masahiko_428 さん プロフィール

  •  
masahiko_428さん: 創価学会と日蓮仏法と活動
ハンドル名masahiko_428 さん
ブログタイトル創価学会と日蓮仏法と活動
ブログURLhttp://soukaism10.blog.jp
サイト紹介文元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。
自由文雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/06/02 20:27

masahiko_428 さんのブログ記事

  • 安楽行品の考察
  • (思索メモ段階:随時校正します)随分と前から法華経の安楽行品に関して思索を続けている。この安楽行品の解釈、或いはこの品自体に関しての疑問がどうしても解決しないのである。安楽行品の内容は、この章の冒頭で、文殊師利菩薩が釈尊に対して「世尊滅後の悪世に於いて、... [続きを読む]
  • 全国統一的な活動は必要なのか
  • 創価は巨大な中央集権組織である。日本全国に広大なピラミッド型組織を作り上げている。だが果たして、純粋な信仰を貫きたい人にとって、今の創価のような、全国統一的な組織活動など必要なのだろうか。選挙支援=全国統一活動の典型特に顕著なのは、選挙の時期になると、全... [続きを読む]
  • 恐るべき粘着質
  • 「気楽に〜」渡辺氏の粘着ぶりは前回の指摘記事でも紹介したが、ますます酷くなっているようだ。もはや暴走の域まで達しているようである。Twitterで、相手に難癖をつけて、勝手に粘着し始めた挙句に、「なんで答えれないの?」「なんでずーっと誤魔化すの?」「話をすり替え... [続きを読む]
  • 全ての日蓮信徒への侮辱
  • 「気楽に〜」渡辺氏。いままで散々指摘してきたが、いよいよこの輩が正体を露呈してきた。だいたい日蓮という人の法華経解釈そのものがどこかイっちゃってる感じがしますよね?(笑) 道元の法華経解釈の方が、より釈迦の思想に近いと思います。 法華経を根本としつつ、道元... [続きを読む]
  • 死後の裁きが抑制力になる
  • (思索メモ段階)現実社会で、殆どの人間が犯罪に手を染めないのは、法治国家であり、警察制度が確立されているからだろう。犯罪が判明すれば、国家によって裁かれ罰を受ける。社会的な地位を奪われ、周囲からは軽蔑され、金銭的にも苦境になる、身内からは離縁される、子供... [続きを読む]
  • 嘱累品の疑問
  • 法華経の嘱累品は、菩薩達に相対的に付嘱されている為に、『総付嘱』と呼ばれている。この嘱累品の考察をずっと続けているが、私にとって解釈が非常に難しい品である。幾つかの疑問点・重要な個所を挙げてみる。なお、サンスクリット語原典のテキストには、植木訳を用いる。... [続きを読む]
  • 三世の業を否定する愚かな主張
  • 『生かされるまま生きる』のイプシロン氏は、こう言い放った。まあ、未だに『宿業』だとかいってる狂信者には縁もゆかりもない話だ。というか、『業』なんてものは脳に記憶されたデータだから、死ねばなくなるだけのことだと知れば、宿業だ罰だ云々なんてものはお笑い草にす... [続きを読む]
  • 神力品では誰に付嘱したのか
  • 法華経の如来神力品は結要付嘱と呼ばれている。釈尊が法華経の肝要をまとめて、それを付嘱するという極めて重要な品である。では一体、誰に付嘱したのか。意地の悪い輩は「上行菩薩だけに付嘱したという証明にはならない」などと難癖をつけてくる。そんなものに惑わされない... [続きを読む]
  • 常不軽品三十箇の大事
  • 御義口伝の中で最も項目が多いのは、寿量品(27個)でもなく、方便品(8個)でもない。常不軽品(30個)である。不軽品はそれほど長い品ではない。方便品の方が遥かに長い。にもかかわらず大事の項目数は圧倒的に多い。ここに重大な意義があるのではないか。そして御義口伝の... [続きを読む]
  • 残念な「運ちゃん」氏
  • 想学談林「運ちゃん」氏だが、最近の記事で----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------人の死と死後の事について、また輪廻転生という事について、御書で語る事が出来ますか?日蓮正宗... [続きを読む]
  • 動物農場
  • ジョージ・オーウェルの名作『動物農場』を久しぶりに読み返してみた。深く印象に残った箇所をピックアップしてみる。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------動物達は奴隷のように... [続きを読む]
  • 無我ではなく非我
  • 仏法はアナッタン(パーリ語・anattā)、アナートマン(梵語・???????・anātman)を説いたとされる。中国に伝来したとき、これを無我すなわち我が無いと翻訳された。このため仏法は自己を否定するものという誤解が生じてしまった。ところが原始仏典には「自己を求め... [続きを読む]
  • 創価の査問に関して
  • 以前の記事で査問などの証拠が出てきていないと指摘したが、ついに公に世に出てきた。埼玉の(元)創価会員の篠澤協司氏のホームページ『創価学会埼玉県審査会及び創価学会監正審査会との文書往復の全記録』を参照されたい。ここに詳しい経緯と、創価組織から送付された書類... [続きを読む]
  • 思い込みだけで偽作扱いする輩
  • 『気軽に語ろう』渡辺氏だが、この輩は、思い込みが激しくどうしようもない愚か者である。根拠もなく日興遺誡置文を偽作扱いしているのである。決めつけの記事で「私はこの二十六箇条の置文が日興の著作だとは考えていません。基本的にこれらは北山本門寺等の日興門流に伝わ... [続きを読む]
  • 草木成仏に関して
  • インドの仏法には元来、『非情』の草木成仏という概念が無かったらしい。涅槃経に説かれる『一切衆生悉有仏性』の意味するところは、「あらゆる生き物には仏性があり、仏になる可能性を具えている」ということである。ここで、『一切衆生』というのは『生きとし生けるもの』... [続きを読む]
  • 白蓮華のように最も勝れた正しい教え
  • 植木氏によると、法華経のタイトルである、サッダルマ・プンダリーカ・スートラ(??????????????? ?????, Saddharma Pu??arīka Sūtra)を正しく訳すと『白蓮華のように最も勝れた正しい教え』になるようだ。今まで、鳩摩羅什訳『妙法蓮華経』の蓮華... [続きを読む]
  • 本因の仏
  • 対談『法華経の智慧』の中で、戸田会長が亡くなった年の元日に、最後の『新年の講義』をしたエピソードが語られている。寿量品の三妙合論(本因の妙・本果の妙・本国土の妙)がテーマだったらしい。体は相当衰弱していたが、その声は力強く訴えた。その中で、戸田会長が特に... [続きを読む]
  • 岩本訳の曖昧さ
  • 植木訳を手掛かりに、法華経研鑽を進めているが、植木氏の解説を読むと、岩本訳の曖昧さが目立ってくる。そのような個所が数多く指摘されている。その中には意味合いが大きく違ってくるものもある。例えば、信解品で「また、自身の栄耀栄華を息子が疎んじていることを知って... [続きを読む]
  • 創価の「切文教学」に関して
  • 創価は御書を用いているが、部分的に、自分達に都合の良い解釈をしている所が散見される。特に酷い事例を具体的に挙げる。聖教新聞。2018年6月5日付け。寸鉄にて。「仏法は皆師より習ひ伝へ給へり」御書。偉大な広布の師のもとで進む誉れ実は、これと全く同じ意味合いの文章... [続きを読む]
  • 法華経の智慧での見解
  • かつて、対談『法華経の智慧』の中で、池田名誉会長と教学部は、「核心となる思想は釈尊の直説だが、今の表現形態は、編纂当時の時代状況を反映してるとは考えられないでしょうか。」「核心となる釈尊直説の思想が、編纂当時の時代状況、思想状況に応じて、ひとつの形をとっ... [続きを読む]
  • 釈尊は何を説いたのか
  • 『スッタニパータ』を精読している。釈尊の直説と信じている人も多い。八正道・四諦・十二因縁に該当する箇所はあるようだ。地獄の恐ろしさについても説かれている。しかし、これでは小乗仏教の教義程度にしか思えない。『二種の観察』は観察法としては優れている。スッタニ... [続きを読む]