haha さん プロフィール

  •  
hahaさん: 心地よい暮らしのエッセンス
ハンドル名haha さん
ブログタイトル心地よい暮らしのエッセンス
ブログURLhttp://kaoriko-life.info/
サイト紹介文シニアの香子がどうしても価値観の合わない夫と離婚をする道程を記しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 322日(平均3.9回/週) - 参加 2017/06/01 23:05

haha さんのブログ記事

  • またしても!?高齢者転倒で股関節骨折の手術!
  • 高齢者になるとちょっとした段差などでつまずくことって多いですよね。お隣のおじいちゃん今朝、家で転倒をしてエライことになってしまいました。 そのおうちは、おじいちゃんとおばあちゃんの2人暮らしなんですね。2人ともお年寄りです。 たまたまおばあちゃんが電話をしている最中に「ドス〜ン!」と大きな音がして、慌てたおばあちゃんが急いで音のしたほうに行ってみると、ナントそこではおじいちゃんが庭でブッ倒れていたそ [続きを読む]
  • 離婚の準備で重要な持ち家売却後の問題|公正証書が重要なカギ
  • 我が家の場合は離婚をするために、今家族が住んでいるこの家を売却しなければなりません。 それぞれが新生活を始めるために必要なお金は家を売ることでやっと工面できそうだからなのです。 今まで夫が次々借金を繰り返していたので、まるで自転車操業的な生活を毎月しています。 家を売ることで、借金も返済できるのがありがたいですね。 家の査定を出してみたところ、驚いたことに、住んでる住所が住みたい街のランキング上位に [続きを読む]
  • 共依存夫婦の特徴|私がカウンセリング受けて強く思ったこと
  • 長年、夫のアルコール依存症に悩んでいた私。休日には朝からお酒を飲み、家中にアルコールの臭いが立ち込めるのがホント嫌でした。 それを夫に伝えても、「普段会社に行って疲れているんだから休日ぐらいは俺の好きにして何が悪い?」そういわれると、私は何も言い返せなかったんですね。 でも、本当に嫌で嫌で仕方がなかったのは事実です。 そしてこれは変えようがないと諦めて、私はお酒が立ち込める家を後に子供たちを連れて公 [続きを読む]
  • 夫のことが嫌いで気持ちが悪い妻|妻から嫌われる理由がわからない夫
  • 結婚生活を続けていくなかで夫のことが嫌いになるってことはよくあることだと思います。 しかしその嫌いがしだいに進行して気持ちが悪いとまで行き着けば、事は重要です。 そこまでいくと妻の心と体を蝕んでしまうぐらいになっているはずですから、見過ごしてはいけない状態だと思いますね。夫のことが嫌いになるまでは修復に努める妻 そもそも妻は結婚当初は少なくとも夫のことが嫌いではなかったはずです。 でも夫に対して今 [続きを読む]
  • 仮面夫婦で愛情がないのに離婚しないのは?老後はどうなる?
  • 世の中には夫婦仲が決してよくなくて、愛情も冷め切っているのに表向きだけは仲がいいように振舞い離婚しない仮面夫婦って結構多いと思います。 かくいう私も夫と離婚したいと思いながらも離婚に踏み切れず、ズルズルとここまでやってきていますが・・・。 我が家の場合には、既にすっかり冷え切っていて、家の内外でも仲がよくないことは公言してますから仮面夫婦とはいえないかもしれませんね。 内づらと外づらが全く違うとい [続きを読む]
  • 仮面夫婦で愛情がないのに離婚しないのは不幸!?老後はどうなる?
  • 世の中には夫婦仲が決してよくなくて、愛情も冷め切っているのに表向きだけは仲がいいように振舞い離婚しない仮面夫婦って結構多いと思います。 かくいう私も夫と離婚したいと思いながらも離婚に踏み切れず、ズルズルとここまでやってきていますが・・・。 我が家の場合には、既にすっかり冷え切っていて、家の内外でも仲がよくないことは公言してますから仮面夫婦とはいえないでしょうが・・・。 しかし内づらと外づらが全く違 [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩のあと妻が夫を無視し続ける理由とは?
  • 夫婦喧嘩は犬も食わないとはいいますが、これは夫婦喧嘩というものがすぐにまた仲直りをするものだからほうっておいても大丈夫!ということをいっています。 しかし無視の期間が続くとなると、この場合にはちょっと違ってきます。 妻が夫に対して無視状態が続くというのは、夫婦関係の修復ができる範疇を越えていて危険なのです。 つまるところそういうときの妻の心情というものは、離婚へ向かっていると思ってよいでしょう。妻 [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩のあと妻が夫を無視し続ける理由とは?
  • 夫婦喧嘩は犬も食わないとはいいますが、これは夫婦喧嘩というものがすぐにまた仲直りをするものだからほうっておいても大丈夫!ということをいっていますが、無視が続くとなると、この場合にはちょっと違ってきます。 妻が夫に対して無視状態が続くのは修復ができる範疇を越えていて危険なのです。 つまるところそういうときの妻の心情というものは、離婚へ向かっていると思ってよいでしょう。妻から無視される夫 妻が夫に対し [続きを読む]
  • 更年期障害症状に悩む女性のイライラの原因は夫源病だった?!
  • 閉経を境に前後5年くらいの期間を更年期といわれますが、生活にも支障をきたすぐらい更年期障害の症状が強く現れるとホント辛いものがありますよね! 人によっては病院を転々としてもいっこうによくならないうえに益々悪化し、絶望的な気持ちになる人もいるようです。 ところがこのように悩みに悩んだ更年期障害の症状の原因が、もしかしたら旦那さんに起因しているとしたらどう思いますか? イライラの根源というか原因があなた [続きを読む]
  • 専業主婦は熟年離婚後に無職でも賃貸住宅を借りられる?
  • 離婚にはお金もかかりますが、新しい生活のために住む住居をもさがさなければなりません。 また持ち家を売却することになった場合には双方が家探しをすることになりますね。 もしも専業主婦であるあなたが離婚後に無職で賃貸住宅を借りるというときにはどのようなことが待っているのでしょうか?離婚後の住居は公営住宅がお勧め 離婚後に住む住居としては家賃が安い公営の市営住宅や県営住宅などがいいですね。 しかし、公営は入 [続きを読む]
  • 専業主婦が熟年離婚の準備を始めるためのへそくり作りに最適な方法
  • もしもあなたが専業主婦で長年連れ添った夫と離婚をしたいなら、その準備としてヘソクリをつくりましょう。 前回と、前々回にも私がやっているヘソクリ方法をお伝えしました。◆専業主婦は熟年離婚したいと思ってもお金がないとできないの?◆熟年離婚の準備で最優先はやっぱりお金!コツコツ貯金をする方法 今日はそれらの方法とはまた違ったやり方です。 しかも無理なくリスクもないので、本当にお勧めです! その方法では気が [続きを読む]
  • 専業主婦が熟年離婚の準備を始めるためのヘソクリ作りに最適な方法
  • もしもあなたが専業主婦で長年連れ添った夫と離婚をしたいなら、その準備としてヘソクリをつくりましょう。 通常すごいお金持ちでないかぎりあなたが自由に使えるお金も限られているでしょうし、もしも家のお金の使い方にうるさい旦那さんだと、あなたのお小遣いもままならないのではないでしょうか? しかし現実的には離婚するにおいてお金が必要になってきます。 なので離婚を決意しているならその準備として着々とお金を貯めま [続きを読む]
  • 熟年離婚の準備で最優先はやっぱりお金!コツコツ貯金をする方法
  • 熟年離婚を決意したからにはやるべきことは沢山あります。でもその中でも最優先に考慮したほうがいいのは、やっぱりお金でしょうね! 特に専業主婦やご主人の扶養内のパートで働いている主婦の方は、これからの現実生活のためにお金に関してはシビアに、離婚準備計画の一環として貯金を頑張りましょう。 私もへそくりに目覚め、少しでも貯金に回そうと思っているところです。 前回の記事でも無理なくできるだけ貯金をする方法をお [続きを読む]
  • 専業主婦は熟年離婚したいと思ってもお金がないとできないの?
  • 老後を夫と過ごすと考えるだけでゾ〜とする!そういった声をよく聞きます。 でも熟年離婚したいけどお金がないからできないという諦めムードの方も大変多いです。 確かに夫が定年退職後に再就職をしなければ年金生活になるわけですが、そうなってくると夫婦二人でやっと生活ができるというのが殆どの世帯のようです。 二人でどうにか生活できるぐらいだから、離婚をして別々なら経済的にみても離婚は無理!というのも分かる気が [続きを読む]
  • 離婚後のペットの親権(所有権)はどうなるの?養育費は請求できる?
  • 離婚をすることになった時にペットとの別れというものは、本当に辛いものがありますね。 ペットはお世話があって大変といえばそうですが、それ以上に人間に沢山の癒しを与えてくれます。 それに何より愛くるしくて可愛いです!! 愛情を注ぎ共に過ごしてきたペットとの絆が強ければ強いほど、別れというものはなお更辛いものです。 離婚はいままで一緒に過ごしてきたペットが夫か妻かのどちらかに引き取られるということになりま [続きを読む]
  • 離婚が大変な理由!離婚をするにあたっての面倒な7つの障壁とは?
  • パートナーとの生活に限界を感じて離婚を決意したのはいいけれど、この先のことを考えると不安がこみ上げてきますよね? 結婚は簡単だけど離婚となるとちょっと想像しただけでも面倒なことが沢山ありますからね。 熟年離婚となると相手のいい面も悪い面も嫌というほど知り尽くしている間柄だけに難しいこともあるのかもしれません。 それで今回は既に離婚を経験した人たちが、過去離婚をするにあたってどのようなことが大変だった [続きを読む]
  • どうしても離婚したい妻の固い意志を夫に伝える時の円満な方法
  • 私はアルコール依存症外来の病院で知り合った精神保健衛生士の方に夫の件でカウンセリングを受けるようになってから、以前からくすぶっていた感情がハッキリしはじめました。 それはどうしても離婚したい!という気持が固まってきたのです。 離婚の意思が固まった次は、それを夫に伝えなければなりません。 しかし、感情に任せ闇雲に伝えると、かえって離婚はこじれてしまいます。 それに、過去いろいろあったとはいえ、パートナ [続きを読む]
  • 夫は発達障害だった!コミュニケーションがとれない理由がわかった!
  • 夫と結婚して約30年、夫の異性人のような行動や言葉に対して、「どうしてこの人はこんなことをするの?(言うの?)と、理解できないことやコミュニケーションがとれないことに私は強いストレスを感じていました。 夫の言動は世間的な常識の枠をはるかに越えていて、それなのに全く持ってマイペースというか迷惑をかけているということ自体理解ができていないのです。 人に迷惑をかけたら、通常だったら謝罪をするところが、反対 [続きを読む]
  • 酒癖が悪いうえに借金を繰り返す夫と暮すのは辛い!熟年離婚を決めた
  • アルコールは飲んでも呑まれるな!とはよくいったものです。 夫が酒癖が悪いと家庭内の空気が一気に悪くなり、妻に負担がかかり過ぎてしまいます。 実は我が家の夫も酒癖が悪く、いろいろ仕出かしやってくれます! 周りの人たちは、全てはお酒のなせる業だから〜♪まぁまぁ〜♪とはいえ、妻側にとってはたまったものではありません。 夫が家にいる時には、常にアルコール臭いが家中プンプンしています。まともに話もできません。 [続きを読む]
  • 酒癖の悪い夫は治らない?アルコール依存症を否認する夫
  • 今回のお話は前回の記事の続きです。前回の記事はこちら↓↓↓↓↓酒癖が悪いうえに借金を繰り返す夫と暮すのは辛い!熟年離婚を決めた 夫の酒癖が悪いとはいえ、その飲み方が尋常ではないと異常性に不信感を抱いたた私は、ネットでアルコール依存症について調べてみることにしました。 すると出るわ、出るわ、アルコール依存症の当事者のことや家族が苦悩の実例が沢山出てきて、読めば読むほどどれも我が家に当てはまったものば [続きを読む]
  • 夫の借金や浪費癖、酒癖の悪さに疲れました
  • 離婚の原因といえば、いろんなパターンがありますね。 私の場合、もう無理!と思った決定的なのは「借金や浪費癖」「酒癖の悪さ」それに加えて「コミュニケーションがとれない」が大きいですね。 とはいえ不満を持ち続けながら約30年も一緒に生活していました。いえ、まだ正式に離婚まではいっていないので生活しています!ですが・・・。 振り返ると昔の私は自己尊重感がとても低すぎたんですね。 子どもたちが成人するまでは我 [続きを読む]
  • 離婚したいけどできないから我慢?悩み迷う時の考え方
  • 結婚している人なら誰でも1度は離婚という言葉がよぎったことがあるのではないでしょうか? しかしいざ離婚をするとなると夫婦間でのやりとりも含め沢山の面倒なことが待っています。 これってかなり消耗し、エネルギーがいるものですね。 夫婦喧嘩の延長で感情に任せて離婚をしようものなら後から「あの時、離婚しなきよかった」と後悔をすることもありえるでしょう。 離婚したいけど・・・と、悩み迷う時というものは、とかく考 [続きを読む]
  • 旦那のことががどんどん嫌いになる妻達 | 超嫌われる9つの態度
  • 結婚当初では思いもつかないことでしょうが、一緒に生活を共にしていくなかでは、実際に旦那さんのことがどんどん大嫌いになっていく妻は多いようです。 結婚は墓場という諺がありますが、結婚当初は甘い生活だったとしても、そのうちそれぞれにおいて価値観が違う面が出てくるのは当然あるかとはおもいます。 そういったときに話し合って一緒に歩みれる夫婦が理想ですが、現実はそういかないことも多いものです。 では旦那さん [続きを読む]
  • 定年後の夫の昼食作りにイライラが募る!
  • 夫が定年後、家にいるようになってからやたら気分が滅入り、イライラすることが多くなった!そんなことを口にする主婦は少なくありません。 「嫌だよね〜、もうすぐ1日中旦那が家にいるようになるのよ。昼食も作らなきゃいけない」 このような会話は主婦仲間のランチ会では、よく耳にする言葉です。 夫の定年が近づいてくると定年後の生活がガラリと変わることを懸念する気持ちは、実は私も他人事でないのですね〜(苦笑 夫が定 [続きを読む]