あーちゃん さん プロフィール

  •  
あーちゃんさん: アラフォーだけど赤ちゃんが欲しい
ハンドル名あーちゃん さん
ブログタイトルアラフォーだけど赤ちゃんが欲しい
ブログURLhttps://ameblo.jp/witch-witch-witch/
サイト紹介文タイミング法で約半年、人工授精に挑戦するもなかなか子宝には恵まれず・・・いよいよ体外受精に挑戦します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 133日(平均1.2回/週) - 参加 2017/06/06 11:45

あーちゃん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初めての移植
  • 採卵後の翌月、生理3日目に受診。卵巣の腫れがひいていたので今周期の移植が決まりました。 内膜がフカフカのベッドになるようエストロジェルを両腕に毎晩塗ります。これで内膜が厚くなるのか半信半疑でしたが、毎晩お風呂上りに塗る習慣にしたのでそれほど面倒でもなく続けることができました。 移植日当日の内膜の厚さは9.6mm、先生からのOKが出たので注射を2本、お尻に打たれて移植となります。 採卵の時のお部屋に入ると培養 [続きを読む]
  • 体外受精への道⑧
  • 前回の記事からだいぶ経ちましたが、不妊治療継続中です。 身内に色々あって更新が全然追いつきません。今日から頑張って現時点まで追いつけるように更新していきます! 初めての採卵はチューブ試入したこともあり、気軽な気持ちで迎えることができました。 結果として採卵数は18個 → そのうち受精卵が16個そして、分割が正常に進んだ卵ちゃん14個が凍結となりました。 無事に採卵でき、一安心です。 ただ想像以上に採卵後の腹 [続きを読む]
  • 体外受精への道⑦
  • 診察台から回復室までどうやって運ばれたかは全く記憶がありません。 決して軽い体重ではないため看護師さんたち大変だっただろうなと思いつつ、パンツもしっかり履かされているのも確認しました。静脈麻酔、すごいですね。痛さはもちろん感じませんが、何をされていたのか全く分からないです。まさに記憶喪失になった気分でした。 しばらくすると看護師さんが様子を見に来てくれました。 起きられそうですか?と聞かれ大丈夫そう [続きを読む]
  • 体外受精への道⑥
  • 体外受精のためのチューブ試入が失敗に終わり、説明を聞くために夫と診察室へ。 先生にチューブの現物を見せてもらいながら、ここまでは入るんだけどこの先のあと少しのところが入らないと説明を受けました。チューブ自体が素麺みたいに細くて柔らかいため子宮が硬くて?(朦朧としていたためあやふやです)入っていかなかったということでした。このままでは体外受精ができないため、日を改めて麻酔を使って試入を行うことになり [続きを読む]
  • 体外受精への道⑤
  • 前回の続きです。 体外受精用のチューブ試入の前日、やはり検査前はドキドキしてなかなか眠れず・・・何とか安心材料を探したくてネットでチューブ試入を検索したところ、何人かの方がブログを書かれていました。記事を読む限り、『卵管造影の検査よりは痛くなかった』とか『子宮掴まれたのが痛かったけど、あっという間に終わった』など、まあチョットは痛いかもしれないけどすぐに終わるのか、と安心しながら眠りにつきました。 [続きを読む]
  • 体外受精への道④
  • 先日のブログで書いた、夫のサバイバルテストと私の抗核抗体の結果です。 まず、サバイバルテストですが、人工授精の際、凍結前と解凍後で精子運動率が半分くらいになっていました。ただ数字的には92%→48%だったので、年齢からしたら仕方のない結果かもしれません。なので『採卵当日に持参する精子+事前に凍結した精子』で対応することになりました。しかし、夫の仕事が不規則なので当日持参することができなければ、『凍結× [続きを読む]
  • 体外受精への道③
  • 前回の更新から1か月以上空いてしまいました。 7月は身内に不幸があったり、夏風邪を引いてダウンしたりと、あっという間に過ぎていきました。 前回のブログで、最短で7月採卵と書いたのですが7月はいったんお休みをすることにしました。というのも、体外受精の説明を聞いて心は決まっていたのですが、病院への連絡が遅くなり時期を逃してしまったというのが現状です。 それでは本題の体外受精の金額です。 私の場合、多嚢胞 [続きを読む]
  • 体外受精への道②
  • 先週、夫と体外受精の説明を受けてきました。まずは体外受精の方法を図解形式で説明され、その後料金の説明といった流れでした。 体外受精の方法は事前にネットで調べ、夫にもよ〜く説明して予習していたため、ちゃんと理解してくれていたと思います。採卵には激痛が伴うらしいと夫にしつこく伝えていたせいか、夫から採卵時の麻酔について聞いてくれました。私が通院している病院の採卵方法は静脈麻酔なので、採卵時の痛みは全く [続きを読む]
  • 体外受精への道①
  • 昨日、病院に行ってきました。土曜日だから混んでいるだろうなーと思っていたのですが、ガン検診が始まっていたのでものすごく混んでいました。普段は混んでいても30分待ちくらいですが、昨日はなんと1時間半待ち!長かった。そしてお腹すいた・・・。 まずは内診をして卵胞チェック、ここまではいつも通り問題なし。先生は、やっぱり子宮筋腫が邪魔してるのかなー、う〜ん・・・と。私が診てもらっている先生は人工授精の成功率 [続きを読む]
  • 人工受精後の経過報告④
  • 昨日は夫の仕事がお休みだったので、たまには二人でまったりしようと近くのカフェに行きました。夫は普段、落ち着きがない子供のように忙しなく動いています(家でも仕事でも)。カフェでのんびり過ごすなんて、結婚するまではなかったなーと話すほど。今回は久しぶりに夫から出かけようかなんて、ほんと珍しいな〜と思っていました。ランチもかねてのんびり、久しぶりにリフレッシュできました。 さて帰ろうかとお手洗いに [続きを読む]
  • 人工受精後の経過報告③
  • 昨日、一昨日くらいから右下腹部が時々ジンジンしています。これは妊娠の兆候なのか、それとも・・・この時期はどうしても体のちょっとした症状に敏感になってしまいます。あまり考え過ぎない方が良いとは思うのですが、妊活をしているうちは難しそうです。こんなときはヨガをして身も心も落ち着けようと久しぶりに取り出しました。 独身の時はホットヨガに通っていたのですが、こちらに引っ越してからは近くにスタジ [続きを読む]
  • 人工授精後の経過報告②
  • 今朝は夫を送り出した後、ものすごい眩暈と吐き気に見舞われました。私の住む東海地方も今日から梅雨入りと聞いていたので、天候のせいなのかなーと思う反面、もしやつわりか?と期待もしてしまいました。D20でつわり症状はやはり早すぎかなーと思い午前中は寝ていました。 お昼前に目が覚めると、眩暈と吐き気は治まっていたので寝不足だったのかもしれません。今日は4時起き、昨日は5時起き、一昨日は3時起きだったので体 [続きを読む]
  • 人工授精後の経過報告①
  • 人工授精から3日後くらいから下腹部のチクチク痛が始まりました。夕食後から寝るまでの間にチクチクすることがあり、夫に伝えると「うん、先月も言ってたよね。その前の月も」とニコニコしながら言われてしまいました。 この会話は妊活を始めた私達には、毎月恒例の会話なのです。 私の場合、このチクチクが始まると原因を探ろうと毎回ネット調査を開始します。そして、着床痛だろうという結果に結びつけ一人ニヤニヤす [続きを読む]
  • 初めての人工授精④
  • 昨日の診察で卵胞が破れかかっていたのが分かったので、3日続けての通院となりました。前日、前々日に人工授精を体験したため、もはや心の準備はバッチリです。 まず卵胞のチェックをすると、卵胞は残っておらず腹水も出ているということでした。 では今周期最後の人工授精を開始! 今回は、先生からの「子宮を掴む」がなかったのですが、「よし!上手くいった」はいただけました。 何だかんだで初めての人工 [続きを読む]
  • 初めての人工授精③
  • 今回は人工授精をするとわかっていたため時間を予約して通院しました。昨日とは違い心の準備をしていた私は、心に余裕を感じながらその時を待ちます。 診察台にて卵胞の確認をすると卵が少し破れかかっており排卵間近な様子がわかります。そしてフルネームの確認、ここまでが昨日と一緒なのでまだまだ冷静です。 器具を入れ、この後はカテーテルを・・・と思っていたのですが、ここで先生が「ちょっと子宮掴むね」と。 [続きを読む]
  • 初めての人工授精②
  • ドキドキしながら診察台に乗り、その時を待ちます。 以前Sさんとお話しした時に、「人工授精の場合は、カテーテルを通す時に痛みを感じることがありますよ」と聞いていたので、不安が広がっていきました。 しかしながら、先生や看護師さんはいたって冷静、そして雑談してる・・・なんだか楽しそう・・・そりゃそうですよね。ちゃっちゃと終わってお昼ごはん食べたいですよね。ごめんなさい。などと考えている間に準備が [続きを読む]
  • 初めての人工授精①
  • それは何の前触れもなく決定しました。卵胞チェックのために通院すると「お、そろそろいいな!」という先生の一言で。 看護師さんが採血をすることになったのですが、ここで事件発生!私はアルコールに弱くビール一口でも顔が真っ赤になってしまう体質です。注射の消毒綿でも真っ赤になってしまうため、事前にその旨を伝えていました。カルテにもアルコール綿×と書かれていたのですが、うっかり見落とされてしまったんです [続きを読む]
  • 人工授精に踏み切るまで④
  • Sさんとのお話を夫に伝え、体外受精ではなく人工授精に決まったことを伝えると「そうなんだ〜」と軽めの返事。なんかこう、もう少し体外受精ではなくなった経緯とかどんな話をしたとか色々聞いて欲しかったな。仕事で疲れているのは分かるけど、やはり男の人はこうなんですかね・・・。ちょっぴり寂しい気持ちになりました。 リセット後の検診時には夫も休みだったため付き添ってもらいました。今周期から人工授精にチャレ [続きを読む]
  • 人工授精に踏み切るまで③
  • いざ生殖医療相談士(Sさんとします)の方とお話しすると、私が半年間頑張ってきたけど子供を授かれなかったことに対してとても残念そうに話を聞いてくださいました。 実はこの相談の前に、夫の精液検査結果について看護師さんとお話しする機会がありました。夫の年齢にしては問題ない精子の数・運動量なので、体外受精にステップアップしたらどうかとのことでした。この頃はそろそろ考えないといけないなと思っていたので [続きを読む]
  • 人工授精に踏み切るまで②
  • 生殖医療相談士の方は同年代の女性の方でいつも笑顔でお話ししてくださいます。タイミング法で3か月経過したころに先生から何か悩みや相談があれば気軽に生殖医療相談士に話してください、と言われていました。 しかしながら、子供ができないという現実以外は特別悩みも相談もなかった私は、なかなかお話しする機会がありませんでした。 義理の両親からは子供の催促をされたことがありませんし、実の母からたまに「ま [続きを読む]
  • 人工授精に踏み切るまで①
  • タイミング法で半年が経過したころに生殖医療相談士の方お話しする機会がありました。 私には子宮筋腫と多嚢胞卵巣気味ということが検査の段階ではわかっていました。しかし、子宮筋腫は小さく妊娠するには問題のない場所にできており特段問題ないでしょう、多嚢胞卵巣についてはあくまでその傾向があるだけで診断確定されていたわけではありませんでした。 私自身、高齢とはいえタイミング法で妊娠すると思っていたの [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 38歳グータラ主婦のあーちゃんです。主人は48歳のサービス業。 2年前に結婚しましたが、なかなか赤ちゃんを授かれず去年から婦人科に通院し始めました。 日々の気持ち、診察の記録、主人とのことを綴っていきます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …