三宮ゆり さん プロフィール

  •  
三宮ゆりさん: 「認知症」は必修科目になりました!
ハンドル名三宮ゆり さん
ブログタイトル「認知症」は必修科目になりました!
ブログURLhttps://ameblo.jp/yurisannomi8/
サイト紹介文「認知症」について正しい知識をみにつける為、独学中。独学ノートを公開します。時々ハーブ、時々子育て。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 139日(平均1.3回/週) - 参加 2017/06/01 14:06

三宮ゆり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第13回 ②世界の認知症ケアやさまざまな取り組み。
  • ②世界の認知症ケアやさまざまな取り組み 前回と今回、2回にわたって世界の他の国ではどんな認知症ケアや取り組みが行われているか勉強したいと思います。 前回はオランダ「認知症村ホフヴェイ」スウェーデン「オムソーリケア」を勉強しました。私達日本の介護事情と少し違いもあり、その国特有の取り組みや、手法やアイデア驚くべき点がいっぱいありましたね^^ 第2回目の今回は  アメリカから「バリデーション」  フラン [続きを読む]
  • 第12回 世界の認知症ケアやさまざまな取り組み。その①
  • 世界の認知症ケアやさまざまな取り組み① 今回から2回にわたって世界の他の国ではどんな認知症ケアや取り組みが行われているか勉強してみたいと思います。 その国特有の取り組みや、その国発祥で世界に広がっているケア法など色々ありました! 私達日本の介護事情と少し違いもあり、驚きの方法や、取り組みがあるかもしれませんね まず第1回の今回は  オランダから 認知症の人が住む村「ホフヴェイ」  スウェーデンから 「 [続きを読む]
  • 第11回 介護うつにならないために、特に大切な3つのこと。
  • 在宅介護などでご両親やご家族の介護にあたられていらっしゃる介護者の皆様は毎日大変なご苦労をされていることとおもいます。 疲れていませんか、休めてますか、ひとりで頑張っていませんか。 介護にあたるかたの4人に一人が介護うつに悩まれているらしいのです。 今日は介護うつにならないためにストレスとうまく付き合っていく方法を調べてみました 介護にストレスを感じるのは自然なことなのです! えー? とお思いです [続きを読む]
  • 血液でアルツハイマー診断が可能に!!
  • 血液でアルツハイマー診断=健診で活用期待−京都府立医大 京都府立医科大(京都市)の徳田隆彦教授(神経内科学)らの研究グループは、アルツハイマー病を血液で診断する方法を世界で初めて開発したと発表した。徳田教授は「確定診断とするのは厳しいが、例えば60歳以上の健康診断で使うことが考えられる」と話した。研究成果は4日、英科学誌に掲載された。 アルツハイマー病の患者は、脳内にリン酸化タウというたんぱく質が [続きを読む]
  • ”便秘と問題行動”
  • みなさんこんにちは!三宮ゆりです。いつもお付き合いいただきありがとうございます。メッセージやコメントもみなさまあたたかく、とても励みになります。 前回、第10回 認知症の問題行動対処法 ちょっとしたコツ。のなかで問題行動の原因になりやすい6つのポイントでも少し勉強した「便秘」。 問題行動の約半数はこの「便秘」が関係しているという方がいるくらい、適切な排泄ケアを行い便秘を改善したところ問題行動が止んだ! [続きを読む]
  • 第10回 認知症の問題行動対処法 ちょっとしたコツ。
  • 今回は認知症の問題行動対処法ちょっとしたコツをお伝えしていきたいと思います 第9回認知症高齢者に合った施設選びの回でも、施設によっては要介護度や条件はクリアしていても問題行動がみられると入所を断られるといったケースがあることをお伝えしました。 今回はその「問題行動」について勉強したいと思います。 認知症の症状が進むと度々みられる困った問題行動。介護する側はついイライラしたり、時には自分を責めて [続きを読む]
  • 認知症治療のゲノム管理 厚労省が拠点整備へ
  • 2017.8.23 18:06 認知症治療のゲノム管理 厚労省が拠点整備へ 認知症の治療対策を進めるため、厚生労働省が患者のゲノム(全遺伝情報)などを一元的に管理、解析するデータセンターを新設する方向で検討していることが23日、分かった。認知症のゲノム解析を目的とした大規模拠点の設置は初めて。来年度予算の概算要求に関連費用を盛り込む。人工知能(AI)で膨大なデータを分析することにより、治療法を確立することも期待 [続きを読む]
  • 第7回 介護保険3施設(高齢者向け施設その1)。
  • 何回かに分けて高齢者向けの施設にはどんなものがあるかを勉強しようと思います。種類も多くてちょっとわかりにくい。。。 どんなところ?対象者は?費用は?など細かく調べていきます。 主な高齢者施設には次のようなものがあります。 ①介護老人福祉施設②介護老人保健施設③介護療養型医療施設④サービス付き高齢者向け住宅⑤有料老人ホーム⑥養護老人ホーム⑦軽費老人ホーム(A型・B型)/ケアハウス⑧認知症高齢者グループ [続きを読む]
  • もうすぐ〆切!メディカルハーブ検定。
  • メディカルハーブ検定ってご存知でしょうか 聞いたことなーい。知らなーい。という方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うとハーブの資格です。(そのまんまだw) ハーブとはハーブ(英: herb)は、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多い。同様の有用植物であっても、種子、実、根、樹皮な [続きを読む]
  • 第6回 介護保険で利用できるサービスあれこれ。
  • 介護保険で利用できるサービスあれこれ  前回までに介護保険制度や要介護認定について勉強しました^^ 今回は介護保険で受けられるサービスあれこれを調べていこうと思っています。調べていくと、、、前回のブログ「第5回 介護認定ってなんぞや。」の内容をちょっと訂正する必要がありそうです。 というのは、、、介護保険制度の見直しで平成27年4月からちょうど今年の4月までに(H29,4~)、要支援1、2の人を対象とした予防給 [続きを読む]
  • HAPPYちゃん。
  • 三宮ゆりです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。さて、プロフィールなどには少し記しておりますが、三宮には2歳になる娘がおります。たまにこちらのブログに登場してもらおうかなと思うのでブログでの呼び名から決めたいと思います。 ん〜〜〜〜〜〜。色々迷ったのですが、「HAPPYちゃん」と呼ぶことにしようかと 命名の由来はいつもいつも笑顔ではっぴ〜丸出しな感じなところと、実は娘の初めて話した単語(聞き [続きを読む]
  • 認知症サポーター2020年度末までに1.5倍目標に。
  • 認知症サポーターを1200万人に 厚労省が新目標松川希実2017年7月7日06時37分  認知症の人やその家族を手助けする「認知症サポーター」について、政府は2020年度末までに今の約880万人から1200万人に増やす方針を固めた。25年度には高齢者の5人に1人が認知症になる可能性があり、地域で支えられる人材の育成を加速させる。 関係省庁の担当者による5日の会議で、厚生労働省が示した。15年にできた認知症の [続きを読む]
  • 「認知症ケア専門士」という資格。
  • 認知症ケア専門士 認知症ケア専門士の試験は毎年行われており、今年の受験日は7月9日(日)です。試験まで残り1週間を切り、受験される方は最後の追い込みとうところでしょうか。 介護職に就かれている方々にはよく知られているこの資格ですが、一般の方々への認知度はどのらいなのでしょうか。 わたくし三宮は、そうですお察しの通りこのような資格があることを知りませんでした(;^_^A実は、私のブログを読んでくださっている [続きを読む]
  • 第5回 要介護認定ってなんぞや。
  • 要介護認定という言葉はどこかで一度くらいは耳にしていますよね。詳しく知っていらっしゃいますか? わたしは、要介護1とか要介護2とかランクのようなものがあって、そのランクによって入れる施設が異なるのかな?と思っていました。 今日は実はあんまり知らない?要介護認定について調べてみました^^ と、その前に、介護保険制度ってご存知ですか?簡単に言えば、「高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組み」だそうです [続きを読む]
  • <お知らせ>通し番号を追加します。
  • いつも三宮ゆりのブログ「認知症は必修科目になりました!」をご覧いただきありがとうございます。 過去記事に遡ってお読みいただく際に通し番号があった方が読みやすいかな。と。 始めに気が付かず申し訳ございませんでした( ̄_ ̄ i) 勿論単発でお読みいただけるように一話完結を目指してまとめているので、その記事だけでもお読みいただけますが、遡って読む際にナンバーがあった方が読みやすいかなと思いますので、付けたい [続きを読む]
  • 血管性認知症の原因タンパク質を特定、治療薬の開発の可能性も。
  • 朝日新聞デジタルより引用脳障害を改善するたんぱく質、マウスで確認 京大西川迅2017年6月1日06時15分 脳梗塞(こうそく)などが原因で起きる血管性認知症で、特定のたんぱく質の働きを抑えると脳障害が改善することを、京都大の上村麻衣子特定研究員(臨床神経学)らの研究チームがマウスの実験で明らかにした。治療薬開発につながる可能性があるという。1日、英医学誌ブレイン・パソロジーに発表する。  血管性認知症はアル [続きを読む]
  • 第4回 認知症チェックってどんなもの?どこで受けるの?
  • 認知症には様々な種類と症状があることはわかりました。 どの認知症のタイプにも共通して言えることは「早期発見、早期治療」が大切であるということも。 今日は、認知症のチェックはどのように行うのか、またどこで受診するのか?具体的に調べてみました。 〜認知症チェック〜まずはセルフチェック!ということで、東京都 福祉保健局 が作成したチェックリストご紹介します。東京都では、認知症の早期発見・診断・対応を進める [続きを読む]
  • 第3回 認知症!?「もの忘れ」の見分け方。
  • 三宮ゆりです。 忘れな草。 花言葉は「真実の愛」「わたしを忘れないで」。 わたしを忘れないで・・・ ちょっぴり切ないですね 今回は、認知症の約半数を超えるアルツハイマー型認知症において、ごく初期の段階でも症状として出やすい「もの忘れ」についてです。 「自分はもしかして認知症かしら?最近もの忘れがひどくて・・・」または、「最近お母さん同じ話ばかり、ついさっきした会話覚えてないのかしら・・・」 など、密かに [続きを読む]
  • 認知症の「前兆」血液検査でかんたんに早期発?。
  • 福島民報より引用2017/6/12認知症の「前兆」早期発? 日大工学部 郡山市の日大工学部は、認知症の前段階の軽?認知障害(MCI)の有無を一般の健康診断の血液検査結果を使って簡?に判定する方法を開発した。認知症のリスクを早期に発?し、生活習慣の?直しなどで予防につなげる。 MCIは、健康な状態と認知症の中間の段階。日常生活に支障はないが、認知機能の一部に障害が?られる。 認知症の診断は記憶?、言語?解? [続きを読む]
  • 第2回 認知症には種類がある。
  • 前回は認知症の概要を学習してみました^^ 今回は認知症の主な種類についてです。 わたしはそもそも認知症に種類があることを、お恥ずかしい話ですがこの勉強を始めるまで知りませんでした((+_+)) なにを起因とする認知症なのかによっても、それぞれ症状も違うようです。 四大認知症とそれぞれの特徴。 「アルツハイマー型認知症」認知症の中で最も多いのがこのタイプ。(認知症患者の半数以上はこのタイプ)女性の発症率が高 [続きを読む]
  • MCI(認知症前段階)は約半数は回復する。
  • YOMIURI ONLINEより引用“認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査2017年06月07日 07時04分 認知症の前段階と言われる「軽度認知障害(MCI)」の高齢住民を4年間追跡調査したところ、14%が認知症に進んだ一方、46%は正常に戻ったとの結果を国立長寿医療研究センター(愛知県大府おおぶ市)の研究班がまとめた。 MCIと判定されても改善する例も多いことを示す結果で、近く米医学専門誌に発表する。 研究は、認知症 [続きを読む]
  • 第1回 認知症、初めの一歩。
  • 認知症、初めの一歩。 こんにちは、三宮ゆりです。 「認知症」は必修科目になりました!では、認知症をイチから学びはじめた私の独学ノートを公開していきます(‘_’) さて、早速ですが、認知症ってどんな病気なのでしょう。私のテレビや映画やらで得た認知症へのイメージは、 高齢者に多い病気 徘徊 何か自分のものが無くなった!と被害妄想してしまう 治らない病気 自分で身の回りのことが出来ない 家族のことが分からなくなる [続きを読む]
  • 初めまして、三宮です。
  • はじめまして はじめまして、三宮ゆりと申します。 「認知症」への正しい知識をみにつけよう!と一念発起し勉強をはじめました。 by** RCB ** 何事継続はちからなりと申しますが、独り黙々と勉学に励んでも恐らく三日坊主かあさーい知識のまま、ま、こんなもんでしょ!と勝手に終了する予感もあり、継続していくためにもここはひとつ勉強内容公開してみよう!という事でブログ公開に踏み切り、自分自身へのハードルを上げてみま [続きを読む]
  • 過去の記事 …