透明な気圏の中から さん プロフィール

  •  
透明な気圏の中からさん: 透明な気圏の中から
ハンドル名透明な気圏の中から さん
ブログタイトル透明な気圏の中から
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/funabasiakiko
サイト紹介文日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 355日(平均7.2回/週) - 参加 2017/06/01 10:00

透明な気圏の中から さんのブログ記事

  • 山菜のうた
  • 晴れ。最低気温4.8℃、最高気温18.2℃。昨日、近所の奥さんから頂いたわらび。その前の日に知り合いの方から頂いたタラノメ。自宅の庭に自生していた三つ葉。ミツバはお味噌汁に、タラノメは天ぷらにし、ワラビはあく抜きをして煮つけてみました。山菜は大好物なのですが、自分で採りに行くにも勝手がわからず、スーパーで買ってくるという発想に至らず、ここ数年、タラノメもワラビも口にする機会がありませんでした。今年はこ [続きを読む]
  • 冷たい雨の中に咲く
  • 雨のち曇り。最低気温6.6℃、最高気温12.2℃。冷たい雨もさらりと受け流して、静かに咲いている花々。庭の桜とボケの花です。午前のラジオ放送からアルベルト・アインシュタインの言葉が流れてきました。聞き逃したところもあり、ネットで検索して、以下の部分を引用させていただきました。過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。- Albert Ein [続きを読む]
  • 北海道開拓の村に五月の雨降る
  • 曇りのち雨。最低気温6.8℃、最高気温11.3℃。北海道開拓の村へ出かけ、学芸員さんからお話を伺うことができました。午後近くから雨が降り出し、説明を受けた建造物へ傘をさしてながら見学することになりました。自然は優しい顔から厳しい表情に変わり、雨で最高気温が11.3℃。重ね着6枚の中の一枚はウルトラライトダウンです。念のために背中に忍ばせたホッカイロが効を奏しました。 [続きを読む]
  • 小樽の青山別邸へ
  • 曇り時々雨のち晴れ。最低気温10.5℃、最高気温16.0℃。旧青山別邸は小樽貴賓館として、一般に公開されています。入場料(1080円消費税込み)で初めて入館して参りました。ニシン漁が栄えた頃の夢のような出来事を今に伝える貴重な建造物。想像を超えるほとの贅を尽くしたものでした。ニシン御殿と称されるこの館に足を踏み入れて初めて、青山家の方々が芸術や文化に通じ、こよなく愛でていたことを知ることとなりました。館内は写 [続きを読む]
  • 新緑の野幌森林公園を歩く
  • 曇りのち晴れ。最低気温10.4℃、最高気温23.8℃。ホウチャクソウスミレクルマバソウフッキソウマイヅルソウスミレフデリンドウヒトリシズカシラネアオイ大沢口新緑の美しい森の中を歩いてきました。ふれあいコースから百年記念塔を経由して大沢口までです。散歩の中で目にした野の花の数々。綺麗な声でさえずっていたウグイスの姿もとらえることができました。汗ばむほどの暖かな日となり、森の中を吹きわたる一陣の風が爽やかで [続きを読む]
  • 「高畑監督に別れ」の記事
  • 晴れ。最低気温8.2℃、最高気温20.9℃。北海道新聞新聞夕刊(2018年5月15日)去る4月に82歳で彼岸へ旅立たれた高畑勲監督の「お別れの会」が行われたとの記事が掲載されていました。高畑監督が手掛けた「アルプスの少女ハイジ」も大好きな作品の一つです。2014年に苫小牧で開催の「宮沢賢治学会苫小牧セミナー」では記念講演の講師として、賢治文学と自身の創作との関わりを話されていました。その夜の交流会、次の日の「賢治ウォ [続きを読む]
  • 庭の花たち
  • 曇り時々雨。最低気温9.7℃、最高気温13.6℃。庭の花たちです。八重桜は只今、準備中。スズランもつぼみが膨らんできています。少し早起きして庭の土に触ってみたら、暖かくて、柔らかでした。その手触りは、忘れてかけていた感触で、心が素にもどっていくような気がしました。 [続きを読む]
  • 野幌森林公園・雨模様
  • 曇りのち雨。最低気温11.5℃、最高気温14.9℃。雨は終日降り続いていました。しっとりと湿り気を帯びた森の中は自然の吸入器のようでもあり、喉にも優し気でした。雨に洗われた木々や野草は新緑に輝き、爽やかで、過ごしやすい季節を迎えています。 [続きを読む]
  • 夏めく北海道開拓の村
  • 晴れ。最低気温8.6℃、最高気温23.6℃。旧札幌停車場市街群から山村群へ向かう小道マイヅルソウ旧菊田家農家住宅農村群の道旧岩間家農家住宅 農村群こどもの広場に流れる小川今日は最高気温が23.6℃とすっかり夏めいて、長袖では暑く感じられるほどでした。桜はいつの間にか散りゆき、白い花が盛りを迎えていました。農家の庭先でよく見かけた花で、懐かしい風景に心が和みました。山村群ではマイヅルソウの花が咲き始めていまし [続きを読む]
  • 母の日のプレゼントが届く
  • 晴れ。最低気温5.0℃、最高気温19.9℃。13日の母の日を前に、次男からアレンジフラワーとバターサンドのプレゼントが届きました。部屋を明るくしてくれた花。バターサンドも味わい深いものでした。最高気温が19.9ど高くなったことにも後押しされ、芯から温まる一日となりました。 [続きを読む]
  • 何ということもない日のあれこれ
  • 晴れ。最低気温5.8℃、最高気温11.2℃。白樺の木々の爽やかさが際立つ季節となりました。フキノトウが綿毛となっています。ハクセキレイが目の前を小走りで通ってゆきました。何だか忙しそう・・・。スズメが餌を求めて窓下を行きつ戻りつしていました。スズメをアップしたら、庭の草が伸びているのもアップされてしまいました。スズメも草も元気そう・・・・。        ??         ??         ? [続きを読む]
  • 戸田記念公園にて桜を見る
  • 晴れ時々曇り。最低気温5.0℃、最高気温14.2℃。昨日の午後、我家から車で1時間ほどにある、戸田記念墓地公園に桜を見に出かけました。義母と家人と3人での花見です。この公園は、ソメイヨシノをはじめとする約8000本の桜が咲き、道内でも有数の桜の名所となっているところです。連休の混雑をラジオで聴いていたので、そこを外して出かけたのが幸いし、全く渋滞に遭うことなくスムーズに車を進めることができました。92歳の義母は [続きを読む]
  • 野幌森林公園・五月の風に吹かれて
  • 曇りのち晴れ。最低気温7.5℃、14.0℃。ふれあいコースウグイス ふれあいコース中央線コースニリンソウシラネアオイ 大沢口付近スミレ 大沢コース大沢コースから大沢口を望む久しぶりに出かけた野幌森林公園は新緑に包まれていました。桜やコブシが咲いているので、まだ春だと思っていたのですが、暦をみると五月五日は立夏なので、今は初夏ということなのでしょう。今日はふれあいコースでウグイスの姿をついにカメラにおさ [続きを読む]
  • 北海道開拓の村のヒメイチゲ
  • 雨時々曇り。最低気温4.5℃、最高気温10.2℃。北海道開拓の村の山村群エリアの平造材部飯場付近で見つけた、ヒメイチゲです。今シーズン初めて見ました。マイヅルソウの葉が映っていますが、その葉と比べるときゃしやで小さな姿であることが伺えます。でも、白い花を咲かせて佇む姿は端正で、この花に見つめられたなら、心ある人なら誰もが、嘘をつかずに正直になるしかないと、悟るのではないかと思えました。 [続きを読む]
  • 子どもの日の北海道開拓の村
  • 雲り時々晴れ時々雨。最低気温6.2℃、最高気温12.7℃。今日の旧青山漁家住宅旧青山漁家住宅内の五月人形大勢の親子連れなどでにぎわった、今日の北海道開拓の村でした。子どもたちの声が行き交う村の子どもの日。時々雨、時々日差しの空模様に、風景は暗くなったり明るくなったり。くるくる変わり続けるなかで生まれた空模様の美しさは、子どもたちへの何よりのプレゼントのようにも思えました。 [続きを読む]
  • 「世田豊平川河川敷さくら園」へ
  • 曇り時々雨時々晴れ。最低気温6.4℃、最高気温14.0℃。桜の季節は桜を追いかけたくなるものです。華やかでありながら、咲いたと思う間もなく散っていく桜。桜の花が醸し出す非日常の世界は人を酔わせ、散り際の潔さには心惹かれるものがあります。命に限りある人間として、生まれた時からどこかに散り際を背負っているからかもしれません。今日は、我家から車で20分ほどの「世田豊平川河川敷さくら園」へ家人と出かけてきました。 [続きを読む]
  • 北海道開拓の村の桜・その2
  • 雨時々曇り。最低気温6.8℃、最高気温14.2℃。旧開拓使札幌本庁舎旧有島家住宅 2018年5月2日撮旧品の神社 2018年5月2日撮桜 2018年5月2日撮今日は開拓の村に雨が降りました。桜の花も雨に濡れ、村全体をしっとりと湿らせていきます。静かに降る雨は命をふるわせ、緑けむる美しい五月の風景をいざなうのです。 [続きを読む]
  • 北海道開拓の村の桜満開
  • 曇り時々雨。最低気温5.7℃、最高気温15.1℃。旧札幌停車場漁村群にある海に見立てた池のそばに咲く桜。学芸員さん曰く、「この村一番の桜」だそうです。開拓の村食堂旧近藤染舗旧信濃神社旧岩間家今日はただただ、桜咲く村内を歩いてきました。開拓の村は美しい春の装いとなり、華やいで見えました。苦しいことも多かっただろうと思われる開拓時に、美しい桜はことのほか先人たちの心を和ませたことと思います。 [続きを読む]
  • 北海道開拓の村の旧青山漁家住宅へ
  • 晴れ時々曇り。最低気温7.6℃、最高気温15.5℃。旧青山漁家住宅旧青山漁家住宅今日は漁村群の代表格ともいえる、旧青山漁家住宅へ。この建造物についてパンフレット等をもとにまとめてみました。青山家は安静6年(1859)年、江戸時代後期に山形県から北海道へ渡り、小樽沿岸を中心に鰊建網などを経営して財をなした漁家(ぎょか)です。建網を経営するには番屋のほかに網倉、船倉、海産干場、船入澗(ふないりま)などたくさんの施設や [続きを読む]
  • 野幌森林公園の花と鳥
  • 晴れ。最低気温11.9℃、最高気温22.2℃。ふれあいコースの空ヒトリシズカシロバナノエンレイソウニリンソウエンレイソウ当地は最高気温が22.2℃と初夏を思わせる気温となり、吹く風も暖かでした。久しぶりに野幌森林公園をのぞいてみると、大沢コースには様々な花が咲き始めていました。花は時が来れば咲くとは思っていましたが、こんなにたくさんの花が勢ぞろいしているとは思いませんでした。でも、これは嬉しい思い違いでした [続きを読む]
  • 北海道開拓の村での「春・むら・ロマン」へ
  • 晴れ。最低気温0.2℃、最高気温17.9℃。北海道開拓の村の桜がほころび始めました。花が咲き、草木が芽吹き始めたこの村では、本日もイベントが数多くあり、子ども連れの家族などたくさんの人が訪れていました。大道芸人によるバナナのたたき売りや街頭紙芝居、ガマの油売りなどに観客は大盛り上がり。一方、旧菊田家の前庭では『野幌太々神楽』の公演があり、大勢の人が春風に運ばれてくる古式豊かな音色に耳を傾けていました。子 [続きを読む]
  • エゾヤマザクラ咲く
  • 曇りのち晴れ。最低気温−3.3℃、最高気温17.4℃。18:06歩いて1分ほどの公園で、エゾヤマザクラが咲き始めました。このところの陽気に一気にほころんだようです。不思議なのは同じ木なのに、咲く頃合いが違ってくることです。温度差や光の当たり具合などに対して、繊細なセンサーが働くのでしょう。それは自然界にあって、自然になされていることです。自然界の大きな循環の中で桜は咲き、散っていきます。同じ自然界に身を置きな [続きを読む]
  • 風に冷たさが残る春の夕暮れ
  • 曇り時々晴れ。最低気温5.1℃、最高気温13.5℃。夕陽 18:15 月齢11.0の月今日の札幌の日の出4時35分、日の入り18時31分、月の出15時24分、月の入り3時23分です。夕陽が向かいの住宅のガラス窓を赤く染めていたので、外に駆け出しました。とはいっても、足取りはゆっくりめですが・・・・・。西の空に落ちていく夕陽は燃えるようでした。中空には月齢11.0の月が青い顔をして静かに輝いていました。風には冷たさが残るものの、気 [続きを読む]
  • 北海道開拓の村に春の花咲く
  • 曇り時々晴れ。最低気温6.7℃、最高気温13.7℃。カタクリエゾノリュウキンカエンレイソウナニワズツクシ「野外博物館 北海道開拓の村」の旧札幌停車場には鯉のぼりが風に大きく翻っていました。村内に足を踏み入れると辺りはうっすらと緑がかり、次々と野の花がさき始めていました。その様は彩り豊かな絵本の世界のようでもありました。蝦夷山桜のつぼみも膨らんできました。開花は明日か明後日だろうと、学芸員さんは話してお [続きを読む]