ろっしー さん プロフィール

  •  
ろっしーさん: アーセナル・コラム
ハンドル名ろっしー さん
ブログタイトルアーセナル・コラム
ブログURLhttp://littlemozart777.blog.fc2.com/
サイト紹介文アーセナルの記事を中心に海外サッカーの動画や記事をゆるーく翻訳していこうかと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2017/06/06 04:00

ろっしー さんのブログ記事

  • アーセナルを支える若手たち 前編
  • 普通であれば、伝説的な監督の後を継ぐというのは非常に難しい仕事だ。どうしても前任者と比べられてしまう。だが、ウナイ・エメリは、それとはまた少し異なる問題を抱えている。比較という点では、アーセン・ベンゲルからの変革を望む声が大きかったおかげで、監督はアーセナルファンの忍耐と全力のサポートを与えられている。先日、デイビッド・シーマンが、アーセナルは即座に来季のCL出場権を獲得しなければならないという意見 [続きを読む]
  • 選手採点 vs ハダスフィールド (H)
  • GK レノ 6ほとんどシュートが飛んでこなかったので評価するのも難しいが、特に問題はなかった。ビルドアップ時の足元もまったく問題はなかった。DF ベレリン 7怪我等の事情もあって、クリエイティブな人材不足に陥っていたアーセナルで、両サイドバックが攻撃の中心を担うことになった。攻守両面でよくやっていたと思う。あれほど不安定だったのがどこへやら、今ではチームで最も安定感のある選手になりつつある。リヒトシュタイナ [続きを読む]
  • ただひたすらに、リヒトシュタイナーへの愛を語る
  • この夏に移籍してきてから一貫して当ブログではリヒトの兄貴を推させていただいてきましたが、そろそろ抑えきれないこの気持ちを記事にしようかと思います!笑1) プロフェッショナルな姿勢Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'w2PjnhuzT3BFLFHP2J3A4Q',sig:'LjwiPpVR4RZJBir8Ntqp_I2V_rXVkL94Yy2XyhDE4l4=',w:'482px',h:'594px',items:'1 [続きを読む]
  • 選手採点 vs トッテナム(H)
  • GK レノ 8失点シーンの対応は若干不満が残るが、エリクセンのボールが非常に良かったので難しいところ。その他の場面では何度か堅実なセーブでチームを救った。特にベレリンがパスミスをしたシーンはあそこで流れが変わっていてもおかしくなかったし、一度ノイアー化してかなり前まで飛び出してクリアする場面も見られた。DF ベジェリン 8一本パスミスでレノに救われたシーンを除けば、守備はソリッドで特にラムジーが入ってからの [続きを読む]
  • Q&A リヒトシュタイナー&ラカゼット
  • ルーレットのお題について話すシリーズです!『友達』ラカゼット) サッカー界に友達は何人もいるけど、しいて言うなら、サミュエル・ウンティティ、ジョーダン・フェッリ、アントニー・ロペスかな。一緒に育ったからね。リヒトシュタイナー) 俺はモナコのGKベナリオかな、代表でも一緒だしね。あと、クラウディオ・マルキージオもだ。二回ほど、一緒に休暇に旅行にったことがある。フェルナンド・ジョレンテとも仲がいいね。『レジ [続きを読む]
  • ダービー直前! アーセナル トッテナムの今シーズン徹底比較!
  • 明日はいよいよトッテナム戦ということで、この2チームの今季ここまでを振り返ってみます!1) 順位と勝ち点アーセナル 勝ち点27 5位トッテナム 勝ち点30 3位ここまでの成績としては、アーセナルは8勝3分け2敗で勝ち点27、トッテナムは10勝0分3敗で30となっています。負け数の少なさではアーセナルがリードしていますね!笑順位では2つ離されているとはいっても、アーセナルが今までにない変革の時を迎えていることを考えると、 [続きを読む]
  • 選手採点 vs ヴォルスクラ (A) by Matthias Karen (ハイライト付き)
  • (いつまで見られるかわかりませんが、ハイライトです)GK チェフ 6 迫力を欠いたヴォルクスラ相手に仕事は多くはなかったが、後半に一つ良いセーブを見せた。DF リヒトシュタイナー 6今季最も楽な夜の一つで、まったく相手を問題としなかった。これくらいの相手であればもっと攻撃面での貢献も期待できたかもしれない。ジェンキンソン 7CBを務めたが、自信と落ち着きを持ってプレイできていた。ボールの扱いも良かった。これくらい [続きを読む]
  • エジルはエメリからの挑戦に応えられるか
  • 多くのアーセナルの選手が先日の代表期間中に代表選に出場したが、エジルはロンドンに残っていた。そのおかげで彼は代表期間中ゆっくりと過ごすことができたはずだったが、ボーンマス戦のメンバーにエメリはエジルを選ばなかった。 彼が就任してからまだ半シーズンも経っていないが、すでに、エジルを不動のスタメンに据えるつもりはないと心を決めつつあるようだ。彼がチーム状況を把握するのに数か月程度かかったわけだ。この期 [続きを読む]
  • アーセナルの選手でPRGパーティ組んでみた。
  • タイトルでお気づきかと思いますが、久々のネタ企画です。笑エジル: 魔術師破壊力抜群の攻撃魔法の使い手。調子が良ければ敵を全員魔法にかけ、せん滅することが出来、かつ、多彩な呪文で味方のサポートも大得意。だが、調子にムラがあり、魔法が思った通りの効果を発揮しないことも。また、魔法協会のおきてで鎧を身に着けるのを禁じられているため、防御力は低く、敵に狙われると脆い。コシェルニー: 僧侶/ヒーラー言わずと知れ [続きを読む]
  • 選手採点 vs ボーンマス (A)
  • GK レノ 6いつも通り何度か良いセーブを見せ、空中戦での不安はこの試合に関しては特に見られなかった。失点場面は素晴らしいシュートだったので仕方がないと言えるだろう。DF ベレリン 6WBの役割をよくこなしたが、攻撃面では数字に残る結果にはつながらなかった。全体的に悪くなかったが、失点の場面でゆったり帰陣していたのは恐らく後で監督に怒られるに違いない。ムスタフィ 6オフサイドに助けられた場面もあったが、基本的に [続きを読む]
  • エメリ監督 MARCA紙掲載 インタビュー
  • (候補はあなた一人ではなかったようですが、なぜあなたが選ばれたと思いますか?)イヴァン・ガジディスが説明した通り、私はアーセナルが面接を行った8人のうちの一人だった。アルトゥーロ・カナレス(現エメリ監督の代理人)のおかげで、彼らは私が最適だという決断を下してくれた。(どのように納得させたのですか?)今までは、いつも候補を一人に絞り込んでからコンタクトがあることが常だった。PSG、セビージャ、スパルタク、アル [続きを読む]
  • 独断と偏見に基づくここまでのアーセナル選手採点 後編
  • (もしよければ前編も合わせてお読みください)MFジャカ 7ついに中盤の尻拭いを一手に引き受けさせられていた時代を終え、トレイラという守備力の高いパートナーを得てその能力が開花!素晴らしいパス能力とそのフィジカルを活かし中盤を支配!といえなくもないのだが、相変わらずちょこちょこ軽率なパスミスや謎のファウルが顔を出すのが惜しいところ。とはいえ、全体的に見れば収支はプラスだと思うのでこれから少しずつ粗をなくし [続きを読む]
  • 独断と偏見に基づくここまでのアーセナル選手採点 前編
  • プレミアリーグも三分の一近くが終了、ということでそろそろ途中振り返りの季節で、いつもであればこういう時期にはスタッツを紹介するのですが、今季は新体制ということもあり、メンバー選考が安定せず比較が難しいので、ここまでの選手採点をしてみたいと思います。あくまで僕の独断と偏見に基づいたものと、また基準としては絶対的な活躍度ではなく、この選手ならこれくらいやれるだろ、というシーズン前の期待値に対してどうだ [続きを読む]
  • アーセナルの新しい顔、サニエヒ&ヴィナイ インタビューまとめ
  • アーセナルの新フロントのメンバーとなるヴィナイと、恐らくガジディスのような役割をこなすようになると思われるサニエヒのインタビューがミラーに上がっていましたのでお届けします。ただ、元のインタビューが非常に長かったので、要点をまとめたものとなります。(もしかするともう少し精読してみて飛ばしていた部分などあれば追補版としてまた別個で記事にするかもしれません)・フロント2人は、オーナーによる資金の注入がなく [続きを読む]
  • アーセナル選手の呼び名・愛称まとめ
  • ふと思いたったので、アーセナルのファーストチームの選手たちがお互いを何と呼びあっているのか出来る限り調べてみました!ファーストネームで呼ばれている組ヘクター、ナチョ、メスト、などなどこのあたりの短い名前組の選手たちは基本的に普通にファーストネームで呼ばれているようですね。ざっとSNS上を見渡した限りでは、下に挙げた以外の選手があだ名で呼ばれていることはないような気がします(もちろん1人2人くらい見落とし [続きを読む]
  • エジルがアーセナルでの6年を振り返る
  • 『すべてが簡単なわけではなかった。でもアーセナルでの時間はいつも特別だよ。』メスト・エジルはロンドンでの6年間をこのように形容した。このW杯の優勝も経験している選手は2013年にファンファーレと共に北ロンドンに到着し、その後見事にロンドンに適応し、アーセナルが彼にとってどれほどの意味を持つのかを語った。『最初にここに来た時には、とても楽しみだったけど、同時に少し緊張もしていた。新しい挑戦だったけれど、ア [続きを読む]
  • 上昇気流に乗るトレイラ 後編
  • (この記事は前編からの続きとなっています)我々は到着前から興奮に打ち震え、彼に関する記事の中に好戦的な、や屈強な、そしてダイナミック、という単語を目にするたびにそれはさらに高まった。W杯中にはクリスティアーノ・ロナウドを封殺してみせ、それを見た我々は漫画かアニメのキャラのように顎を外して驚愕した。ファンの間をシウヴァやヴィエラといった名前が駆け巡った。彼らが去って以降、この二人が備えていた献身性と闘 [続きを読む]
  • 上昇気流に乗るトレイラ 前編
  • 最近のアーセナル、特にベンゲル時代の後半においてはファンの意見はあらゆる点で割れていた。そもそも、監督の存在自体が言い争いの種だったのだ。他の色々な物事と同じように、人はその人に応じたサッカーの試合の経験の仕方をした。酔って騒ぎ、チャントを歌いたいだけの人もいる。そして、もちろんそれがサッカーの大きな魅力の一つであることに疑いの余地はない。 戦術を分析することを好む人もおり、彼らは一般的に言って統 [続きを読む]