じゅんこ さん プロフィール

  •  
じゅんこさん: 更年期障害の症状を緩和する方法
ハンドル名じゅんこ さん
ブログタイトル更年期障害の症状を緩和する方法
ブログURLhttps://arafive.yellowegg.jp/
サイト紹介文更年期の不安定な女性たちに、更年期障害の緩和できる情報を発信するために立ち上げました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 216日(平均1.0回/週) - 参加 2017/06/01 11:31

じゅんこ さんのブログ記事

  • 高血圧 | 更年期障害の症状 | 更年期障害の症状を緩和する方法
  • 高血圧とは、血圧測定で最大血圧が140mmHg以上あるいは最小血圧が90mmHg以上の場合の方が当てはまります。ちなみに私は、子宮・卵巣を摘出してから測った血圧が最大140mmHg、最小85mmHgでした。そしてまだ子宮・卵巣がある頃の血圧と言ったらこれもビックリなんですが、最大が80mmHg、最小が40mmHg ここ強調します。今はギリギリセーフでしょうか??微妙なところですね(^^;) これは自律神経からきていること [続きを読む]
  • 虫歯・口臭
  • シェーグレン症候群とは:涙腺、唾液腺の分泌低下による外分泌腺の慢性炎症性の病気です。45歳過ぎの女性に多く、症状は目の痛みや眼精疲労、口が乾く、虫歯の増加などで、関節リュウマチや膠原病を合併する場合があります。 閉じる エストロゲンの減少は、唾液の分泌も減らしてしまいます。唾液は虫歯菌を減らしてくれる働きがありますので、ちょっと油断してしまうと虫歯や歯周病になってしまいます。そして骨粗しょう症も口腔 [続きを読む]
  • 疲労感・眠気
  • だるさが半端なく押し寄せる、眠ってるんですが眠い、など生活に支障をきたす場合は更年期障害、うつ病、貧血、甲状腺の病気などが考えられます。この症状は更年期の症状の中でも最も悩まされるものです。誰かにだるい、眠いと言っても理解されないことが多いですから。怠けてるとかだらしないとかで片づけられてしまうことが多く、本当のうつ病になりかねません。上手くたち振る舞う事が出来ればいいですよね。例えば、掃除は目立 [続きを読む]
  • めまい・立ち眩み
  • メニエール病とは:内耳の病気で、繰り返し続くめまい、耳鳴り、耳が塞がった感じ、難聴など様々な耳の症状が現れます。立っていられないが横になってもめまいがひどくなります。ストレス、自律神経や代謝の異常などが原因と考えられています。 閉じる 脳腫瘍とは: 脳内部にできる新生物。小児脳腫瘍は妊娠中のウィルス感染が原因と推定されています。脳内が始まりの腫瘍(原発性腫瘍)と肺がん・乳がんなどの転移による転 [続きを読む]
  • 冷える
  • ジンゲロールとは:ジンゲロール(Gingerol)はジンジャー(Ginger)に由来した呼び名です。生姜の成分で、免疫機能の活性化・殺菌作用・血管拡張・抗酸化作用、その他様々な効果があります。 閉じる カリウムとは: 人体の細胞内液に多く存在するもの。エネルギー代謝・神経興奮の伝達・筋肉の収縮などに重要な関係性があります。ナトリウム(塩分)を多く摂った時はカリウムの多い植物性の食品を多く摂ることは大事な事で [続きを読む]
  • 更年期障害を乗り切る為の運動
  • レジスタンス運動とは:スクワットや腕立て伏せ・ダンベル体操などの標的とする筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動をレジスタンス運動と言います。10-15回程度の回数を反復し、それを1-3セット無理のない範囲で行うことが勧められます。出典:厚生労働省e−ヘルスネット 閉じる 体力が下降している更年期の世代は、適度な運動をすることによって更年期障害を和らげる効果があります。肥満・血液の循環悪 [続きを読む]
  • それじゃどんな食べ物がいいの?
  • カルシュウムの豊富な食べ物一覧食物繊維の豊富な食べ物一覧脂肪酸100g当りの多価不飽和脂肪酸含有量カルシュウムの豊富な食べ物一覧食品可食部100グラム中における量食品名含有量(?)食品名含有量(?)干しえび7100がん漬け4000パセリ(乾燥)3600バジル(粉)3100パプリカ(粉)2700かたくちいわし(田作り)2500ベーキングパウダー2400かたくちいわし(煮干)2200さくらえび(巣干し)2000えび(佃煮)1800けし(乾)1700 [続きを読む]
  • それじゃどうやって改善すればいいの?
  • 塩分を控える塩分の摂りすぎは、高血圧症の原因の第1位です。エストロゲンの減少で血中のコレステロール値が上がると、動脈硬化になる確率が上がります。また、代謝も衰えるため、太りやくなり、高血圧症になる人が多くなります。動脈硬化+高血圧=脳梗塞・脳溢血などの要因になります。塩分は、一日10gぐらいが適度です。糖分を摂りすぎない疲れた時に甘いものが欲しくなるのは、エネルギーを使った体が不足したエネルギーを補給 [続きを読む]
  • 50代からの女性は食事にも注意が必要!
  • エストロゲンの減少で、体内のコントロールが効かなくなった体は、脂っこい食事や辛い(しょっぱい)食事などが体の中でうまく消化されず、コレステロールや血圧などに影響を及ぼします。実際私も最近ではあまり多くの食べ物を食べられなくなっています。たまに外食などをすると、欲張ってしまいあれもこれもと食べるのですが、その報復がすぐに現れてしまいますww家に帰るなり、トイレに駆け込んでいる自分がとってもみじめにな [続きを読む]
  • 更年期障害に使用する漢方薬の種類
  • 桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)桂枝茯苓丸料は、「金匱要略」を原典とするのぼせ症で、血色よく、頭痛、肩こり、めまい、下腹部痛、足腰の冷えやうっ血等を伴う、月経不順、月経困難症、打撲傷、婦人更年期障害に用いられる漢方薬です。副作用:発疹・発赤・かゆみ・食欲不振重篤な症状:まれに下記のような症状が出る場合があります。肝機能障害(発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身の [続きを読む]
  • エストロゲン補充療法の疑問点
  • エストロゲン療法を受ける前にやるべき検査血液検査でエストロゲンと卵胞刺激ホルモンをしらべます。その結果が血中のエストロゲン(E2)30pg/mL 以下、卵胞刺激ホルモン(FSH)30mIU/mL 以上であれば治療を開始するのですが、その前に、肝機能、コレステロール、貧血・血液凝固、尿検査、乳がん検診、子宮頸がん、体がんなどの検査をやります。エストロゲン療法の効果はどれぐらいで出るのか?たいていは3日〜3か月ぐらいで効いて [続きを読む]
  • 乳がん
  • 乳がんは女性のがんの死亡率が2番目に多い病気です。ある日乳房に触れたらなんかキョロキョロとしこりのようなものが触れるということはよくあるのですが、検査をしてもらった方が良いのか?と迷うこともあるでしょう。絶対にすぐに検査をするべきです!!乳がんの初期発見率が多いのは外部から触れてわかるからなのです。 [続きを読む]
  • 子宮頸がん
  • 子宮頸がんが発症する原因子宮頸がんの治療法子宮頸がんの予防法子宮頸がんとは、子宮の入り口にできる悪性腫瘍で、主に20代〜40代の若い女性が発症するガンです。子宮体ガンは子宮の奥に発症するもので頸ガンとはまた別の病気になります。現在、子宮頸がんの死亡率は他の5大ガン(大腸がん・胃がん・肝臓がん・肺がん・乳がん)が減少傾向にある中、9.6%も上昇しています。画像 公益社団法人 日本産科婦人科学会より引用若い年 [続きを読む]
  • 子宮筋腫
  • 子宮筋腫の診断方法子宮筋腫とは、子宮の組織がエストロゲンの影響を受けて肥大化した腫瘍です。40代前半まではホルモンのバランスも活発に働いているので筋腫は大きく成長をします。更年期の年齢(40代後半から50代まで)になると、ホルモンの分泌も衰えてくるので、人によっては腫瘍も小さくなったりそれほど成長しなくなります。しかし、ほっておくと体に様々な症状が出て生活していくのに支障をきたしてしまうこともあります。 [続きを読む]
  • 子宮筋腫
  • 子宮筋腫の診断方法子宮筋腫とは、子宮の組織がエストロゲンの影響を受けて肥大化した腫瘍です。40代前半まではホルモンのバランスも活発に働いているので筋腫は大きく成長をします。更年期の年齢(40代後半から50代まで)になると、ホルモンの分泌も衰えてくるので、人によっては腫瘍も小さくなったりそれほど成長しなくなります。しかし、ほっておくと体に様々な症状が出て生活していくのに支障をきたしてしまうこともあります。 [続きを読む]
  • 動悸・息切れ
  • 運動をした後や急いで駆け足になった時など動悸が激しくなりますが、それとは別に何も激しく動いていないのに動悸や息切れがしやすくなるのが更年期の症状の特徴です。これはエストロゲン減少の影響で自律神経がうまく働いてくれないと起こります。自律神経は、心臓の拍動や呼吸のコントロールをしてくれるので、その機能が乱れてしまうと動悸や息切れが起こるようになります。そのような時は慌てないで鼻から大きく息を吸い込み、 [続きを読む]
  • ホットフラッシュ
  • 何もしていないのに急に首から上(ひどい人では全身)がカァーっと暑くなり、汗が噴き出してきて、着ているものを全部脱いでしまいたくなるような症状。一般には「のぼせ」や「ほてり」と言われています。ちょっとの興奮でも起こり、主に午後から出やすいです。私も今現在悩まされている症状の一つです。特に夏の暑い時に外出をして、気持ちが悪くなり、動けなくなったことも多々あります。ホットフラッシュに効く漢方薬:桃核承気 [続きを読む]
  • 更年期障害の症状
  • エストロゲンが減少すると、体のあちこちに症状が出てきます。検査をしてもどこも異常がない。日常の生活に支障をきたすほどではないのだが、とにかく辛い。家族に理解してもらえず、一人で悩んでいる。こんな悩みを抱えている女性は沢山いらっしゃいます。症状別の相談をグラフにしてみました。医者に罹った方が、どの科で診てもらうのか統計を作りました。症状別ページ症状1 ホットフラッシュ症状2 動悸・息切れ症状3 冷える [続きを読む]
  • 更年期障害の治療法
  • まず最初に・・・エストロゲンは女性の体にとって、非常に重要な役割を担っています。・排卵や子宮内膜を増殖させて妊娠の準備を整える・乳房を発達させて女性らしい体をつくる・骨をつくる・自律神経のバランスを保つ・血液中の脂質を正常に保つ・このほか、脳・尿道・膀胱の一部・皮膚などに重要な作用をもつ更年期の治療法で一般的に用いられているのが、このエスロトゲンを補充してあげる、HRT(ホルモン補充療法)です。閉経前 [続きを読む]
  • お蕎麦の日
  • 秋晴れの良い天気が続きます。今日はメンタルクリニックの日。夫婦で罹ってるなんてすごくおかしいんですけど、ここに行った帰りは必ず蕎麦ランチをして帰ります。山形の七日町通りの「庄司屋」慶応年間、山形城三の丸吹張口の堀端にそば茶屋として創業した、山形では一番の老舗です。先祖伝来の手打ちそばと、腰の強さが特徴です。あと、厚焼き玉子が絶品!私はいつも庄司屋ランチを、そして夫は「さらしな」が好きで熱燗と共にた [続きを読む]
  • 松本城
  • いきなりですが、松本城とお濠に映し出された逆さ松本城です。2015年の8月14日と2016年の8月14日に行って来ました。2015年に撮った写真は、スマホが壊れたため全てを失ってしまいました。その中には孫の動画も入っていましたが(涙)気に入っていた写真も動画もパァ!! [続きを読む]
  • SNSの怖さ
  • ずっと思うことがあります。今回の座間の事件に限らず、若者の大切な命が次々と無くなっていく。ネットという世界の中で自分の存在がリアル化されて、この世界で自分は凄い存在になっていく。ネットはあくまでもネットだけの世界。いわばフェイクワールドですよ。本当の世界とは、春夏秋冬を感じられるこの目に見える地上であり、人間対人間の会話であり、朝が来て太陽が上って、暗くなってお月さまが見える。これが生きているとい [続きを読む]
  • 夫婦=陰と陽
  • 今日は文化の日孫の演奏会に行って来ました。終わった後に、みんなで焼肉キングで食事会をしました。総勢8人(娘、娘婿、娘婿の両親、孫二人、夫と私)で3,980円のプレミアムコースを・・・・・うっそう!!スタンダードコースでいいのに、と思ったけど、見栄っ張りの夫が注文したのが早かった総額29,000円、全部うち持ちで [続きを読む]