あかぞなえ さん プロフィール

  •  
あかぞなえさん: 全般性不安障害・コワレル仕組み欠片のアツメカタ
ハンドル名あかぞなえ さん
ブログタイトル全般性不安障害・コワレル仕組み欠片のアツメカタ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kakugo201805/
サイト紹介文女性課長からのモラハラで、不安障害、鬱発症、13年。 なかったことにはしない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 107日(平均7.6回/週) - 参加 2017/06/05 22:19

あかぞなえ さんのブログ記事

  • ?社名連呼のCM?
  • 最近、頻繁にH社のCMを目にすることが多くなった。このところ、目にすることが無かったので、内心ホッとしていた。企業のシンボルマーク、社名を見ると今でも過去のSや管理職、同僚たちの言動がフラッシュバックのように起こって、心が重くなる。同時に、この先の未来に対して、不安が覆い被さってくる。社名が連呼されるCMソング。明るい曲調。流さないでほしい。気持ちが重くなり、動悸が早くなり、呼吸が苦しくなる。あまりに辛 [続きを読む]
  • ?補助金?
  • 補助金詐欺。ニュースで、その内容を目にする度に呆れてしまう。以前、高年齢雇用の採用予定者を、ハローワークに行かせて、職安からの採用者にしていることを、当時の採用担当者から聞いたことがあった。採用予定者が、職安で話した事からバレてしまったらしい。採用担当だった女性社員が、「私の責任にされようとしている!!」と憤慨しながら、私に話してきた。その時は、「まさか…」と思った。一担当者にすぎない女性社員が独 [続きを読む]
  • ?当たり前の毎日?
  • 毎朝出勤すると、出退勤管理簿に判子を押す。当たり前に、判子は出勤日の欄を埋めていく。そんな当たり前の事が、HLでは困難になっていた。学校、会社。よほど体調が悪い、どうしても休まなければならない用事でなければ、当たり前に毎日通っていた。嫌だな…なんだか休みたいな…。そんな風に感じる朝でも、当たり前に出掛けて、そのうちにそんな気持ちも消えてなくなる。それが、困難になるなんて、考えてもみなかったことだった [続きを読む]
  • ?強くなる理由?
  • 先日、主治医の診察に行った。今のアルバイトは、あと2ヶ月を切った。私の中で、ある事に対する覚悟がようやく確固たるものになりつつある。だから、これから仕事を含めて、どう動いていくのか。どんな風に生きていくのか。主治医に、「こんな風にやっていきたい」と伝えた。仕事との両立は、難しい。だけれど、それを切り離すことはもう出来ない。出来ないなら、生きている意味がない。そこに至るまでのある出来事を話した。「私 [続きを読む]
  • ?コンプライアンス?
  • 社会は、矛盾だらけだ。不安障害を発症した原因は、Sによるモラハラ。そして、それらに関わる「矛盾」。大手建設会社Hのグループ会社HLに居た私は、女性社員Sからのモラルハラスメントを10年以上受け続けていた。その結果、不安障害、鬱を発症して三度の休職を経て、退職せざる得なくなった。不安や、やり場のない怒り、明日への気力のため、アルコールを飲むようになり、僅か1年程でアルコール依存症にまでなってしまった。私は [続きを読む]
  • ?たどり着きたい場所へは?
  • これからも、心は揺らぐよ。覚悟はしていて。ある日の診察時に、主治医から言われた言葉。私はその日の診察で、昔の自分と何ら変わらない、自己中心的で弱い、過去の自分に会った時の話をした。二度目の入院中、今までの自分を振りかえる事で、精神的に何ら自立していない事に気がついた。学校を卒業して、就職と同時に家を出た。自分の稼いだお金で、一人で生活をしてきた。自分は、ずっと自立して生きていた。…そんな風に自惚れ [続きを読む]
  • ?閉ざす想い?
  • 自分の変わらない部分に気がついた。分かってきたはず…。だった。でも、まだ。昨夜、自分の気持ちを口にだした。今後どうするか。どうしたいか。どう、すべきか。まだ、本当にそれが良いのかわからない。自分で決めたはずなのに、まだわからない。口にすることで、肯定してほしかった。肯定されて、自分は間違ってなかった。と、思いたかった。返ってきた言葉は、私の密かな隙をチクリと突いてきた。そして、夜中に目が覚めるごと [続きを読む]
  • ?私の心が証言者?
  • 私は、どうすべきだったのか。後ろめたさがあった。朝目覚めると、絶望感と恐怖心で、外に出ることが出来なくなり休みがちになった。怖くて電話さえできなくなる時が度々あった。連絡がないから、様子を見に来てくれたのに、怖くてドアを開ける事さえ出来なくなった。ミスもする。100%を課していてもミスをする。他の社員の事を、上司に訴えた事もある。私もSと同じではないのか。大好きな会社だった。契約社員から、正社員にして [続きを読む]
  • ?必ず?
  • 今の官公庁でのアルバイトは、残り約2ヶ月。そろそろ、今後の事を考えないといけない。今はアルバイトという事で、主に雑務的な仕事だ。職員たちは、毎日皆忙しそうに仕事をしている。どんな職場でもあるだろうが、ストレスはかなりあるかもしれない。でも、とても静かで穏やかな職場環境だ。怒鳴り声など一度も聞いた事がない。ただ、自分に与えられた仕事をこなしている。HLでは、パワハラと取れる叱責の声が、響いていた。ある [続きを読む]
  • ?過去・情報・今 ?
  • 今の主治医に治療をお願いすることに決めた時、主治医以外からは、自分の病名に関する情報は入れないことにした。元々、ある事をくぐっていて、一つのモノに興味がでると止まらなくなる。心理とか精神のことは元々興味があったが、自身の病については、主治医の話だけを受け入れることにした。目で見えない病であるからこそ、情報は多々にある。精神科医の臨床に基づいた話もあれば、経験者の観点からみた情報もある。私のブログも [続きを読む]
  • ■主治医■
  • 今の主治医には、長年診て頂いている。二人目の医師だった。HL社で業務として、来客にコーヒーを出そうとすると、手が振るえるようになった。段々酷くなり、足も前に進まないようになりだした。それでも、ただの緊張だと深呼吸をしたり、おまじないをしたり…。Sの事は、振るえが出るずっと前から随分悩んでいたが、自分が強くなりさえすれば…。と思っていた。Sに何も言われないよう、100%の仕事をしよう。そう思って、毎日毎 [続きを読む]
  • ■当たり前があるコト■
  • 今朝、アルバイト先の私に与えられている、ロッカーに手をかけた時、思い出した。HL社で、モラハラで不安障害、鬱を発症した私に、会社から当時の総務部からの異動の辞令を受けた。経理、庶務担当だったから、毎日忙しい日々を過ごしていた。だが、発症しながらも仕事への責任感と、遣り甲斐が、私を支えてくれていた。だから、異動、後任にモラハラの張本人S、異動先の採用課では、部長から「あまり、仕事をさせないよう」と指示 [続きを読む]
  • ?心に突き刺さる?
  • 1ヶ月振りの病院。先日、職場で人の顔色をつい伺い見てしまう癖に気がついた話を、主治医にした。Sがまだ残っている時間に帰ったあと、私について何か言われていないかと、気になっていた。何時も、いつも。先に帰った後に、告げ口犯にされてしまった事もあった。もうHL社ではない、SWも居ない。なのに、過去を擦り合わせてしまう癖は相変わらずある。主治医の言葉を借りれば、「癖」は場面を変えて出てくる。それは、あかぞな [続きを読む]
  • ?馬鹿げた囚われで、顔を伺いみるコト?
  • アルバイト先に出勤して、気がついた。朝の挨拶をした後、その人の顔を伺い見る癖に。夕方、退社した後の職場が気になる。私の何か嫌な噂や、話になっていないか。それを聞いた人が、私に対して嫌な感情をもっていないか。全て「もし」の話だ。こんな所で、過去の囚われを感じる。Sがまだ居る時間に先に退社をして、翌朝出社すると昨日まで普通だった人の対応が、冷ややかになっていた事があった。理由は、Rさんに聞いた。告げ口犯 [続きを読む]
  • ?心の具現化。夢にみたコト?
  • お酒を呑む夢をみた。夢の中での私は、誰だか分からないが、一人の人と一緒に、幸福に過ごしていた。が一転、相手が悩み苦しんでいるのを、助けることが出来ず、無力感からアルコールを呑む。でも、お酒を呑むと身体が辛くなり、気持ちがさらに鬱ぎ、夢なのに胸が苦しくて、辛くて。「この人から離れよう」と決意する。一緒に居ると、私まで駄目になる。だから、離れよう。悩んでうつ向いている人を、遠くから眺めながらそう、決意 [続きを読む]
  • ?するする、一日が過ぎるコト?
  • 今日、アルバイトからの帰り道に思ったコト。するする、1日が過ぎた…。朝起きて、職場に行って仕事して。職場の人と雑談したり。笑ったり、仕事のコトで相談したり。チャイムが鳴ったら、片付けて。首に下げている名札外して「お先に失礼します」と、通りすがりに笑顔を交わして、「お疲れ様でした」という声を背に外に出る。当たり前の1日。どこにも、ひっかかりなく過ぎた1日。朝起きて、会社に行って、ただパソコン眺めて観 [続きを読む]
  • ?追い詰められた思考を想像してほしい?
  • 過労での自殺。ハラスメントが原因の自殺。死ぬぐらいなら、辞めれば良いのに…。やはり、人は言うのだろうか。そう、当たり前だ。何より大切な命。そんな、くだらない事で自ら命を断つなんて。ただ、本人に、そんな思考は生まれない。「生きる」という、人間の本能すら入り込めない。追い詰められると、そうなる。私もそうだったから。会社のビルが見えると「今、車に当たれば」会社に入らなくてすむ…。今日は、何をして過ごそう [続きを読む]
  • ?何故?
  • 過労での自殺。ハラスメントが原因の自殺。死ぬぐらいなら、辞めれば良いのに…やっぱり人は言うだろう。そう、当たり前だ。何より大切な命。そんな、くだらない事で自ら断つなんて。そんな思考にならなかったのだと思う。「生きる」という、人間の本能すら入り込めない。追い詰められると、そうなる。私もそうだったから。会社のビルが見えると「今、車に当たれば」会社に入らなくてすむ。フラフラと、会社前の道路のまん中へ身体 [続きを読む]
  • ?ライフの中で、壊された?
  • 定まらない。心がまた、揺れだした。揺れだすと、心の中に様々な風景が見える。「今」が霞んで、過去と未來が見える。そんな中で、これから生きる為の基盤づくりを考えると、憂鬱になる。自分の中で、育ってしまった嫌な部分がどんどん大きくなり、心は疲弊する今のアルバイトは、全員が半年契約。入社月が違うから、退職月も違う。アルバイトの初日に色々教えてくれた二人は、今は居ない。もうすぐ、アルバイトの一人が終わる。入 [続きを読む]
  • ?モラルハラスメントで失った大切なモノ?
  • 大切な人がいた。その人との付き合いは、とても長かった。週末は、家に泊まりにきてお酒を飲みながら、ビデオを観ていた。とにかく、話が合った。夜中まで色々なことを語り合ったが、尽きることはなかった。派遣社員のとき、一緒の職場で仕事を手伝ったことで親しくなったから、私の仕事振りをとても認めてくれていた。だから、派遣先が変わり、正社員になった時とても喜んでくれた。派遣社員は、労働力が商品なんだから…と、不満 [続きを読む]
  • ?モラハラで失った自己の承認?
  • SWからのモラハラで失ったものは、多い。未だに、その後遺症によって生きづらさを感じている。その一つは、自己承認。今の自分を、認めてあげられないのだ。年月の積み重ね、キャリアを積み重ねて、自己を認めてきた。足りない部分も含めて認めることができていたから、足りない部分とも前向きに向き合えていた。そんな自己承認は、13年前に砕かれ、粉砕して飛ばされて消えてなくなった。13年間、今までの自分の職能を否定され、一 [続きを読む]
  • ?螺旋を描くような静かな変化?
  • 今朝の寝起きは、最悪だった。昨夜、知人とのメールのやり取りで、気持ちが乱れた。夢見も悪くて、寝起き早々色々な言葉が渦巻く。自己弁護、相手への非難、自己反省。そうして「何とかしよう」「何とかしよう」は、相手がある限り「なんともならない」は散々経験しているハズ。今の私は以前と全然変わらない。相手に対して、期待している。自分の思い通りにならないから、イライラする。その反面、無理矢理憤慨する気持ちを押し込 [続きを読む]
  • ?アルコール不安障害?
  • アルコール依存症。そう診断され、入院した。会社に行けなくなり、これから先どうすれば良いか、全くわからない、何も考えられない状態だった。ただ、父から「もう無理だ、あの会社を退職してやり直しなさい」という電話があり、会社へ連絡すらできない状態の私の変わりに、一先ず父から会社へ退職する事を伝えた。たまたま出たのがSWだったのか、父がSWに電話したのかは分からないが、父は私が退職する事を伝え、「娘があなたに、 [続きを読む]
  • ?現場ではたらくヒト?
  • 私は、3回目の復職時、人事役員から正社員から契約社員になることを、呈示された。派遣社員から、長く契約社員として働き、やっと正社員になれた私は、これを了承できなかった。では…という事で、3ヶ月間、現場で清掃員として勤務するよう、話をされた。3ヶ月すれば、必ず事務職へ戻す。という事だった。事務所へ戻るより、外で身体を動かし、体調を調えてから戻った方が良い。そう、言われた。私は、それを了承した。環境が、 [続きを読む]
  • ?夢中になって忘れたい?
  • アルコール病棟で入院していた時、退院したら何か趣味を探したい。と、話す人が多かった。お酒を飲んでいた時間を、趣味に没頭する。趣味に没頭すれば、お酒を飲むこともない。そんな意味で、退院したら趣味を探すと話す。私も、会社以外の場所を作れば。仕事以外に没頭できるものがあれば。SWの事なんて、どうでも良くなる。いや、SWからの囚われた気持ちを解き放したい。私もそんな気持ちで、色々やっていた。趣味だって、お金 [続きを読む]