masahiko_428 さん プロフィール

  •  
masahiko_428さん: 創価学会と日蓮仏法と活動
ハンドル名masahiko_428 さん
ブログタイトル創価学会と日蓮仏法と活動
ブログURLhttp://soukaism10.blog.jp
サイト紹介文元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。
自由文雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 168日(平均5.1回/週) - 参加 2017/06/02 20:27

masahiko_428 さんのブログ記事

  • ノルマに追われる創価の活動家
  • (まず思索メモ、洗い出しの後、文章校正します)創価は成果主義が顕著である。選挙支援活動の集票目標(K・F・Z)・聖教新聞推進・各種チケット推進・本部幹部会チケット参加目標・会合の集票目標・本尊配布目標・書籍推進 etc、枚挙に暇が無い。ありとあらゆる活動にノル... [続きを読む]
  • 現場で仏法対話している人達
  • 生命論として、「気楽に〜」渡辺氏だの、運ちゃん氏だの、蓮の烙印氏だの、こういう実際に折伏も人を救う行為を一切やってない連中よりも、創価や宗門(や顕正会も含めて良いだろう)でバリ活動の人達の方がよっぽど生命は輝いているだろう。なぜなら実際に現場で折伏してい... [続きを読む]
  • 単なる観念の遊戯
  • 「気軽に〜」の渡辺氏。そういえばこの輩は、先日、創価大学の学園祭に勝手に「潜入」してツイッターで実況して”自分の存在がバレるかバレないか”のスリルを売りにして遊んでいた。取り巻きがツイッターで「バレないうちに逃げて!」などと反応して内輪で盛り上がっていた... [続きを読む]
  • 一念三千を批判する連中
  • 「気楽に〜」の渡辺氏など、思慮の足りない連中が一念三千の法理を軽んじている。「創価学会員や大石寺信徒は、よく「十界論」を使って「あの人は修羅の命です」とか「二乗の心だなぁ」とかそんなことを言います。 私から言わせれば「たかだか10種類で人間の生命状態が弁別で... [続きを読む]
  • 日寛師という大碩学
  • 大石寺第26世日寛師。江戸時代の大哲学者と言えよう。六巻抄の深さ。日蓮正宗にはこれほどの大碩学を生む素地があったのだ。日興上人が起こした富士門流はやはり偉大である。三重秘伝鈔「三世間とは五陰と衆生と国土となり。五陰とは色・受・想・行・識なり、言う所の陰とは... [続きを読む]
  • 善業・悪業とゲノム編集
  • (思索メモ、随時校正予定)近年、ゲノム編集技術が急速に進展している。CRISPR-Cas9という手法が生み出されたことにより、狙った遺伝子の塩基部位を欠損させたり(ノックアウト)、入れ替え(ノックイン)させたり簡単に出来るようになった。研究段階では、筋肉量が通常の2... [続きを読む]
  • 日蓮仏法は民衆仏法なのか
  • (思索メモ段階、随時更新予定)「日蓮は民衆主体ではない」と主張する連中がいるが、果たしてそうなのだろうか。考察してみたい。そのような連中は「日蓮が手紙を出していた主体は武家あり農民などの民衆ではない、よって日蓮仏法は民衆仏法ではない」と主張している。大聖... [続きを読む]
  • 破仏法の輩こそ
  • 「気楽に語ろう〜」の破仏法の輩が、また懲りもせずに愚かな記事を書いている。最近は「御義口伝が偽書だ!」と執拗に主張しているのである。もはやこの輩は、日蓮を否定し日興を否定し、創価や宗門の人達の信仰心を揺さぶる事のみが目的なのである。まさしく天魔の所為その... [続きを読む]
  • 大聖人と教団運営
  • よく「日蓮は教団運営に関して、さほど関心が無かった。各人の自主性に任せていた」と指摘する連中がいるのだが、本当にそうだったのだろうか。考察してみた。両人御中御書を見ると、故人の手紙の願い通り坊を統合せよと指示されておられる。冬の火事で拠点が火災に遭ってし... [続きを読む]
  • 無量義経の真偽 四善根
  • 「無量義経は偽経ではない」の続き無量義経を「偽経だ!」と主張する学者連中は『難癖レベル』の批判ばかりだが、その中でも、経典の内容批判(まだマシな方、他は略語がどうのこうの揚げ足取りが酷過ぎる)として代表的なものが『四善根』があげられる。聞き慣れない言葉で... [続きを読む]
  • 無量義経は偽経ではない
  • 無量義経が中国撰述で偽経であり、これは現代に於いて仏教学の定説だと言ってる連中がいる。その学者の主張を時間をかけて調査して検討してみた。その結果、明らかになったことは、学者の主張内容は一言でいえば『単なる難癖』レベルだったのである。経文の文体の言葉尻を捉... [続きを読む]
  • 仏法の目的すら否定する輩
  • 「気楽に語ろう」の渡辺氏が、ついに仏法の目的すら否定する記事を上げていた。「私は別に仏の命なんて涌現したいなんて思いませんから」「成仏などしなくてもいい」「そんなに成仏したいんですかね?」「私は別に凡夫である私たちに仏性など存在しなくてもよいと思っていま... [続きを読む]
  • 二老人
  • トルストイの作品に『二老人』というマイナーな寓話がある。大文豪は、晩年、シンプルな民話や寓話に特に力を注いだ。簡素な表現形式によって、神と人間の本質を追及した内容が一般大衆にでも理解できるように配慮したのだろう。私も学生時代に読んで深く考えさせられた。あ... [続きを読む]
  • 日郎師に関して
  • 以前からずっと考察し続けていたのだが、大聖人の高弟である六老僧で日郎師の存在が気になっていた。大聖人御在世の時には、大聖人が佐渡流罪の時に、日郎師も難にあって牢獄に放り込まれたが退転せずに耐え抜いたほど信心強盛であった。佐渡の大聖人から土牢御書という叱咤... [続きを読む]
  • 階級意識
  • 創価の役職はあくまで組織上の方便であり、そこに上下関係など存在しない。あくまで平等である。役職を担うことによって信心が深まり、使命の自覚も進む。自分を磨き、人間革命し、大きく進歩・成長していく。創価はこのような説明をするのだが、実際はどうなのだろうか。「... [続きを読む]
  • 反対意見を許容しない構図
  • 以前の記事で創価の組織が中央集権的な官僚機構であることを書いた。地域の現場では様々な意見が出てくる。しかし、それを一々受け入れるわけにはいかない。反対意見を許していたら組織運営が成り立たなくなるからだ。会員それぞれが独自性を持った活動をされたら、組織とし... [続きを読む]
  • 幾百万の信徒の題目
  • 創価は、公称会員数827万世帯とされているが、実質的な活動家の数は約250万人くらいと推計されている。宗門の僧侶と法華講の活動家の総数を約5万人程度、顕正会の実質的な活動家の数が約10万人程度、或いはどこにも属さずに信仰を貫く人達が1万人程度と推定してみると、総じ... [続きを読む]
  • 私の昔の地元組織の人達
  • (徒然の思い出、思索メモ、段階的に整理していく予定)かつて学生部や、男子部であった頃を、思い出す。学生部の頃は、簡単に言うとサークル活動的な要素も強かった。男子部では様々な職業の人が部にいた。仕事の無いメンバーもいた。当時の部長は人柄が良く誠実だった。各... [続きを読む]
  • 法華経最勝
  • (メモ段階、随時更新予定)八万法蔵と言われる仏教の経典の中で、法華経が諸経典の中で最勝であること。これは天台大師や大聖人が完璧に証明されたので、もはや我々のような末代の凡夫などが改めて言うまでもない事なのだが、しかしながら、かつて日蓮仏法を信じていた人が... [続きを読む]
  • 組織活動が御書を学ぶ時間を奪う
  • 創価バリ活の方々の活動内容は、新人間革命の研鑽、選挙活動、新聞推進、新聞配達、財務関連、集金関連、と様々あるが、信仰の根本である大聖人の仏法を研鑽する時間はどうなってるのか。御言葉を心に刻む機会が余りにも少なすぎるのではないだろうか。聖教新聞や大白蓮華や... [続きを読む]
  • 本部組織に従順になる構図
  • 創価は『桜梅桃李の譬え』を持ち出して、会員の個性を大切にして、何でも意見が言えて自由闊達な議論が出来て、会員が自発的に動く組織のように説明しているが、果たして実際はどうなのだろうか。創価の指導でよくみかける光景なのだが、御書の「其の国の仏法は貴辺にまかせ... [続きを読む]