KOJI さん プロフィール

  •  
KOJIさん: 医療事務員のブログ
ハンドル名KOJI さん
ブログタイトル医療事務員のブログ
ブログURLhttp://www.iryoujimu-blog.com/
サイト紹介文男性医療事務が日々の気付きを書き残します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 170日(平均9.1回/週) - 参加 2017/06/01 21:16

KOJI さんのブログ記事

  • 新入職員から不満を聞き出す!上手く面談を進める3つのポイント
  • 新人が入社して約半年がたちました。それぞれでもっている業務や人間関係などで不満や悩みが出てくる時期です。ここらで改めて面談をすることで、新入職員の悩みを早期に解決できる可能性がでてきます。今回は、面談を進める上でのポイントをまとめてみました。 面談は、不満のガス抜き 上手く面談を進めるポイント 1.新人に対して本気で接する 2.面談するなら1:1 3.「面談」とい [続きを読む]
  • 領収書の保管期間は7年間です!医療法と勘違いしないで!
  • 領収書を発行すると、かならずついてくる病院控え。これを長年保管していくだけでも管理が大変ですし、保管スペースが圧迫されます。当院もかなりスペースが圧迫されているようです。当院の事務員に保管期間を聞くと、全員が口をそろえて「5年」と言っているので不思議でした。「なんの根拠で5年と言っているの?」と聞いても、明確な理由は返ってきません。 領収書の控えは7年間の保管が必要 保存方法は「紙」 保管ス [続きを読む]
  • ICTを利用した死亡診断を行う際の条件について
  • 厚生労働省は、各都道府県知事に対してICTを用いた死亡診断についてのガイドラインを公表しました。過疎と高齢化が進む地方では、医師が遠方にいるなどで死亡診断が遅れて火葬、埋葬ができないという不安があるようです。それを回避するため、要件を満たす場合のみ研修を受けた看護師のサポートの下、遠隔で死亡診断を行うことが認められました。今回は、ICTを用いた遠隔の死亡診断について調べてみました。 ICTを利用した死亡 [続きを読む]
  • 女性だらけの職場で男性が働く上で知っておくべきこと4つ
  • 女性が多い職場だと、優しそうだとか癒されそうというイメージをお持ちですか?医療事務という職場は女性が多い場合が多いです。当院も女性が圧倒的に多いですが、これだけは断言できます。働きやすい職場は男性が多い職場です。実体験からその理由をまとめてみました。 1.感情的になる 2.人間関係がドロドロしている 3.男性であることを理由に仕事が増える 4.女性が多いと、男より強くなる まとめ1. [続きを読む]
  • やる気を刺激してリフレッシュするたった5つの方法
  • なんだかやる気が起きず、体もだるい。そんな時ありませんか?やる気を刺激するには「ドーパミン」が関係しているそうです。人の脳が快楽を感じる元となる物質です。これを自分で簡単に引き出す方法があれば取り入れたいですよね。そこで、お金を使わずにドーパミンを引き出す方法を調べてみました。 ドーパミンとは 1.自分が好きなゲームを習慣にする 2.美味しいご飯を食べに行く 3.目標を達成したときに大きく [続きを読む]
  • 診察案内表示システムの導入を検討!本当に必要?
  • 先日、院長から「診察案内表示システム」を入れるから検討して!と言われ、ベンダーと調整をしているところです。院長は導入したいようですが、現場としては「う〜ん」って感じです。本当に必要なのか微妙なところなのです。 診察案内表示システムとは 診察案内表示システムのメリット 再来受付機は眼中にないみたい ただ機械を入れればいいもんじゃない診察案内表示システムとは大きな病院では導入されているとこ [続きを読む]
  • 医療事務が覚えておくべき医師の特徴3つ
  • 医療事務として働く上で、医師とコミュニケーションをとるのは避けては通れません。ですが、医師は全員が良い先生とは限らず、なかなかコミュニケーションが取れない人が多いです。患者さんからも、「何言ってるかわからない」「高圧的で嫌だ」なんて声も聞こえてくるくらいです。そこで、よくある医師の特徴をまとめてみました。 機嫌が悪い日と良い日の差が大きい 真面目、勉強家 頭の回転が早い、細かい 医師への [続きを読む]
  • 新人教育でストレスをためない考え方3選
  • 新人教育を任されて、日々奮闘されている方もいるかと思います。仕事の事だけではなくて、社会人としてのマナーなども教えなくてはいけないので本当に大変です。理屈だけで行動しない感受性に乏しく、気配りができない叱られることやプレッシャーへの耐性が低い周りを見て行動する「空気を読む」力が無い特徴を上げていけばどんどんでてきてしまいます。入社当初はチヤホヤされて、優しく接していた人が、小さなことが積もってい [続きを読む]
  • 思考の整理にはマインドマップが良い
  • マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱したノート術です。紙の中心に主題を書き、そこから放射状に線と字を書いていきます。普通のノート術よりも絵や色を多用するため、アイデアを出しやすくなったり、記憶力が上がったりするメリットがあるようです。マインドマップを使えば、思考の整理がつきやすくなると思っていて、現在勉強中なのでまとめてみたいと思います。 マインドマップとは? マインドマップのルール [続きを読む]
  • 仕事は「すぐやる」方がいい3つの理由
  • 毎日仕事に追われていると、いろんなところから仕事が舞い込んできます。いろんなことを考えながら仕事をしていると、着手するのが遅れてしまい、締切前にバタバタしてしまったなんて経験なありませんか?仕事を早く終わらせるにはすぐやるのが一番です。そりゃあそうですよね。仕事ができる人の特徴は、「着手が早い」ことだと思っています。そんな、すぐやることによるメリットをまとめてみました。 すぐやることのメリット [続きを読む]
  • MRIを予約なしで当日受けられる病院は極めて優良病院かもしれない
  • MRIを予約なしで受けた経験ってありますか?予約なしで脳神経外科や整形外科の受診に行った時、その日にMRIを撮ってもらえたかどうかです。多くの病院ではその日には撮影できず、後日予約を取ってきてもらうというところが多いようですが、なぜこのような違いがあるのでしょう。多くの病院は予約制をとっている病院であれば予約制をとっているため、一日の予約枠が埋まってしまえばそれ以上予約を受け付けることが出来なくなりま [続きを読む]
  • プロフィールアイコンを写真に変えたよ!
  • 台風22号が接近していますが、被害の方は大丈夫でしょうか?私は、少し体調を崩して自宅で引きこもっています。先日から妻が咳をしていたのですが、「うつったら嫌だなー」と思っていたら案の定です。我ながら体が弱いなと思い知らされてます・・。さて、タイトル通りプロフィールアイコンを変更しました。いちいち記事にすることでもありませんが、報告がてら書いてみたいと思います。 無料アイコンから写真に変更 急に変 [続きを読む]
  • 外勤先への自分宛の診療情報提供書は算定できない
  • 他院より情報提供があり、興味深かったのでご紹介します。診療情報提供書についてです。 外勤先への自分あての紹介状は算定できない どういう場合が算定できるのか? まとめ外勤先への自分あての紹介状は算定できないたとえば、常勤で勤務する病院から、非常勤で外勤に出ている病院の自分宛に紹介状を記載するというものです。患者さんの都合や設備の問題で医療機関を変更するが、主治医は継続したい場合はよくあること [続きを読む]
  • 医療事務は給料が安い?お金が必要なら自分で稼ごう
  • 医療事務という職業が薄給なのは何度も紹介させていただきました。職場でも給料が低すぎると文句を言っている人が大勢います。 条件が合わないなら辞めればいい 給料を上げるためにやること 17時で帰って副業する? ココナラ 条件が合わないなら辞めればいい自分の求めている条件とあまりにも一致していない場合は、転職しちゃえばいいと思っています。現在の待遇で満足して働いている人もいる [続きを読む]
  • 病院の待ち時間はどうやっても改善されない?
  • 病院の待ち時間って長いですよね、診察のために長い間待ったのに、診察時間は数分で終わったなんてことはよくあることです。先日、待ち時間についてのクレームがありましたので書いてみたいと思います。 1時間半も待った! 原因は電子カルテの予約枠設定 一つ一つ問題をつぶしていくしかない1時間半も待った!診察の待ち時間、受付にクレームを言いに来た方がいました。言葉尻も非常に荒く、見るからに輩でした。「俺は [続きを読む]
  • カルテ開示手数料の5000円は高い?厚労省が実態調査へ
  • 10/22のニュースを見ていると、気になるニュースが。news.yahoo.co.jp医療情報の公開・開示を求める市民の会が、カルテ開示の手数料が高いと厚労省に指摘をしたことで、実態を調査する動きが出ています。 病院によって手数料に差がある 個人情報保護法に反する? まとめ病院によって手数料に差があるカルテ開示の際、病院側が患者に請求するコピー代や手数料、開示の条件について、厚生労働省が全国の主要な病院を対象 [続きを読む]
  • 医療事務の知られざる業務VIP対応は大変だった
  • 医療事務様々な業務があり、レセプトや受付などは良く知られています。中には、VIP対応をしなければならない場合もあり、精神的にまいってしまう場合があります。今回はVIP対応の大変さについて書いてみたいと思います。VIPってどんな人?主に、理事長や院長の知り合いです。専務理事の知り合いの場合もありますが、顔が広いのはやはり院長です。医師であり、病院経営者となると顔も広く、政界や企業の社長クラスの対応 [続きを読む]
  • 新入社員に告ぐ!最低限知っておくべきExcelの常識5選
  • 事務員であれば、Excelは必ず使います。ですが、最近の新人でExcelが苦手な人が多いような気がします。高校や大学でも学んでいるはずなのですが、スマートフォンの普及によって、パソコン離れが進んでいるようです。そんな新人からすれば、知らない事ばかりで上司からの指示にすぐ対応できない。ということも起こりえます。当たり前のことですが、しっかりできていないと業務に支障を来しかねません。今回は、新入社員が仕事でExce [続きを読む]
  • 患者さんからの贈り物を上手に断る方法
  • 患者さんや患者さんのご家族から、「ほんの気持ちです」とお礼の品を持ってこられたことがあります。病院の規則としては、患者さんから贈り物を受け取ってはいけないということになっていますので、職員は対応に困ってしまいます。きっぱりお断りするのですが、爽やかに、失礼のないように断りたいですね。 患者さんによって手法は様々 郵送で送ってくる猛者も 上手な断り方はコレ まとめ患者さんによって手法は様 [続きを読む]