⇒JGCカード到着!
  • 突然思い立って始めたJGC修行ですが6月に解脱しましたのでご報告。どんな感じだったのか、振り返ってみます。〜2017年JGC修行全フライト〜【1月】羽田-那覇【2月】羽田-那覇×3【3月】羽田-那覇   羽田-旭川(子どもとスキー旅行)【4月】羽田-那覇×2   羽田-宮崎(家族旅行)【5月】羽田-鹿児島、鹿児島-屋久島(GW屋久島家族旅行)、   羽田-台北(1人で旅行)【6月】羽田-那覇(家族旅行)振り返ると海外は台湾 [続きを読む]
  • 読谷村「番所亭」で沖縄すばを食す
  • 以前、沖縄に住んで長い方に、「どこかオススメの沖縄そばの店ありますか?」と聞いたところ名前を挙げてくれたのが、こちらのお店。読谷村の「番所亭(ばんじゅてい)」です。オススメされてその足ですぐ行ったのですが、2年ほど前のことで記憶が薄れていたので、久しぶりに再訪してみました。ウコンを練り込んだ自家製麺と、スープは化学調味料不使用という点が強調されています。こういうこだわり、子連れだとうれしいんですよ [続きを読む]
  • 地ビールと沖縄食材を楽しめる店
  • ビールのおいしい季節が到来!沖縄・牧志駅から徒歩10分ほどの場所に、沖縄の地ビールを飲めるクラフトビアの店があるのをご存知でしょうか。その名も「Taste of Okinawa(テイストオブオキナワ」というお店。カウンターに沖縄のビールのタップがズラリと並んでいて、興奮します!まずは5種類をお試しで。左からIPA、SAISON、ポーター、ゴーヤドライ、ペールエール。個人的にはIPAが気に入りました!料理も沖縄食材を使っ [続きを読む]
  • “吉祥寺の肉の名峰”に登ってきた
  • 「吉祥寺」「肉」という2つのワードでピンと来る方も多いはず!このたび幸運にも吉祥寺にある肉の超有名店「肉山」へ行く機会に恵まれました。誘ってもらったの、考えてみたら去年の10月だったかな・・・つまり8カ月前ですよ。自力での予約は超困難。Facebookで「肉山」をフォローしていると時折当日や翌日のキャンセルを埋めるための「お席の募集情報」が出てきます。が、1分経つか経たないくらいの秒速で空席が埋まってしまいま [続きを読む]
  • 那覇空港近くのパワースポットに行ってみた
  • 空港近くにありながら、修行時には滞在時間の関係でなかなか行けない場所がありました。それが「波上宮」(なみのうえぐう)。那覇港をのぞむ高台にあり、地元では「なんみんさん」と呼ばれ親しまれているそう。琉球王国の総鎮守として信仰されているとのこと。何てったって、名前がいいじゃないですか。波の上、ですよ!その名の通り、波の上ビーチの上にあります。今回、修行じゃなくて時間的余裕がある「旅行」の時に立ち寄っ [続きを読む]
  • 身体が喜ぶ!長寿食の名店へ
  • 沖縄の激安焼肉店などについてご紹介しましたが、今回書きたいのはその対極にあるお店のことです。お値段は決して安くありません。ランチでも2000円以上します。でも、その価値があると思います。うっそうとしたアプローチを抜けると現れる赤瓦のお店。雰囲気があります。お店のコンセプトは“沖縄の原種野菜や野草を使って、沖縄の伝統長寿食を現代にお届けする”というもの。まず供される野草ジュース。何種類の野草 [続きを読む]
  • 搭乗前の時間調整に…子連れに最高な那覇の公園
  • 子連れ旅行の時は、飛行機に乗る前に子どもをいかに疲れさせて、機内で寝てもらうか…ということが親として重要な“任務(ミッション)”になってきます。特に、こっちも疲れている帰り!そのためにピッタリな公園をツイッターでつっきぃさんに教えていただいたので早速行ってきました!(つっきぃさん、感謝です!)www.ounoyama.jp那覇空港から見てゆいレールで小禄駅の一駅先が「奥武山公園駅」です。おうのやまこうえ [続きを読む]
  • 恩納村から行けるディープ焼肉店2軒
  • リゾートホテルがずらりと並ぶ沖縄・恩納村。当然飲食店も山ほどあります。初めて行くならオシャレでキレイないかにも観光客向け、という店もいいですが、何度も通うようになるとやっぱり地元の人たちに愛されている店に行ってみたいと思いませんか?というわけで、地元民に愛されるリーズナブルな焼肉店2軒をご紹介したいと思います。いずれもうるま市石川にあり、クルマで恩納村から15分程度で行くことができます。地元 [続きを読む]
  • 那覇空港で「ポークたまごおにぎり」
  • 那覇空港1階に先月オープンした「ポークたまごおにぎり本店」。あの行列店の味を空港で食べられる⁉そりゃ一度食べてみないと!と週末、子連れで実際に食べて来ました。私は修行中なので有償航空券でひとりJALで、ダンナと2人の子供は特典航空券でANAで、という普通の人たちにはとても理解しがたい現地空港集合の家族旅行。13時半ごろのお腹ペコペコ状態の到着が予想されたので、もう、この店を待ち合わせ場所に設定しちゃいまし [続きを読む]
  • 看板はない…あるのはマグロだけ!?
  • ずーっと存在を知りつつも行けていなかった面白い店でランチしてましたのでご報告。六本木通り沿いにあるその名も「まぐろだけボーノ 白川」です。しかし、特に看板があるわけでもなく、八海山の暖簾がかかっているだけ。ぱっと見、なんの店だかまったくわかりません。暖簾がかかっているのが営業中のサイン。店内はびっくりするほど狭く、カウンター8席ほど。メニューも丼物は赤身、葱とろ、三色などまさにまぐろだけ。一番 [続きを読む]
  • 「クララが立った」あの温泉に行きたい!
  • やはり日本人なのか、海外で「温泉」があるのを知るとつい行きたくなってしまいます。スイスにもいくつか温泉があるのですが、私が気になったのは「Bad Ragaz(バートラガッツ)」。Badはドイツ語で温泉。バートラガッツはハイジのふるさと、マイエンフェルトの隣にある街。ハイジの中では「ラガッツ温泉」(そのまんま!)として登場しているとのこと。あの足の悪かったクララが療養した温泉・・・それは行くしかない!だって、ハ [続きを読む]
  • 世界遺産のアレッチ氷河
  • 70歳を超える親と、3歳の長男も一緒だった子連れ親連れスイス旅行。高山病は怖いけど、行くからにはヨーロッパ最高地点にある鉄道駅「ユングフラウヨッホ駅」(3454m)に行きたい!考えてみればすごいですよね。富士山級の高さまで鉄道で行けちゃうわけですから。みんなの様子を見ながらでしたが、結論から言うと、誰も具合悪くはなりませんでした。こればっかりは行ってみないことには分からないので、本当によかった!(自分が [続きを読む]
  • 忘れられないスイスのホテル
  • 「子連れ海外」とプロフィールに出しながらまだ1つも書いていないので、思い出の子連れ旅について書こうと思います。2012年の9月、まだ長男が3歳だった時の夏休み旅行はスイスでした。それまで双方の親を連れて、モルディブやエルニド、バリなどビーチリゾートばかり行っていたら、「海じゃないところに行きたい」と山好きの親からリクエストが。「じゃあどこがいい?」と聞いたところ、「スイスかカナダに行ってみたい!」と [続きを読む]
  • 眉の「アートメイク」してきました
  • 今回はいつもと全然毛色の違う女子っぽい(笑)美容系の話です。アートメイクってご存知でしょうか?簡単にいうと眉やアイラインの皮膚の表面に色素を入れる薄い入れ墨のようなものです。「落ちないメイク」などとうたっているところもありますね。実は数年おきにやってもらっているのですが、最高です!すっぴんで居られるのって本当に楽。出産(入院)、温泉、プール、怖くない!です。ただ、その大事な顔のパーツを、セン [続きを読む]
  • 朗報!あの超絶コスパの紹介制焼肉店が…
  • 都内某所にある完全紹介制の焼肉店。…そんな枕詞が必ずつく秘密めいたお店のひとつがきょうご紹介する「GU3F」。これまではお店に一度でも行ったことがある人しか予約できないというハードルの高い店だったのですが、いつの間にか誰でもWEB予約できるようになったようです!たまたま検索して、ビックリしました。どんなお店かというと、おまかせコース5000円1本勝負!前菜にキムチやナムル。キャベツや味付きネギは、おかわり自 [続きを読む]