gyogo さん プロフィール

  •  
gyogoさん: 青木村のじかん
ハンドル名gyogo さん
ブログタイトル青木村のじかん
ブログURLhttp://gyogo.hatenablog.com/
サイト紹介文夫婦そろって会社をやめ、2016年3月に東京から長野県青木村に一家5人で移住しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 339日(平均0.6回/週) - 参加 2017/05/31 15:23

gyogo さんのブログ記事

  • 初雪前にやっておきたいこと
  • 青木三山制覇! を目指していたものの、あっという間に初雪が降ってしまいました。三つ目の夫神岳は、実は1回登ったのです。ただ、天気が悪くて途中でお弁当だけ食べて引き返す羽目に。その後、天候を伺っていましたがなかなかタイミングが合わず、来春への持ち越しとなりました。青木村の初雪は11月下旬で、初雪です。本日11月20日、青木村の平野部でも初雪が降りました。(数日前から、雨が降ると村の標高が高いところ< [続きを読む]
  • 【青木三山】十観山(十観山コース)に登ってきたよ
  • 先日の子檀嶺岳に続き、今回は十観山に登ってきました。gyogo.hatenablog.com十観山は標高1284m、青木三山でいちばん高い山です。青木村ではパラグライダーができるのですが、そのテイクオフ地点があるのが十観山です。十観山にはルートが2つあり、今回は時間が短い「十観山ルート」を選びました。村営横手キャンプ場そばにある駐車場に車を停めます。このキャンプ場、バンガローがなかなか立派です。住んでいると泊ま [続きを読む]
  • ある日とつぜん断水に!
  • 今日の青木村は、広範囲で断水していました。予告ありの断水ではなく、アクシデンタルな断水です。というわけで、別ブログでそのへんのことを書いたのでよかったらお読みください。ichijyu-issai.hatenablog.comひとつ実感したのは、生活が根こそぎ破壊されるようなケースは別として、何かあっても田舎の暮らしはわりと強い、ということでした。上田市の極上ラーメン店のことも書いてあります。 [続きを読む]
  • 3代目の鍋つかみ
  • 写真:右が2代目、左が今回作った3代目。2代目は端が焦げたり、いろんなシミがついています。それだけ使いこむことができたのはうれしいことです。先日の針仕事のついでに鍋つかみも更新しました。この鍋つかみは、以前、東京は雑司が谷にある鬼子母神の「手創り市」で買ったものが原型です。これがとても具合がよかったのです。四隅にアールがついた長方形で、パペット人形みたいに手を差し入れられるようになっていま [続きを読む]
  • 「びわこふきん」でリメイク針仕事
  • 針仕事は嫌いではないのですが、めったにやりません。まだ下の子が小さいのであぶない場面があるのと、集中できないからです。どうしても必要になったときにまとめてやるようにしています。その「どうしても」が訪れたので、久しぶりにミシンを引っ張り出しました。今日作るのは次の3点。・双子の保育園の食事エプロン・皿洗い用の布・鍋つかみ鍋つかみは別途投稿しますね。「びわこふきん」とは?有元葉子さんなど料理 [続きを読む]
  • 石けんユーザー必見! 二槽式洗濯機は使えるよ
  • 写真:わがやの二槽式洗濯機は、日立の「PS-60AS」。2016年春に買い替えた2代目。洗濯物の量が増えてきたので、初代より大きいものにしました。左の白い蛇口は、風呂の残り湯をくみ上げる機械(付属品ではないです)。 時代と逆行する洗濯機 二槽式洗濯機って? 二槽式のメリット 1.槽が小さいから「撹拌力」「脱水力」が強い 2.石けんの溶け残りがまずない 3.洗濯液を使い [続きを読む]
  • 田舎暮らしの必需品「冷凍殺虫剤」ってどうなのよ?
  • 写真:昨年に引き続き、2本目となる「冷凍殺虫剤」。今夏は「アース製薬」のものを買ってみました。 田舎暮らしに虫はつきもの 虫とどう付き合うか 凍らせて撃退 気になる有効成分は? 実際の効果はどうよ? ハエもいのちだ! まとめ田舎暮らしに虫はつきもの信州は寒い時期が長いので、春は一気に訪れ、あらゆる生き物が「我も我も」と盛りを迎えて夏になだれ込みます。青木村は、人間様のス [続きを読む]
  • 星野源ライブで青木村から新潟まで行ってきたよ
  • ぼっち、しかも1泊旅行はいつ以来?少なくとも、青木村に来てからは初めてです。なにせ都会の人が観光にくるところに住んでいるので、旅に出ることはめっきり減りました。今回は星野源さんのライブ参戦で、新潟までぼっち1泊2日旅行に行ってきた次第です。横浜や埼玉でもいいんですが、倍率が高いだろうとふんで新潟に申し込んでおいたのです。青木村は、日本海側のからも太平洋側からもだいたい中間地点 [続きを読む]
  • ジブリの世界みたいな里山で遊んできたよ
  • ごぶさたしております。こちらのブログをお留守にしていてすみませんです。別ブログに、こちらとも重なる内容を書いたのでリンクを貼ります。よかったらのぞいてみてください。futoko.hatenablog.jp青木村にこんなサンクチュアリというか、ジブリワールドというか、気持ちのいい場所があったなんて!私有地なので自由に出入りはできませんが、青木村や上田界隈にお住まいでご興味のある方は、一度見学に申し込まれ [続きを読む]
  • 安曇野まで1時間!
  • 青木村は長野県の北寄りの真ん中あたりにあります。なので、県内のたいていの場所にアクセスしやすい地理にあります。長野、松本、諏訪、大町、伊那は1時間で行けます。すごく行ってみたいけど東京からだと日帰りは強行軍……と思っていた上高地にも、2時間程度で行けてびっくり!岐阜県や富山県に日帰りも可能です。東京からだとすごく時間のかかる安曇野にも、下道で1時間ほどで行けます。この日曜日、あまりにお天気が [続きを読む]
  • 退職金で銅の炊飯鍋を買う
  • 写真:銅の炊飯鍋。移住と前後して、14年間勤めた会社を辞めました。退職金をいただきました。ほとんどが家のリフォームで消えました。せっかく手にした大金、しかもおのれの労働の蓄積、記念とまで大げさでなくとも、残る何かを買おうと考えました。そこで買ったのが、銅の炊飯鍋です。おっと、炊飯のために鍋を買うなんて、ひょっとしてgyogoさんは「ていねいに暮らす」系の人?うーん、半分そうで半分そうじゃな [続きを読む]
  • 青木村唯一のワイナリー「ファンキー・シャトー」
  • 写真:ファンキー・シャトーのロゼワイン「グリ・グリ」。かすかに発泡しています。いつ飲んでもおいしいですが、暑い日に飲むと格別です。エチケットもすてき!青木村にはワイナリーがひとつあります。その名も「ファンキー・シャトー」。変わった名前です。最初は何なのかわかりませんでした。(えっと、ラブホテルかと思ってしまいました。ゴメンナサイ)なるべく手を加えない自然な醸造法で、無濾過、無清澄で作ってい [続きを読む]
  • リフォーム5(台所)
  • 写真:現在のキッチン全景。台所は、もし家を建てるようなことがあればココ、と心に決めていたメーカーがありました。それは、埼玉県ときがわ町に工房を構えるステンレス板金加工の「桃ノ木製作所」。中山さんという、わたしと同い年の男性がおひとりでやられています。www.momonokiss.com熊本で料理家をされている細川亜衣さんの自宅台所がここのもので、もうほんと、素敵なんです。オールステンレスというといかにも冷たそ [続きを読む]
  • リフォーム4(薪ストーブ)
  • 写真:はじめての冬も「ケチキュート」のおかげで暖かく過ごせました。ありがとう。青木村は寒冷地なので、暖房をどうするかは大きな課題でした。最初はハイブリッド型の給湯機で床暖房を考えていましたが、ガス代の高さを知ってやめました。プロパンガスは都市ガスの約2倍するのです。ペレットボイラーも候補にあがりましたが、ペレット代と設置費用がネックになり断念。コストパフォーマンスなら灯油がいちばんです。「 [続きを読む]
  • リフォーム3(施主支給)
  • 写真:ダイニングからリビング全景。今回は施主支給をがんばりました。大きいところでは台所、薪ストーブ。小さいところでは、ドアノブ、タオルハンガー、郵便ポスト、ドアフォン、照明器具一式、トイレの床の仕上げ材(クッションフロア)など。施主がいろいろ揃えるのは、一般的には面倒な作業だと思います。わたしは好きなので、ホクホクしながらやっていました。何でもいいですというタイプの人間ではないため(ええ [続きを読む]
  • リフォーム2(大工工事)
  • 写真:傾斜天井に梁あらわし。ロフトの柵もシンプルながら小技が利いています。リフォーム工事をお願いした西沢祐工務店は、自社で大工さんを抱えている工務店です(正社員の大工さんは1人です)。大工さんを大切にしていることがよく伝わってきました。今回の工事は、引っ越し日が決まっていたためスケジュールに余裕がありませんでした。そこで、あるときは1日に大工さんが5人も入るというオールスター状態になっていた [続きを読む]
  • 別テーマでブログ増設しました
  • 更新頻度があまりに低くて、ダメなブログの見本みたいになっています。移住1年経って、立て続けに大きい出来事3つが家族を襲いました。最初はなんという不幸……と感じていましたが、これらの出来事のおかげでいい意味で移住ライフ、田舎暮らしの魔法がとけました。これからが本番、と感じています。そのうちのひとつについて、別のブログを立ち上げました。よかったらご覧ください。futoko.hatenablog.jp [続きを読む]
  • リフォーム1(2階建て→平屋に減築)
  • 久しぶりの投稿です。家は、中古住宅を購入しました。前に投稿した「中古住宅を探せ!」に書きそびれていた4軒目の家です。村の中心部に近い便利な立地にある(セブンイレブンまで徒歩で行ける!)、昭和40年代に建てられた日本家屋でした。そのままでも住もうと思えば住めますが、明らかに耐用年数が過ぎているところがいくつかあったので、リフォーム工事をすることにしました。工事をお願いする工務店はネットで探しまし [続きを読む]
  • 長野の家はなぜ寒い?
  • 中古住宅を内覧し、周囲にある築数十年の家々を観察していて、ひとつふしぎに思うことがありました。それは、これほどの寒冷地なのに、家に断熱材が入っていないこと。そして、開口部が大きくて数も多いこと。「家の作りやうは、夏をむねとすべし」な家が多いのです。北海道ほどではありませんが、長野県も冬が長くてかなり寒いです。なのに、家はむしろ夏仕様。 なぜだろう……?そんなとき、たまたまテレビを見ていたら、タイ [続きを読む]
  • 中古住宅を探せ!
  • 村営住宅の空きを待ちつつ、とりあえずは中古住宅を探してみることにしました。夫がネットなどで見つけてきたもの、役場の空き家バンクで紹介してもらったものなど、都合4軒内覧しました。1軒目は沓掛温泉にある(村内には温泉が2つあるのです)中古住宅。傷みが激しいのと、すぐ後ろに山肌が迫っているのが気になりました。雨の日に見たのもよくなかったかもしれません。2軒目は田沢温泉近くの三角屋根の家。ここは贅沢にもぶ [続きを読む]
  • 住む家をどうしよう
  • 青木村への移住前提で、家探し、小学校の入学前の保護者会などのために、月1〜2回、青木村へ通うようになりました。家はまず村営住宅(賃貸)を考えました。が、当時は空きがなく、期待薄。とはいえ、いきなり家を買うのはやはり勇気がいります。わたしたちがあっさり青木村への移住を決めたのは、「どうしても合わなければ、また別の場所を探せばいいさ」という気持ちがあったからです。移住は人生の一大決心ですが、同時 [続きを読む]
  • 実弟のアナフィラキシーショック転じて……?
  • 写真:青木村の診療所外観。クラシカルなおもむきある建物です。初めて青木村へ行ったとき、わたしの弟こうちゃんもいっしょでした。教育委員会をあとにしたら、ちょうどお昼時です。青木村は「タチアカネ」という独自のそばの品種があり、村内にそば屋さんが数軒あります。せっかくだからとそのうちの1軒に入り、そばがきの天ぷらやもりそばなどをおいしくいただきました。食べ終わって「さて行こうか」とこうちゃんの顔 [続きを読む]
  • 決めた!
  • 上:青木村の教育方針。比較的地に足の着いた内容という印象です。ただ行くだけでは情報が得られないだろうということで、事前に夫が役場にアポイントを取ってくれていました。役場には移住関係の担当者がいるようです。(あいにく当日は担当者が出張でいなかったため、別の方が対応してくださいました)青木村は移住者を受け入れることに比較的前向きです。空き家バンクは2015年に本格始動し、しっかりした体制はこれからでは [続きを読む]