purutabu さん プロフィール

  •  
purutabuさん: purutabu Making Log
ハンドル名purutabu さん
ブログタイトルpurutabu Making Log
ブログURLhttps://www.puru-webbase.com/pml
サイト紹介文purutabuの模型製作工程を公開しています。ガンプラ(主にSDガンダム)の改造がメインです。
自由文大体一日ごとの進捗を順次公開しています。ガンプラのほか、その他のメカモノ、フィギュアのスクラッチ等もたまにやります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/06/05 00:40

purutabu さんのブログ記事

  • 2018年7月26日〜30日
  •  今回、ザクIII改の最終回になります。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗スミ入れ 塗料が乾いたパーツにタミヤのスミ入れ塗料の黒を流していきます。溝が浅い箇所は細いミリペンを使って処理します。デカール貼り 各所のコーションとマーキングを貼ります。濃い緑とグレーの箇所は白の物を、明るい緑の箇所には黒の物を使用しました。独自マーキング 今回、このザクIII改はマシュマー・セロ機として作っていて、デカ [続きを読む]
  • 2018年7月24・25日
  •  今回でようやく塗装が終了です。 今回の改修ではポリパテを使っての作業が多く、いつもより表面処理に時間がかかってしまいました。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗モノアイ塗装 裏面をガイアノーツのスターブライトシルバーで、表をクリアーレッドで塗装して完成です。ラピーテープを使わなかったのは厚みを抑えるためです。グリーン塗装ラスト 前者を24日、後者を25日に塗装しました。これで緑も終了です。今回 [続きを読む]
  • 2018年7月22・23日
  •  今回もパーツの塗装です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗サフ二回目 キズや凹みが有ったものを処理して、再度サフ吹きです。今回はポリパテを使う機会が多かったので、まだまだサフ吹きは終わりません。タンク基部シルバー 基部をシルバーにしたいので先に塗ります。この後、マスキングをしてグレーを塗ります。黒鉄色3回目 キズが消えたパーツに黒鉄色を塗装します。この塗料、クリアーが入っていて塗りやすいん [続きを読む]
  • 2018年7月15日〜20日
  •  久しぶりの更新です。やはり作業が塗装に入ると更新までに時間が掛かってしまいますね。 今回はサフ吹きに画像は無く、いきなりパテ盛りと塗装です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗 表面確認 サフを吹いたパーツを1日放置後、浅い傷があれば磨き、深い傷や穴があればタミヤラッカーパテを盛り付けます。カラー参考 今回の色設計です。配色の変更点は円筒形スラスターの金属化ですね。あとは色味の調整。「わかり [続きを読む]
  • 2018年7月12・13日
  •  今回はディテール入れを行っていきます。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗右肩シールド位置調整 シールドの位置が若干高く、肩から離れているのが気になったので、接続軸を斜めにして取り付け位置を下にずらすことにしました。 前後比較です。2mmほどずれたでしょうか。これでスカスカ感が無くなりました。なおこの加工を行っても可動に影響はありません。ディテール追加参考画像 今回も事前に資料を作成したんです [続きを読む]
  • 2018年7月9日〜11日
  •  今回でようやく基本工作終了です。 内容はバックパック、ライフル、その他色々です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗キット手首改造 前回MSハンドを使用すると言いましたが、あのセットにはサーベル持ち手が無くサーベル持ちにもザクIII系特有のスカート砲保持にも困窮するので、キット付属の手首も使用する事にします。 ただそのままではMSハンドと違いすぎて浮くので、手首、甲の両方とも形状をMSハンドと同じに [続きを読む]
  • 2018年7月6日〜8日
  •  今日はスパイクアーマーと手首です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗手首共通加工 今回はMSハンド・ジオン1/144を使うんですが、キットの手首と比べてボリュームが少なく、ボールジョイントも対応したものが無いので手を加えていきます。 まず形状の変化を一つ、親指の付け根が抜きの関係で斜めになっているので修正しました。ボールジョイントは軸を1mmほど残して球を切除、プラパイプを被せて若干太くしてから直 [続きを読む]
  • 2018年7月3日〜5日
  •  今回は肩アーマーとバックパック、武装類ですが、接着の関係ですべて並行処理しており、完成しきっていないです。 次回、肩アーマーの終了と手首の作業になりそうです。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗シールドアーマージョイント隠し シールドアーマーの内側、ポリキャップと軸が見えているのでプラパイプとランナーでカバーパーツを製作しました。シールドアーマージョイント位置移動 シールドの回転軸を腕に近 [続きを読む]
  • 2018年7月2日
  •  今回は肩アーマーを抜いた腕部です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗腕部完成 側面形状が若干変化しました。上腕下部外側にプラ板を貼ってパーツを延長、ZZアニメ設定画の形状を再現しつつヒジ部分の間を埋めました。 前腕は下部袖口を1mmプラ板で延長、手首が付くブロックは0.5mm板で延長し外方向に削って角度を変更します。袖口と手首ブロックの間には溝を彫り、装甲の中に動くブロックがある状態を再現していま [続きを読む]
  • 2018年6月30日
  •  今回は前回載せなかった頭部です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗顔 形状を少し弄り足りていない部分を足していきました。まずモノアイスリットを0.3mm狭くして、目つきを鋭くしてから鉢部分の段差をポリパテで修正。アンテナを薄く仕上げモノアイスリットのピラーを修正しました。微妙にアンテナが曲がってますが、この後修正しています。アンテナ基部のセンサーも彫刻刀で彫り込みました。 モノアイに使ったクリ [続きを読む]
  • 2018年6月27日〜29日
  •  今回は胴体と頭部の導入です。 ほんとは頭部もほぼ完成しているんですが、キリが悪いので次回に回します。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗腹部 ポリパテを使い下部に肉付けをしてボリューム感を足しました。流れの唐突さが薄れたと思います。胸部ダクト 形状が悪く、抜きの関係でディテールも再現できていないので、プラ材を貼り付けてディテールを再現し前方を削り込んで若干形を変えました。胸部 全体的に変更 [続きを読む]
  • 2018年6月25・26日
  •  今回でようやくスカートが完成です。これでこのキットの難物はほぼ終わりました。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗スカートスラスター分離 リアスカート下部のスラスターを裏板から切り離して接着、色分けに備えました。この後裏板の表に出る部分も結局切り離して表板に接着しています。サイドスカート輪郭調整 ふっくらした膨らみがぶつけた後の腫れみたいなので、ヤスって流れをシャープにしました。これで見た目 [続きを読む]
  • 2018年6月22日〜24日
  •  前回までで脚部の作業も終わり、胴体の作業に入っていきます。 今回は腰部スカートのアウトライン出しです。内容は少ないです。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗フロントスカート取り付け角変更 ここも前回言ったように造形が“下手くそ”なので、基部を切り離して設定のように角度を付けて再接着します。 見た目が若干長くなって装甲感が増し、上部が引っ込んで下部が前に出て位置が正しくなりました。サイド修正 [続きを読む]
  • 2018年6月19日〜21日
  •  今回は靴部分のみの更新です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗靴完成 比べないと分からない変更ですが、実際はかなり変わりました。まずソールパーツ側面フチが妙なうねり方をしている(これはシリーズ初期によくある開発画稿からの出力がヘタだったパターン。たしかに開発用カトキ画稿ではここにゆるい曲線がある)ので、それを思い切って切除、ZZ当時の設定画稿のようなシンプルな形状に戻しました。この作業で空い [続きを読む]
  • 2018年6月15日〜18日
  •  今回は太もも、下腿部がメインです。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗腕部延長 前回の調整後、腕が若干寸詰まりな気がしたので延長しました。と言ってもプラ板を貼って延長するのは結構大変なので、上腕とヒジパーツの接合部に1mmのプラ板を挟む方法でお手軽に延長しました。ヒジパーツが元々結構奥まで入っているのでこの方法でも端が見えることはないです。この工作は後々上腕下端の形状を修正するための布石でもあ [続きを読む]
  • 2018年6月14日
  •  今回はプロポーションを弄っていきました。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗ヒザ関節位置調整 このキットはなぜか太ももから足首までが一直線に繋がっておらず、すべてを外に外に持っていこうとしているので修正していきます。 まず、ヒザ関節が収まる部分の修正です。このパーツはスネ側とフクラハギ側で中心が違うので、完全な修正はせずどちらから見てもバランスが取れる範囲で修正しました。作業的には開口部を [続きを読む]
  • 2018年6月13日
  •  久しぶりの更新です。更新が無かった間にこのサイトのギャラリー部門「PMG」及びエントランスがクラッシュし、閲覧不可能になりました。 画像は手元にあるんですが記事をバックアップしていなかったので完全復帰はできなさそうです。 それはそれとして、今回から新作「ザクIII改」を製作していきます。今回はとりあえず仮組み状態の撮影のみです。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗三面写真 見づらい写真で申し訳な [続きを読む]
  • 2018年5月28日〜31日
  •  今回は「メタルビートル」の仕上げ編です。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗カメラ塗装 カメラの収まった機械部分は反射を考えてシルバーで塗装後、液晶グラスの厚みを抑えたいので目の色であるクリアーグリーンを直接塗装しました。これに気付かずどう厚くならないようにグリーン層を作るかで結構悩みました。こんな簡単な方法で良かったんですね(汗)。目/カメラ部分はグリーンを塗る前にクリアーブルーを塗ってい [続きを読む]
  • 2018年5月21日〜27日
  •  一週間ぶりの更新です。色々記事の内容で悩んで遅れました。 お楽しみの進捗ですが、静止画だと意味が無いので後ほど動画を公開しようと思います。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗ヒジと上腕とお楽しみ ここで一部公開、お楽しみとは電飾のことでした。その関係でヒジと上腕はこのようになりました。配線は前腕内部の回路に繋がっています。左腕のサブマシンガンは二つの銃身を交互に発光させたかったので、回路図 [続きを読む]
  • 2018年5月18日〜20日
  •  今回は腕です。これでパーツは揃ったので、次回からは今作品のお楽しみポイントです。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗マシンガンバレル 全体的に大きいこのキットですが、ノズルも大きめなので短くします。左腕のサブマシンガンは弾幕系ということで、ちょっと寸詰まりな感じにします。前腕 こちらも4mmほど間を詰めて短くします。他で調整するので、腕全体の長さ自体はキットとさほど変わりません。上腕 上腕付 [続きを読む]
  • 2018年5月15日〜17日
  •  今回は頭部です。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗作業前後比較 細かく分ける内容が少なかったので、比較画像で説明していきます。 変更点は主にヘルメットの大きさ・輪郭・形状の変更で、他の部分も同様に弄っています。すべて漫画版/初期型を再現するための作業です。まだちょっとツノが前に出すぎかな……? ほぼすべてキットのパーツの改編で成っていますが、ツノの白いパイプ部分のみ細くした上でRを加えたか [続きを読む]
  • 2018年5月11日〜14日
  •  少し振りの更新です。 今回は脚部の作業になります。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗下腿部 全体的に小型化して丸みを足しました。小型化は左右で2mm、上下を下端部分を1mm切り取って詰めています。裾も広がりを抑えたかったので切込みを入れて0.5mmクサビ状に削ってから再接着して対処しました。 横から見た時のカタチは固くて面白くないので漫画のイメージや玩具と言うことを考えて関節に向けて丸みを付けまし [続きを読む]
  • 2018年5月10日
  •  今回は背中ハッチの仕上げと腰部外装の完成です。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗背中ハッチ 開き方と開閉用ディテールの形状が違うので修正しました。下開きを上開きにできるよう、漫画で確認できるヒンジを1mmプラ棒で製作、それが嵌るように凹みを掘り込んでいます。それに伴い、下部の可動用マージンはパテで埋め、その上にプラパイプで作ったディテールを貼り付けています。さらにハッチ自体を薄くして実機感 [続きを読む]
  • 2018年5月8・9日
  •  今回から新作の製作です。 今回は「メダロット」シリーズより「メタルビートル」を製作していきます。 メタビーじゃないのがポイントで、『初期型(アガタヒカルが持っていたヤツ)』をモチーフに造っていこうと思います。 それではどうぞ↓。・メタルビートルの進捗三面図 コトブキヤのキットをそのまま組み立てた状態です。このキットは最新のデザイン(とアニメ版)を参考に設計されており、初期型やボンボン読者の持つイメー [続きを読む]
  • 2018年4月24日〜28日
  •  忙しくて更新ができていませんでしたが、ようやくステイメンが終了です。 (完成写真の公開は今しばらくお待ちください……) それではどうぞ↓。・MGステイメンプロトスペックの進捗つや消しコートフォールディング・バズーカのみ、調整中資材という設定でつや消しにしました。使用したのはガイアノーツのEX-フラットクリアーです。ついでにサーベル刃もつや消しにして表面の傷を消して粒子感を出しています。センサー塗装セン [続きを読む]