logitera さん プロフィール

  •  
logiteraさん: 七夜月に何思う
ハンドル名logitera さん
ブログタイトル七夜月に何思う
ブログURLhttps://ameblo.jp/logitera/
サイト紹介文双極性障害Ⅰ型。病気になって10年以上です。
自由文双極性障害Ⅰ型(躁うつ病)で遠回りした人生(まだ遠回り中)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/06/02 21:42

logitera さんのブログ記事

  • 彼女の波
  • A市事件からの彼女は、小さな波を繰り返しながらエピソードは収まっていった。彼女の波は一見いきなり躁が爆発するように見えるが、実際は徐々にエピソードがはじまり、爆発を繰り返しながら収まっていく感じだ。 図にするとこんな感じになる。この図は彼女の主治医から図で示してもらったのを僕が書いたもの。上下激しく動くので混ざってしまいどこがすり替わりなのかわからなく同時に出ているように感じるのが彼女の混合型の特徴 [続きを読む]
  • トリガー
  • 健常者の人に調子が悪いと言ったら必ず落ち込む調子の悪さだと思われている。うつや躁、軽躁が出るときも何かトリガー(きっかけ)があると思われている。デイケアや就労移行支援のスタッフの人までも案外わかっていない。当事者ではないから当然だと思う。 躁が調子が悪いとはピンとこない人は多いかもしれない。でも、実際は調子が悪いとしか言いようがない。 トリガーに関してはどうなんだろう?僕は症状が出てもトリガーのない [続きを読む]
  • A市事件
  • 前回の彼女の事で土曜日まで不眠が続くと危ないと書いた。そして日曜日に彼女の怒りの躁が出て、月曜日は怒り躁はなかったけれど気分がいいようだった。しかし、彼女の目が少し変わっていた。涙袋が大きくなっていた。 そして火曜日。 僕は連休でゆっくり寝ようと寝ていた。彼女はいつものように夜中に目が覚めたらしく、朝までPCを触りながら僕が起きるのを待っていた。 そして朝7時ごろ、彼女は機嫌がよく甘えた感じで起こして [続きを読む]
  • 9月10日診察
  • 主治医 「こんにちは、Logiteraさん」 僕 「こんにちは」 主治医 「最近調子はどうですか?」 僕 「ちょっと調子が下がってる感じはします。だけど、それはあまり気にしてないのですが、ちょっと前から気になっていたことがありまして」 主治医 「どんなことですか?」 僕 「昔はできていたのですが、8年ほど前に大量のODをして以来、2つ以上のことを同時にできにくくなっています。例えばPCを触っているときに話しかけら [続きを読む]
  • 心理教育の感想
  • 心理教育の定義「精神障害や慢性疾患など受け入れにくい問題を持つ人たちに、正しい知識や情報を伝え、病気や障害の結果もたらされる諸問題 ・諸困難に対する対処法を習得してもらう事によって、主体的に療養生活を営めるように援助する方法」 デイケアでは心理教育は主に統合失調症やうつ病の人を対象に実施され、週に1回計7回行われていた。参加は自由なので毎回違ったメンバーになっている。 ①病気について  主な精神病の症 [続きを読む]
  • SST(Social Skills Training)を体験して
  • SST(Social Skills Training)社会生活技能訓練と訳され、認知行動療法に基づいたリハビリテーション技法。精神に障害を持った人が社会で生活していくために、対人関係を良好に維持する技能を身につけ、自信を回復し、ストレス対処や問題解決ができるスキルを習得(再発防止)する目的です。 デイケアでSSTは数人(4人ほど)の固定メンバー(緊張を減らすために固定メンバーにする)で、週に1回、3か月ほどを1クールとして行って [続きを読む]
  • 彼女の睡眠リズム
  • 今の彼女は不眠になっている。 彼女の睡眠時間グラフをつけて11日目。平均睡眠時間は8.6時間。こうやってみると平均的に眠っているように感じるけど、実際は極端な過眠、不眠の繰り返しだ。不眠は2〜4時間くらい過眠は10時間以上の睡眠。 彼女場合、睡眠薬を飲んではいけないので就寝時間(睡眠リズム)はまばらだ。夜0時に眠る場合もあれば朝方の4時に眠ったり夕方眠ったりとまばら。それも一回に1時間や2時間の断眠でまとまった [続きを読む]
  • 作業療法(Occupational Therapy)を体験して
  • 作業療法(Occupational Therapy)自身の身体を使い様々な活動で作業を通して回復を目指す療法。 精神科の作業療法の目的は活動に参加することでリハビリとなり、自主性、協調性、生産性の能率を向上させるのが目的です。 デイケアでは主な活動としては手芸や絵画、農作業、散歩、陶芸などで認知療法以外の活動はすべてこの療法になります。デイケアに通うこと自体が作業療法と言ってもいいかもしれません。 僕が体験した感想では [続きを読む]
  • 彼女の過眠
  • いつもは躁よりの波が強い彼女の混合。 前から1日の平均睡眠時間は頭で覚えていたのだけれど、どうやら不眠と躁の波の関係がかなり強いと感じたので、その関係を正確に彼女の目にわかるようにするためにグラフにしてみようと5日前から睡眠時間の記録を取っている。もっと前からとっておけよって(笑) 記録をはじめて3日前から過眠になっている。平均睡眠時間が10時間。うーん過眠だね。不眠の時は覚えている感じでは平均2時間から3 [続きを読む]
  • 8月27日診察
  • 主治医 「こんにちは、Logiteraさん」 僕 「こんにちは」 主治医 「ん、痩せました?」 僕 「はい、5kgほど痩せました」 主治医 「ちゃんと食べてます?」 僕 「はい、食べてます」 主治医 「水分もとってますか?」 僕 「はい、取ってます」 主治医 「んーどうしてかな?」 主治医 「最近の調子はどうですか?」 僕 「はい、とてもいいです」 主治医 「そうですか。じゃあ来年の今頃はもう就職してたらいいですね」 [続きを読む]
  • あなた
  • そういえば、最近ぼーっと考えていて気付いたことがある。 彼女が僕の名前を呼ぶときに調子が悪くなると呼び方が悪さに比例して変わっていく事に気付いた。 いつもは「Logiちゃん」なのだが 調子が悪くなる前兆で「ねぇ、Logiちゃん」の連呼が始まる。この時点で僕は「やばいかな?」って思い出す。それがやがて「お前!」に変わる。僕の内心は「これはやばい!」になる。「お前!」で収まればいいのだけれど怒りが頂点にほぼ達し [続きを読む]
  • ユガミンを体験して
  • 細かい内容は書けませんが、体験した事を書きたいと思います。 ざっくりとした流れですが嫌な思いをした過去を振り返り感情などを思い出すその時いたユガミンを思い出す自分に質問をする(ここは細かく書けません)その質問をしてバランスの良い考えを出す感情はどうなったか?1で感じた感情と5のバランスの良い考え方をした後の感情に差が出てストレスが減るとういう仕組みです。 僕がこの認知療法ユガミンを体験して思った事。ユ [続きを読む]
  • 認知療法って?
  • ユガミンの続きを書く前に、そもそもユガミンを含め認知療法ってなんだろうって人がいると思うのでその説明をします。 認知とは「考え方」や「ものの見方」のことを言い、その認知に働きかけストレスを軽減する療法を認知療法、認知行動療法と言います。 〇何故、認知療法でストレスが軽減できるのか? 簡単に説明するとすれば、パブロフの犬がいます。犬はベルが鳴ると食べ物がもらえると思っています。ベルが鳴ってもエサがもら [続きを読む]
  • ユガミン
  • デイケアで受けた認知療法は4種類あると以前の記事に書いている。今回は順番的にまず自分の認知の歪みをわかるところから始めたほうがわかりやすいのでユガミンから受けた感想と簡単な説明を書きます。 まずは簡単な説明から 〇自分の認知の歪みを知る ユガミンとは認知の歪みを8種類のキャラクターで表したもの。 ●ジーブン良くない出来事が起きると、自分に関係なくても、自分のせいだと考えるのが得意なユガミン。 何か悪い [続きを読む]
  • オープン就労と配慮
  • まず、障害者雇用にはオープン就労とクローズ就労がある。オープン就労は障害を開示して就労することクローズ就労は障害を非開示して就労すること※オープン就労をするには障害者手帳がいる。 さて、オープン就労、クローズ就労のそれぞれの特徴はどんなものがあるのか オープン就労障害、疾患を知ってもらったうえで働くことができる勤務形態、業務内容を配慮してもらえる通院などを考慮してもらえる支援機関がついていれば企業と [続きを読む]
  • デイケアでの療法
  • 僕が以前デイケアで受けた療法の種類。認知行動療法メタ認知SCIT(Social Cognition and Interaction Training)ユガミン上の4種類は主に認知の部分の療法SST(Social Skills Training)SSTは社会生活技能訓練や生活技能訓練とも言い、主に社会生活におけるコミュニケーションのスキルを訓練するもの。心理教育心理教育は病気の概要や症状の内容,治療方法,薬への作用・副作用,再発予防などを、数名の病気で悩む人たちと一緒に [続きを読む]
  • 8月13日診察
  • 主治医 「こんにちは、Logiteraさん。調子はどうですか?」 僕 「先々週の金曜日にちょっと調子崩して体が重かったですけれど、木曜くらいで持ち直しました。原因はわかってるので大丈夫です」 主治医 「原因がわかってて持ち直したなら大丈夫ですね」 主治医 「ちゃんと眠れてます?」 僕 「はい」 主治医 「では、クエチアピンを頓服処方に変えておきましょうか?」 僕 「はい、わかりました」 主治医 「じゃあ、2週後、 [続きを読む]
  • 双極性障害は痩せたほうがいい?
  • 双極性障害の人は痩せたほうがいいのか? 結論から言うと痩せたほうがいい。 気分の問題と太っているという問題は関係ないかと思うけど下のデータを見てみると 双極性障害で自殺企図歴がある人は、腹部に肥満がある52%自殺企図の率は肥満がない18% ある64%自傷の率は肥満がない48% ある79%太っているからと言って「死んでしまいたい」「自分を傷つけたい」と言うのは心理的な話ではなさそうで、病状の悪化かもしれない。 そ [続きを読む]
  • 彼女
  • 1週間ほど前から彼女の睡眠時間が1日平均2〜3時間ほどになってきていた。 そしてこの2日ほど、彼女の調子が悪い。昨日もかなりの喧嘩になった。 寝ていた彼女が起き抜けに、 「どうせ楽しくないんでしょう」 1年ほど前から彼女の調子が悪くなると真っ先に出てくる言葉。普段はそんなことは言わない。顔を見ると表情が変わっている。目が変わっているというのが正確だ。(目の下にクマができ、三白眼のようになる) 「楽しくしよう [続きを読む]
  • 7月30日診察
  • 前回の受診は就労移行支援のスタッフが同行したため、あまり時間が取れず臨時受診の話を出来なかった。 その為、今回の診察でその時の話をした。 主治医 「こんにちは、Logiteraさん。前回ちょっと緊張していました?(笑)」 僕 「診察時間を気にしていましたから緊張ではないです(笑)」 僕 「前回、臨時受診の時の話をあまりできなかったので今回したいと思ってました」 僕 「一応カルテには書かれていると思いますが、4、5 [続きを読む]
  • 調子が良い
  • 最近の事だけど、彼女の調子がかなり良い。いつも可愛いと思っているけど、もっと可愛くなった。横から見ていても、顔が違う。顔が柔らかくなった。彼女に直接聞いても体も軽くなってきたし、イライラもほとんどしなくなったとのこと。ここまで長かった。。。。彼女のエピソードは一回が長い。一番長いエピソードで4年半。ずっと躁よりの混合だった。文章では伝えることができないくらい激しかった。彼女の頭がこのまま狂うんじゃ [続きを読む]
  • 7月13日臨時受診
  • 前回と前々回(7月2日、6月18日)診察は、特に処方も変わりなかった。次の診察は7月23日なのだけれど、今日、臨時受診に行った。 臨時受診なので主治医ではなくH医師。 H医師 「Logiteraさんですね。初めましてHと言います」 H医師 「え〜とLogiteraさんは気分にムラがある症状ですか」 僕(気分にムラって・・・確かに上がり下がりする病気だけど(# ゚Д゚) ムッカー) H医師 「どうされました?」 僕 「最近、あまり眠れな [続きを読む]
  • 6月4日診察
  • 今回は感情の波についてあえて主治医に聞いてみた。 僕 「最近、感情の浮き沈み(ちょっと楽しく気持ちが浮いたり、気持ちが沈んだり、体がしんどかったりした)がちょっとあるんですが、これって健常者にもある事ですよね?」 主治医 「そうですね。それは健常者にもある普通の波ですね。楽しかったり嬉しかったりしたら気分はよくなりますし、辛いことや悲しいことがあれば落ち込みますね。これは正常な反応ですよ。波がないっ [続きを読む]
  • 5月21日診察
  • 最近の診察は5分とかからない。 主治医 「何か変わったところはありますか?」 僕 「特にないです」 僕 「睡眠時間も取れていますし食欲も大丈夫です」 主治医 「調子いいですね。来月から就労移行支援って言っていましたね」 僕 「はい。1日から行きます」 主治医 「あまり無理はしないようにしてくださいね」 僕 「はい。ありがとうございます」 主治医 「では、次回エビリファイの注射ですね。後の処方は変えずにいき [続きを読む]
  • 5月7日診察
  • 4週ぶりの主治医の診察だった。前回は主治医が休診だったため、代替えの医師の診察だった。 僕 「こんにちは」 主治医 「こんにちは、調子はどうですか?」 僕 「最近よく眠れていますし、特に変わったことはありません」 主治医 「デジレルを切って、特に変わりありませんか?」 僕 「はい」 主治医 「最近、ずっと調子よいですね」 僕 「今度、就労移行支援に通います」 主治医 「無理はしないでくださいね」 主治医  [続きを読む]