logitera さん プロフィール

  •  
logiteraさん: 七夜月に何思う
ハンドル名logitera さん
ブログタイトル七夜月に何思う
ブログURLhttps://ameblo.jp/logitera/
サイト紹介文双極性障害Ⅰ型。病気になって10年以上です。
自由文双極性障害Ⅰ型(躁うつ病)で遠回りした人生(まだ遠回り中)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 312日(平均2.3回/週) - 参加 2017/06/02 21:42

logitera さんのブログ記事

  • 4月9日診察
  • 今日から診察曜日が月曜日にかわった。 僕 「眠ってもすぐに目が覚め、不快な状態が続いていたので、寝る前に入っているデジレルを勝手にですがやめました。すると、寝つきが良くなり朝まで眠れるようになりました。」 デジレルは抗うつ薬だけど、以前、主治医に確認した時にこの薬で上がることが少なく、寝つきを良くし悪い夢など見なくさせる効果もありますと言われたていた。 主治医 「何もなくてよかったです。少し前から上 [続きを読む]
  • 混合性②
  • DSM-5で何故、混合性エピソードがなくなったのか。 ------------------------------------------------------- DSM-4での躁病エピソードの定義 A.気分が異常かつ持続的に高揚し、開放的で、またはいらだたしい、いつもとは異なった期間が少なくとも1週間持続する(入院治療が必要な場合、持続期間は関係ない)。B.気分の障害の期間中、以下の症状のうち3つ(またはそれ以上)が持続しており(気分が単にいらだたしい場合は4つ) [続きを読む]
  • 混合性①
  • 数日前、彼女の事を書いた記事をブログから消去してしまった。彼女は僕が書いた記事を続きも書かずに放っておいたことに傷ついていた。その気持ちを理解せず口論となり怒りに任せを記事を消してしまった。僕が悪かった。 ------------------------------------------------------- 僕の彼女に出る病相は不機嫌躁と消した記事に書いてはいたのだけど、正確には躁と大うつが混ざった状態の混合だ。彼女の混合はDSM-4で定義されている [続きを読む]
  • 頭重感
  • 先日、診察の時に主治医に言った頭重感だけどこれが全然取れない。 午前中はましだけど午後になると酷くなりボワーっとした感じが続く。これが続くと何が困るかというと、頭が中で思考が巡らせられない。 人と話をしていても、自分の考えが上手く頭の中で整理できなかったり、注意散漫にもなる。酷い時は話が頭に入ってこなかったりとかなりこの症状は困る。。。 早くよくなってくれないかな。本当に困るよ。 ↓↓↓よかったらぽ [続きを読む]
  • 3月22日診察
  • 昨日は2週に1度の診察日だった。4月から診察日が変わるので最後の木曜日の診察。 5日ほど前から不眠状態が続いていたのでそのことを主治医に伝えた。 僕 「このところ眠っても眠れた気がせず何度も何度も目を覚ますのです。」 主治医 「それは本当は眠れてないですか?」 僕 「そうかもしれません。体は全然疲れてないというか逆にスッキリしてますから一瞬だけでも深く眠れているかもしれません。」 主治医 「まぁ、一応気を [続きを読む]
  • 悪い事いっぱいだな
  • この障害になって最初のうちは特に悪い事なんてないと思っていたのだけれど、入院などしているうちにいろいろ見る目が変わってきた。 三大精神疾患と言われているこの障害。国にも障害と認められてるわけだから、障害がわかれば役所とか警察の目が変わる。実際、警察には障害がわかった時点で運転免許の更新の時に診断書の提出。悪ければ停止や取り上げ。 生命保険も入りにくい。 精神科以外の入院も嫌がられる。骨折や薬物療法の [続きを読む]
  • ベテラン患者
  • 双極性障害になって10年以上。僕はベテラン患者だと思っている。(笑) ベテラン患者は長い経験から主治医に言っておかないといけないポイントはわかっている。緊急性の必要や診察時の結果がおおよそ外れることはない。 そんな僕は主治医は最低でも年齢は40代後半と決めている。何故かというと医師は今までの経験であたりをつけると思う。若い医師はそんなに双極性障害の患者を診てきていると思っていない。特に躁や軽躁に関しては [続きを読む]
  • 幻聴・幻覚
  • 僕は入院を何回かしているので精神障害の人の知り合いが結構多い。双極性障害の人は少ないが。。 今日、精神障害の知り合いの一人と話をした。すると「最近、幻聴が聞こえる。音がするしたまに話し声が聞こえる」と言っていた。だから、いつもイヤホンで音楽を聴いているそうだ。その人は双極性障害ではない。以前に聞いた病名はADHD(発達障害)だ。 ADHDやアスペルガーの人の幻聴・幻覚は二次障害で統合失調症を併発している場合 [続きを読む]
  • 3月22日診察と彼女の苦悩
  • 今日は2週に一回の診察日。 最近睡眠の質が良くないのでメインの睡眠薬がロヒプノールになった。これまでメインだったルネスタは頓服で出た。ロヒプノールが効きすぎる場合ルネスタを飲むようにと言われた。 最近体重が増えたことこれからしたい事を伝えると 主治医 「ちょっと食べる量減らしていきましょう。あとは順調ですね。」 4月からまた診察日が月曜に戻る。 -------------------------------------------------------彼 [続きを読む]
  • 彼女は信じない
  • 彼女は躁をなかなか認められない。躁や軽躁が出ている時に僕が「今出ているよ。」と彼女自身は自覚がない。 そんな彼女の行動で僕がそれは変と思った行動があった。 僕と出会う以前の話、彼女は長期間(3年)のうつから急に治ったと思った時があった。 今まで働いていなかったのに働き出し一人暮らし←いきなり変整形を普通1か所ずつするところを、一気に4か所同時に1日で済ませたり。←これは痛そう ダイエットをしようと思い [続きを読む]
  • 「躁」と「うつ」どちらがつらい?
  • 改めて今日彼女と躁とうつどっちがつらいか話をしていた。結論から言うと「躁」のほうがつらいと意見は一致。 知り合いに双極性障害の人がいる。その人の軽躁も決して良いものではない。確かに本人は軽躁の間、いつも楽しそうに音楽を聴いたり本を読んだりしていたので気分が良いのはわかった。 しかし、そんな軽躁でもやがて周囲にいる人とトラブルが絶えなくなりやがて孤立し人間関係を壊していた。それを見て軽躁もいいものじ [続きを読む]
  • 僕から見た彼女の躁
  • 僕の彼女も双極性障害Ⅰ型だ、以前の記事に書いたが彼女の調子は以前に比べて良くなっている。それは僕の目から見てよくわかる。彼女の躁は主に不機嫌躁(易怒性)と言われる躁だ。定義についてはDSM-5([PDF]双極性障害 を診る)を見てほしい。 以前の彼女の躁の様子を少し書いてみる。 夜、彼女と話をしていると彼女の雰囲気が(主に目が変わるが、隈がでるときもある)が変わっているのに気付く、いつものように楽しく明るく喋 [続きを読む]
  • 精神障がい者のグループホーム
  • 知り合いにグループホームに入居している人がいる。その人にグループホームのことについていろいろ聞いた。 グループホームとは病気や障害などで生活に困難を抱えた人達が、専門スタッフ等の援助を受けながら、小人数、一般の住宅で生活する社会的介護の形態のことだ。精神障害で入る場合は、年齢にかかわらず身内がいない又は身内が面倒を見切れなくなった場合入ることになる。一人で暮らすには生活保護という手段もあるが、行政 [続きを読む]
  • 2月22日診察 躁について主治医に尋ねた。
  • 今日は通院日。今年の1月から診察曜日が月曜から木曜に変更になった。 まず、睡眠が長く取れすぎているのでロヒプノールを現在外して飲んでいるけれども、睡眠時間が長いと伝えた。 主治医 「よかったです。落ち着いてますね。ロヒプノールは外しましょう。」 いつもならそこで終わる診察だが、今日は以前から気になっていたことを聞くことにした。 それは躁になった時に出る症状。それなりに大きいこの病院で多数の患者を診てい [続きを読む]
  • 寛解
  • 久しぶりの更新だ。 ブログの記事を書かなくなってから約7カ月もたっているとは。。。 では、まずは現在の調子から。彼女の意見も含めて、去年ブログを書いていた頃も部分寛解はしていたと思うけども、現在の寛解は完全寛解に近いと思うな。それは彼女の目から見てもそう見えてるようだから間違いない。 去年、ブログを書いていた頃から、彼女の目から見た僕は軽躁だったようだ。ブログを書かなくなってから、12月の半ばまで思 [続きを読む]
  • ”スーパーラピットサイクラー”について思う
  • DSM-5でⅠ型Ⅱ型に加えそれ以外の双極性障害がこの病気に入ってきた為、双極性障害の裾野が大きく広がりました。 このカウンセラーかぁさんの記事は2011年に書かれたものです。この時よりも現在は双極診断がされやすくなっています。 閾値化であろうと躁とうつがあればそれ以外の双極性障害になるからです。Ⅰ型Ⅱ型ではありません。 気分が上がったからという軽躁はありません。また、気分が落ち込んだからうつというのもあり [続きを読む]
  • 薬の錠数は大事?
  • よく薬を何錠飲んでいるからきっと今の状態は悪いんだと言いますね。 でも、大事なのはどういった目的の薬をどれくらいの量入っているかだ。 例えば、リーマス。これも入ってる量で血中濃度が違ってくる。リーマスの投薬の量は平均600mg〜800mg血中濃度の目安は0.6-1.2ng/dLぐらいだ。高齢者になるとやや低めの0.4-0.8ng/dLが望ましいとある。血中濃度が足らなければ量を増やす。 リーマスの血中濃度 0.4-0.6ng/dL 双極Ⅰ型に [続きを読む]
  • 詩 ちょうちょ
  • 花から花へ ひらひら舞うちょうちょ ただ花の蜜を吸ってるだけじゃないんだ 花の花粉も一緒に運んでる 人もね 自分のためにやってる事 それはきっと他の人にも 役に立つことなんだよ↓↓↓よかったらぽちっとお願いします。励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • DSM-5 双極性及び関連障害
  • 前回に引き続き双極性障害の投薬について書きます。 DSM-5では双極スペクトラムがなくなり、双極性及び関連障害とされました。双極性障害Ⅰ型、Ⅱ型以外は他で特定される双極性障害又は気分循環症になります。 上の表で言うと躁エピソード、軽躁エピソードの定義から外れるものはすべて他で特定される双極性障害と気分循環症になります。 ※「閾値下いきちか」というのは、「明らかではないけどありそうというレベル」を示すもので [続きを読む]
  • 詩 風船
  • 風船にもいろんな色、形がある 丸いの 細長いの 赤いの 青いの 人の心も いろんな色、形 でもね 風船も心も ふくまらませすぎると 割れちゃうから 大事に大事に ふくらまそ ↓↓↓よかったらぽちっとお願いします。励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 双極性障害の投薬
  • 双極性障害では第一選択薬に気分安定薬(リチウム、バルプロ酸、カルバマゼピン、ラモトリギン)を主に使います。 急性期の躁エピソード出た場合、気分安定薬はそんなに効果がありませんが、非定型抗精神病薬、又は抗精神病薬上乗せして使います。抗精神病薬は急性期のみに使用。抗精神病薬は使い続けるとうつ転の恐れがあります。 急性期のうつ病が出た場合は気分安定薬と抗うつ薬を使用します。しかし、抗うつ薬は急性期のみの仕 [続きを読む]
  • 暑いのに歩き回る
  • 僕は夏が好きだ。 この時期、朝起きて外が晴れているとソワソワしてくる。 体の調子が少しくらい悪かろうと散歩に出かけてしまう。そのせいか、この間も歩き回りすぎて頭が痛くなった 笑 歩く距離は長い時で4km短くても2kmほどだ。おかげで日焼けして真っ黒になった。 夏だから海とかプールにでも行けばいいかもしれないが、僕は歩くのが好きだからついつい歩いてしまう。 彼女にも「私はついてけない」と言われた 笑 ただ、 [続きを読む]
  • 詩 スパイス
  • 甘い人 からい人 しょっぱい人 酸っぱい人 苦い人 いろんな味の人がいる そんな人たちとの出会いが 人生の味付けを変えるんだ だからいろんな味のある人と 出会えたら深い味付けになるんだよ ↓↓↓よかったらぽちっとお願いします。励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 双極性障害とADHDの共通点と違う点
  • 双極性障害とADHDは出る症状が似ています。 双極性障害が躁状態になると激しい衝動性と多動が症状として出ます。一方ADHDの症状は集中力不足、衝動性、注意力の不足、多動性です。また双極性障害のうつ状態の時には注意不足が症状として現れます。 こう見ると共通点が多いのですが、違う点もあります。 双極性障害は多くの場合10代後半から20代前半に症状が現れます。 ADHDの多くは子供の時期に現れ大人になると症状が消えてい [続きを読む]
  • 7月15日現状
  • 昨日は11時に就寝。7時起床。安定して睡眠はとれている。頭も体も少し気怠いが通常。 昼間に散歩。とても暑い(笑 照りつける太陽がとてもじりじりしている。↓↓↓よかったらぽちっとお願いします。励みになります。にほんブログ村 [続きを読む]