蘭丸 さん プロフィール

  •  
蘭丸さん: Everything*Love
ハンドル名蘭丸 さん
ブログタイトルEverything*Love
ブログURLhttp://tsukatuku131.blog.fc2.com/
サイト紹介文花男の二次小説を書いてますCPは司×つくしです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2017/05/31 18:19

蘭丸 さんのブログ記事

  • 鍾愛 135
  • ガラスの破片が飛び散り、床は、土足で踏みつけた靴痕がくっきりと残っている室内の壁に掛けられた絵画は斜めを向いて調度品は、見るも無惨な姿になっていた海藤付きだったボディーガードふたりと家政婦の湯川の身柄が確保されたたかが3人に、これだけ派手な捕り物劇が必要だったのか重要参考人として、連行されるボディーガード達を見ながら間島は、腑に落ちないことがあった「何も言うな。話は後で聞くから」司に抱きかかえられ [続きを読む]
  • あざーっす!マザー 1
  • Memory、鍾愛も書きかけなのに気分転換に違う話を書きたくなってアップしましたタイトルは、ありがとう。お母さんって意味を込めてますぱぱぱっと中編で完結予定です鍾愛も本日更新予定です!お暇つぶしにお付き合い頂ければ幸いですm(_ _)m==============うちの母ちゃんは、色んなモノを拾ってくるのが得意だ箪笥、自転車、本棚、机、ソファ敷地だけは、無駄に広いおんぼろ平屋建てに俺たちは住んでいるそんなだか [続きを読む]
  • 鍾愛 134
  • 「待ってても気が滅入るから、そこら歩いてくるわ」「迷子にならないで下さいよ」「なるわけねぇーだろ。 今はな、携帯アプリがナビゲーションしてくれんだ ガキにみてぇな扱いすんな」行方不明になる前の司と西田のやり取りだ現場に近づけない事は、司もわかっている道路は封鎖され、行けるとしたら山道を歩くしかない富士の樹海ほどではなくてもハイキングコースではない獣道を歩くには、自分も遭難する危険性がある朝食のバス [続きを読む]
  • 鍾愛 133
  • 屋敷から、100Mばかり離れた家の駐車場に白いバンが停まっているモニターを食い入るように観ていたのは柴崎と田中だったお前は、足手纏いだ。留守番してろ間島に、ひよっこ扱いされた田中は面白くなかったが踏み込んでも何をしていいかわからずテンパるだけだと自分自身でもわかっていたので返す言葉もなかった飛び散ったガラスの破片、なだれ込む捜査員激しく吠えたてる犬達の鳴き声混沌とした室内が映し出されている「ところで、 [続きを読む]
  • 鍾愛 132
  • いつもと違う朝の空気と寝覚めの悪さに重い瞼を薄ら開けて、左右、上下、そして前へと視線を動かすと倒したリクライニングシートから頭だけ見えている左側の男は髪を短く刈り込んで、つむじはきれいな時計回りだもう一人の男は、縦に走る地肌からぼってりと白髪混じりの髪が伸びている誰だ?一瞬、司は、考えた長い人差し指の腹で、目を擦ると記憶が蘇ってきたあっ。小さな叫び声をあげてブラケットを剥ぎ取り身体を起こした「おは [続きを読む]
  • 鍾愛 131
  •  こうやって見るとすげぇーよな 眠らない街とは、よく言ったもんだ深夜になっても、眼下に広がる夜景は、煌びやかで高層ビルの谷間に、車の光跡が続いている視界に入ってくるのはリアルな現実なのにまるで緻密に描かれた絵画のようだと、司は、思っていたヘリの操縦は、セスナ機より難しいバランスの調整やホバリングテクニックも要するコツを掴んでも、操縦中に気が抜けないのは常に微調整をしながら飛ばなければならないからだ [続きを読む]
  • 鍾愛 130
  • 「柴崎は、どこ行った」真夜中に突然かかってきた司の電話に西田は慌てていた。司に嘘は通用しない西田の瞬きが多くなっているのは焦っている証拠だった母親の楓は相手を理詰めで封じ込め反論の余地を与えないタイプだ一方、息子の司は、まず相手に喋るだけ喋らせて、口を挟まない何も言わない司に、若造にはわかるまいと相手は、鬼の首をとったような優越感に浸ってまくしたてる一語一句聞き逃すことのない彼は、あやふやに誤魔化 [続きを読む]
  • Memory 3
  • メープルの一室を貸しきって催される大寄せの茶会で出す点心の相談をしてきた総二郎に久しぶりに、あいつらも誘って昼飯でも食うかと、会う約束をした4人揃うのは、半年ぶりだ集まる機会が減ったのは、夜遊びはちょっとな・・・口を濁す妻帯者がふたりいるからだいつの間にか俺達の集まりは、近況報告を兼ねた健全な昼飯会にシフトしていった総二郎が、30歳で年貢を納め、ガキが生まれた途端、携帯の待ち受け画面がいつの間にか愛 [続きを読む]
  • 鍾愛 129
  • 飛び乗った新幹線を経由して在来線へと乗り継ぎタフな間島も、疲労感には勝てずしなの線の心地良い揺れが睡魔を誘うしばらくして、誰もが無口になったのは、眠気と言う自然現象にさいなまれていたからだった軽井沢へ到着したのは、夜半をすぎていた標高は1000メートル前後ある周辺は年平均気温は7.8℃で、札幌の平均気温8.5℃よりも低いそのため避暑地として知られているが湿度の高さから地域によって年間100日は霧が発生していた [続きを読む]
  • 今日は更新しまーーす!
  • こんばんはいつも、お越し頂き、ありがとうございますm(_ _)mまた、大型台風が日本列島を縦断するようですね23号の被害の傷跡がまだ残ってると言うのにどうなるのか?不安ですパスワード制の事を書いてしまいご心配コメントを頂いて申し訳ございませんネガコメが来た訳でもなく、(来ても、適当にスルーします)またまた私事で恐縮なのですが、父が体調を崩して看護が必要な常態。兄弟で分担してと言う話になってたのですが兄の仕事 [続きを読む]
  • 思案中
  • いつもお越し頂き、ありがとうございますちょっと、思うことあって、パスワード制にしようか思案中ですそうなると、遊びに来て下さる皆様にお手間をかけることになってしまいますうーーーん。悩むなぁ愚痴って、ごめんなさい [続きを読む]
  • 生まれたてホヤホヤの司&つくしサイトさん
  • 最近、お友達になった、つくつかサイトさんのご紹介です!とっても素敵なお話を書いてらっしゃるnonaさんのサイトです生まれたてホヤホヤですよー是非、是非お立ち寄り下さいませ!↓ して頂くとnonaさんのサイトに飛びます!(サイドバーのリンク集からも飛べます)Lips that over laps">Lips that over laps宜しくお願い致しますm(_ _)m==============当サイトの更新は↓です [続きを読む]
  • 鍾愛 128
  • いつまでたっても終わらない鍾愛を完結させたい!本日は、鍾愛とMemory2話更新しておりますお付き合い頂けたら幸いです=============「すんごぃですよねぇ・・・斬新なボディーだ」到着したあさまに、興奮した田中が、ひとり喋っている間島と柴崎は、さほど興味はなく無言で停車するのを待っていたドアが開き乗り込むと自由席まで移動した平日の遅い時間ということもあって乗客もまばらだった先頭を歩いていた間島が [続きを読む]
  • Memory 2
  • 今日は仕事もお休み頑張って、Memoryと鍾愛をアップしまーす!===============「マァーマァー。ママってば。聞いてる?」「えっ?」「パンケーキ食べに行こうって約束したでしょ?」繭子が脹れっ面して、あたしの顔を見上げている夫が忘れたいった書類をオフィスに届けて一緒に行った繭子に、夫が言ったんだった「悪かったね。この書類がないと大変な事になってた 助かったよ 繭子も一緒に来てくれたんだぁ。お遣 [続きを読む]
  • 鍾愛 127
  • 間島のご機嫌取りのため、コンビニまでタバコを買いに行った田中が戻ってきていたこんな毒に、880円也!コマシナ昼メシが食えるじゃんと、思いながら、禁煙パイポを斜め上にしてデスクチェアーに跨がる間島にビニール袋を手渡した袋の真ん中辺りを掴んだ間島は、中身を確認せずともそれがタバコだと気がついていた「どうした」「差し入れですよ。お疲れみたいですから」「お前が見つけた場所に十中八九 道明寺さんのフィアンセが [続きを読む]
  • 拍手コメントお礼
  • 私事を雑記に書くのはどうかと思ったのですがお気遣いコメント頂き、本当にありがとうございます父は、鬱病も発症してるようで自分で、自分の気持ちがコントロール出来ないと言ってました男性と女性とでは、症状が少し違うのか?男性の鬱傾向について以下のような症状がでると書いてあるサイトもありました(一概には言えないのですが)鬱病とは無縁の様な、破天荒な人なのに手先が器用で、自分で設計図を引いて大好きな船の模型を [続きを読む]
  • えらいこっちゃな出来事
  • こんにちはいつもお越し頂き、ありがとうございます昨日は、鍾愛を更新出来ず、遊びに来て下さった皆様には申し訳なく思っております私事なのですが、ひとり暮らししてる父が入院中だったのですが本人の希望で、どうしても退院したいと我が儘を言い出して、退院出来る状態ではないと話してもものすごいストレスを感じてるみたいで精神的に不安定な状態に陥ってしまいました。担当して下さる先生と相談して、自宅に戻って来ましたが [続きを読む]
  • Memory 1
  • 丸の内から永代通りを抜け大手町交差点を右折するとビル群に囲まれた日比谷通へと合流した「珍しく混んでますね」ハンドルを握る西田がノロノロ運転の理由を伝えてきた片側4車線ある通りは、永代橋の流がスムーズならさほど混雑することもなく環八通りのとてつもない渋滞に比べたらイラつく対象にもならなかった丁度、日比谷公園に差しかかった辺りで俺は無意識に歩道に目をやった今時珍しい黒髪をフィッシュボーンに編み込んだ母 [続きを読む]
  • 鍾愛 126
  • 4課に戻って来た同僚達の声。パソコンで報告書を作る者上司に食ってかかってる者、デスクの椅子に座ってコーヒーを飲んでいる者いつもの光景を眺めつつ、うずうずしながら田中は間島の帰りを待っていた「お疲れさん」「お疲れさまです」むさ苦しい男ばかりの部屋でねぎらいの言葉が飛び交っているその度に田中は、ドアに視線を移してはガッカリしたような顔を浮かべていた「お疲れさん」今度こそ本命現るようやく待ち人が帰ってき [続きを読む]
  • コメント&拍手コメントお礼
  • s********o様ご無沙汰してます!コメント頂き、ありがとうございます毎年、夏が短くなって来てるような・・・お金持ちでなくていいからせめて、小金持ちだったら、ここまであくせく働かなくていいのになぁと思う今日この頃(ノД`)貧乏暇なしってやつです妄想は尽きることなく湧いてくるんですがここ最近、急に忙しくなって、ヘトヘトですそんなこんなで、二次卒業をしようかと思ってますと、言いつつ、また書くのかよ!で [続きを読む]
  • 更新予定
  • こんにちはいつもお越し下さり、ありがとうございます更新出来ずに、沈んでいきそうでな勢いですそんな堕落した日々を過ごしながらちょっぴり切ないラブ話を妄想したりしてます============あらすじ↓司とつくしは別れを選び、別々の道を歩んで行くことになったつくしは、結婚して10歳になる娘がいる(司は独身)ある日、偶然、車の中から娘と手を繋いで歩くつくしを見つけた司は、何とも言えない複雑な気持ちになって [続きを読む]
  • 鍾愛 125
  • 署に戻った田中は、片っ端から保健所に電話をかけていた指定都市20市、中核都市54市、政令指定都市に6市全てアポを取るには根気の要る作業でもあった同僚達が現場から戻り雑談に講じているのが邪魔になって片耳を押さえながら、かけ終えた所はマーカーで消してゆくこれで何件目だろう・・・間島の勘が外れていたのではないかと思うほど空振りに終わっていた主犯とされている加藤清も、黒幕が誰なのか口を割らない歩き方に特徴のあ [続きを読む]
  • 近況報告
  • こんばんはいつも、お越し下さりありがとうございます台風被害並びに北海道地震にておいて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますHNさーーん。大丈夫ですか?===========7月から、猛烈に忙しい日々を過ごすことになりメンタル面は、頑丈なので大丈夫なのですが体力的に限界だぁぁぁ!ってとこまで来ています思考回路停止状態に近いです若さがあれば勢いで乗り切れるのに、年と共に肉体疲労には勝てないものなんで [続きを読む]
  • 鍾愛 124
  • こんにちは。いつも、お越し下さり、ありがとうございますm(_ _)m大型台風、凄かったです。家が揺れてましたこちらは、直撃コースで、一瞬、電気が消えたり外の電線が切れるのではないかと思うくらいの暴風でしたようやく暴風もおさまり通過してくれた様ですどうか、皆様お住まいの地域も大きな被害が出ませんように==========間島の喫煙タイムを終えるとまだ陽射しが強い公園を二人して歩きはじめた賑やかな声に誘われ [続きを読む]