miki さん プロフィール

  •  
mikiさん: 金曜倶楽部
ハンドル名miki さん
ブログタイトル金曜倶楽部
ブログURLhttp://fridayclub.hateblo.jp/
サイト紹介文金曜倶楽部(飲み会)の活動記録と備忘録
自由文福岡より愛を込めて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 308日(平均1.6回/週) - 参加 2017/05/31 14:09

miki さんのブログ記事

  • 言いたいセリフ
  • 「悪りぃ、用事思い出しちまった。すぐ追いつくからお前ら先に行っててくれよ」 先を急ぐ中で俺だけ敵の追っ手の存在に気づいてしまう展開。仲間を先に行かせたあとシリアスな顔つきで俺は言う。「…出てこいよ。いるんだろ」「お前とは戦いたくなかった」 目的の違いから別行動をとった昔の仲間との再会。感動も束の間、かつての友は敵となっていた。両者が交えたのは握手ではなく拳。(2人の戦いを見守る仲間たちは涙ぐむ) [続きを読む]
  • 3びきの かわいい オオカミ
  • [火って落ち着く]やって来ますた。『菅田庵』大名 えりちゃん、よねきさん、ガツコさんで突撃。 店内を覗くくらいには気になっていたお店だ。なんつったって・・・ 囲炉裏があるから( ??'ω')?? 火鉢バカにはたまらん。火を見ると落ち着くわー。心温まるわー。昨日焼えたホームレスの家を思い出すわー。(・・・心配) アラの刺身 塩とレモンで食べたら味がわからんやった。絶対に醤油がオススメ。前にテレビで、京都 [続きを読む]
  • 美野島アンダーザブリッジ
  •  勤務中のことだ。 近所から「バァーン!!」と破裂音が響いてきた。何度も鳴るもんだから、ちょっと様子を見に行ったんじゃ。すると・・・ 火事ですじゃ。 俺、会社の消火器を持ってダッシュ!しかしもう消防隊が来てた。燃えていたのは、なんとホームレスの家。家じゃないけど。 ホームレスのおっさんは留守のようだ。出火の原因は、粗大ゴミの中で破裂したガスだそうだ。 俺の職場の『美野島』はとても綺麗なところだ。年 [続きを読む]
  • 腋に興奮する人
  • [女性の『脇』の魅力について] ネットの反応を見ると、まるで男なら当然のようにワキに興奮する人がいる。興奮するのが当たり前すぎて、もはやワキに対する支持率は『フェチ』という枠組みを超えている気さえする。 俺はワキの魅力がさっぱりわからない。それが他の男より劣っているような気がして悔しくてならない。いくら画像を漁ってもピンと来ない。ピクリとも来ない。自分が不感症なのかさえ疑ってしまう。 そんな俺を煽 [続きを読む]
  • 「早過ぎる死」という表現
  •  びっくり。最近バラエティ出てなかった?www.nikkansports.com テレビで「早過ぎる死」という表現で若い人を悼む気持ちは理解できる。しかしこれは「序列的に若いうちは死なない」という思いの裏返しなのかなと。そうだとしたら、それは多分普通だと思う。 www.sankei.com 一昨年、 博多区の原三信病院のロビーにタクシーが突っ込んで、患者さんとその見舞いに来ていた知人らを死亡させた事故が起きた。ニュースを見ていたら [続きを読む]
  • 友達が多い人には勝てない風潮
  • [年1回のミニバスの同窓会]2/3(金) えりちゃんと「五」に行って「えびす」に行った。警固で飲むと毎回この流れだな。マンネリ感はないのだが、他に美味い店があるなら行ってみたい。 五のスタッフで、若い女の子がいるんだけど、久しぶりに行ってみると店長になっていた。23歳だっけか。若いのに立派! えびすの大将が「絶対美味いから」とゴリ押しして来た卵しらす。特になんの変哲も無い見た目だが、これが良い味で。  [続きを読む]
  • 開拓
  • [「美味い」を探しに]2/1(木)博多区 祇園  我ながら珍しい場所に来た。明るい時間だと仕事で来ることもある。疲れ切ったサラリーマンが横行している印象だ。しかし夜は雰囲気がガラリっ・・・!イキイキとしている。今日はヨネキさんと目当ての居酒屋を目指してやって来たのだ。 何度も他所の居酒屋に浮気仕掛けたが、無事到着。【魚房三徳】ビールを飲み飲みしながら、まずはこの和牛とウニの握り 和牛とウニのM& [続きを読む]
  • AI住宅>>>>越えられない壁>>>>ペッパー>安全くん
  • [AIロボットの実用化] 最近はAI技術が広く業界に浸透しているニュースがよく目に入る。そこそこ興味のあるトピックなのでどれどれと思い見るんだけど、やっぱり違和感はある。タッチパネルで注文を完了すると「ご注文、承りました。」と言って、アームの関節がウィンウィン動いてコーヒを作り出す。すると、作りながら「そこらへんの人よりも美味しいコーヒーを作りますよ」なんてぬかしやがる。もう、憎たらしいったらなんの。 [続きを読む]
  • 自分にハァハァできる人
  • [たぶん、人生初の転機] 交際をして3年と少し経つ彼女とのそろそろ籍を入れてしまおうかと考えている。俺も今年で30歳になるわけだし、身を固めて親孝行のことも考えていかなければならない。もちろん、2人の幸せのために。これが一番の理由なのだが。 この記事のテーマはずばり、「自分」である。結婚を機会に、彼女のお父さんから一つ大きな提案を持ちかけられた。「中国の会社で一緒に働かないか・・・?」というお誘いであ [続きを読む]
  • ゲームに学ぼう
  • 昨日はケンジさんと肉を食べた。ケンジさんは第一子が産まれて幸せそうだったけど、「ゲームをする時間がない」と少しだけ不満もあるみたい。そんなケンジさんだが、先日『大神』を購入したらしい。このゲームは2006年にPS2で発売されたやつだ。で、それから2012年にPS3でHDリマスターされて、今回PS4でさらにHDリマスターされるという根強すぎる人気。どんだけ生き返るんやこのゾンビは。かなりの良ゲーとしてエリちゃんにも勧 [続きを読む]
  • 音のない飲食店
  • 立ち飲み屋ではいい歳した大人がヘラヘラと鼻の下を伸ばして女性客に絡んでいる。嘆かわしい。冬は人肌恋しくなるもの。それは仕方ない。だが、刹那的な寂しさに人肌を求めるなど愚(ぐ)!12/23(土)俺とえりちゃんで、警固交差点の裏に新しくできた立ち飲み屋さんに行った。「けごむす」って名前だっただろうか。暖簾のロゴマークにニヤつく。なかなかいいじゃない。酒の種類も申し分ない。つまみも安く美味い上にボリューム [続きを読む]
  • なにかを成し遂げた後の酒はうまい。
  • 日本大学の初試験、ようやく終わったで候。試験前に友人のお祝い事やらで勉強の時間を割いたのは冷や汗ものだったけど、なかなか手応えありますよ。今回、履修した科目は政治学、経済学、心理学、宗教学、英語、経済学、経済学概論、歴史学、哲学、文学、経済原論である。どのようなペース配分で学習を進めていけばいいのか、いまいちピンと来なかった俺は、張り切りすぎて履修登録の配分を大きく間違ったようだった。初っ端から [続きを読む]
  • 孤独死する前に出会いたい・・・君と
  • 今年の9月に、日本大学通信科の経済学部に入学を果たした。社会人兼“学生”であーる。この間、映画『バリー・シール』を学生料金で観た。いいぞ、学生。この「通信科」というのは、基本的に在宅学習であり、憧れる「オレンジデイズ」のようなキャンパスライフではない。わからない授業についても相談する相手がいない。つまり、孤独。最初は順調だった通信授業も、今では授業のペースにまったく付いて行けてない。俺の知能 [続きを読む]
  • ここ1週間ほどのデブ活記録
  • 10/8(日)俺、ケイキ、えりちゃん金曜倶楽部としてはスルーできないナイスな店。赤坂『有頂天』ここの鯛茶漬けが絶品というネットの口コミだけでヨダレもの。しかしこの日、鯛茶漬けは売り切れていた。『タチウオの串焼き』と『銀ダラの西京焼き』酒の種類は控えめだったが、飯がうますぎる。しかし、うますぎる飯には程々の酒でいいのだという持論。風味が喧嘩するじゃない。店の立地が家からやや離れ気味なのが残念だが、ここは [続きを読む]
  • イかれた羅針盤は地面を指す
  • 保留していたメイドインアビス、7話から一気に突っ走った。もう痛々しすぎて頭がクラクラ。メイドインアビスというアニメの世界では、秘境の大穴『アビス』というものが存在する。このどこまで続くとも知れない深く巨大な穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。この穴から発掘される資源には価値があり、高値で取引されるものがある。そのため穴の周りには人々が住むようになり、や [続きを読む]
  • 合コンサヴァイブ
  • 合コンに行ったことのない人はピンと来ない話かもしれない。俺が初めて合コンに行ったのは19歳の頃だ。高校を卒業し、自分を叱りつける教師たちの手から巣立った男というのはどこか余裕があり、お酒を注文する振る舞いも少々垢抜けてくるものだ。故に、居酒屋でも年齢確認をされる事はほとんどなかった。ただし初の合コンという状況にはガクブルだった。 この頃のバイト戦士の俺の所持金などたかが知れている。女子の飲み代を出 [続きを読む]
  • 卒業してもみんな近いところをウロウロしている
  • 18:00からのお食事会。俺とちーちゃんは30分早めに到着して本日の打ち合わせ、お互いの友人の情報を出し合い会議を行った。俺の友人のケイキは大学の助教だ。真面目な男なのでどこに出しても問題ない男だと思う。ちーちゃんの連れてくる友達は保育士さんで、大人しくて可愛い女性だという。今日はお互いの友人にとっていい縁だったと思える日になるといいなと話した。店のドアが開いた。どうやらお友達のご来店のようで、そ [続きを読む]
  • カウンターの乞食
  • 久しぶりに五に行った。めんめのカマザブッとポン酢にくぐらせて食べるのがオススメらしい。ポン酢は苦手なんだけど美味しかった。血が足りてないのでレバーで補給しよう。たまに顔を出すといいことがあるのか、俺が物欲しそうな顔をしていたのか、小出しにおつまみを出してくれた。カウンターに座るとこれがあるから嬉しい。南蛮漬けに、鮭の麹漬けに、ごまカンパチ。最後はめんめのカマでアラ出汁を作ってくれた。綺麗に着地 [続きを読む]
  • ミニスカート
  • 女のわがままに手を焼いている男は少なくないだろう。『身勝手』『欲張り』『気まぐれ』女の“わがまま”の意味する範囲は広い。女の気まぐれを真っ向に受け止めていると男はほとほと疲れてしまう。なぜ女という生き物は男を翻弄させるようなことをするのか。単に“わがまま”は女の愛情確認作業なのか。わがままの背景には「今の女のとしての“旬”を逃せば次はないかもしれない」という本能的な焦りがある気がする。本来はじっ [続きを読む]
  • いい加減な性格
  • 福岡には仕事で県外からやってくる者が多い。よく見かけるのは長崎、宮崎、熊本、鹿児島の人間だ。その中で宮崎の人間の地元ラブの主張がどの県よりも強い。己を『宮崎人』と呼称するあたりなんかそうだ。南国育ちという風土的な問題なのか時間にややルーズな傾向にあるようだ。そんな県民性は沖縄だけで十分だ。  俺が初めてバーデビューを果たした店が今泉にある『ペンギン』というバーだ。ここのバーテンダーも宮崎出身の人 [続きを読む]
  • 愚かな行為
  • スタバでMac Bookを開いてどドヤヤァという行為。俗に言う“意識高い系”というやつで、世間からは嘲笑の対象とされていたりするようだ。まあ、実のところ俺も冷ややかな目で見ていた。実際に仕事をしている人もいるに違いないんだろうけど、人が混雑しているにも関わらず、足組んで踏ん反り返ってドヤヤァみたいな人が目立つがだけにあまり印象は良くない。みっともないとすら思う。しかし、意外にもお店側は容認しているようだ [続きを読む]
  • 検索ワード『初めまして』ハンター。
  • このはてなブログには『はてなスター』と言うものがある。これは、相手に「ブログの記事を読みましたよ」と言う意思を★に変えて相手に伝えるものだ。Facebookでいうところの「いいね」みたいなやつだ。俺の記事にもいくつか付いていたりする。「見てる人いるの?」と、嬉しくなる。基本的に★をくれた人のブログは訪問することにしている。一体どんな人なんだろうと。スーパーで働くおじさん、一貫して働きたくない信念を貫こ [続きを読む]
  • 移民from親不孝
  • 福岡には『親不孝通り』と言う200mほどの通りがある。先日行った屋台がこの通りにある。名称の通り、夜になると血気盛んな若者で賑わう。ROCKやHIPHOPに精通したクラブ街として栄えているのでどうしてもBADBOYたちが集まるのだ。あまり知られていないようだが、“親不孝通り”と言う名前の由来は、夜な夜な柄の悪い若者が朝まで賑わっているからと言うことではなく、家計に余計な負担を与える『予備校』がいくつも建っていたため [続きを読む]
  • 屋台で感じた博多の性分
  • 俺は福岡で生まれ福岡で育った。ツヤをつければ“博多っ子”というやつだ。 先日、俺は屋台で飲んでいた。福岡の屋台にでも行けば当然同じ福岡の人間と顔を合わせてお酒を飲むことになる。学生からサラリーマン、ミュージシャンから年金のじいさんまで世間話の内容も様々だ。昨日はその中に観光で来たお客さんもいたわけだ。なぜか俺たち福岡の人間は旅行客をもてなそうとする。また来てくれるよう、福岡を好きになってくれるよう [続きを読む]
  • ランニング飲み
  • 9/10(日)「ミッキーおはよう。元気?」ヨネキさんの電話で目が覚めた。朝から悪魔的なプランを告られた。「ミッキーの住む薬院と俺の住む今宿の中間地点が“室見”なんよ。お互いそこまで走って落ち合って飲もうよ。今日は天気が良くて最高に涼しいから。」(うわぁ…)お互い肥満気味のため、たしかに運動は必須。この誘いを断る資格など俺にはなかった。GOだ。実は室見には俺たちのお気に入り、ベストプレイスな小 [続きを読む]