purutabu さん プロフィール

  •  
purutabuさん: purutabu Making Log
ハンドル名purutabu さん
ブログタイトルpurutabu Making Log
ブログURLhttps://www.puru-webbase.com/pml
サイト紹介文purutabuの模型製作工程を公開しています。ガンプラ(主にSDガンダム)の改造がメインです。
自由文大体一日ごとの進捗を順次公開しています。ガンプラのほか、その他のメカモノ、フィギュアのスクラッチ等もたまにやります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/06/05 00:40

purutabu さんのブログ記事

  • 2018年12月12・13日
  •  今回はディテール追加/変更作業です。大掛かりな工作は今回で終了となります。 それではどうぞ↓。・HGゲラート専用ザクの進捗胸部中央ブロック加工 胸部サイドの可動の関係上中央ブロックが引っ込んでいて、サイドブロックにディテールを貼った際ギャップが発生してしまうので、0.5mmプラ板を貼って前に出しました。さらに、不足している胴体の前後厚を補ってボリュームを出しています。曲面に馴染ませるため、短冊状のプラ板 [続きを読む]
  • 2018年12月10・11日
  •  今回から、オリジン版旧ザクを使用して『ゲラート・シュマイザー専用ザク』を製作していきます。 オリジンザク類を作るのは都合3体目になるので、少しは有利に事を運べると思います(?)。 それではどうぞ↓。・HGゲラート専用ザクの進捗三面図 このキットはザクIIのいわゆるリデコキットとなるわけですが、パイプが無くなった事でザクIIでは「見れる」体型バランスがちょっと崩れしまっているので、そこをまず直してからゲラー [続きを読む]
  • 2018年12月3日〜7日
  •  今回で1/72キングライガーが一旦終了です。いけるかと思っていましたが、やはりデザインにかかる時間が膨大で作り切れませんでした。 内容は頭部の完成と台座(額)の入りまでです。 それではどうぞ↓。・1/72キングライガーの進捗上の歯の固定穴用治具 左右で大体同じ位置に穴を開けられるようにプラ板で治具を作成しました。今回のように一段奥まった所だと、ノギスを使って印を付けるのも大変なのでこの方法が正解だと思いま [続きを読む]
  • 2018年11月26日〜12月2日
  •  またまた久しぶりの更新です。フルスクラッチだと内容が「頑張って作った」だけになるので作業量に比べて書くことが無いのがつらいですね。 今回はようやく頭部(ほぼ)完成です。この調子でいくと首までで完成になるかもしれない……(汗)。 それではどうぞ↓。・1/72キングライガーの進捗現状 今回は間が空いたのでブツを見せてから解説していくスタイルでいきます。現在下の歯と上の奥歯以外ができていて、たぶん明日には歯が揃 [続きを読む]
  • 2018年11月25日
  •  久しぶりの更新です。色々やっていたんですが、ログに残せるような事がなくて……。その代わり、そういうことを載せるためにツイッターを使用し始めました。よければサイドバーからどうぞ。 さて、今回からの新作はゾイド、それも古い古〜い、初期ゾイド後期の機体『キングライガー』をフルスクラッチで作ります。時間が無いので首から先までのハンティングトロフィー的な物になりますが、そこそこ面白い物になると思います。  [続きを読む]
  • 2018年11月8・9日
  •  更新が予想外に遅くなりました。やはり5日でクルマはきつかった……。 今回でZ33編終了です。中々画像が多いので、じっくりご覧ください。 それではどうぞ↓。・1/24Z33Verニスモ07の進捗メタルグレー エアロの下部はメタリックグレーなので、暗くて粒子の細かいガイアノーツのフレームメタリックを使用しました。かなり金属感が強くて素敵なんですが、ちょっと強すぎて生っぽいです。ロボットに使うなら、関節等よりスラス [続きを読む]
  • 2018年11月7日
  •  今回から短期でアオシマの「1/24 ニッサン Z33 フェアレディZ バージョンニスモ’07」を製作していきます。 初のカーモデル、その上期限も短いという事で結構キリキリですが、何とかやっていこうと思います。 それではどうぞ↓。・1/24Z33Verニスモ07の進捗地金色 いきなり塗装ですが、ディスプレイ用カーモデルの性質上見えないところは整形しないのでご了承ください。ちなみに今回は手を加える部分が少ないのでサフレスでい [続きを読む]
  • 2018年11月1日〜4日
  •  プロトタイプガンダム終了編です。最後に次回作品について告知があります。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗デカールワーク 今回はごく一部を除いてガンダムデカールで仕上げました。ガンダムデカールはニスが強くて台紙離れも良くて大好きです。デザインが合えばこれだけで済ませたいくらい。コーティング いつものつや消しではなく、ミリタリーっぽさを強調するために半光沢でコーティングしました。使 [続きを読む]
  • 2018年10月30・31日
  •  今回で塗装終了です。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗リテイク(4) 最後のサフ吹きです。時短のために濃いグレーの「GSIクレオス・Mr.サーフェイサー1000」を使用しています。塗装三回目 リテイクに周っていたパーツやら色が薄かったパーツやら違う色のパーツと一緒になっていたため塗られていなかったパーツやらを塗装しました。塗り洩らし塗装 毎回なんかかんかある塗り洩らしパーツです。塗装が一段落 [続きを読む]
  • 2018年10月28・29日
  •  一日空いて更新です。今回も塗装です。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗武装類グレー 武装類にはガンダムカラー・ティターンズブルー1を使用します。本体とのバランスを考えて通常この手のパーツに使用されるグレーより濃い目の物をチョイスしました。リテイク(2)+α パテを使用して処理したパーツと前回表面処理が間に合っていなかったパーツ達のサフ吹きです。グレーパーツは今回も手間を考えて白サフ [続きを読む]
  • 2018年10月23日〜26日
  •  少し振りの更新です。今回はサフと一部の塗装です。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗カラー参考図 今回のカラー設計です。まぁモニターによって色は変わると思いますが。 今回はスッキリした色合いをテーマに設計しています。白と黒のコントラストを活かしつつ地味、野暮にならないように調整しました。関節は今回も金属色で行きますが、いままでちょっと納得いっていなかった部分があるので、その辺をブ [続きを読む]
  • 2018年10月21・22日
  •  今回は手首と一部の武装、その他です。画像は少なめですが、内容はそこそこあります。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗手首整形  この頃のキットに付属しているKPS製手首は次元ビルドナックルから続くデザインで甲の部分が厚く、手の平に板が乗っているような形状をしているので、指が板にめり込んで見えるように改修し素手っぽさを出しました。(手にエネルギー噴出パーツを付けた設定のビルドバーニング [続きを読む]
  • 2018年10月18・19日
  •  今回は頭部、武器類です。今回で本体の加工はすべて終了します。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗頭部後ハメ加工 各箇所を加工して接着後も後ハメができるようにしました。各々「1.クリアーパーツと赤パーツの出っ張り切除」「2.上部ダボ基部の穴を貫通、ダボを切除し上部を切開」「3.頬内側のリブの切除」「4.ダボを斜めに切断」「5.赤パーツの邪魔をする箇所の切除」「6.穴に先端を斜めにした2mmアルミ線を植える」 [続きを読む]
  • 2018年10月17日
  •  今回は脚部の仕上げです。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗装甲厚表現 いつもやるヤツです。簡単にスケール感を表現できるのでオススメ。太もも修正 太もも横のスジ彫りが、成型の都合で段差での表現になっているので、ポリパテで均してツライチにしました。ヒザダクト周り修正 ダクトのフチが二重になっているのがよく分からないので単純化、スジ彫りをしました。色分けに備えてヒザとスネの間にもスジ [続きを読む]
  • 2018年10月10日〜16日
  •  遅くなりました、一週間ぶりの更新です。腕を揃えたり追加工作をしたりもったいない病が発動してしまったりで時間が掛かってしまいました。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗前腕帯復帰 厚さ0.2mmのプラペーパーを使用して中央の帯を復帰させました。さらに、造型にメリハリを付けるためにカフス部分中央にもペーパーを貼ってちょっとした起伏を作っています。ビームサーベル加工 プロトタイプガンダムの [続きを読む]
  • 2018年10月7日〜9日
  •  腕が一段落し、更新です。今回で本体のコンバートは終了です。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗腕後ハメ加工 塗装後に組めるように加工しました。フレームを手首の入る部分より少し後でカット、フレーム中央にある固定と装備用ラッチを兼ねているパイプの外側を根元でカットし外装に接着、内側は半分までカットし一部を切り欠いて(色の付いている所)後から入れられるようにし、最後にフレームが暴れないよ [続きを読む]
  • 2018年10月3日〜5日
  •  難航していた肩が完成したので更新です。内容薄めですがご了承ください。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプカンダムの進捗肩アーマー 形状とサイズを変更するために自作しました。パテは隙間埋めにラッカーパテを使用したのみで、100%プラ材製です。当初はキットの物を改造していたんですが、不都合が多く手間もかかるので割り切って自作しました。こっちの方がディテールを調整しなくていいというメリットもあります。  [続きを読む]
  • 2018年10月1・2日
  •  今回は腰周り、胴体がメインです。肩も開始しているんですが、なかなか苦戦中です……。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗アンクルアーマー プロトタイプガンダムで一番特徴的(だと思ってる)な凹みのあるアンクルアーマーです。ここだけプレーンだと浮くので、正面にある分割ディテールを残したまま製作しました。作り方はディテールの入ったプラ板を貼る「貼りこみ型」で、貼りこむプラ板分パーツを削りこん [続きを読む]
  • 2018年9月30日
  •  2ヶ月のご無沙汰でした。今回から新作「プロトタイプガンダム(リバイブVer)」の製作に入ります。 それではどうぞ↓。・HGUCプロトタイプガンダムの進捗三面図 とりあえず仮組みの三面図です。今回はプロポーションやちょっと気になる顔は弄りませんが、他で唯一引っかかる肩付近を弄る予定です。な〜んか肩パッドの入ったバブリーな服に見えるんですよねぇ……。改修箇所走り書き この画像はキットとプロトタイプの違いを描き出 [続きを読む]
  • 2018年7月26日〜30日
  •  今回、ザクIII改の最終回になります。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗スミ入れ 塗料が乾いたパーツにタミヤのスミ入れ塗料の黒を流していきます。溝が浅い箇所は細いミリペンを使って処理します。デカール貼り 各所のコーションとマーキングを貼ります。濃い緑とグレーの箇所は白の物を、明るい緑の箇所には黒の物を使用しました。独自マーキング 今回、このザクIII改はマシュマー・セロ機として作っていて、デカ [続きを読む]
  • 2018年7月24・25日
  •  今回でようやく塗装が終了です。 今回の改修ではポリパテを使っての作業が多く、いつもより表面処理に時間がかかってしまいました。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗モノアイ塗装 裏面をガイアノーツのスターブライトシルバーで、表をクリアーレッドで塗装して完成です。ラピーテープを使わなかったのは厚みを抑えるためです。グリーン塗装ラスト 前者を24日、後者を25日に塗装しました。これで緑も終了です。今回 [続きを読む]
  • 2018年7月22・23日
  •  今回もパーツの塗装です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗サフ二回目 キズや凹みが有ったものを処理して、再度サフ吹きです。今回はポリパテを使う機会が多かったので、まだまだサフ吹きは終わりません。タンク基部シルバー 基部をシルバーにしたいので先に塗ります。この後、マスキングをしてグレーを塗ります。黒鉄色3回目 キズが消えたパーツに黒鉄色を塗装します。この塗料、クリアーが入っていて塗りやすいん [続きを読む]
  • 2018年7月15日〜20日
  •  久しぶりの更新です。やはり作業が塗装に入ると更新までに時間が掛かってしまいますね。 今回はサフ吹きに画像は無く、いきなりパテ盛りと塗装です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗 表面確認 サフを吹いたパーツを1日放置後、浅い傷があれば磨き、深い傷や穴があればタミヤラッカーパテを盛り付けます。カラー参考 今回の色設計です。配色の変更点は円筒形スラスターの金属化ですね。あとは色味の調整。「わかり [続きを読む]
  • 2018年7月12・13日
  •  今回はディテール入れを行っていきます。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗右肩シールド位置調整 シールドの位置が若干高く、肩から離れているのが気になったので、接続軸を斜めにして取り付け位置を下にずらすことにしました。 前後比較です。2mmほどずれたでしょうか。これでスカスカ感が無くなりました。なおこの加工を行っても可動に影響はありません。ディテール追加参考画像 今回も事前に資料を作成したんです [続きを読む]
  • 2018年7月9日〜11日
  •  今回でようやく基本工作終了です。 内容はバックパック、ライフル、その他色々です。 それではどうぞ↓。・HGUCザクIII改の進捗キット手首改造 前回MSハンドを使用すると言いましたが、あのセットにはサーベル持ち手が無くサーベル持ちにもザクIII系特有のスカート砲保持にも困窮するので、キット付属の手首も使用する事にします。 ただそのままではMSハンドと違いすぎて浮くので、手首、甲の両方とも形状をMSハンドと同じに [続きを読む]