蘭丸 さん プロフィール

  •  
蘭丸さん: Everything*Love
ハンドル名蘭丸 さん
ブログタイトルEverything*Love
ブログURLhttp://tsukatuku131.blog.fc2.com/
サイト紹介文花男の二次小説を書いてますCPは司×つくしです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 199日(平均8.8回/週) - 参加 2017/05/31 18:19

蘭丸 さんのブログ記事

  • I*愛*傘 6
  • 雨は、いつの間にかやんでいた聞きたいことが、山ほどあるのに、聞けないつい3ヶ月程前は、どっぷりと甘い生活を送っていたのに今は、司に、触れる事も出来ない「俺を甘やかして欲しい」と司は、言ってたけど甘やかして貰ってたのは、自分なのだと、気がついた慣れない満員電車、ウケ狙いで趣味の悪いネクタイを選んでも司は、文句を言うどころか、喜んでくれていたオレ様なのに、最後の最後は、必ず司が折れてあたしの意見が通っ [続きを読む]
  • I*愛*傘 5
  • 居間として使ってる部屋には、こたつとテレビ襖を開けると同じくらいの広さの和室があるだけで後は、トイレ、お風呂、洗面所に台所すきま風も入ってくる狭い部屋ほんと、演歌の世界みたいだ「ここに住んでた、前の住人が家財道具置いたまま 夜逃げしたらしいんだ」「だから、そのまんま、使わせて貰って助かってる」「となりの部屋の押し入れに、 もうひと組布団あっから、干しとけよ」「ガラーーっ」「ねぇ、布団敷きぱなし?」 [続きを読む]
  • I*愛*傘 4
  • 「ねぇ、司・・・・そっちに行ってないよね?」「はぁ?司?来てねぇけど?なんかあったんか?」「もう、二日帰って来ないの・・・・」「西田さんとも連絡取れないし・・・」花沢類、西門さん、美作さんに連絡しても返ってくる答えは同じ、司と会ってないと言うあの胸騒ぎ・・・・やっぱりなにかあったんだ・・・道明寺HDでは、司と西田さんと運転手さんが忽然と姿を消したと大騒ぎになってたらしいNYにいる、お母様の耳に入ってか [続きを読む]
  • I*愛*傘 3
  • つくしは昼休憩に入ると、司に連絡を入れることにした通勤途中、帰りが遅くなると言った司の言葉が何となく、気になっていたからだ「RRRRRRRR」「RRRRRR」「忙しいのかなぁ?でない・・・」「RRRRRRRR」「RRRRRRR」「もしもし、俺だ」何度かかけ直して、ようやく繋がる「忙しいかった?中々でないから」「ああ、ちょっとな、立て込んでる」「ごめーん、もう切るよ」「遅くなるんだよね?」「帰りか?午前様にはならないようにする [続きを読む]
  • I*愛*傘(相合い傘)2
  • 満員電車の中は、空気が悪すぎると駅に到着すると、必ず深呼吸する黒服の男達は、司をガードしながらその様子を見守っていたつくしと結婚してから、司の変貌ぶりがSP達の間で話題にのぼる事が多く人間味ある司の様子が彼らを楽しませているホームで両手を広げて深呼吸し終わると曲がっていたネクタイの位置を直す毎朝、司のタイを結ぶのはつくしで最近は、タイ選びも、するようになっていたSPの一人が司のネクタイを見ろと、流し目 [続きを読む]
  • I*愛*傘(相合い傘)1
  • 司と極秘結婚して、もうすぐ1年司も、あたしも、公人ではない一般人だ芸能人みたいに、大々的に発表する必要もない極秘と言うのは、あたしの勤務先に対しての事で結婚はしたけれど、道明寺財閥の跡取り息子が相手だと言いずらかったから司の容姿や、虎の尾を踏むようなビジネス展開に経済界では、恐れられ、やり手の若き経営者として名を馳せているのは事実だけど老若男女全てが、司を知っている訳ではない司の事が、よりクローズ [続きを読む]
  • common destiny 最終話
  • もう、クタクタだと言うのに今から、また、とんでもない事が始まろうとしている場所を決めず、道明寺を探すなんて・・・自信たっぷりに、いいぜぇ!なんて言うあいつの気が知れない「道明寺さんは、六本木 つくしは、渋○のスクランブル交差点からスタートする 再び会えたなら・・運命かも知れない・・」「連絡が取れないように、二人の携帯は預からせて貰います」「11時半に、スタートです」「牧野、あとでな・・・・」道明寺は [続きを読む]
  • common destiny 21
  • バシッ」「ウゥゥゥゥゥ」「ハァーッ」「ハァーッ」「伊織!」「道明寺!」間一髪で、伊織が道明寺の手を掴んでいた伊織は、自らの命と隣り合わせわせで、人命救助と言う仕事に誇りとやり甲斐を感じてると話してくれた毎日、厳しい訓練を重ねている彼だからこそ咄嗟に身体が動いたんだ他の人なら、瞬時に腕など掴めない真っ逆さまに、道明寺は転落してるに違いない美香子さんは、目の前で起こってる事に動転し腰を抜かしてしまって [続きを読む]
  • common destiny 20
  • 昼食が終わって、道明寺が淹れてくれたコーヒーをソファーに座って飲んでいた何をするわけでもない静かで穏やかな時間あたしは、夜の事を思うと時間が気になって何度も時計に目をやるのに、あいつは、そんな事、気にする様子も見せないそれなりに、色んな修羅場もくぐり抜けてきてるって事か「どうだ?キッチンは、使いやすいか? 俺の身長に合わせてシンクの高さ調整してあるから お前のサイズに合わせるようにリフォームするか [続きを読む]
  • common destiny 19
  • 「こうやってみると、随分、色々買い込んだよね」「そんな、買ってねぇだろ?」「食材の話でなくて、キッチン用品のこと!」買い物終え、道明寺の自宅マンションに戻って来たら広いキッチンに開封していない段ボールが所狭しと並んでいるこの間、一緒にデパートに行って購入した物だ「どうやって片づけていいかわかんねぇから、 そのまんまにしといた・・・・」収納スペースは十分過ぎるくらいあるでも、荷物が多すぎて、足の踏み [続きを読む]
  • common destiny 18
  • まさか、会社にまで乗りこんで来るとは思わなかった職場は、どこで、業務内容は?としつこく聞いてくるもんだから、つい喋ってしまったのが仇となる・・・停まっていた車に、強引に押し込められると渋滞してる都内を走りだした「いったい、なに考えてるの?」「昨日、あんな事あったんだよ よく平気でいられるよね?」運転する道明寺の横顔を見ながら問いかける「もう決まってんだ、今さらジタバタしても はじまんねぇだろ?」「 [続きを読む]
  • common destiny 17
  • 「つくし、おはよ!眠れた?」道明寺が来る!いや、絶対に迎えに来る!そう思って早起きして、ゲストルームのドアを開けたウォッシャールームに向かう途中であくびをしながら滋さんが声をかけてきた「滋さん、早起きだね」「うーん、なんか目が覚めちゃった」「つくし、もうちょっと寝たら?」「顔を洗ったら行くよ!」「朝ご飯は?」「途中でなんか食べる!」「まだ、5時半だよ?」「じゃあ、私も、支度するわ」「いい、いい、電 [続きを読む]
  • common destiny 16
  • 飲み直しの女子会は、それなりに盛り上がり午前1時に、お開きとなっていた後片付けはしなくても良いと滋さんの言葉に甘えてシャワーを借りて、ベッドに潜り込んだのは夜中の1時半をまわっていた「RRRRRRRRRR」「俺だ・・・・」「寝てたか?」「起きてた」「悪かった、庇ってやれなくて」「うううん・・・悪いのは、あたしだから」「美香子さんは?一緒にいるの?」「いいや・・・帰った」「そう・・・ごめんね」「何で、お前があや [続きを読む]
  • common destiny 15
  • 「やっぱり、やな女でしたよね」「あの女のどこが良くて2年も付き合ってたんでしょう?」桜子が、眉間に皺を寄せながらい息巻いている広すぎるリビングは、冷たい空気から、余韻とでも言うのか、何とも言えない澱んだ空間に変わっていたワインを浴びせられた、あたしを心配した滋さんが、声をかけてくれる「つくし、大丈夫?」「今、タオル持って来るから」「あ、それともシャワー浴びて、さっぱりする?」「ううん、ありがとう・ [続きを読む]
  • common destiny 14
  • 「美香子さん、遠慮しないで、飲んで食べてね!」冷え込んだ、この空気がブリザードにならないか気がきじゃない・・・・滋さんも、色々、気を使ってくれているのがわかるから申し訳なく思ってしまうなんせ、とんでもない男、道明寺に恋愛に関しては、百戦錬磨の女、桜子もいる爆弾投下するのだけは、やめてもらいたい美香子さんが、トマトと生ハムのパスタを道明寺と、自分のお皿に取り分けて話しかける「飲んでばかりいないで、お [続きを読む]
  • common destiny 13
  • 「もしもし・・・」「司、今、どこにいるの?」「友達んちだよ」「滋さんのお家?声が聞こえたから」「そうだよ・・・」「仲間内の飲み会」「切るぞ」「待って・・・」「私も、お邪魔してもいい?」「・・・・・・」「私は、仲間に入れてもらえないの? 司とつきあってるのに・・・」「最近、全然、会ってないし・・・」「ねぇ・・・行ってもいいでょ?お願い・・・」「・・・・・・・・」電話の相手は、美香子さんだ・・・話しづ [続きを読む]
  • お知らせ
  • おはようございますいつも、お越し下さりありがとうございますm(_ _)m当サイトにステキなイラスト提供して下さる、すてらさんがイラスト付の二次を始められましたファンタジーな世界ですスタートしたばかりですが、色んなお話が登場予定です!こんな、司のイラスト描いて!ラブラブな司とつくしのイラスト描いてってリクエストにもお応えしてして下さいます(ショートストーリーつきで!)イラスト&ストーリー両方楽しめるサイトで [続きを読む]
  • common destiny 12
  • 「つかさくーーん!いらっちゃぁーい」「よう!萌!凪!元気だったか?」滋さんの子供たちを両腕に抱っこする道明寺意外にも子供好きだった事に驚いた「萌はねぇ、つかさくんのお嫁さんになるの!」「萌、それは無理だ!」「どうして?ダメなの?」「俺には、牧野がいるからなぁ」「萌は、愛人にしてやる!」「ただし、俺が、そっちの方で現役ならな!」「バ、ババカじゃないの!あんた!」「三歳児に向かって、何てこと言うの!」 [続きを読む]
  • common destiny 11
  • 「憂鬱だ・・・」月曜日は、どんよりした気持ちで出勤するのにもっと、あたしの心を憂鬱にさせているのは道明寺の存在伊織と言う木に実を実らせていたのに道明寺の引力によって地に落ちたニュートンの法則ならぬ、オレ様道明寺の法則で朝から来たLINEに、ウンザリする「今日は何時に終わる? 7時か?8時か?9時か?10時か?」「んーなことわかるか!」ラインでなく、携帯に向かって叫んでた週末、持ち帰った仕事も手付かずだと言 [続きを読む]
  • common destiny 10
  • 「伊織・・・・・」急いで帰ったら、家の前に伊織の車が停まってたヤバい・・・・かなりヤバい・・なんて、言い訳しよう車のドアが突然開いた「お帰り・・・」「今、何時だと思ってる?帰るの遅すぎるだろ?」「電話しても出ない、LINEも既読にならない メールも無視、どこ行ってたんだよ」「なんかあったのかと思って来てみたら帰ってないし」「もうちょっとして、連絡なかったら警察に 捜索願い出してるところだよ」ほんとに心 [続きを読む]
  • common destiny 9
  • 「あーーーっ、美味しかった!」「お腹いっぱい!ご馳走さまでした!」「何が、こんなに食べられないだよ 俺の分まで食いやがって!」「あれは、道明寺が残してたからでしょ」「それに、残したら作ってくれた人に悪いじゃない」どこへ行くわけでもなく、ランチを終えた後、ブラブラと街中を歩いていた「これからどうする?」「帰るってのは、なしな!」「道明寺・・・あたし・・疲れちゃった」「昨日も、あんまり寝てないし・・・ [続きを読む]
  • common destiny 8
  • 「美味くねぇ・・・・」「だから、ホテルで食おうつったのに」コンビニから帰った時は上機嫌だったのに伊織から、かかって来た電話の後は、すこぶる機嫌が悪い「外食ばっかしてたら身体に悪いでしょ」「これも、外食だろーが」「夕方までには帰るからね」「何で?さっき来たばっかだろ」「昨日の夜中からいるでしょ?」「まだ、12時間もたってねぇよ」「昼は、外で食うからな」「それから、買い物! 」「欲しい物でもあるの?」「 [続きを読む]
  • common destiny 7
  • 「なんだ、まだ着替えてねぇのか?」シャワーを浴びた道明寺がタオルで髪の毛をガシガシ拭きながら聞いてきた「歯ブラシ無いから、コンビニまで買いに行ってくる」「ふうん・・・」「なによ、これ道明寺のじゃない」「これ、使っとけよ!手動より、電動の方がキレイに磨けっから」「いや、そう言う問題じゃなくって・・」「何か?俺の歯ブラシは汚いとでも言いたいのか?」「違うわよ・・・間接キスだから・・・」「バッカじゃねぇ [続きを読む]
  • common destiny 6 
  • 「道明寺、トイレどこ?」「トイレか・・・リビング出て・・・オイ、大丈夫かよ」酔いが回った牧野を支えてやるとヨロけながら抱きついてきた「な、なんだよ・・・・突然、甘えてきたりして・・」「お前がその気になら・・・俺は・・・・」「道明寺・・・・・」抱きついたまま、甘ったるい声で俺の名前を呼ぶ牧野の唇を塞ごうと顔を近づける「吐きそう・・・・・」「えっ?ええぇぇぇぇ」「ちょっと待て!我慢しろ!」「おェェェー [続きを読む]
  • common destiny 5
  • 「オイオイオイオイ・・・それ、ロックだぞ!」「飲まずに、やってらんないわよ!」テーブルに置いてあった、飲みかけのウイスキーを牧野が、一気飲みしたオブラートに包んで話したがほんとは、もっとえげつない話がてんこ盛りでとても、言えるような内容じゃなかった「今度は、お前の番・・話せよ」「お代わり!」「飲むのかよ?」「酎ハイじゃねぇぞ」「わかってるわよ!」氷を多めにして、ロックグラスにウイスキーを注ぐと二杯 [続きを読む]