HAM さん プロフィール

  •  
HAMさん: 塗って塗って、塗りまくれ!
ハンドル名HAM さん
ブログタイトル塗って塗って、塗りまくれ!
ブログURLhttp://kaikeshi.sblo.jp/
サイト紹介文怪獣消しゴムをただひたすら塗装するだけのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 137日(平均4.4回/週) - 参加 2017/06/05 17:40

HAM さんのブログ記事

  • ザンボラー
  • アンティッQ其ノ弐のザンボラーです。ガヴァンドンBタイプの改造のジェネリック怪獣です。角と背びれの発光部分のクリスタル感は蛍光色を使う手も考えましたが、浮いてしまいそうな感じもしたので結局グラデーションの処理にとどめました。 [続きを読む]
  • カウラ
  • 怪消しじゃないですが、ちょっとソソられます。。https://m-78.jp/news/post-4568/さて今回はポピー第7期のカウラです。蟹江敬三氏が超獣にされてしまう話の回ですね。これを見ると件(くだん)の伝承を思い出します。 [続きを読む]
  • タイラント
  • ポピー第7期のタイラントです。タロウ怪獣初エントリーです。タロウ怪獣はほぼ全種類所有はしていますが、現在塗装率はまだ半分程度。合体怪獣なので、寄せ集め感が強いですがそれなりにバランスとれてて迫力あります。後ろから。全体的に金属感を強めにしています。 [続きを読む]
  • アーストロン
  • ポピー第1期の名作アーストロンです。タッコングやツインテール等、トリッキーなデザインが多い新マン怪獣ですが、これはいたって正統派な怪獣です。少タイプ。数が相当出回ってるので知らない間に増えてます。角がはっきりしてないのが少々残念。こちらは大タイプ。少タイプよりスリムな感じ。 [続きを読む]
  • ヤドカリン
  • とかくB品扱いされがちな丸越製怪獣消しゴムですが、新マン怪獣についてはかなり健闘しています。それどころか怪獣によってはポピー製を凌駕しているものあるかと思います。丸越中期のヤドカリン(小)。なかなかボリューム感あっていい出来です。脇腹に謎の手のようなものがあるのはご愛嬌。宇宙船背負ってるバージョンも欲しかった。こちらはポピー第7期のもの。膝を折り曲げている感じがよく表現されていて、今回はポピー製に軍 [続きを読む]
  • テロチルス
  • アンティッQ其ノ壱新規造形のテロチルスです。引き続き新マン怪獣強化週間でいきます。児童誌の設定によるとタロウのバードンの師匠なんだとか。発売当時に塗ったものですが、少し手を入れれば良かったかな。 [続きを読む]
  • コダイゴン/グロテス星人
  • ポピー第7期のコダイゴンです。ぱっと見「あ、大映の大魔神だ」と思った人も多いはず。よく見るといろいろ違いますが、ある意味ウルトラマンとの夢の共演ですね。錆鉄風な感じの塗装にしてみました。ご主人のグロテス星人と。 [続きを読む]
  • ユートム
  • ポピー第8期のユートムです。プロポーションも良く小さくて可愛いのですが、モールドは雑で顔のメカニカルな部分や胸の識別記号とかが潰れてしまっているのが残念です。このサイズでは無理もないので、もう少し大きいサイズで出ても良かったかも。 [続きを読む]
  • リッガー
  • アンティッQ其ノ壱新規造形のリッガーです。トカゲっぽい顔立ちですが、元は恐竜戦車の恐竜部分を改造したものだそうです。目の周りのシャドーを強めにしてやるとよりリッガーらしくなります。リッガーといえば、永遠のライバルアギラ。 [続きを読む]
  • グビラ
  • アンティッQ其ノ弐新規造形のグビラです。ポピーの第2期に初登場したのですが、こちらは残念な出来でしばらくは丸越後期のものを塗装コレクションとしていました。丸越のものはボリューム感はいいのですが、2足立ちなのはちょっとマイナスです。(寝かせれば四つん這いになるにはなりますが...)後にアンティッQで四つん這いタイプが出てこちらを決定版としました。 [続きを読む]
  • マグラ
  • ポピー第5期のマグラです。怪獣無法地帯に登場する怪獣では一番地味なやつです。TVではマグラーと表記されていますが、消しゴムの方はマグラになっています。普段塗装は濃色をベースに明色でブラッシングする場合が多いのですが、今回はグレーをベースにブラックでブラッシングしてみました。なかなか面白い効果になったと思います。レッドキングさんとチャンドラーさんが友情出演。 [続きを読む]
  • カネゴン
  • ポピー第1期のカネゴンです。今でこそネットの情報や総天然色でのリマスター版などカラーのQの画像が見られますが、元々白黒の作品で怪獣消しゴムが発売された当時には怪獣の色がわからなかった事もあり、塗装派の自分としては収集の対象外でした。それ以前の問題としてQ怪獣はレア扱いで、昭和50年代当時にはすでに高い価格で取引されていた記憶があります。現在も持っているものはアンティッQの再販物とか入手しやすいものいくつ [続きを読む]
  • 消せる消しゴム
  • 逆説的なタイトルですが、基本的に怪獣消しゴムに限らずキン消し、ガン消し、スーパーカー消しゴムなどはポリ塩化ビニール(PVC)なので、消しゴムとしては機能しないのです。ところが極稀に本当の消しゴムの素材でできてる奴がまじってたりします。このベムラーもそのひとつ。消せました!これは塗装しないで取っておきましょう。(消しゴムとして使わないですけどね) [続きを読む]
  • アクエリウス
  • アンティッQ其ノ弐の新規造形のアクエリウスです。Aの再放送は何度か見ていますが、こんなやついたっけ?と思うぐらいの自分的には印象のない超獣です。よく見ると結構派手な出で立ちでシャンソンでも唄いだしそうです。 [続きを読む]
  • 巨大ヤプール
  • ポピー第7期の巨大ヤプールです。A以降にもたびたび登場する著名な宇宙人?でてっきりこの人が最終回のラスボスと思いきや、早々と退場してしまいましたね。(幽霊みたいな感じでチョロっと出てはいますが)今見るとガンダムちっくな顔つきですね。7期の宇宙人はヒョロヒョロタイプが多いのが特徴ですが、これはがっちりした体躯でいい造作です。 [続きを読む]