透明な気圏の中から さん プロフィール

  •  
透明な気圏の中からさん: 透明な気圏の中から
ハンドル名透明な気圏の中から さん
ブログタイトル透明な気圏の中から
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/funabasiakiko
サイト紹介文日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/06/01 10:00

透明な気圏の中から さんのブログ記事

  • 「北海道農民管弦楽団」・イーハトーブ賞を受賞
  • 晴れ。最低気温12.0℃、最高気温18.8℃。本日付け北海道新聞日刊紙に、本年度イーハトーブ賞を「北海道農民管弦楽団」が受賞したことが掲載されていました。賢治が思い描いていた農民オーケストラの活動を長年続けて来られたとのこと。労働の後でオーケストラの活動をするとは、どんなに大変だったことかと思います。疲れて一休みしたい時間帯に練習を重ねられてきたことに、目を見張ります。この度の受賞を心からお祝い申し上げま [続きを読む]
  • 野幌森林公園周辺の樹木
  • 晴れ。最低気温5.1℃、最高気温24.6℃。野幌森林公園は依然として立ち入り禁止なので、大沢口周辺の木々を眺めてきました。この度の台風や地震に倒れることなく、生き残った樹木です。白樺並木もそのままでした。台風と地震から2週間が経ちました。家人と義母と三人で施設の義父に顔を見せに出かけた帰り、立ち寄ったス―パーでは牛乳や納豆が並んでいました。当地は少しずつ平常に戻ってきていると感じています。 [続きを読む]
  • 北海道開拓の村・秋めく風景
  • 晴れ。最低気温9.8℃、最高気温22.6℃。旧札幌停車場旧小川家酪農畜舎国光(菊田家横のリンゴ園)旧岩間家農家住宅芒の穂が日を受けて美しく輝いていました。開拓の村は収穫の時を迎えています。リンゴも赤く色づき始めました。秋めく北海道開拓の村です。今日は1700名の小学生の元気な声が村中を駆け巡っていきました。 [続きを読む]
  • 「北海道開拓の村」の被害深刻の記事
  • 晴れ。最低気温11.8℃、最高気温21.5℃。本日付け北海道新聞日刊紙より開拓の村の被害の全容が掲載されていました。被害額は1千万円単位に及ぶということです。国の重要文化財に指定されている旧開拓使工業局庁舎は屋根の一部の約50平方メートルが吹き飛ぶ被害とのこと。他にも3棟がこうした台風21号による被害を被っていると報じられていました。また、6日の胆振東部地震では「旧青山漁家住宅」など4棟の壁にひびが入ったそうです [続きを読む]
  • 旧開拓使札幌本庁舎(ビジターセンター)とトンボ
  • 晴れ時々曇り。最高気温10.8℃、最高気温23.1℃。昨日、開拓の村のお祭りに出かけた際に映した写真です。紅葉が始まった樹木の向こうに旧開拓使札幌本庁舎(ビジターセンター)が青空を背景に映えています。その青空に翻る北辰旗。曇りのない澄みきった青空の右上に、トンボの姿が映っていました。「おまつり」の日の写真に映る「トンボ」ということで、これらのキーワードを有するまど・みちおさんの詩を。「あかとんぼの うた [続きを読む]
  • 北海道開拓の村「秋のふるさとまつり」へ
  • 晴れ。最低気温15.9℃、最高気温24.6℃。信濃神社子ども神輿街頭紙芝居わら細工の実演露店開拓蕎麦北海道開拓の村食堂義母と義妹、家人と一緒に北海道開拓の村へ出かけてきました。秋晴れのよい天気に恵まれ、村内の市街地群から「秋のふるさとまつり」でにぎわう農村群まで歩いてきました。このお祭りはかつて農村地域で行なわれていた秋の収穫祭を、村内に移築された旧信濃神社の境内や農村群で再現したものです。今年は9月15 [続きを読む]
  • 野幌森林公園・大沢コースに重機
  • 晴れ時々曇り。最低気温17.1℃、最高気温25.9℃。夕方、野幌森林公園大沢口まで散歩してきました。大沢コースにいよいよ重機が投入された模様です。遊歩道にかかる倒木の伐採が始まったようです。帰りは大沢口から森林公園沿いの道を歩きつつ、倒れた木々を見てきました。我家のすぐ近くにある南町公園では桜が紅葉し始めたようです。その向こうには先日、解体が決まった百年記念塔が見えました。通行止めとなっている、ふれあい [続きを読む]
  • 能取湖のサンゴソウ
  • 晴れ。最低気温11.1℃、最高気温26.3℃。郷里のサンゴソウの様子が北海道新聞夕刊に掲載されていました。正式名称はアッケシソウ(厚岸草)。「北海道厚岸のカキ島で見つけられたため」と『新版 北海道の花』にありました。少し前には枯れて茶色になるなど存続が危ぶまれた時期もあったのですが、よくこれまでに快復したものだと嬉しく思いました。下の写真は昨年の9月5日14時52分に撮影したものです。最盛期には「赤いじゅうたん [続きを読む]
  • リトルロックヒルズ
  • 晴れ。最低気温17.7℃、最高気温26.8℃。「ハンバーガー (5食限定。ハデにハンバーグを使用したボリュームサンド。サラダ、コーヒーor紅茶 )¥1200」とメニューに記載されていました。珍しく、美味しかったです。 我家から車で約45分のところにある、「リトルロックヒルズ」に家人と行ってきました。 「リトルロックヒルズ」は“丘の上にある庭”という意味で、敷地は11ヘクタール。札幌ドーム球場が2つ分入る広大な敷地に [続きを読む]
  • 台風・地震後の北海道開拓の村へ
  • 晴れ。最低気温10.1℃、最高気温22.7℃。開拓の村に行ってきました。ニセアカシア並木の数本が倒れ、切り株の姿をになっていました。山村群は倒木多数のため、通行止めです。旧青山漁家住宅では瓦の一部が破損、屋内2階部分のガラスが1枚破損したとのことでした。破損した箇所を当学芸員さんが補修されていました。とはいえ、およそ100年前に建てられ、北海道開拓の村に移築してから35年を経ても、旧青山漁家住宅は強風や地震に [続きを読む]
  • 野幌森林公園・大沢口付近の様子と冬日のことなど
  • 晴れ。最低気温5.5℃、最高気温21.2℃。当地は良く晴れた朝を迎え放射冷却現象で、今日の最低気温は5.5℃とかなり低めだったのですが、釧路管内弟子屈町川湯では氷点下0.1℃を観測したとのことで驚きました。本日付け北海道新聞夕刊によると、9月中旬に道内で2日連続冬日となるのは観測史上初めてとのことです。昨日の冬日を記録したのは稚内市沼川の氷点下0.9℃。午後から野幌森林公園大沢口まで歩いてきました。吹く風は冷涼で [続きを読む]
  • 昭和の森のカツラは健在
  • 晴れ。最低気温8.1℃、最高気温20.1℃。今は大沢口から中へ入ることが危険なため禁止されているのですが、昭和の森のカツラは健在だそうです。写真は大風の吹き荒れる前日の9月4日に撮ったもので、この2日後に何が起こるのかなど想像だにしませんでした。人知をはるかに超えた大きな力の存在を、この度もまた、思い知らされました。9月4日撮影   [続きを読む]
  • 野幌森林公園内の立ち入り禁止区域
  • 曇りのち晴れ。最低気温12.3℃、最高気温16.5℃。いつもの散歩コースが全面通行止めです。ふれあいコースの入り口付近と大沢口に立ち入り禁止のテープが張られていました。やむを得ない措置ではあるものの、寂しい限りです。恐れていたことが現実になってしまいました。今日は禁止区域外の野の花で気を紛らせることにしました。こうして森林内に入れなくなると、この森のすばらしさが思い起こされます。無言で差し出された数えき [続きを読む]
  • 夕焼け
  • 曇り時々晴れ。最低気温15.0℃、最高気温20.5℃。夕焼けを追いかけているうちにけっこう歩くことになりました。屋根越しに見え隠れする夕焼け。木々の向こうに広がる夕焼け。そのうち海辺の夕焼けをゆっくり見てみたいものです。 [続きを読む]
  • 電気が開通しました。
  • 曇り時々晴れ。最低気温20.4℃、最高気温23.5℃。電気はお蔭さまで昨日、午後9時13分に開通しました。アイスキャンドル用のキャンドルです。停電の中、食卓にキャンドルだけを置くとまぶしすぎるたので、半紙に割りばしを貼り付けて、簡易行灯(あんどん)を作ってみました。灯りが目に優しかったです。居間に吊り下げたカンテン仕立ての懐中電灯です。単3電池3本。部屋全体がぼーっとですが明るくなり、活動しようという気持ちが [続きを読む]
  • 大嵐と地震の後
  • 雲り時々雨。最低気温19.1℃、最高気温23.2℃。午前中、いつもの野幌森林公園ふれあいコースから大沢口まで散歩してきました。森林内はざっと見ただけでも20数本の樹木が倒れていました。近所の住宅の裏の林には、少し離れたところにあるアパートの屋根の部分が横たわっていたりと被害の一部が垣間見えました。電気はまだ通っていないのですが、気長に待つことにします。この度の地震に際し、コメントを頂いて、大きな支えになって [続きを読む]
  • 震度5強の地震がありました
  • 雲り時々雨時々晴れ。午前3時8分頃、北海道で地震がありました。当地は、震度5強で、揺れの大きさに飛び起きました。本棚や食器棚はほぼ無事で、おちょこが2個と『砂漠でみつけた一冊の絵本』が落ちていただけでした。開拓の村は休業となり、予定していたボランティアもお休みです。電気は最初の揺れの時には停電となり、今に至っています。水道とガスは使える状態す。気象庁の発表によると、厚真町では震度7とのこと。被害の状態 [続きを読む]
  • 「新 北のうた暦」から
  • 曇り。最低気温23.0℃、最高気温27.8℃。北海道新聞日刊紙の「新 北のうた暦」の句と解説を読んで、身に覚えがある感覚だなと思い、目が留まりました。何気なく、ぼんやりしたシーンの中から、くっきり心に残るものが浮き上がってくることもあるということでしょうか。         ??        ??         ??台風21号が北海道付近を通過したことで、当地にも暴風が吹き荒れました。札幌管区気象台によ [続きを読む]
  • 嵐の前の野幌森林公園へ
  • 曇りのち時々雨のち晴れ。最低気温18.0℃、最高気温27.1℃。台風21号の影響で道内は今夜から大荒れとなるとの予報です。散歩しているさ中にも、強い風がふきあれて、芒が90℃のお辞儀をしていました。木々の葉も笹の葉も裏返して、風は通り過ぎていきます。嵐の前を思わせる暖かな風でした。明るい空の色、白い雲、静かに咲いている花々、嵐の前の何事もないかのような風景がそこに広がっていました。 [続きを読む]
  • エゾリスと出会った昼下がり
  • 曇り時々雨。最低気温13.3℃、最高気温24.2℃。午後から曇り空の中、散歩に出かけました。野幌森林公園に吹く風も、紅葉を始めた木々も秋を感じさせるものです。いつが夏だったのか、よく思い出せない今年の夏でした。秋の前は確かに夏だったのでしょうが・・・・。そんなことをぼんやり思いながら歩いていると、エゾリスが目の前を小走りに通り過ぎていきました。シルエットのように映っている姿がなんとも愛らしく思うのですが、 [続きを読む]
  • 野幌森林公園ふれあいコースから大沢コースへ
  • 晴れ。最低気温9.5℃、最高気温24.8℃。最低気温が一桁となり、秋へむかって季節は進んでいるのだと実感させられています。季節の変わり目はゆらいでいるので、はっきりしないのですが、気温のほかに野の花や芒の穂、虫の声で気づかされます。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」という歌を思い出しました。作者の藤原敏行は風の音で秋が来たことにはっと気づかされたと詠んでいます。野幌森林公園を [続きを読む]
  • 九月の始まりを空と芒で
  • 曇りのち晴れ。最低気温17.1℃、最高気温23.0℃。珍しく青空が広がり、さわやかな九月の始まりとなりました。野幌森林公園ふれあいコースでは、芒の穂が日の光を浴びて白く静かに燃えているようでした。この月が皆様にとって、良いことがたくさんある月になりますように・・・・。 [続きを読む]
  • 宗谷岬から南下して我家へ
  • 曇り時々晴れ時々雨。最低気温19.1℃、最高気温23.2℃。宗谷岬手前で、鹿が目の前を横切っていきました。午前8時40分頃です。夜行性なはずの鹿ですが、鹿にも個性があって、はぐれものがいても不思議ではないのかもしれません。宗谷岬です。日本最北の地点だと意識すると、ここに立っている自分ということが意味あるものに思えました。音威子府に行くのなら、駅のお蕎麦をぜひ食べてみてはと友人に教えてもらい立ち寄った駅内でし [続きを読む]
  • オロロンラインを北上する
  • 雨のち曇り時々晴れ。最低気温15.3℃、最高気温20.7℃。今、アジア大会で日本が男子4×100mリレー決勝で優勝しました。このシーンを見終えて、思わず、拍手をしてしまいました。私はと言えば、徒競走ではパッとしない記憶ばかりで走るのは得意ではないのですが、こうして、華麗な走りで日本がトップでゴールするのを見るのは気持ちがスカッとするものでした。先ほどまで、オロロンラインを稚内まで家人とドライブしたことを書くつ [続きを読む]
  • 「湘南シラスかき揚天ざるそば」
  • 曇り時々晴れ。最低気温16.5℃、最高気温21.9℃。先日、ブリューゲル展を見た後、同じ芸術の森の敷地内にある有島武郎旧邸にも立ち寄ったので、札幌駅に着いた時は14時を回っていました。おなかが空いて、倒れそう?だったので、とりあえずJRタワー札幌ステラプレイス6階へ。花旬庵で湘南シラスかき揚天ざるそばの遅いランチを取りました。このお店には以前にも数回足を運んだことがあり、私にとっては困ったときの駆け込み寺のよ [続きを読む]