xynas さん プロフィール

  •  
xynasさん: ココから買う株、ココから売る株
ハンドル名xynas さん
ブログタイトルココから買う株、ココから売る株
ブログURLhttps://xynas.co.jp/
サイト紹介文相場歴30年、山一證券でNo.1営業、日経先物オプションディーラーだった筆者の相場解説とチャート分析
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供824回 / 365日(平均15.8回/週) - 参加 2017/05/31 12:02

xynas さんのブログ記事

  • 【シグナル配信銘柄】8月30日分の実績です
  • 日経平均は+2円高の23674円とわずかに5日続伸しました。朝方は、欧州株高やNYダウの続伸などを好感して高く始まりましたが、前引けにかけては上げ幅を縮小する流れとなりました。後場に入ると先物にまとまった買いが入ったことから、高値では+109円高の23781円まで上昇する場面もありましたが、14時過ぎに自由民主党の総裁選挙で安倍総裁が3選を果たすと、目先の材料出尽くし感などから売りに押され、安値で [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月29日分の実績です
  • 日経平均は+251円高の23672円と4日続伸しました。朝方は、米中貿易摩擦の激化懸念後退を背景に米国株が上昇した流れを受けて大幅高で始まりました。その後も円安ドル高や上海株の上昇転換も支えとなって先物買いで上げ幅を拡大すると、後場には高値で+421円高の23842円まで上昇しましたが、買い一巡後は利益確定売りに押さえられて伸び悩み、日経平均は1月24日以来およそ8ヶ月ぶりの高値でしたが、きょうの [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月28日分の実績です
  • 日経平均は+325円高の23420円と3日続伸しました。朝方は、トランプ政権が日本時間18日朝に対中制裁関税の第3弾を24日に発動すると発表し、きのうの米国株安に加えて米国株時間外取引も下落したことから安値では−55円安の23039円まで下落しました。その後は対中制裁関税の税率の上乗せ幅を当初予定の25%から年内は10%に引き下げたため、目先のアク抜け感から上昇に転じると、買い戻しが入って上げ幅を [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月第4週分の実績です
  • 【8月第4週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 〜騰落率の大きい個別銘柄〜http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)月額 :10,800円(税込)「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯して [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月27日分の実績です
  • 日経平均は+273円高の23094円と大幅続伸しました。朝方は、米国株高や円安ドル高に加え、トルコ中央銀行が13日に大幅な利上げに踏み切ったことで新興国の通貨安不安が一服して高く始まりました。円安を好感して輸出関連株が上昇したほか、海運などの景気敏感株も買われ、 ヘッジファンドなど短期筋からも幅広い業種に買いが入りました。途中伸び悩む場面もありましたが、その後持ち直すと大引け間際には高値で+283 [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月24日分の実績です
  • 日経平均は+216円高の22821円と反発しました。朝方は、7月機械受注が市場予想平均を上回ったことや、米政府が中国に貿易問題をめぐる閣僚級協議の再開を打診したと報じられたことから、通商摩擦への過度な警戒感が後退して高く始まりました。高値では+253円高の22858円まで上昇しましたが、買い一巡後は手掛かり材料に乏しいなか上値が重くなり、22800円前後でのもみ合いが続きました。後場は高値圏での小 [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月23日分の実績です
  • 日経平均は−60円安の22604円と3日ぶりに反落しました。朝方は、米国株高を好感して小高く始まると、高値では+44円高の22709円まで上昇しましたが、買い一巡後は、先物売りで下落に転じました。米国株市場で、半導体市況の先行きに対する警戒でフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が1%下落したことから半導体関連株などが値を下げるなか、上海株が約2年8ヶ月ぶりの安値圏で推移したことも重しとなりました [続きを読む]
  • 9月12日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−92円安の22571円と3日ぶりに反落しました。朝方は、米国株高を好感して小高く始まると、高値では+44円高の22709円まで上昇しましたが、買い一巡後は、先物売りで下落に転じました。米国株市場で、半導体市況の先行きに対する警戒でフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が1%下落したことから、半導体関連株などが値を下げるなか上海株安も重しとなりました。また日本工作機械工業会が発表し [続きを読む]
  • 9月12日 前場の相場概況
  • 11日の米国株市場はNYダウが+113.99ドル高の25971.06ドルと3日ぶりに反発、ナスダックが+48.314ポイント高の7972.474ポイントと続伸しました。米中貿易摩擦の激化が意識されるなか、新型の「iPhone」などを発表するとみられているアップルが大幅に上昇したほか、このところ軟調だった主力ハイテク株も持ち直しました。NY原油先物(WTI)価格が5日ぶりに反発したことを受け、石油関 [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月22日分の実績です
  • 日経平均は+291円高の22664円と大幅続伸しました。朝方は、円安ドル高に振れたことや米国株市場で半導体が上昇した流れを受けて、先物主導で高く始まるとその後も断続的な先物買いがけん引して、大引け間際には+294円高の22667円まで上昇しました。台風21号や北海道地震による被害の復旧が進んでいることから、先週末まで経済への悪影響を過度に警戒していた投資家の買い戻しや、9月限SQに向けた先物の買い [続きを読む]
  • 9月11日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は+222円高の22595円と大幅続伸しました。朝方は、米国株は高安まちまちでしたが円安ドル高に振れたことから高く始まり、円安の進行につれて上げ幅を広げると、高値では+241円高の22614円まで上昇しました。北海道地震による停電がほぼ解消し、台風21号による関西地方の被害も復旧が進んでいると伝わり、企業活動が徐々に再開していることから、これらを材料に売っていた投資家の買い戻しが相場 [続きを読む]
  • 9月11日 前場の相場概況
  • 10日の米国株市場はNYダウが−59.47ドル安の25857.07ドルと続落、ナスダックが+21.619ポイント高の7924.160ポイントと5日ぶりに反発しました。4週ぶりに下落した先週の反動からの押し目買いや、ロイター通信などが下院の共和党が週内にも減税政策の第2弾を発表すると報道したことから減税による景気への好影響を期待する動きでNYダウは一時+120ドル超の上昇となりましたが、買い一巡後は [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月21日分の実績です
  • 日経平均は+66円高の22373円と7営業日ぶりに反発しました。朝方は、米中貿易摩擦の激化が警戒されて先週末の米国株が下落した流れを受けて安く始まると、安値では−57円安の22249円まで下落しました。売り一巡後は、日本の4−6月期の実質国内総生産(GDP) 改定値が年率換算で前期比3.0%増と速報の1.9%増から、設備投資の上振れが寄与して市場予想以上の伸びとなったことや、8月の米雇用統計が米利 [続きを読む]
  • 9月10日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は+7円高の22314円と7営業日ぶりにわずかに反発しました。朝方は、米中貿易摩擦の激化が警戒されて先週末の米国株が下落した流れを受けて安く始まると、安値では−57円安の22249円まで下落しました。売り一巡後は、日本の4─6月期の実質国内総生産(GDP) 改定値が年率換算で前期比3.0%増と速報の1.9%増から設備投資の上振れが寄与して市場予想以上の伸びとなったことや、8月の米雇用 [続きを読む]
  • 9月10日 前場の相場概況
  • 7日の米国株市場はNYダウが−79.33ドル安の25916.54ドルと反落、ナスダックが−20.185ポイント安の7902.541ポイントと4日続落しました。米中貿易摩擦激化への警戒感から、米国株市場は主要3指数がそろって下落しました。朝方発表された8月の米雇用統計で、非農業部門の雇用者数は20万1000人増と、前月から伸びが加速して市場予想の19万1000人増を上回りました。時間当たり平均賃金は [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月第3週分の実績です
  • 【8月第3週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 〜騰落率の大きい個別銘柄〜http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)月額 :10,800円(税込)「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯して [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月20日分の実績です
  • 日経平均は−180円安の22307円と6営業日続落しました。朝方は、米国株市場でのハイテク株下落や110円台に進んだ円高ドル安を嫌気して安く始まりました。台風や北海道地震などが景気や企業業績に与える悪影響が懸念されるなか、米国による対中追加関税の発動が警戒されたほか、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が、トランプ大統領が日本に対して貿易赤字の削減を強く求める姿勢を示したと報じたことをき [続きを読む]
  • 9月7日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−223円安の22264円と大幅に6日続落しました。朝方は、米国株市場でのハイテク株下落や110円台に進んだ円高ドル安を嫌気して安く始まりました。台風や北海道地震などが景気や企業業績に与える悪影響が懸念されるなか、米国による対中追加関税の発動が警戒されたほか日米貿易摩擦も意識され、安値では−277円安の22210円まで下げ幅を広げる場面がありましたが、上海株の上昇が投資家心理を下支 [続きを読む]
  • 9月7日 前場の相場概況
  • 6日の米国株市場はNYダウが+20.88ドル高の25995.87ドルと続伸、ナスダックが−72.447ポイント安の7922.726ポイントと3日続落しました。米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で進展が見られないなか、8月ADP雇用統計で非農業分野の雇用者数が前月比16万3000人増と市場予想平均の20万人増に届かなかったことが相場の重しになりました。業績不透明感から半導体関連株の [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月17日分の実績です
  • 日経平均は−92円安の22487円と5営業日続落しました。朝方は、米国のハイテク株安に加えて、台風21号に続いて北海道で地震が発生するなど災害が相次いでいることが投資家心理を冷やして安く始まると、安値では−164円安の22416円まで下落し、取引時間中としては8月24日以来約2週間ぶりに22500円を割り込みました。その後は押し目買いで下げ幅を縮小する場面もありましたが、一方で米7月貿易収支で対中 [続きを読む]
  • 9月6日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−52円安の22528円と5日続落しました。朝方は、米国のハイテク株安に加えて、台風21号に続いて北海道で地震が発生するなど災害が相次いでいることが投資家心理を冷やして安く始まりました。安値では−164円安の22416円まで下落し、取引時間中としては8月24日以来約2週間ぶりに22500円を割り込みましたが、売り一巡後は上海株の上昇などを受けて押し目買いで下げ幅を縮小しました。一方 [続きを読む]
  • 9月6日 前場の相場概況
  • 5日の米国株市場はNYダウが+22.51ドル高の25974.99ドルと4日ぶりに反発、ナスダックが−96.073ポイント安の7995.173ポイントと続落しました。米国とカナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)の行方を見極めたいとして、模様眺めムードが広がるなか、規制強化への懸念からハイテク株が売られました。トランプ政権が今週にも、2000億ドル相当の中国製品へ追加関税を発動する可能性があること [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】8月16日分の実績です
  • 日経平均は−116円安の22580円と4営業日続落しました。朝方は、米通商政策や新興国経済の先行き不透明感が重しとなって米国株が下落した流れを受けて安く始まると、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方を見極めたいとのムードが根強いなか、8月の中国・財新非製造業購買担当者景気指数(PMI)が前月から低下して上海株が軟調に推移したことから、先物売りで下げ幅を広げました。後場に入ると、上海株の下げ幅 [続きを読む]
  • 9月5日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−65円安の22631円と4営業日続落しました。朝方は、米通商政策や新興国経済の先行き不透明感が重しとなって米国株が下落した流れを受けて安く始まると、先物売りで安値では−92円安の22604円まで下落しましたが、売り一巡後はやや円安に振れたこともあって下げ渋りました。8月既存店売上高が良好だったファーストリテが買われ、指数を下支えています。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方 [続きを読む]
  • 9月5日 前場の相場概況
  • 4日の米国株市場はNYダウが−12.34ドル安の25952.48ドルと3日続落、ナスダックが−18.291ポイント安の8091.246ポイントと反落しました。きょうから再開される米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の協議を控え、米通商政策の先行き警戒感から海外売上高の比率が高い銘柄の一角が売られ、新興国の経済不安も相場を押し下げてNYダウは一時−150ドル超の下落となりました。一方で米8月 [続きを読む]