xynas さん プロフィール

  •  
xynasさん: ココから買う株、ココから売る株
ハンドル名xynas さん
ブログタイトルココから買う株、ココから売る株
ブログURLhttps://xynas.co.jp/
サイト紹介文相場歴30年、山一證券でNo.1営業、日経先物オプションディーラーだった筆者の相場解説とチャート分析
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供492回 / 201日(平均17.1回/週) - 参加 2017/05/31 12:02

xynas さんのブログ記事

  • 12月15日の米国株市場
  • 15日の米国株市場は NYダウが+143.08ドル高の24651.74ドルと反発し、2営業日ぶりに過去最高値を更新、 ナスダックが+80.057ポイント高の6936.583ポイントと反発し、最高値を更新しました。米税制改革法案の成立を見越した買いから、主要3指数がそろって過去最高値を更新しました。前日に下げた反動もあってハイテク株を中心に幅広い銘柄が買われ、上げ幅は一時+180ドル近くまでありました [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月第4週分の実績です
  • 【11月第4週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 〜騰落率の大きい個別銘柄〜http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)月額 :10,800円(税込)「月額サービスに加入する前に、ためしに見 [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月27日分の実績です
  • 日経平均は−141円安の22553円と4日続落しました。朝方は、欧米株安や円高ドル安を嫌気して安く始まり、その後も円高が進むと先物売りが出て下げ幅を広げ、安値では−216円安の22478円まで下落しました。後場は、日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小すると、円高一服とともに先物に買いが入り、高値では+50円高の22745円まで上昇する場面がありましたが、その後は利益確定売りから再度下落転換し、 [続きを読む]
  • 12月15日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−199円安の22494円と4日続落しました。朝方は、欧米株安や円高ドル安を嫌気して安く始まり、その後も円高が進むとともに先物売りが出て下げ幅を広げると、安値では−216円安の22478円まで下落する場面がありました。12月の日銀短観で大企業・製造業の業況判断DIはプラス25に上昇し、市場予想のプラス24を上回り5期連続で改善しましたが、3ヶ月先の業況判断DIがプラス19と市場予想 [続きを読む]
  • 12月15日 前場の相場概況
  • 14日の米国株市場は NYダウが−76.77ドル安の24508.66ドルと6日ぶりに反落、 ナスダックが−19.273ポイント安の6856.526ポイントと反落しました。年内にも成立が期待される米税制改正法案に対し、一部の共和党上院議員が反対することを検討していると報じられ、成立に向けて不透明感が高まったことで売りが優勢となりました。前日まで4日連続で過去最高値を更新した後とあって利益確定売りも出や [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月24日分の実績です
  • 日経平均は−63円安の22694円と3日続落しました。朝方は、米長期金利が低下したことからドル円が円高に振れたため、これを嫌気して安く始まりました。その後は上昇に転じる場面もありましたが、前日まで上昇していた金融株が売られて指数を押し下げました。後場に入ると安値では−119円安の22638円まで下落しましたが、直後に先物にややまとまった買いが入ったことで下げ幅を縮小しました。米長期金利の上昇期待が [続きを読む]
  • 12月14日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−31円安の22726円と3日続落しました。朝方は、NYダウが4日連続で史上最高値を更新し、ナスダックも反発したものの、米長期金利が低下したことから、日米金利差の縮小でドル円が円高に振れたことを嫌気して安く始まりました。前日まで上昇していた金融株に売りが出たことで指数の上値を抑えましたが、日経平均は寄り付きに付けた−58円安の22699円を安値に底堅く推移しました。中国国家統計局が [続きを読む]
  • 12月14日 前場の相場概況
  • 13日の米国株市場は NYダウが+80.63ドル高の24585.43ドルと5日続伸して4日連続で史上最高値を更新、 ナスダックが+13.482ポイント高の6875.799ポイントと反発しました。FOMC(米連邦公開市場委員会)では、金利の誘導目標を0.25%引き上げ年1.25−1.50%に引き上げることを決定しましたが、2018年の利上げ回数は3回が予想され、利上げペースが緩やかになるとの見方が改め [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月22日分の実績です
  • 日経平均は−108円安の22758円と続落しました。朝方は、NYダウが連日で最高値を更新したことを受けて小高く始まりましたが、その後は利益確定売りから下落に転じ、徐々に下げ幅を広げる展開となりました。後場に入ると米アラバマ州上院補選で与党・共和党候補が敗北し、米税制改革などの先行きに不透明感が強まったことから売りを誘い、安値では−168円安の22697円まで下落する場面もありました。世界的な半導体 [続きを読む]
  • 12月13日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は−59円安の22806円と続落しました。朝方は、NYダウが連日で最高値を更新したことを受けて小幅高で始まりましたが、その後は利益確定売りから下落に転じ、徐々に下げ幅を広げる展開となりました。米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が反落するなど、世界的な半導体需要の先行き不透明感から半導体関連株が安く、相場の重しとなった一方で銀行株は上昇して相場を下支えしました。日本時間午後にも開 [続きを読む]
  • 12月13日 前場の相場概況
  • 12日の米国株市場は NYダウが+118.77ドル高の24504.80ドルと4日続伸し、3日連続で史上最高値を更新、 ナスダックが−12.761ポイント安の6862.317ポイントと5日ぶりに反落しました。11月米生産者物価が、前月比0.4%上昇と市場予想平均の0.3%上昇を上回ったことを受け、米10年物国債の金利が上昇し、利ざやの拡大期待から金融株が買われました。増配と自社株買いを発表したボーイン [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月21日分の実績です
  • 日経平均は−72円安の22866円と4営業日ぶりに反落しました。朝方は、米国株高が支えとなって+55円高の22994円まで上昇する場面もありましたが、きのうまでの3連騰で+761円高して約1ヶ月ぶりに年初来高値を更新していたことから利益確定売りも出やすく、その後は前日終値をはさんでのもみ合いとなりました。後場に入ると徐々に下げ幅を広げ、安値では−103円安の22834円まで下落する場面もありました [続きを読む]
  • 12月12日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は+5円高の22944円とわずかながら4営業日続伸しました。朝方は、米国株高が支えとなって+55円高の22994円まで上昇する場面もありましたが、きのうまで3連騰で+761円高して約1ヶ月ぶりに年初来高値を更新しただけに利益確定売りも出やすく、その後は前日終値をはさんでのもみ合いとなりました。あすまでの日程で開かれるFOMC(米連邦公開市場委員会)など海外の重要日程を控えて様子見ムー [続きを読む]
  • 12月12日 前場の相場概況
  • 11日の米国株市場は NYダウが+56.87ドル高の24386.03ドルと3日続伸して連日で史上最高値を更新、 ナスダックが+34.997ポイント高の6875.078ポイントと4日続伸しました。個別に買い材料の出た銘柄や出遅れていたIT関連銘柄などに買いが入りましたが、12日から13日にかけてFOMC(米連邦公開市場委員会)の開催や米上院補欠選挙を控えていることから、積極的に上値を追う動きは限られま [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月20日分の実績です
  • 日経平均は+127円高の22938円と3営業日続伸しました。高値引けとなって11月7日の終値ベースの年初来高値22937円をわずかに更新し、1992年1月9日以来およそ25年11ヶ月ぶりの高値となりました。朝方は、8日の米雇用統計の結果を受けた米国株高を好感して高く始まりました。買い一巡後は前週末に大幅続伸していたこともあって、利益確定売りから下げに転じる場面もありましたが、後場は、日銀のETF買 [続きを読む]
  • 12月11日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は+10円高の22821円とわずかながら3営業日続伸しました。朝方は、8日の米雇用統計の結果を受けた米国株高を好感した買いから高く始まりました。寄り付き直後の高値では+89円高の22900円まで上昇する場面がありましたが、買い一巡後は前週末に大幅続伸していたこともあって利益確定売りから下げに転じました。その後は企業業績の拡大を期待した押し目買いに支えられ、前週末終値近辺でもみ合いとな [続きを読む]
  • 12月11日 前場の相場概況
  • 8日の米国株市場は NYダウが+117.68ドル高の24329.16ドルと続伸して過去最高値を4日ぶりに更新、 ナスダックが+27.240ポイント高の6840.081と3日続伸しました。11月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想以上に増え、米景気の拡大期待が強まりました。米政府機関の一部閉鎖についても、トランプ大統領の署名で2週間のつなぎ予算が成立したことで、市場の重しが一時的に解消されて投 [続きを読む]
  • 12月8日の米国株市場
  • 8日の米国株市場は NYダウが+117.68ドル高の24329.16ドルと続伸して過去最高値を4日ぶりに更新、 ナスダックが+27.240ポイント高の6840.081と3日続伸しました。11月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想以上に増え、米景気の拡大期待が強まりました。米政府機関の一部閉鎖についても、トランプ大統領の署名で2週間のつなぎ予算が成立したことで、市場の重しが一時的に解消されて投 [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月第3週分の実績です
  • 【11月第3週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 〜騰落率の大きい個別銘柄〜http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)月額 :10,800円(税込)「月額サービスに加入する前に、ためしに見 [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月17日分の実績です
  • 日経平均は+313円高の22811円と大幅続伸しました。朝方は、ハイテク株主導の米国株高や円安ドル高を好感して高く始まりました。午前8時50分に発表された7−9月期GDP(国内総生産)改定値が速報値から上方修正されたことも買い安心感につながり、先物買いで上げ幅を拡大すると大引け間際には+321円高の22819円まで上値を伸ばす場面がありました。週末要因や今晩発表の米11月雇用統計の発表を控えて利益 [続きを読む]
  • 12月8日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は+274円高の22772円と大幅続伸しました。朝方は、ハイテク株主導の米国株高や円安ドル高を好感して高く始まりました。午前8時50分に発表された7−9月期GDP(国内総生産)改定値が速報値から上方修正されたことも買い安心感につながり、先物買いから上げ幅を拡大すると高値では+280円高の22778円まで上昇しました。米国のハイテク株高を受けて引き続き半導体関連株に買いが入ったほか、ト [続きを読む]
  • 12月8日 前場の相場概況
  • 7日の米国株市場は NYダウが+70.57ドル高の24211.48ドルと3日ぶりに反発、 ナスダックが+36.466ポイント高の6812.841ポイントと続伸しました。前日まで続落したことから押し目買いが入りやすい展開で、アジアや欧州の主要な株式相場が上昇したため米国株にも買い安心感が広がりました。NY原油先物WTI価格が反発したことで石油株が堅調に推移し、米10年物国債の金利が上昇したことで利ザヤの [続きを読む]
  • 【シグナル配信銘柄】11月16日分の実績です
  • 日経平均は+320円高の22498円と4日ぶりに大幅反発しました。トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都として認定すると表明したことで中東情勢への影響が懸念されましたが、6日の米国株市場が冷静な反応をしたこともあって堅調に推移しました。最近の下げが目立ったハイテク株を中心に買いが集まった一方で、中国の景気減速を懸念して中国関連銘柄に利益確定売りが出て一時上値が重い展開となりました。その後、 [続きを読む]
  • 12月7日 後場の相場概況
  • 前場の日経平均は+280円高の22457円と4日ぶりに大幅反発しました。トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都として認定すると表明したことで中東情勢への影響が懸念されましたが、6日の米国株市場が冷静な反応を示したこともあって堅調に推移しました。ドル円が112円台半ばまで円安方向にあることも支援材料となり、高値では+297円高の22474円を付ける場面もありました。このところ下げが目立ったハ [続きを読む]
  • 12月7日 前場の相場概況
  • 6日の米国株市場は NYダウが−39.73ドル安の24140.91ドルと続落、 ナスダックが+14.162ポイント高の6776.375ポイントと4日ぶりに反発しました。トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認め、テルアビブにある米大使館をエルサレムに移転すると報じられたことや、税制改革法案の上下院での調整の行方、8日に発表される11月の雇用統計の発表を控えて模様眺めムードが強まりました。11 [続きを読む]