ネージュ さん プロフィール

  •  
ネージュさん: 溶けてしまえばいいのに(双極性障害の日記)
ハンドル名ネージュ さん
ブログタイトル溶けてしまえばいいのに(双極性障害の日記)
ブログURLhttps://ameblo.jp/colorrose815/
サイト紹介文双極性障害の自覚があまりないタイプ。自分を理解すればなにか変わるかも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/06/04 17:25

ネージュ さんのブログ記事

  • 性的逸脱ではないんだろうけど…
  • 間違いなく鬱だったのに。今の状態になって10日、この慣れた感覚…混合状態。 身の回りのこともグダグダで、彼の手を借りている。 とても世話になっているとわかっているのに、スパークしてしまうと、どうして私は嫌な女になるのだろう。 寝言でも起きているかのように、卑猥な言葉を延々と話し続けるらしいが、これは眠っているので私は知らない。 混合状態になると、まぁまぁな割合で下半身に執着するのは、以前からわかっているけ [続きを読む]
  • 怒る予測と接し方
  • ウツウツした感じも抜けてきて、状態的にはまぁまぁいいんじゃないかなと思いながら、スーパーへ行く支度中に突然ガーッと発汗しだした。 頭部が異様に熱を持つと、毎回ろくなことがない。 あれれ…私、普通だよ。 どうしてこんなに汗かくのかな? 食事を作り終えると、滝のように汗は流れ、見かねた彼が器に盛るのを交代してくれた。 「これ、一回分かな? 全部盛っちゃっていい?」 「一回分なわけないだろ! 見りゃ分かるだろ、バカ [続きを読む]
  • 躁状態の友人に会う
  • 友人と会って、よい気分で帰宅した私でしたが←前回の記事です。なぜかそのまま鬱転しました。 そんなとき別の友人から電話があり、「具合はどう?」と聞かれた。この方は、精神疾患の方面から知り合いました。 なにか聞いてほしいことがあって連絡してきたのだと思ったので、「具合は、まぁいいよ。」と、答えたのですが、困ったことがあったので会ってほしいとのこと。 (しまった、よくなってきてるけど鬱を伏せちゃった。)そ [続きを読む]
  • 人の精神疾患を理解するのは難しいね
  • 徐々に躁が抜けてきた頃に友人から連絡があった。 「明日、会える?」(ここまで治まってきたらいいよね、行っても大丈夫だよね?)「うん、大丈夫だよ」 当日は、健常者である彼女の周囲に精神疾患を抱える方がいらっしゃることなどを話した。 私にも経験がある、彼以外の人に自身の持つ疾患を理解してもらえない苦しさ。 でも、話してみてよくわかったのが、彼女もまた(程度や個々の問題にもよりますが)精神疾患を持つ方からの [続きを読む]
  • 呪われた飴
  • 病識が欠如してくると、これからも服薬や治療を継続出来るように、彼は私の思考を戻すよう話をしてくる。 エピソード中の自分を、私はおかしくない、これは本来の私であるから、普段の私はそんなことしない、という方向に持っていきたいらしい。 現行のものでは少し難しいところもあるので、振り返り客観視しやすい点から、過去のエピソードを引っ張ってくることもある。 今後オープンにするかはわからないけど、沢山指摘されたので、今回ひ [続きを読む]
  • エピソードは続く
  • やはり双極性障害とは、一見しただけでは正確なところはわかりずらいところもあるみたい。 近くで見ていた彼に、実は鳴っているはずのない音が聞こえると言うと、なぜそれを早く言わなかったのかと言われたけど、言うほどのことでもないと思ったし、大体からして気のせいだと思っていたし。 それでも一見、落ち着いた様に見える私、少し纏まった時間眠っていても、また来るかも知れないことに懸念を抱かれ、やはりそれはやって来た [続きを読む]
  • 着信がないのに鳴る電話
  • あーぁ、思いっきり楽しくしたかったけど、やっぱり躁で連休は終わってしまった。 どうしていつもこうなっちゃうかな。 振り返れば、連休前から躁は始まっていたけど、またそれに気づいていなかった。 まず、連日睡眠時間が短くなったことについては、連休が近づいてきたことのせい、ほらよくある遠足の前日にワクワクして眠れなくなっちゃう子っているじゃない、それだと思って気に留めることはなかった。 睡眠時間減少から3日目、真 [続きを読む]
  • どうも扱えない患者だったみたい
  • 前回受診でリスパダールの処方が抜けていたことに気づき、もう訪れるはずのなかった精神科へ行って来たことが、かえって良い結果になるとは思いもしなかった。 現在、色々な特徴を持つ精神の病院が多数ありますので、今回私が受診した精神科のケースとして読んで頂けたらなと思います。 診察室にて・頓服扱いのリスパダールの処方が抜けていたことを伝えた 快く処方箋を出してもらうも、あまりの数の少なさに、もう一度診察室に通される。 ・ [続きを読む]
  • 怖いの?おもしろいの?どっちもか
  • 今でも、不安定だなぁ、と思って過ごす日も多いけど、昨夜就寝前に足の甲が痛んだり、手が震えたりで、やっぱりおかしいなぁと。 1時間ほどしか眠れずだったけど、足の痛みは消えていた。 今日は夢からの目覚めで、なんやこれ!? な、ことが…。 夢見てたの、それも殴り合いの喧嘩を私がしてるの。 そして和解したのかな? そこから内容は下ネタ風に変化していったんだけど、普段なら思いっきり笑うクセに、夢の中の私は、「笑って [続きを読む]
  • ラミクタールによる躁転について
  • 転院先の医師はラミクタールは上げる作用があるからと入れることを嫌がった。 それだけで、ここで定期的な通院をしないと決めたわけではないのだけど、ラミクタールを切ってからもう6年、患者としては再処方にえらく時間がかかったと思える、仕方ないとはいえね。 他に、代替が利くのなら、それはそれで構わない。 ブログを始めて間もない頃、抗うつ薬以外に、ラミクタールでも跳ねたと書いたことがあるけど、元主治医との診察や他の情報と重ねてみる [続きを読む]
  • 病相の出ているときに大事なことは決断しない
  • 薬の残量を確認してみたら、まだ残ってはいるけど、余裕を持って動いた方がいい時期にきたみたい。 今でも、最後になった診察が頭をよぎる。 主治医に対して罵倒や悪態は、どうしてもしたくはなかったこと、調子が悪かったとはいえどうしてしちゃったかなぁ・・・避けることは出来なかったのかな。 避けれたとするなら、恐らくこれひとつ、比較的調子のよいときに、円満に転院するべきだった。 双極性障害と診断されてから、病相の [続きを読む]
  • 急患として受診、そこからの回復。
  • 約1ヶ月ぶりの更新です。 ここ1ヶ月の回想の様になりますが、7月上旬に背中と胸の違和感が強くなり、ちょっとこれは良くないなと感じたことから、精神科を受診。 といっても、前の診察で主治医に悪態をついた私は何処へ行けばよいのやら…。 考えた末、今の病院にはカルテもあることだし、違う医師に急患扱いで診てもらうことにしました。 初顔合わせの医師だった。 ・背中と胸の違和感と気性が激しくなっていることを伝えた。 医師と [続きを読む]
  • また双極性障害を手放す
  • 一昨日、今後通院すること、薬を飲むことを止めよう、そして双極性障害であることを捨てました。 診察を終え、会計待ちをしていると看護師が「採血しますよ」と呼びに来たけど、「もう病気じゃなくなったので結構です」と言い、断った。 薬も貰わず帰宅しようとする私に、同伴していた彼が「今は病気かどうかはいいとしても、薬は絶対に必要だよ」と、貰いに行った。 これらは、5月末から鬱傾向にあったものが、1週間程前から軽いイ [続きを読む]
  • 通院を忘れる、患者にとっては1人の医師でも…。
  • 不安障害からくる不安は、ピークを越えてくれたよう。 広場恐怖は無理だろうけど、予期しない発作は消えてくれた。 いつもと変わらぬ、いつもの生活、形のないものになぜあれほど恐怖したんだか。 少し鬱傾向にあるんだろうけど、身体がキツく感じる。 テレビの音が煩く感じ、消さずにいられないときもある。身体がダルく力が入らない。往復1km程度の散歩(途中で休憩を挟む)の帰り、前に進まなくなり、行かなければよかったと後悔、その [続きを読む]
  • 動けない、怖い。
  • 月曜日、最近の私にはない距離を歩くことになり、回復してこれないでいる。 初めは、しっかり休めば回復すると思っていたけど、情動まで乱れてきた。 寝ている最中にも、予期しない発作を起こし、「怖い」と大声で叫び起きる。 こんなときはまず炭酸飲料を飲んで、怖さから気を逸らすためにゲーム。 ゲームが手につかないほどのものはお手上げ。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 躁って寝ていても躁なんだね
  • 今日は、寝言のお話。 私は普段、寝言はほぼ言いません。子供の頃からずっとそうでしたが、発症後から言うようになり、ここ5年間は、もの凄い寝言でした。 毎日ハッキリとした口調で、聞いている者がプププッとなるようなことを言ったり、とてつもなく汚い言葉で怒鳴ったり、ほんとに私の声かわからぬ声で物騒なことを口走ったり、問いかけると起きているかのように返事をするらしいです。 例え短い睡眠であっても、2回に分けてじゃな [続きを読む]
  • 副作用ではなく離脱症状だよね?
  • かなり前に、鬱から双極性障害の治療薬に変更になったことを書いたけど、ちょっと疑問に思うことがある。 ブログを読ませていただいて、離脱症状に悩まされている方をちょくちょくお見かけしているうちに、新たに身体に入った双極性障害の治療薬の副作用だとずっと思っていたのは、実は離脱症状だったのではないかと思えてきた。 当時処方された双極性障害の治療薬は、リーマスとエビリファイで、それも少量からの開始で、あれほどの副作用が [続きを読む]
  • 感謝の気持ちと長かった不機嫌
  • 6月2日でブログを始めて1年が経っていました。 まぁ、何度消そうとしたことか 笑 それでもなんとか、1年継続することが出来ました。 コメ欄は途中から閉じるようになってしまいましたが、いいね!くださってる方、メッセージくださった方、ブログ村のタグを押してくださった方、ブログ村から訪問くださった方、皆さまのお陰で続けられたんです。 ありがとうございます!! 混合状態のピークにあった5年前からブログを開設するまで、年々少し [続きを読む]
  • ちょっと動けない、ちょっと飲めてない。
  • 手の痛みと痺れは良くなってきた、胸の痛みは若干良くなった。 右側の顔の腫れは・・・まだ腫れとるがなww 精神面も、今のところひどくはなってはこなくて本当に良かった。 頭の中の音楽も四六時中ガンガラ鳴ることもなく、私らしからぬおかしな思考になっても、これは症状によるものと認識できている。 躁と鬱の高低差が広がってくると、これが全て本来の私だーっ、と言い出すので。 妄想なども出てないです。 今、困っていること [続きを読む]
  • 胸の痛みと頭の中の音楽と
  • 10日くらい前から左胸のトップが痛くて、かばうようにしてた。 それが一昨日から、胸全体、中の筋肉辺りまで痛み、息をしても痛む。 もうずっと前からおかしな痛みや不具合で内科などを受診しては異常がなかった、これもきっとそうなのだろう。 昨日は泥のように眠り、このところなかった症状が出始めた。 イライラする、背中に不快なものが発生し、それが胸まで貫通する感じ。 不快なものの発生だけでも、躁のサインなのに、夜には頭の中で [続きを読む]
  • フラットさんお帰りに 体がおかしいよ
  • また調子を悪くしてから1週間かぁ。 フラットさんは7日程滞在し、確実にお帰りになったようだ。 この1週間、易怒性や攻撃性、うきゃうきゃ煩いものは一切見られず静かです。 赤ちゃんの夜泣きのように、夜中に目覚めてでっかい声で泣くことも。 泣く理由は些細なことだったり、理由なんてなかったり。 私、気持ちが沈んでくるとよく顔が痺れるのですが、今回はほんとに体がおかしいです。 手の一点に痛みがあるなーと思っていると、徐 [続きを読む]
  • 診察 統合失調感情障害や嫉妬妄想のこととか
  • 月曜日の診察から明けて火曜日、ほとんど動くことが出来なくなった。疲れが出たのかと思っていたが、なぜか未だに回復せず。診察時は、精神面も良い状態で受けれてほんとによかったなと思う。 当日、彼を含めて3人での診察となった。 もし、転院せず現状維持になった場合、限られた時間内でこの辺りを話そうと、頭の中で重要な順に1.2.3と話を持っていったのだけど、いきなり彼に主治医が話を振り、それに私が答えるという、この展 [続きを読む]
  • 週明けの診察 どうなるか
  • 遂に診察が月曜日に迫った。 移る気バリバリだった、けれど前回の診察から3週間、転院するか留まるのか、気持ちがハッキリしなくなった。 優柔不断だよねぇ。 少し言い訳をするなら、今の主治医はさほど私の症状を把握していないので、転院して一から話をする手間については問題ない。 問題なのは薬のこと、今まで2人、薬が原因でチェンジしている。 留まることになる可能性があるならと、一番近くで私を見続けてきている彼が証人として当日 [続きを読む]
  • 恥ずかしい格好で足を痛める
  • タイトルのとおり膝周辺を痛め、うっすら内出血もし腫れています。 「トイレで塗ればよかったでしょー」と言われたとおり、トイレまで行くのが面倒で横着をしてオロナインを部屋で塗ったのがいけなかった。 んん〜もうちょっと、もうちょっとこの辺り・・・と無理な体勢からの、ズデーン Σ(゚д゚;) ぶちっ 足からすごい音がしました。 「手を…手を洗いに行きたいの」変な格好で下着もずれたまんま ( ̄□ ̄;) 「はい、俺につかまって。」 「手 [続きを読む]