purutabu さん プロフィール

  •  
purutabuさん: purutabu Making Log
ハンドル名purutabu さん
ブログタイトルpurutabu Making Log
ブログURLhttps://www.puru-webbase.com/pml
サイト紹介文purutabuの模型製作工程を公開しています。ガンプラ(主にSDガンダム)の改造がメインです。
自由文大体一日ごとの進捗を順次公開しています。ガンプラのほか、その他のメカモノ、フィギュアのスクラッチ等もたまにやります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 136日(平均2.8回/週) - 参加 2017/06/05 00:40

purutabu さんのブログ記事

  • 2017年10月16・17日
  •  ドム試作実験機最終回です。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗メタリック筆塗りツヤを出すために塗っていなかった金属色の塗布とそれに対するスミ入れをしました。完成直後完成しました。手首はこの後の撮影の段取りのために取り付けていません。完成写真はこちらからどうぞ(別窓が開きます)。  今日は以上です。 日本ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ下記リンクを お願いします。にほんブ [続きを読む]
  • 2017年10月13日〜15日
  •  今回はシール貼りとコーティングを施しました。 次回足裏スラスターの筆塗りと組み立てで終了です。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗シール説明書を参考にシールを貼りました。一部改造で合わなくなった部分はカットして長さを詰めて使っています。簡単にカットできる余白は切り取ってなるべく目立たなくなるようにしています。コート今回もクリアーで塗膜保護層を形成してからつや消しを吹きました。ヒート刃コー [続きを読む]
  • 2017年10月12日
  •  今回は細かい箇所/パーツの塗装になります。 一部筆塗りは特筆することが無いので割愛しています。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗マスキング対応分他所とくっついてるメカ部分を塗装しました。スラスターのマスキングはメタリック保護のためにつや消しを吹くまで取らないでおきます。クリアーパーツモノアイとビーム・バズーカの光学センサーはクリアーピンク、胸部に追加したフラッシャーはクリアーイエロー、 [続きを読む]
  • 2017年10月11日
  •  塗装二回目になります。 今回の塗装で一部マスキング箇所以外は終了しました。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗ウォームグレー赤っぽいウォームグレーです。単体で見ると濃い色ですが、全体で調和が取れる想定です。ダークグレー本体の濃い部分ですが、明度と彩度をかなり上げています。胸部の色と差が出るよう気をつけて調色しました。ブラックビーム・バズーカのみ、本体と別ユニット感を出すために本体と色を変 [続きを読む]
  • 2017年10月10日
  •  今日から塗装作業に入ります。 今回は表面処理が楽だったのですぐ塗装に入れました。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗レッドなんともいえない安っぽい赤を塗っています。安っぽい(ある意味リアルな)だけに、市販品ではなかなか無いんですが、ガイアノーツのダグラムカラーのレッドが良かったのでそれを中心に調色しています。ホワイト以前作った物をさらに濃くしたウォームグレーです。グリーングレーメカ色はパイ [続きを読む]
  • 2017年10月8日
  •  今日はサーフェイサーを吹いたのみです。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗サフ吹きいつも通りサーフェイサーEVOを吹いています。今回は洗浄作業が甘く各所にゴミが付いたままサフを吹くことになってしまいました。どうせ磨くので手間的には変わらないのですが、なんだか負けた気分です。  今日は以上です。 日本ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ下記リンクを お願いします。にほんブログ [続きを読む]
  • 2017年10月5日
  •  今回で整形作業がすべて完了しました。次回更新は明々後日以降になります。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗銃持ち手省略された関節部分を作り込み、接続軸の向きを切り離して変更しました。添え手整形のために四指を切り離し、整形後角度を微調整して接着しました。また親指も手のひらから遠い方の関節部分で切り離して角度を調整、なだらかに繋げるために下半分の方に瞬間接着剤を盛って整形しています。ビーム・ [続きを読む]
  • 2017年10月4日
  •  今日は腕の作業を完了しバックパックとヒート・サーベルを製作しました。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗バックパックスジ彫りを足して各部ディティールをハッキリさせました。サーベルホルダー合わせ目で1mm切り取って厚みを減らし、スジ彫りの追加やエッジワークで各パーツに意味を持たせました。サーベル刀身発振状態と停止状態を切り替えるためにランナーを使って刀身をもう一つ作りました。サーベルグリップ [続きを読む]
  • 2017年10月3日
  •  もう一対の脚部の作業が終わり、今回は腕部になります。 それではどうぞ↓。・hgドム試作実験機の進捗・上腕パーツの分割スジ彫りを入れ、奥側の下部に1mmプラ板を貼って延長し設定画に近づけました。・肩アーマー表面を整え各丸モールドを作りこみました。・ヒジ関節の後ハメ加工この位置で切断すると後ハメが可能になり接着も不要、可動軸も増えて一石三鳥です(まぁ可動は邪魔になるかもしれませんが)。切断はニッパーで十分 [続きを読む]
  • 2017年10月1日
  •  脚部パーツの加工がひと段落しました。次回更新は明後日以降になると思います。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗脚部フレア装甲中央の合わせ目を消し、スラスター部分バルジのスジ彫りも埋めました。その代わりスネ側装甲との合わせ目に対応するようにバルジの境にスジ彫りを入れました。ソールディティール前方の突出している部分に嵌る部分を切り取って靴装甲側に接着しました。はめ込み加工上部側装甲が深く入る [続きを読む]
  • 2017年9月29日
  •  今回から脚部の更新になります、と言いつつスカート二つ目に時間をとられてあんまり進んでません。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗ヒザ装甲横から見た際の形状を設定画を参考に調整、正面のディティールはヴァッフと合わせるために変更しました。ヒザ関節組んだ際に見えなくなる部分を切り欠いて後ハメができるようにしました。関節の渋みはポリ素材の袋を挟むことで稼ぎます。スネ装甲設定画を再現するために、ま [続きを読む]
  • 2017年9月28日
  •  今日は懸案だった腰とスカートになります。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機腰部大きな加工は二つで、まず股間中央ブロックとそれに繋がる妙に突き出ている腹部パーツを本体から切り離して1mm奥に移動しました。その際中央ブロック下部にスキマができたので0.3mmプラ板を貼って対応しました。もう一つの加工はフロントスカート基部の移設で、可動用の軸を切り飛ばして腰部の黒いパーツに接着しました。不要になった軸穴は [続きを読む]
  • 2017年9月26・27日
  •  出来高が少なかったので2日分まとめて更新です。 更新予定だったスカートは開始した腰部分も含めてキリが悪いので次回更新します。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗首の付け根/首設置位置を後ろに下げるために後部隔壁を切除しました。このままだと前後にスライドしてしまうのでプラパイプを接着して動かないようにしました。元画像がなくて申し訳ないんですが下側のボールジョイントを切り離して首部分を切除して [続きを読む]
  • 2017年9月25日
  •  今日は昨日の加工を反対側に施したのと足首の加工、スカートの加工です。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗足首上下に切り離して斜面分(約1.5mm)幅を詰めました。これで靴とすねの隙間を減らします。サイドスカート前面がフロントスカート基部と面イチなのが気に入らないので切れ目を入れて力技で広げました。これで広がり方が設定画に近づきます。今日の成果次回更新しますが、フロントスカートは設定画に合わせて [続きを読む]
  • 2017年9月24日
  •  今日から新作「HGドム試作実験機」の製作に取り掛かります。 今日は本体の仮組みとプロポーションの調整です。 それではどうぞ↓。・HGドム試作実験機の進捗三面図とりあえず三面図です。これらに加工箇所を書き込んだ物を手元に置いて作業していきます。プロポーションバランスの調整にはこれを使わず目視を重視して設定画と見比べて調整していきます。胸部画像中央側が加工済みの状態です。背面中央ブロックを斜め下方向に削 [続きを読む]
  • 2017年9月7日〜14日
  •  更新が滞りましたが、完成しました。 今回は後詰め回です。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗トップコート今回は塗膜の耐久度を上げるために二重コートをしました。まず色塗膜の保護のためにクリアーでコート、その後につや消しを吹いてつやをコントロールしました。クリアーの上につや消しを吹くことで足付きが良くなり、つや消し自体も剥がれにくくなります。この後、スラスター部分にメタルカラーを塗 [続きを読む]
  • 2017年9月6日
  •  基本塗装が終わったので更新です。 細部の筆塗りとスミ入れも終わっていますが、取り立てて書くようなこともないので今回は省きます。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗ホワイトホワイトといいつつ実際の色味はウォームグレーを調合しています。濁りが強めなのでサフに直吹きで塗りました。オリーブドラブ薄めのオリーブドラブです。バズーカに塗るならこれだろう、ということでチョイスしました。巨大兵 [続きを読む]
  • 2017年8月25〜28日
  •  塗装前夜(比喩)のため内容が薄いです。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗ヒート・ダート全部整形しました。何気に一番時間がかかったパーツでした。ここに無い起動状態の刃は軟質クリアー素材だったので、プラ板は使わずにゼリー状接着剤をパテ代わりにして尖らせました。その際停止状態ではそのまま研いでいた側面にも接着剤を盛って一回り大きくなるようにしています。これが大掛かりな改修をせずにでき [続きを読む]
  • 2017年8月22・23・24日
  •  諸事情で作業があまり進んでいません。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗靴側面の円柱が付いて完成。ウェーブのテーパー棒(2mm〜4mm)を使いました。ヒート・ダート左が作業前、中央が途中、右が完成です。先にプラ板を貼ってから研いでいきます。接着は強度を出すためにV字に切り欠いて行っています。こちらは装甲に付ける物ですが、柄を保持している円柱部分にディティールを入れています(見えませんが) [続きを読む]
  • 2017年8月17・18日
  •  脚部のディティール入れが完了しました。 残るは靴側面の円筒パーツと武装の整形のみです。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗バックパック先日胴体と一緒にやった分の更新忘れです。形状的な変更は下部のフラットな部分に少しディティールを入れたぐらいで、他はパーツ分割線を入れたり上部のルーバーをシャキッとさせたぐらいです。脚部上が作業前、下が作業後です。ディティールの追加とスジ彫り以外の [続きを読む]
  • 2017年8月15・16日
  •  今日はイフリート・シュナイド胴体全般です。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗胴体キズ/穴埋め用の溶きパテを磨いて完成しました。ディティール自体は以前の更新分と変更ありません(が、この後わき部分装甲継ぎ目付近に穿孔ディティールを入れました)。サイドスカート左が作業前、右が作業後です(以下同様)。大きな変更としては各装甲の端にディティールを入れて欠けているエッジをプラ材で作りました。 [続きを読む]
  • 2017年8月14日
  •  今回はようやく『SDヤクトドーガ』の最終回です。 それではどうぞ↓。・SDヤクト・ドーガの進捗シール自作したアイペイントのシールです。採寸して作成しましたが、サイズが微妙に合わなかった時のことを考えて105%のサイズと95%の物も印刷しました(結局使用したのは100%の物でしたが)。切れてないのでナイフで切り出して使用します。撮影のようす自作撮影ブース(ヨドバシの箱+黒い画用紙)です。気が向いたり劇的に環境が改善さ [続きを読む]
  • 2017年8月10・11日
  •  二日分まとめての更新になります。 今回から写真の仕様が若干変わります。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗手首甲の部分にディティールを入れエッジの硬い部分を丸めました。指のスジボリも無い部分があるので足しています。親指部分は強度を優先して手を加えません。ひさし(表)3つ目のエッジ、いわゆるバンダイエッジを消しました。後ろ半分は消さずに利用して、下辺と融合させました。ひさし(裏)左半 [続きを読む]
  • 2017年8月9日
  •  今日は時間が取れず内容少な目です。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗左腕装甲表にはディティールを入れて裏は空間をポリパテで埋めました。又上部の装甲にエッジが3っつあっておかしかったので修正しました(下図参照)。肩アーマー分割ディティールを外周部分に加えた以外は、パーツの境目にスジを入れた程度です。内胴体側にあったリブは意図が分からなかったので切除しました。  今日は以上です。 日 [続きを読む]
  • 2017年8月8日
  •  プロポーション改修が終了、ディティール追加作業に入りました。 肩アーマーを除いた腕部の作業が完了しています。 それではどうぞ↓。・HGUCイフリート・シュナイドの進捗胸部ダクト一度切り離してから0.5mmプラ板を挟んで接着、より飛び出るようにしました。胸部前面と外面に0.3mmプラ板を貼って装甲の被っている感を強調しました。横幅のボリュームアップの効果もあります。肩部合わせ目をディティール処理しました。下面ポ [続きを読む]