ろっしー さん プロフィール

  •  
ろっしーさん: アーセナル・コラム
ハンドル名ろっしー さん
ブログタイトルアーセナル・コラム
ブログURLhttp://littlemozart777.blog.fc2.com/
サイト紹介文アーセナルの記事を中心に海外サッカーの動画や記事をゆるーく翻訳していこうかと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2017/06/06 04:00

ろっしー さんのブログ記事

  • マンチェスター・シティ戦からわかった3つのこと
  • ウナイ・エメリのアーセナルが公式に始動したが、理想のスタートとは言えなかった。とはいえ、この試合から何も学ぶことがなかったわけではない。1) 二つのプロジェクトシティのようなチャンピオン相手の初戦というのはどのチームにとっても難しいものだが、我々は3年間のプロジェクトと3か月のプロジェクトとの違いを明確に目の当たりにした。ペップがイングランドに来た時も、一年目は彼にとって困難なものだった。敵チームを分 [続きを読む]
  • 2018/19シーズンプレビュー DF編 その2
  • ヘクター・ベジェリン監督交代によって大化けそうな選手の一人で、今シーズンの飛躍に期待がかかる。去年は色々と批判されたりもしていたが、個人的には、調子を落としたとはいえ、『素晴らしい』から『まあまあ』になったくらいで、責められるほどではなかったように思う。とはいえ、プレシーズンで見た限りでは、昨シーズンも見られた、ウイングとサイドバックの仕事を両方やらされる『右サイドは全部君のもの』現象が起きていた [続きを読む]
  • 選手採点 vs マンチェスター・シティ(H)
  • 今季からは新しい試みとして、翻訳ではなく自分なりの選手採点も時々やってみようかと思います!戦術の知識は皆無、かつ独断と偏見に基づく採点ですのでその点は了承願います。GK ペトル・チェフ 5一点目はブラインドになっており、二点目はシュートが素晴らしすぎたということで失点シーンはほとんどどうしようもなかった、といっても差し支えないし、いくつか好セーブも見せた。・・・見せたのだが如何せんビルドアップ時の不安 [続きを読む]
  • 2018/19シーズンプレビュー DF編 その1
  • マンチェスター・シティ戦の前までにプレビューが完結し、すっきりとシーズン初戦!という完璧なプランを立てていたのですが、衝撃のクロエンケアーセナル完全買収が間に挟まったおかげで、それが崩れてしまいました笑 最後のDF編その2はシティ戦後とさせてください!しかも、わざわざ後回しにしたのに誰も来なかったやんけ!ということでよりチェンバースのレンタル移籍の不可解さが増し、大分出ばなをくじかれましたが、気を取 [続きを読む]
  • 2018/19シーズンプレビュー FW編
  • GK編、MF編その1、その2もあります!ピエール=エメリク・オーバメヤンドルトムント時代に、押しも押されぬ世界トップクラスのストライカーとしての評判を確立したオーバメヤンだが、アーセナルに移籍してきてからも他国リーグへの適応に苦労する様子は全く見せず、チームが苦戦する中遺憾なくその実力を発揮した。昨季はサイドでの起用が多かったながらもブンデスリーガとプレミアリーグ両方で二桁得点という前代未聞の偉業を達成 [続きを読む]
  • 2018/19シーズンプレビュー MF編 その2
  • メスト・エジルもう能力を説明する必要もないだろうが、モダンサッカーのスピードが上がるにつれていわゆるファンタジスタ型の選手の居場所がなくなる中、現代戦術に適応したファンタジスタの最後の生き残り、とでもいうべきエジル。ドイツのまさかのW杯グループステージ敗退から、人種差別を理由にの代表引退、と波乱の夏になってしまったが、その分気合も入るだろうし、疲労が溜まりにくいというのを活かして今季こそはプレミア [続きを読む]
  • 2018/19シーズンプレビュー MF編 その1
  • 変則的な順番になってしまいますが、DFはもう一人新戦力を獲得か!?という噂があるので、最後に回したいと思います。GK編はこちらグラニト・ジャカ昨シーズンは味方にピンチを招くシンプルなミスが目立ったりと散々なスタートを切りながらも、徐々に調子を上げ、結果的にはチーム唯一となるプレミアリーグ全試合出場を達成。チームに欠かせない心臓となった。新監督到着からほどなくして契約切れ間近というわけでもないのに契約を [続きを読む]
  • クロエンケのアーセナル完全買収の意味するものとは?
  • シーズンプレビューの間に挟まってしまいますが、現アーセナルオーナーのクロエンケ氏がアーセナル株式の100%取得へ、という衝撃的なニュースが飛び込んできましたのでこちらの記事をお届けします!まず、今回の買収に関して最初に認識しておかなくてはならないことは、もうクロエンケによる完全買収を止める術はない、ということだ。クロエンケは既にアーセナル株式の67%を保有しており、ウズマノフが保有している30%を手に入れる [続きを読む]
  • 2018/19シーズンプレビュー GK編
  • プレミアリーグ開幕が間近に迫ってきましたので、アーセナルの今シーズンをプレビューしていきます!ベルント・レノ22年間のアーセン・ベンゲル時代に慣れ親しんでいるアーセナルファンにとっては久しぶり、あるいは初めての『開幕戦のスタメンが全く見当がつかない』夏を迎えているわけだが、その中でも特に予想が難しいのがこのGKというポジション。プレシーズンではほとんどチェフとレノが半々でプレイし、お互い特に決め手とな [続きを読む]
  • 戦術コラム『プレスを開始せよ!』 後編
  • (前編はこちら)守備時には、アーセナルは4-4-2の形も用いている。シンガポールでの二戦目では4-1-4-1のような形から4-2-3-1にシステムを変えたが、PSG戦ではエジルが変則的なトップ下として先発した。エメリは4-4-2の方が突破するのが難しい、と自身の考えを口にしたことがあり、アトレティコと比べてよりボール保持を好むトゥヘルのPSGが相手だったことが影響したのかもしれない。『私の守備に関する考えはこうだ。ボールが前に動 [続きを読む]
  • 戦術コラム『プレスを開始せよ!』 前編
  • 事前に予期されていた通り、ウナイ・エメリ監督のアーセナルで初めてのプレシーズンは、多くの人に、子細に観察されている。クラブ自身がその多くをメディアに公開し、新監督がどのようにプレイするつもりなのかに関するアイディアを我々に教えてくれた。エメリはここまで、何度もアーセナルは全力を尽くし、激しくプレスをすると口にしてきた。シンガポールでもその哲学はお披露目され、いくらか良い兆候も見られた。だが一方、チ [続きを読む]
  • エメリには解決しなくてはならない課題がまだ多く残っている
  • 今のところ、アーセナルのエメリ新監督にとって物事はに順調に進んでおり、ベンゲルの後継者として適切な人物だと証明されつつあるように見える。だが、アーセナルがプレシーズンも最終盤に突入し、そろそろ選手たち全員を幸せに保つには難しい時期に差し掛かりつつある。最も重要、かつチームに分裂をもたらす可能性のある決断をまだエメリは下していないのだ。開幕戦まで残り2週間を切ったにもかかわらず、先発予定の選手はまだ [続きを読む]
  • アーセナルに必要なウイング候補7選 後編
  • 昨日の記事では補強候補の紹介でしたが、後編では、チーム内の選手でウイングが務められそうな選手の紹介となっています!5) アレクサンドル・ラカゼットEmbed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'yxjFdKIERtJ6GNdl4Tbjdg',sig:'mtY2ggWHRSpNkbiJ0LIfIvM0bUiJuGVl5pOzxsJgQSo=',w:'500px',h:'594px',items:'1004415018',caption: true ,tld:'c [続きを読む]
  • アーセナルに必要なウイング候補7選 前編
  • アレクシス・サンチェスの代わりに獲得したのがムヒタリアンとオーバメヤンということで、彼らそれぞれは素晴らしい補強ですが、同じ年にウォルコットとチェンバレンも放出していることを考えると、現在のアーセナルが若干のウイング不足に陥っていることは否めません。補強の予算の問題など、現実的な話はともかくとして、アーセナルのウイングにフィットしそうな(内部の解決策も含めた)7人を分析する記事を紹介します!1) ウズマ [続きを読む]
  • アーセナル - PSG戦振り返り 4つの注目点
  • 1) グエンドゥージのクオリティアトレティコ戦でも悪くはなかったが、PSG戦のマッテオ・グエンドゥージは更によかった。この若いフランス人MFは素晴らしいツアーを送っており、エメリもマンチェスターシティ戦のメンバー選考に頭を悩ましていることだろう。バック4のすぐ前でプレイし、グエンドゥージはチームにバランスをもたらした。彼は常にDFからボールを要求し続け、ボール保持時にの能力には自信を持っているようだった。そ [続きを読む]
  • 過去のおすすめ記事まとめ
  • 大変ありがたいことに、最近このブログへのアクセスも徐々に増えてきており、始めた時に想定していたよりも遥かに多くの方に読んで頂けているようです。以前から訪れてくださっている方には重複してしまうかもしれませんが、最近アーセナル・コラムを知った、という方のためにここらあたりで過去の記事も紹介しておこうかと思います。アクセス数などとは関係なく、完全なる独断と偏見による紹介となります。笑ベンゲル監督のインタ [続きを読む]
  • 徹底分析!アーセナルの神童 エミール・スミス=ロウ
  • アーセナル恒例の『夏のプレシーズンでユース選手が大活躍』賞はどうやら、アトレティコ戦で圧巻の活躍を見せたスミス=ロウ君に渡りそうですね!去年のネルソンは今のところまだ燻り中、その前のジェフはフランスへ移籍が決定というのを見ても分かる通り、もちろんそこからさらにチャンスを掴む選手というのは多いとは言えませんが、それにしてももしかするとこいつは違うかもしれない・・・!とどうしても思ってしまうのはアーセ [続きを読む]
  • アーセナルのプレシーズンで注目の5つのポイント
  • アーセナルはすでにボーラム・ウッド戦や、非公開の練習試合を何度か行っているが、恐らく木曜日のアトレティコ戦、そしてそれに続くPSG戦が、恐らくエメリがより真剣に試合に臨む機会となる。開幕戦までの残りの練習試合は数多くはなく、このチャンスをエメリは最大限に活用し、今シーズンのアーセナルをめぐるいくつかの問いに答えを出そうとすることだろう。いかに、そのうちの5つを上げる。1) ラカゼットとオバメヤンの共存Emb [続きを読む]
  • アーセナルの練習風景レポート
  • 先日アーセナルの公開練習セッションが開かれましたので、ワッツ記者によるレポートをお届けします!『プレス!プレス!プレス!』シンガポールの蒸し暑い空気中に響き渡ったのは、この3語だった。水曜日の朝に、エメリ監督と副官のカルセドが行うシンガポール3度目のトレーニングセッションが行われ、このうちの最初の30分間が、メディア向けに公開された。我々が新監督の練習風景を目にするのはこれが初めてのことで、今シーズン [続きを読む]
  • アーセナルのサイドを取り巻く問題
  • この12か月の間にアーセナルの攻撃陣が大規模な変革を経験したことを考えると、ウナイ・エメリとそのチームがGKと守備陣、中盤の補強を優先したのは理解できる。数週間前も書いたように、ガナーズの攻撃陣は悪くない。だが、少しアンバランスで、本職のウインガーを欠いている。チェンバレンとウォルコット、サンチェスは全員チームを去り、その代わりにムヒタリアン、オバメヤン、ラカゼットが加わった。これにより、本職をサイド [続きを読む]
  • アーセナルはエジルのオアシスになれる
  • メスト・エジルは精神的強さに欠けると批判されることが多かったが、先日で、代表引退声明の発表で、またしてもまったくそんなことはないと示してみせた。こういった声明はサッカー選手から発表されるものとしては非常に異例なものだ。個人的な人種や政治、アイデンティティに関する見解と共に、ファンやスポンサー、メディアそしてドイツサッカー協会の上層部への批判を展開し、 何故ドイツ代表として92試合出場し、23ゴール40ア [続きを読む]
  • メスト・エジルの代表引退声明 全訳
  • 昨日、メスト・エジルが自身に対する人種差別的な扱いを理由に、ドイツ代表からの引退を表明しました。彼のようなビッグスターが人種差別を理由に代表引退を表明、公の場でサッカー協会への批判を展開、というのは前例のないことで、彼のこの件に関する強い気持ち、特に苦悩、そして怒りが窺えます。厳密にはアーセナルの話題、とは違うかもしれませんが、エジルがどのような気持ちでこの決断に至ったか伝わるよう、出来る限り正確 [続きを読む]