sajariko さん プロフィール

  •  
sajarikoさん: シンプルに生きてく1年
ハンドル名sajariko さん
ブログタイトルシンプルに生きてく1年
ブログURLhttp://findwholam.wordpress.com
サイト紹介文40代複雑になった人間関係や生活習慣を1年でシンプルにしていく毎日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2017/06/04 19:29

sajariko さんのブログ記事

  • 家事の簡素化に努めてます
  • 主婦として、毎日やらなければいけない事の簡素化に努めています。まずこだわりを捨てました。日用品は、1番近いスーパーやホームセンターで買える物と決め。知人とのおつきあいや、仕事や家事のオーバーワークも厳選。家事は頻度を決めて、子ども達にもいつ洗濯するか、いつシーツを洗うか知ってもらう。食事に関しては、特権を生かし、主婦の私が食べたいと思うものを作る。だけれども、朝でも夜中でも人に会うことができる格好 [続きを読む]
  • 朝のルーティンは毎日シンプルで同じ
  • 毎朝5時くらいに目を覚まし、ベットの中でストレッチ。といっても本当に簡単なことしかしてないけど、これで完全に目が覚める。それから洗面など済ませ、弁当と朝食とコーヒー作り同時進行。メニューは何種類かをくりかえし作ってる。飽きてきたら新しいメニューを取り入れる。高校生を起こし、一緒に朝食を摂り、駅へ送迎。帰って小学生を起こし、朝食を摂ってもらう、その時なるべく一緒にテーブルにつく。小学生を見送り、自分 [続きを読む]
  • 洋服を持てば、手入れは必須
  • いわゆるよそ行きの服、あまり持ってなくて。喪服的な物でも、普段にジャケットとして着られる物をチョイスしています。美術館へ行くときや、ホテルレストランなどへは、羽織っていきます。ここ数ヶ月、出番がなかったのですが。着てなくても、半年か1年ごとにクリーニング出してます。キレイに保存しているつもりでも、出してみるとビックリなんてこともあります。なので、なるべく洋服は少なくして、普段着よそ行き区別せず、い [続きを読む]
  • トンネルの先にやっと見えてきた事
  • 夫と別居して10数年、1人になった時のことを見越して、シンプルになろうと努力しました。今はまだその途中。内にこもっていた気持ちが、少しずつ外を向きはじめ、気付いた事。自分以外の人は、変えることはできない、変えることができるのは自分のみ。ましてや子どもは、血は繋がっていても、1人の人格。焦らしたりおどしたりして変えようと試みても、それは失敗に終わる。長いながいトンネルの先にみえたのは、これでした。にほん [続きを読む]
  • シンプルに、子離れも楽しみのひとつ
  • 高校生と小学生、タイプ的には難しい系。一筋縄ではいかず、今でも悩みの種、だけれども良い所も山のようにあり。将来を案じながらも、この子たちなら大丈夫と腹をくくっています。そんな大変な子育てを、世の親はしているんだと思うと、尊敬の念しかない。子育ても、年々残り少なくなってきていて、巣立つ日を楽しみにしている。空っぽの気持ちになってしまうのか、はたまた1人で過ごせるのか。そんな不安もいいじゃないか、何も [続きを読む]
  • 当たり前のことをシンプルにする
  • 毎日行うこと、睡眠に家事におふろ、1つずつシンプルになるように見直し。より段階を踏まず、簡単にできる。例えば、掃除ならどうか、床に物があれば、それを拾うかよけるかしないといけない。床に物がなければ、すぐ掃除にとりかかれる。埃も物がなければ床に落ちるのみ。複雑にしてしまうと、そこで面倒くさくなり、意欲がそがれる。だから寝る、食べる、家事、育児。そんなごく当たり前のことを簡単にできるように心がけてる。 [続きを読む]
  • 通学服は1組ずつしか持たない
  • 小学生の学校には制服があり、今の時期ならポロシャツにズボン。夜に洗濯をすれば、朝には乾いているので。1着ずつしか持っていない。小学生なので、破れて帰ってくることもあったり。その時は、似たような私服を着ていってもらいました。似たような私服を、誰かに気づかれたかと問うと、誰にも何も言われなかったと。ポロシャツはヨレたり、古く見えたら、即座に買い替え清潔に見えるように心がけてます。にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 秋に心満たされる
  • 高校生を駅まで送り、帰ってきて車から降りると、とんぐり。すごくキレイで、目を引きました。周りを見れば、落ち葉の色に目を奪われ、思わず写真を撮りました。秋はいい季節。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • シンプルになると支出が減る。
  • 生活するにあたって、物や事をシンプルにしています。そう務めてから、家計が変わりました。支出が目に見えて減ってきた。以前は週末ごとに、ショッピングモールで雑貨やら服やら買う、が日常でしたが。現在、日々買うものといえば、食料品か切れた日用品のみ。買うものを探し歩いていた、数年前の週末に比べて、ゆったりとした時間を過ごせています。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 三連休、子どもの将来を考える
  • 昨日は小学生と図書館へ出かけ、今日は高校生と図書館へでかけた。子どもたち、両方ともに難しいタイプ。一筋縄ではいかず、枕を濡らしたこともあります。他人と比べたら、違うところがたくさんあるけれど、2人とも自立へは向かえてる。それだけでいんじゃないかと、やっと思えるようになりました。以前は、あれもこれも望み、頭も良い方がいい、部活でも活躍して欲しい、友だちも多い方がいいと。でも私が望んでいることと、子ど [続きを読む]
  • 子どもがいても、シンプルに暮らすコツ
  • 子どもが生まれると、シンプルに生きていくのって難しいと思ってた。自分のことならそうでもないけど、子どもがいるとゆうだけで、見栄をはりたくなる時がある。例えば、参観日には少し上品な洋服を身につけたり、家庭訪問でいつもの100倍掃除したり。素敵な家族と思われたい。決して悪いことではないけれど。本来、生活していくのに気を使うべきは、他人ではなく、家族にだ。心地よいと思える暮らしや食事を、他人ではなく、家族 [続きを読む]
  • 手に入れないことのしあわせ
  • 9月の決算月に、電化製品のチラシみて、便利家電が欲しくなりました。これがあったら楽だろうな、時間に余裕ができるだろうな。便利家電を手に入れた幸せな姿を想像しました。だけれども、今の生活でなんら不自由のない暮らし。なぜまだ手に入れたいとと思ってしまうのか。そのお金で、持ってるもののメンテナンスや修繕に使う方が、より暮らしが整う。目先の新しい物に心奪われる。それを手に入れてしまうと、また手入れや時間、 [続きを読む]
  • 小学生がはじめたラジオ生活
  • 実家の父母が、小学生に目覚まし時計を送ってくれました。その時計にラジオまでついてて、ラジオが目覚ましになるみたい、こんなのいる?と思ったけど。小学生ハマりました。朝は、クロノスの中西哲生さんの優しい声で起きてるみたいです。わからないもんですね、子どもって。散々ゲームばかりしていた小学生が、今ではラジオを聴きながら寝ています。耳だけで聴く、意外と小学生には良いのかもしれません。にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • シンプリストにとって、コンビニを利用しない手はない
  • 台風が心配な昨日、出かける先もない小学生が暇でたまらなそうなので。コンビニへ誘いました。普段はいかないので、新商品や限定に目がくらみ。あれもこれもたくさん買いました。戦利品をかかえ、家に戻り台風が過ぎる音を聞きながら。コンビニパーティー。とても楽しい台風の夜となりました。車で1分とかからず行けるし、何でもあるので、ここを賢く利用しない手はないと思った台風の夜でした。にほんブログ村にほんブログ村にほ [続きを読む]
  • 食べたいと思う物をたべる
  • 主婦である私には、食事を作る特権がある。それを利用して、自身が食べたいと思う物を作るようにしてます。以前は、家族に何が食べたいか聞いていたが、自身の胃袋とマッチしないと、作る気がおきないことに気づき聞くのをやめた。今朝は、最近疲れているので、アボカドが食べたくなり、サンドイッチかサラダにしようと、嬉しくて起きてきました。食べたいと思えば、活動アップにもつながる。にほんブログ村にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • シンプルになると、生き方まで変わった
  • 行ってみたいところがたくさんあります。といっても夫と別居中で、高校生と小学生の子育てを担ってるから、なかなか外泊はむつかしい。それでも少しずつ、まだ身体が動くうちにやっておこうと、思いはじめた。断捨離して、シンプルになる前は、一生家にこもって過ごしてればいい。なんて思ってたけど、身軽にシンプルになると。選択肢も自然と増え、フレシキブルな考えになった。いま、生きていることが楽しくて仕方がない。にほん [続きを読む]
  • 無くなることに、恐れることなかれ
  • 以前の私は、常に在庫を持っていないと不安でした。洗剤やシャンプー、ラップなどありとあらゆる在庫を持っていました。しかも底値に近い値段で買うことに執着してました。それは節約をしてたから。1段階目は、在庫を持つことを辞めました。在庫を置くスペースもいらなくなり、とても快適。だけど、切れた頃に買う値段が底値に近くないと嫌で、イライラが募りました。なので2段階目は、それが切れても過ごせるわが家作りをしました [続きを読む]
  • 水まわりは清潔さにこだわる
  • キッチン、お風呂、トイレなど水まわりはなるべく物を置かず。そして清潔さのみをポリシーに。ただそれだけで、最上級に気持ちいいから。といっても掃除の仕方に特別なことがあるわけではなく。他より頻繁に掃除するとゆうだけ。特別な洗剤も使ってなく、時々洗剤が切れてる時はシャンプーでも洗ったりする。繊細なのかワイルドなのか。水まわりがきれいだと、生活してても心地良い。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 時間をかけて、思い通りのスタイルに
  • 結婚してから、家庭生活を思い描き。雑貨の似合う部屋にしたい、ハーブをたくさん植えた庭にしたい、家族を笑顔で見守る母になりたい。たくさんの想いがありました。だけれども、ほぼ理想とは違い。夫とは別居して、ハーブの庭はなく、雑貨は買い集めたけど断捨離。羨ましい生活とはいえないが。思い通りには生きてる。夫との別居も夫婦の意思だし、雑貨を捨てたのも私の意思、ハーブを植えないのも他が忙しいから。私が選択して決 [続きを読む]
  • 断捨離する前と比べると、物が半分くらいになった
  • 夏の終わりに断捨離しました。始めた頃より物が半分くらいになった。それでも全く、生活していくのに困らない。むしろ快適になったくらい。引き出しなどの収納は、使う物を仕舞う。ここを徹底しています。以前は、あまり使わない物を収納していました。使う物はとゆうと、出しっぱなしでした。今では、引き出しや収納の中で、使わないと思う物は、手放せばよくなったので、わかりやすくなった。にほんブログ村にほんブログ村にほん [続きを読む]
  • 始めた頃から、どれくらい物が減ったかとゆうと
  • 「物は少ない」と思っていたが。それでも断捨離を始めた頃から比べたら、簡素になった。以前はここに、ぎっしりと洋服がかかっていた。アウターなんて何枚持っていただろうか。何年も着ない洋服も捨てられず、大学の頃に買ったコートを最近まで持っていた。ここに洋服が収まらなくなり、リビングや寝室にも進出してた。鍋や食器も減らし、家具も減らしつつあります。とても生きてる実感が得られます。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 捨てれば楽になれる
  • 憂さ晴らしをするかのように、また捨てました。物が決して多いとは思はないけど、次から次へ不用品がある。これまでは、収納ケースや引き出し中を断捨離してきた。今や、棚や収納ケースまで断捨離しはじめた。「意味のない物ばかりを仕舞い込んだ収納ケース、その収納ケースを納めていた棚」消えていくごとに、気持ちが楽になっていく。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 物が散乱すると、イラつく現象
  • 家の中も散らかり気味で、私の考えもまとまらず、なんだか散漫なここ数日。その状態にイライラが募る。だけれども、散らかってる上に、その現場にイラついて、更に油を注がずとも。現実を受け入れ、受容した方が傷は浅い。週末がくれば片付ければいいし、ゆっくり考えればいい。夏休みがあけて、平日運転に戻り、その生活に慣れるまでは、少し時間がかかるのかも。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 朝の貴重な30分
  • 子ども達が出かけたあと、30分ほどひとりになる時間。虫の声と静寂。とても心落ち着く。実際は身支度などもあるので、ものの5分くらいなんだろうけど。大好きなアイスコーヒーを飲みながらソファーでくつろぐ。絡まった糸がほどけていくように、思考が整理されて。後ろ向きな考えが、前向きにスイッチされていくのがわかる。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ゆったり流れる時間を過ごす
  • 世の中から比べると、金銭的に裕福な方ではない。金銭に余裕がない分、時間で補ってる。時間だけは、のんびりゆったり、たくさんの物や時間でしばられない生活を心がけている。朝はアラームをかけず、目が開いたら起きる。もちろんそのために、夜も早めに就寝する。仕事で拘束される時間以外は、私を優先して、家事なども時短で簡単にも済ます。子ども達が寝ている早朝に、私時間を作り、考え事やボーッとして過ごす時間を持つ。時 [続きを読む]