jomi.k さん プロフィール

  •  
jomi.kさん: 粋方心得
ハンドル名jomi.k さん
ブログタイトル粋方心得
ブログURLhttps://jomi-kubota.blogspot.jp/
サイト紹介文音楽プロデューサー・久保田条実の音楽的日誌
自由文インディーズ・レーベル「Anpank and A」のチーフ・プロデューサー、久保田条実のブログ。レーベルのアーティスト・藤原ナオヒロやHiroYuki.の話題なども日常の音楽生活の話題とともに語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 160日(平均1.3回/週) - 参加 2017/06/02 18:13

jomi.k さんのブログ記事

  • HARBIE HANCOCK & WAYNE SHORTER
  • 昨日はとても贅沢なステージを見た。ハービー・ハンコック(ピアノ)とウェイン・ショーター(サックス)というアメリカでは大御所中の大御所であるミュージシャンのコンサート。しかも、ベースはエスペランサ・スポルディング(ESPERANZA SPALDING)にドラムスはテリ・リン・キャリントン(TERRI LYNE CARRINGTON)。4人は合計で、グラミー賞のノミネート62回、受賞は30回!という強者揃いの夢の競演。それがたった一夜限りのライブと [続きを読む]
  • HARVIE HANCOCK & WAYNE SHORTER
  • 昨日はとても贅沢なステージを見た。ハービー・ハンコック(ピアノ)とウェイン・ショーター(サックス)というアメリカでは大御所中の大御所であるミュージシャンのコンサート。しかも、ベースはエスペランサ・スポルディング(ESPERANZA SPALDING)にドラムスはテリ・リン・キャリントン(TERRI LYNE CARRINGTON)。4人は合計で、グラミー賞のノミネート62回、受賞は30回!という強者揃いの夢の競演。それがたった一夜限りのライブと [続きを読む]
  • 気の向くままに。
  • たまにはDTM的な話題などを。リリースされたばかりのiZotope Ozone8を試しに使ってみた。ちなみにOzone6までは使っていた時期もありました。使いやすくて音も良かったのだけど、いろいろなしがらみ的な理由でマキシマイザーはWAVESのL3-16をメインにしておりました。Ozone7のマキシマイザーの評判が良いのは知っていたのだけど、興味はありつつ乗り遅れた感があったので、今回の8はタイミングを逃さないようにしようっと。で、まあ [続きを読む]
  • 『ブレードランナー 2049』を観てきた
  • 凄い! 4DX+3D※ネタバレなし4DX+3Dというバージョンで観てきたんですけどね、ちょっと後悔…。もちろん映像は3D。4DXというのは「体感型」の上映システムで、いやあ、シーンに合わせて雨が降ったり雪が降ったり風が吹いたりスモークが出てきたり…座席は前後、上下、左右に激しく動き、ドスッ、ドスッと衝撃も伝わってくる。首筋に熱風も吹きかけられた(汗)。慣れるまでなかなか映画に集中できません(笑)。座席が動くのだけは [続きを読む]
  • ”ペチャッ”とか”ピャッ”とか…
  • 藤原ナオヒロのフルアルバムを制作中である。先週、アレンジ用の仮歌を2曲ほど録った。あくまでも仮歌なので歌詞も未完成だし、かなりラフな歌唱だ。アレンジをするにあたって、この仮歌をガイドメロディとし、声質に合ったアレンジを組み立てていくわけだ。さて、今回、仮歌を録ってみると、かなりの頻度で「ペチャ」とか「ピャッ」というノイズが乗る。いわゆるリップノイズというやつだ。今まではそういうことは少なかったのだ [続きを読む]
  • HOW CAN I BREATHE
  • 人生にはあまりにもラッキー過ぎて感謝を忘れてしまうこともある。もう30年以上も前の話ですけど、約一年間ほど、ジャズピアニスト界の巨匠、北条直彦先生に師事しておりました。(きっと先生ご自身も私のことなど、とっくのとうにお忘れになっているだろう…でも、先生の影響でウィントン・ケリーが大好きになったのですよ)北条先生は、当時からすでに有名な教則本の著者としても活躍されていたけど、今では大御所中の大御所…日 [続きを読む]
  • It always seems impossible until it’s done.
  • 「藤原ナオヒロのミッドナイトデザート14」では、岡さん人気が上昇中なので引き続きパーソナリティをお願いしている。…ん、まあ、軽く嫉妬。季節の変わり目のせいか、体調が思わしくなく、モチベーションも落ちているけど、早急に片付けてしまわなければならないことも山積しているので、甘ったれたことを言っている場合ではない。もともとのんびり屋だけど、こうも時間が足りないとさすがに焦ってしまう…(汗)。メンタルかなり [続きを読む]
  • ちゃんと生きてます(汗)。
  • 先日の「藤原ナオヒロのミッドナイトデザート」(ネットラジオ)に出演していなかったし、このブログやFB等の投稿もしばらくなかったので、「久保田条実重病説」が出ているらしい(汗)。まあ、体調が悪いのは事実ですが、大丈夫、生きています。それよりも、いくつかのプロジェクトが遅れまくっていて、そちらのほうで心労が…。 [続きを読む]
  • 一進一退
  • 先日、藤原ナオヒロのニューシングルが配信リリースされたが、本人は自身のボーカルをあまり気に入っていない模様…。誰かに何か言われたのかもしれない。なんか落ち込んでる(笑)。それでいいんだよ。満足したらそれで終わり。アルバムバージョンでリベンジしろ。まあ、プロデューサーとしては責任を感じないわけではないけど、こういうきっかけで何か「気づき」があればいいんじゃない?今日は久しぶりにボイトレに行くって言っ [続きを読む]
  • the real pleasure
  • 藤原ナオヒロの新曲の配信準備がやっと整った。前回のミニアルバムから少しブランクがあったせいか、今回はちょっとしんどかったなぁ…。でも、今回も自信作。最近、「藤原ナオヒロっぽい」という個性がなんとなく見えてきたような気がする。だから、どんなベクトルで曲を作っていても、ちゃんと「そこ」に着地できる自信がついた。これぞプロデュースの醍醐味。新曲『Interest(インタレスト)』8/22 Release!作詞:藤原ナオヒロ [続きを読む]
  • 踏ん張ることは吊るすこと!?Hang in there!
  • 十年ほど前から数年間、ポップスの制作のほうはずっと中断していて(半ば引退状態)、藤原ナオヒロのプロジェクトでキャリアを再開した時は、なかなかカンを取り戻せなくて正直焦った。ブランク前までは自分の才能とスキルには絶対的な自信があったけど、そういう思い上がった奴ほど、一度自信を失うとなかなか立ち直れないのよ(汗)。なにしろ数年間の間に、ソフトやハード、制作のノウハウについてもいろいろな進化があって、自 [続きを読む]
  • 夏風邪は、何故か長引く
  • いろいろなことがなかなか思うように進まないけど、それでも少しずつは前進。今週は、藤原ナオヒロの『Beginning』という曲のボーカルを、制作中のアルバム用に録り直しを行った。(シングルとしては昨年11月にリリース。現在、主要配信サイトにて配信中)実はナオヒロのレコーディングは少しブランクがあったせいか、なかなかうまくハマらず、足掛け3日かかった。声は以前より出るようになっているんだけどなぁ…。やはりボーカル [続きを読む]
  • 誕生日週間に運を使い果たした
  • 先日、マイカミュージックラボラトリーの創立30周年記念ライブの最終日に行ってきた。会場はマイカの地下にあるスタジオ。そう、ユーミンがいつもツアーのリハーサルをやる、あのスタジオだ。広く告知もされていなかったようだし、観客はわずか100人余り…どちらかといえばシークレットライブ的な趣。松任谷正隆校長はもちろん、全国ツアーの真っ只中のユーミン、そして大貫妙子、杉真理といった大物ゲストも!内容はあまりにもレ [続きを読む]
  • 台風一過
  • このところ、いろいろと忙しかったこともあり、藤原ナオヒロの新曲のアレンジが中断したまま(汗)。いささか手前味噌ではあるが今回も名曲の予感…なのでプレッシャーの金縛り状態になっているという自覚も若干ある。それはさておき、現在はフルアルバムを見据えたフェーズに入っていて、収録候補曲もある程度までは決まっているのだけど、なんか「色」が足りないなぁ…。方向性としては間違っていないけど、「何かが足りない」感 [続きを読む]
  • 配信の時代で良かった…ということもある。
  • 現在、世の中に出回っている藤原ナオヒロのデビュー曲『グランドスラム』はミニアルバム『Colors of a dream』に収録されたリミックス・バージョンのみ(のハズ)。本当のオリジナル・バージョンはとうに配信が終了しているので現在は入手不可。配信当時にダウンロードした人には、もちろんいまでも聴いて頂くことはできるけど、その頃はまだファンも少なく、ダウンロード数も決して多くはなかったので、非常にレアな代物になって [続きを読む]
  • マグロはtuna、でもトロはtoroって知ってた?
  • いわゆるJ-POPと言われるジャンルでは、いまどきはイントロも間奏もアウトロ(エンディング)もあっさりと短め…。いろいろな要因があるけど、ひとつには音楽メディアの主流がダウンロードやストリーミングになってきたことと関係があるらしい。(参考:http://www.afpbb.com/articles/-/3124147)まあ、ポップミュージックというのは「文化」だから、時代とともに変化していくのはある意味必然。でも、主に80年代のコンテンポラリ [続きを読む]
  • 6月13日は何の日?
  • 翻訳アプリに「Happy birthday to you」と入れても「幸せな誕生日をあなたに」とはならず、ちゃんと「お誕生日おめでとう」と翻訳されるようだ。…というわけで、藤原ナオヒロくん、誕生日おめでとう!東京に出てきて5年か…(計算合ってる? Twitterで5年目とか言っていたけど、6年目じゃない?)。奴がアーティストとして着実に成長する姿をリアルに目の当たりにして、「ああ、ヒトってこんなに変わるもんなんだ…」って、マジ [続きを読む]
  • 十年前のカレンダー
  • 先日、このブログ(「十年一日…」の項)にも書いた、HiroYuki.の次のリリース曲「Calendar」の配信準備がやっと整った。結局、BassとStringsに加えPianoもDrumsも差し替えました(汗)。あと、かすかに聴こえる両サイドのAcoustic guitar、2パート分も。やっぱりリズム隊が変わると、曲のイメージが変わる。まあ今回はそれが「吉」と出た(と信じたい)…。Grooveも変わったので、ボーカルとの違和感が心配だったけど、それは意 [続きを読む]
  • 「鼻の差」は英語で言うと「win by a nose」らしい
  • 手前味噌で申し訳ないが、自分がプロデュースしている藤原ナオヒロの曲からベスト3を挙げよ、というリクエストがきたので…(汗)。ハッキリ言うけど、僕には「捨て曲」は無いのでどれも鼻の差で優劣つけがたい。…という前提で、敢えて挙げるなら…。第3位:「Not A Chance!」ゲストミュージシャンとしてギタリスト・今井芳継氏が参加。アバンギャルドなギターが炸裂しています(汗)。ナオヒロの歌詞もおもしろい。実はJ'sY2の「 [続きを読む]
  • 出来たらいいな…的な。
  • ここ数日は、HiroYuki.の次のリリースに向けてミックス&マスタリング、そして藤原ナオヒロの新曲のアレンジというのが必須タスクではあったが、それ以外の案件やらヤボ用やらでいろいろと慌ただしく、なかなかはかどらず(汗)。何か変わった出来事があったとすれば、元J'sY2のVocal、Yuengさんが藤原ナオヒロの作詞のディレクションをしている…ということくらいか。J'sY2といえば、昨年、ナオヒロの「Not A Chance!」という曲で [続きを読む]
  • ちょうど良い塩梅
  • 他の作曲家の人たちは、曲を作るとき、どうやって作っているのかな…と、ときどき思うことがある。自分の場合は、ピアノに向かって作るときもあれば、楽器のない場所で口ずさみながら五線に音符を書いていく場合もある。先にコード進行を決めてからそれにメロディーを嵌めていくときもあるし、リズムパターンが先のときもある。…そう考えると、実はツールやセオリーは二の次なのかも…意外と。ただ、「何かしているときにフッとメ [続きを読む]
  • 反恋愛至上主義
  • 随分前に藤原ナオヒロのオフィシャルサイトのインタビューでも少し語ったことだけど、最初は全くプロデュースする気持ちなんて無くて、彼はさっさと田舎に帰ったほうが良い…と思っていた。大志を抱いて田舎から出てきても、気がついたらやり直すには手遅れの年齢になって、惨めな人生を送っている奴、たくさん知っている。才能があれば必ず成功するってもんでもないし(そもそも「成功」ってなんだ?)、運を当てにするのはいいけ [続きを読む]
  • 十年一日…
  • たぶん近いうちに HiroYuki.の『Like and Love』に続く第2段の新曲が Anpank and A Records よりリリースされる。『Like and Love』はこちら以前にも書いたが、HiroYuki.の一連の作品は約10年前にアレンジされレコーディングされたもの。大人の事情でリリースが見送られていたが、ここへきてやっと日の目を見ることになった次第…。さて、今回の一連のHiroYuki.作品のリリースにあたって、全てレコーディングし直すという選択肢は [続きを読む]
  • I want you baby, tonight!
  • 藤原ナオヒロとのプロジェクト(以下「Fプロジェクト」)では、初期の一部の曲を除いて、ナオヒロが歌詞を書き、自分が作曲と編曲をしている。まずはたたき台となる歌詞をナオヒロが書き、あとは曲をつける段階でメロディに合わせて歌詞を調整していく…というプロセス。たたき台を書く前に、曲の方向性や歌詞のストーリーの細かい設定まで打ち合わせておく。これは予想していなかったことだけど、意外なことに彼は作詞が好きらし [続きを読む]