vecchio さん プロフィール

  •  
vecchioさん: Cuore Calmo…穏やかな心で
ハンドル名vecchio さん
ブログタイトルCuore Calmo…穏やかな心で
ブログURLhttp://cuore-calmo.net/
サイト紹介文人工関節やら何やらで人生の設計変更を余儀なくされた50男の自省的な記録
自由文人工関節を入れてからすぐ再置換となり、退院後、会社での配置転換からうつ病を発症し、3か月の休職後退職し、現在に至っています。
今はまだうつほぼ回復状態となり、現在は社会復帰への道途上です。
つれづれに、うつになって感じたことや人工関節のこと、親の介護のことなどをアップしようかと思っています。
ランキングにはあえて参加していません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 165日(平均6.4回/週) - 参加 2017/06/04 15:10

vecchio さんのブログ記事

  • 徐々に復活
  • うつの症状が悪化してから、抗うつ剤を再び服用するようになり、以前はジェイゾロフトを飲んでいたのが今回はリフレックスになった。不眠が強く、うつ症状の改善と共にこの不眠を緩和する目的で薬種変更をしたらしい。ジェイゾロフトを飲んでいたときは、薬の副作用かイライラや頭の中に霧がかかったかのような頭が回らない感じに包まれていたのだが、今回のリフレックスは全くそのような事はなく、これだったら続けられそうな感じ [続きを読む]
  • 疲労困憊
  • 10月31日の夜に様々な事が起きて、それ以来うつの症状が悪化してしまった。昨日まで思考が混乱したりして寝込む時間が長かったが、今朝から少しづつ動けるようになり、徐々に思考の混乱も落ち着いてきた。しかし、ここ数日のうつ再燃で、身体中のエネルギーは枯渇してしまったようで、料理にしても洗濯にしても全くやる気が起きない。母の入院もまだ先が見えず、あれやこれやとやることは山積している。一つづつ解決しなければ先に [続きを読む]
  • 調子いい
  • リフレックスが効いているのか最近調子がいい。台風が来るとちょっと…とか、雨が続くと辛くって…とこよく聞くけど、私の場合は気圧の変化や天気の悪化より、気温や日照時間の変化の方が体調に左右する。今のところ体調を崩す兆しは無いが、調子がいいと、それこそ調子こいていると足元をすくわれる。勝って兜の緒を締めよ…ではないが、調子がいい時ほど体調管理が大切…気を付けなければ…。 [続きを読む]
  • 仕事…
  • うつ病を患い、なおかつ足が不自由、そして親の介護が必要な状態となると、どのようなな形で仕事に就いたら良いのだろうか…。以前、面接に臨んだ会社の担当者から「びっこを引いた体じゃねぇ…見た目悪いし…」と言われ、それ以来考えてしまっている。これまで、足が悪くても人並みには働ける!と、鼻息荒く就職活動に臨んできたが、やはり足が悪い障害者としか一般には見てもらえない。仮に私が面接官となったとしても、まずは「 [続きを読む]
  • ボケないだろうか…
  • 抗うつ剤を飲むことで症状が軽くなったとはいえ、できることなら薬を飲みたくない。というのも、以前ジェイゾロフトを飲んでいたときは、頭の中に常に霧が掛かったような感じで、不自然な感情の鈍麻や時としてキレそうになる怒りなど、感情が自分の物ではないような感覚に陥ったりする事が多かった。今は、リフレックスを飲んでおり、ジェイゾロフト服用時のような感情が切り離された感覚はないものの、夢を頻繁に見て、その夢が現 [続きを読む]
  • 二度目の心理検査
  • 暫く前に心理検査を一度実施したが、その続きを、母の入院・手術、自分のうつ再発などが落ち着いた頃を見計らって行ってきた。まだ結果は出ていないものの、都合2回の心理検査で自分の性格傾向や得手不得手の傾向がおぼろげながら見えてきた感じがする。特に得手不得手に関しては、以前から何かを聞いて理解したり判断・実行したりするより、目で見て理解する方が私には向いているとか、文字より数字の方がスッと頭に入る、地名な [続きを読む]
  • 筋トレを再開する
  • リフレックスの効果だろうか、落ち込みが収まると共にやる気が少しづつ出てきたようで、ここ暫くご無沙汰だった筋トレを再開した。まだ本調子でないことと、ずっとゴロゴロして過ごしていたことから、まずは体幹を鍛え直す事にした。クランプやヒップリフト、ヒップアブダクション、スクワットなどを総時間30分ほど…さほど追い込むようなメニューではないが、腰回りやお尻などが筋肉痛になる始末…。どれだけ怠惰な生活を送ってき [続きを読む]
  • 結石持ち
  • 悪いことは重なるようで、先日来の下痢が尿路結石によるものだと判明した。当初はリフレックスの副作用ではないかと思っていたが、昨日の午後辺りから、下腹部痛と血尿が始まり、こりゃぁ結石が動き出したと確信するに至った。結石はそれこそ20年近くの付き合いで、最初の頃は、のたうち回るような痛みに苦しんだものの、次第に「また来たな…」という感じで気にもならなくなってしまった。今回は、ここ最近飲み始めた「クエン酸カ [続きを読む]
  • 疲労感
  • 台風はさほどの被害を出さずに過ぎ去りホッとしている。ただ、連日続いた天気の影響か、リフレックスを飲んで気持ちは落ち着いたものの、朝目覚めた時の疲労感は言葉に表せないほど強く、朝食を食べては横になり一時間ほど寝てしまう日々が続いている。昼寝したあとの午前11時頃には元気が出るのだが、その元気も長時間は続かず、ただひたすら疲労感に苛まれている。うつの症状なのか、リフレックスの副作用なのか断定はできないが [続きを読む]
  • 気持ちが落ち着く
  • 眠気とか食欲増進など結構きつめの副作用があるものの、リフレックスは早く効果が出るようで、今朝あたりから気持ちの焦りや落ち込みなどが収まり、少しづつやる気もわいてきた。しかし、眠気はまだ強く、食事をとった後など、少し気を許すと眠ってしまう。服用初日のような、寝ている合間に食事するような状態にまではならないが、気持ちの落ち着きと同時に体まで落ち着いてしまうのは勘弁してほしい。3日位で眠気も軽くなるとの [続きを読む]
  • 過食収まる
  • この数週間、食欲中枢が壊れてしまったのではないかと思うほど、甘いものを食べまくっており、特にこの数日は完全に常軌を逸していた。ある日の食事…朝…バナナスムージー300cc、ごはん180g,味噌汁、ミートボール2個午前間食…菓子パン2個昼…ごはん200g、カップヌードル昼間食…チョコレート半欠、カステラ2欠、プリン夕食…ごはん180g、スパゲッティナポリタン夜間食…せんべい6枚とまあ、こんな感じだ。当然の事ながら太る訳で [続きを読む]
  • 母の容態
  • 私の調子の悪さに引き換え、母は日増しに良くなってきている。一週間ほど前に手術した際には、精神的な混乱に加え気持ちも落ち込んでいたこともあって「もうだめだ…仕方ないね…」とばかり口にし、こりゃぁ良くて車イス生活か…と思っていたのだが、今日に至ってはベッドから車イスへの移乗や歩行器を使っての歩行など、あの弱気の発言は一体なんだったのかと思うほど良くなっている。この調子なら来月の早いうちにには退院できそ [続きを読む]
  • 絶望に支配される
  • 10月に入ってから色々な事が起こり過ぎ、精神的にボロボロになってしまっている。特に、ハローワークの一件ではよろめいた気持ちを完璧に打ちのめしたようで、疑念だったうつ病の再燃が実際の事となり燃え上がった。このブログで弱気な発言はしたくないが、ほとほと嫌になったというのが本音で、朝目覚めるのが怖い…夜寝ても怖い…一日中怖くて仕方がなく、この世に身の置き場がない…という感じだ。こんな事になろうなら職業訓練 [続きを読む]
  • ふざけるな!ハローワーク
  • 昨日、職業訓練を正式に辞める手続きをした。結局、入校式に顔を出しただけで一日も訓練を受ける事なく退学という事になった。せっかくの機会を無駄にしてしまい、本当に残念だし悔しくて仕方がない。しかし、まだ母の看病も必要だし、家の中もまだゴタゴタしており、私が率先して家事をこななければ、勉強よりも先に家庭がダメになってしまう。また、今後の介護方針も立てなければならないし、病院やケアマネとの折衝も必要ともな [続きを読む]
  • やり直し
  • うつの再燃は一時的なものではないようで、昨日より気持ちの塞ぎや頭が回転しない感じが強い。何より、疲労感が非常に強く、動き出す前にとてもパワーを使うし、動いた後もパワーを出し切ったかのように疲れきっている。母がいない以上、家の事をやらなければならないし、母の看病にも行かなければならない。とにかく体が動いてくれればいいのだが、なかなか思うようには行かずに困っている。この疲労感…寝る事で取れてくれればい [続きを読む]
  • うつが来た
  • ここ数日、何となく気持ちが優れないと思っていたら、今朝になって、ドーンと気持ちの塞ぎややる気の低下、体全体の重さ倦怠感に包まれてしまった。どうやらうつが再燃してしまったようだ。まるで昨日まで動いていたパソコンが、電源を入れた途端にブルー画面になって起動できない感じ。困ったと言ってより今は何も考えられない感じ。参ったなぁ…。 [続きを読む]
  • 早いものだ
  • 手術をしてから2日。昨日からリハビリが始まり、早速、車イスへの移乗と歩行練習が始まった。私自身も経験しているが、少し体を動かさなかっただけで、不思議と体が動かなくなる。元気な時は無意識で足上げたり膝を曲げていた事が、一度動かなくなると意識して筋肉に力を入れないと動かない。ただ、動かそうとする筋肉を意識することすら難しいのだ。母も同じような感じで、今はろくに足を動かす事ができない。しかし、ここで頑張 [続きを読む]
  • 仕事
  • これからの仕事について色々と考える。母が入院するまでは職業訓練を受けて企業に就職しようと考えていた。体に障害があることや年齢的にもかなりのハンディがあるものの、余り欲をかかない限りそこそこの就職先はあるものと思っていた。しかし、母がこのような事になり、父は家の事をろくにできないと知るにつけ、果たして一般企業に就職が可能なのか?できたとして続けられるのかが気になるようになってきた。伯母さんもその事を [続きを読む]
  • 母の手術
  • 昨日は母の手術だった。転倒して大腿骨の頚部を骨折してからまる一週間。やっとのこと骨折部をスクリューで止める手術が行われた。これで足を動かしたり座ったり歩いたりできればいいのだが、一週間の安静臥床が母の体にどれだけ悪い影響を与えたかがわからず、車イス生活や寝たきりなどが頭をよぎる。もっと早く手術してもらえれば…とは思うものの、夕方に転倒したという事と三連休を挟んでしまったという不運が重なってしまった [続きを読む]
  • 職業訓練…結論は持ち越し
  • 母が入院して以来、職業訓練を継続するか否かが頭の片隅にこびりついて、なかなか気持ちが落ち着かない。続けるかそれとも辞めるか…ハムレットではないが、それが問題だ…と自問していた。母の状態は認めたくないがあまり良くない。入院してまだ一週間だが、目に見えて体力が落ちている。気力はまだ維持してはいるものの、これがいつまでもつのかわからないし、手術をしたにも関わらず起きられない立てないとなると、一気に気力が [続きを読む]
  • 疲労困憊
  • 母の入院から一週間ほどが経とうとしている。この一週間は気が張っていたのか、母の付き添いやら家事やらでバタバタしていながらもあまり疲れを感じなかったが、昨日辺りから体がズシンと重く、布団から体を起こす事すらダルくて仕方がない状態になってしまった。母の手術が11日に早まった事で少し安心した事と、気持ちが少し冷静になった事で緊張の糸が緩み、これまで感じなかった疲れが一気に出てきてしまったのだろう。朝5時頃 [続きを読む]
  • 恥ずかしくない仕事
  • 少し前の話…。近所の自転車屋さんに、自転車を1台組み上げてもらうお願いをした。手元にフレームとホイールがあったので、不足した部品の発注と組み立て調整までをする仕事だ。待つこと2週間余り、できたよ…との連絡でお店に行ってみると完成した自転車の姿が…しかし、何かがおかしい…。違和感を感じつつも家に持ち帰り、パーツメーカーのカタログと見比べてみると、後ろのブレーキパーツが本来のパーツとは異なる物が付いてい [続きを読む]
  • 気持ちが腐るなぁ…
  • 母が入院してから家の中がギクシャクしている。退院後の母の事や職業訓練に暫く行けない…というより、出席率の関係で辞めなければならない状況になってしまった事、そして、家の事を殆どやれない父の事など、徐々にストレスが溜まり私の気持ちがやさぐれて来るのが原因だ。特に、職業訓練については「行きたい」という気持ちと「暫くは出席できないなぁ」という気持ちで揺れ動いており、それを考えるだけで様々な感情が沸き上がっ [続きを読む]
  • 無神経な伯母さん
  • 母が入院したことが、あっという間に親戚じゅうに知れ渡り、朝から電話が鳴ったりと落ち着く暇もない。親戚同士の繋がりが密というのも、決して悪くはないが、中には早速見舞いに着たりする人もおり、まだ手術すらできずに安静にしている状態で見舞いに来られても、正直なところ迷惑千万である。おまけに、見舞いに来た矢先に「車イスで出入りできるように改装しなきゃ…」などと、神経を逆撫でするような事を平気で口にする伯母さ [続きを読む]
  • 母の容態
  • MRIで検査したところ、大腿骨頚部が骨折している事が見つかり手術することが決定した。ただ、この週末にかけて連休が続く事と、週明けの手術が混んでいる事もあって、来週の金曜日まで待機しなければならなくなってしまった。こればかりはどうしようもないが、一番の懸念は一週間絶対臥床の状態が続く事。年齢的にも体力が落ちていくばかりの母、一週間の安静でどれだけ体力と筋肉が落ちるかわからない。下手をすれば、手術はした [続きを読む]