godcooper さん プロフィール

  •  
godcooperさん: ローバーミニ☆ビギナー篇ノントラブルだよ人生は
ハンドル名godcooper さん
ブログタイトルローバーミニ☆ビギナー篇ノントラブルだよ人生は
ブログURLhttp://godcooper.blog.fc2.com/
サイト紹介文旧車が欲しくなりクラシックミニにたどり着いたパンクオヤジの与太話。日々の駄文で専門的ではありません。
自由文品質にこだわり過ぎたミニ専門職人集団C.C.Oに出会い、どっぷり浸かってますが、マニアックな話はしません。No Feelings!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 135日(平均6.0回/週) - 参加 2017/06/06 16:11

godcooper さんのブログ記事

  • 【第132話】防振対策とフューエルリッドキーの保管場所
  • フューエルリッド用のキーは、常に身につけている必要がない。クルマに乗って給油が必要な時以外は不要。なので、みんな車内のどこかに置きッパな人が多い(らしい)。写真はその置き場所候補ナンバーワンのパーツ写真。多くの人はこの灰皿の中に入れているとのこと。だけど、あのチープな作りの熱可塑性樹脂部品に金属の鍵なんか入れておいたら、結構カチャカチャ鳴ってうるさいんじゃね?と思って、自分はそこにカギを入れていな [続きを読む]
  • 【第131話】雨の日はなるべく屋根の下で
  • ヨソんちのマイカー駐車スペース事情など、誰も興味がないに違いない。けれど、秋雨が続く週末に、ミニで出かけるチャンスもなく、これといって新しいカスタマイズの計画もなく、我が家に保管されている2匹の赤いクルマの雨傘事情をとりとめもなくまとめてみた。カミサンの買い物グルマは、サイズが案外デカい。シャッター付きガレージを持つようなセレブでもないのでムキ出しのままだ。それに加え、家族が出入りする導線を考える [続きを読む]
  • 【第129話】クラシックミニのエンブレム考
  • フロントのエンブレム。自分のに付いてるヤツがとてもカッコいいと惚れ惚れした。これぞ英国製だという堂々感がある。…と思っていたんだけれど、マニアの間ではこの最終型のエンブレムの評判はよろしくなさそう。VWビートルも初期ヴィンテージスタイルがカッコいいと思うのと同じで、マニアにとってはその新しさが逆にダサいのかもしれない。古いFenderやGibsonのギターに価値があるようなもんだな。しかしこのマニア目線、エスカ [続きを読む]
  • 【第128話】ウッドパネル裏のビビリ音
  • 「縦揺れは慣れたけど、ビビリ音、すごくね?」助手席に乗ったセガレがポツリと言った。自分じゃもう慣れっこになって、どうでもいいことだった。どこかにトラブルを抱えているわけではなく、単なる共振音じゃないか。そんな小さなことにデリケートに反応しているようじゃミニには乗れんだろー!‥‥と去勢を張ってみたけれど、いざ人を乗せて指摘を受けたりすると、それがミョーに気になってしまう。たしかに低いエンジン回転数の [続きを読む]
  • 【第127話】剥げ落ちたウッドパネルのクリア部分補修
  • ウッドパネルなんてたいていの場合は、ホンモノの木なんか使われていなくて、木目調シールというのが昔から常識だった。大衆車の内装に貼ってあった木目調シールなんて、経年劣化でフニャフニャと浮いてきて「木じゃありません」とハッキリ主張していた。大型ワゴン車にはボディサイドを色柄模様のひとつとしてオプション装備されていた。どこか木目にはクラシカルなイメージを醸し出す演出ツールになっていた。 木目というと、な [続きを読む]
  • 【第126話】馬籠で蕎麦と栗白玉と
  • 秋晴れの日に我が家に2台も駐車したままゴロゴロしていてはもったいない。さあ!ドライブだ。というわけで、高速を突っ走った。ところどころ存在する(段差やウネリの大きそうな)高架の継ぎ目には相変わらず神経質になるけれど、それもまたミニの愛嬌だと許容できるようになっている。到着したのは岐阜県中津川市。 (と、いいながらクルマの写真がなく、岐阜県美濃加茂市撮影のもの。あしからず) (食欲の秋だ。くるまや本店で [続きを読む]
  • 【第125話】ホンダS600とほんの束の間のランデブー
  • うひょ〜!エスロクじゃん!カッチョえェ〜。陽の沈みかけた休日、約10分足らずだけれど、コイツの後ろを走行した。2台がランデブー走行をしているまさにその時、ラジオから昭和歌謡の『二人の銀座』が流れてたのもまた雰囲気を高めるじゃん。エンスーな方にとっては九九が言えることを自慢しているようなモンだけれど、エスハチじゃないことはテールランプでわかる。でもじゃあコレがホンダS600なのか500なのか?と、区別 [続きを読む]
  • 【第124話】20世紀少年の風景とクラシックミニ
  • 長い社会人経験の中で、クルマ通勤をしたことがない。シゴトで郊外に出かけるときも、今なら最寄り駅からTimesカーシェアリングを利用するのが効率的だ。というわけで、ほぼサンデードライバー歴30年になる。この三連休の谷間、残務処理をやっつけるためにオフィスまでミニで出かけることにした。そして『インスタ映え』みたいなもんを意識してほんのちょっとだけ回り道。 この写真、我が職場から近所にある名古屋市科学館のプラネ [続きを読む]
  • 【第123話】左右の車高差に目をつぶる化計画
  • ハイローの調整をして2週間。左右対称ってホントに難しい。あの時は左リアが調整後に下がってきたことを報告した。ところが、今日測ってみたら今度は右リアはフェンダー頂点までが50cmを切ってる。ショックアブソーバーが馴染みきるまでに時間がかかるって聞いてたけど、ほんとにジワジワと馴染んでいくんだね。左右数ミリの差なんて荷物や乗った人によってカンタンに変わるかもしれないんだけど、いったん気になりだしてしまうと [続きを読む]
  • 【第122話】センター出しかサイド出しか マフラー考
  • ミニといえば、センターマフラーがカッコいい!と信じさせられたのはいつからだろうか。我がミニのマフラーはサイド出し。理由は以前のブログにも書いたとおり。そして今はコレが気に入っている。しかしまさかこの歳になって、クルマのマフラーについてカッコいいとか悪いとかを感じたり論じたりするとは思わなかった。とは言いつつ、自分のマフラーがどこのメーカーの商品なのか不明じゃん!納車前にC.C.Oで聞いた記憶はあるんだ [続きを読む]
  • 【第121話】昭和小僧は社外ホイールの名前を覚えた
  • 現在の自動車のアフターマーケット市場規模がいくらなのか正確には知らないけれど、昭和時代のほうがカー用品店の数も、商品バリエーションも、今よりも格段に多かったような気がする。特にホイール。当時のワシらは、クルマを手に入れたら真っ先に社外ホイールに交換することから始めた。それはお洒落に気遣うのと同じ意味をもっていた。カー雑誌の広告を見ては、まるでブランドモノのファッションのように食指を動かされてたあの [続きを読む]
  • 【第120話】道具&パーツがアートオブジェなC.C.O
  • 昼間に訪問している時には、何となく景色として目に入ってくるだけだったけれど、夜あらためてC.C.Oのファクトリー内を眺めてみると、そこに佇んでいる工具やパーツたちが(やかましい工場長の存在以上に)雄弁に主張してくる。ただ無造作に壁に掛けられているのではなく、ボードに整頓用のシルエットイラストレーション。機能美とはことのことか。近づいてよく見てみると、さまざまなドライバー1本1本まで置き場所が指定されて [続きを読む]
  • 【第119話】10インチタイヤの空気圧
  • 近ごろでは空気圧といえば、もっぱら自転車のことしか思い浮かばなくなっていた。クルマのタイヤについてはもう30年以上、定期メンテのディーラー任せ。自分で測る行為なんて(中古の社外ホイールを譲ってもらった二十代前半の)遠い彼方の薄〜い記憶だけ。ところが、このチビちゃんが納車になって以降、C.C.Oボスから「タイヤの空気圧はちゃんと毎月チェックするように!」とのご指導をいただいたこともあり、自然に意識するよう [続きを読む]
  • 【第118話】ハロゲンヘッドライトは LEDに交換…すべきか?
  • イマドキ、省電力+高輝度LEDが主流なのにハロゲンって…。夜間走行危険じゃね?と、納車前にはずいぶん不安だった。昔ながらの『電球』のままってあり得んやろ。納車後はすぐに白色のLEDに交換しよう!と決めていた。…にもかかわらず、今もヘッドライトはハロゲンのまま。交換する気もなくなった。理由は明白で、苦労していないから。 そりゃ煌々とまぶしいほど明るくて大満足ってことはない。けど、不安になるほど暗いわ [続きを読む]
  • 【第117話】トヨタ2000GTのイメージスケッチ
  • ワシの住む住宅街から約10km。それほど遠くない場所にトヨタ博物館があるんだけれど、近所にオープンしたAEONモールのせいで博物館までの幹線道路は大渋滞だ。しかもその近くにIKEAが新たにオープンとのことで、ちょっとウンザリ。我が家から東西南北どっちの方向へ出かけても、渋滞必至なのがMTのミニにはツラい。さて、トヨタ博物館。十数年前には年間パスを購入していたほどヘビーユーザーだった。まだ幼児だったセガレとともに [続きを読む]
  • 【第116話】自動運転に向き合うトヨタの思想 VS 自分運転に向き合うミニ
  • 欲しくなるトヨタ車は多くないけれど、同社の理念や考え方に尊敬させられることならとても多い。今回の『自動運転技術等に関する開発の進捗状況』も、この時期に発信することに重い意味があるんだろうな。自動運転に関するエンジニアの取り組みを聞いたことがあるけれど、ここに記されていない技術まで含めると、すごいところまで進化していることに驚かされる。 (1959年からクラウンは進化し、ミニは‥‥)しかしそうなると、『 [続きを読む]
  • 【第115話】シルビア 復活って、若者たちの反応が知りたい
  • スマホのニュースで『日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載、10月公開か』というYahoo!ニュース記事を読んだ。半年ぐらい前にはホンダ・プレリュードも復活?みたいなコラムもあったなあ。けどコレ、誰がターゲット? 昔デートカーとして買ってたオッサンたちは今や独車かレクサス方面のステータスにしか目を向けないでしょ。まさか次世代シルビアを若者に売ろうとはしてないよね。「若者のクルマ離れ」みた [続きを読む]
  • 【第114話】トラブルが不安な旧車ファンこそクラシックミニ
  • 細かいことを言えば、今だってクルマは決してメンテナンスフリーじゃない。ただ以前より壊れにくいってだけだ。時代と共に走りはパワフルに、路面凹凸は吸収し、車内の静かさは向上し、安全装備が充実し、室内は快適だ。だけどそれは、ネットで注文した宅配ピザのようなもんで、便利な生活の補助的ツールなんじゃないかな。手軽で無意識に手に取って食えるピザ(=イマドキのクルマ)はパーティの脇役でしかない。 便利がウリのデ [続きを読む]
  • 【第113話】ミニが軽の駐車スペースに停めるのは…
  • 最寄り駅至近のスーパーではセキュリティ精算システムが取り入れられている。出口の精算機に自社のナンバープレート4ケタを入力すると「こちらのお車でよろしいでしょうか?」と撮影画像で確認してくる。イマドキの画像認識技術、すごいわ。スーパー側でも「ローバー・ミニ48-68のオーナーは見切品の購買率が62%」なんて分析されてたりして‥‥。で、このスーパーの駐車場には、空きスペースに誘導してくれる整備員のオッチャン [続きを読む]
  • 【第112話】ローバーミニの車高調整・セルフ版
  • 安物の油圧ジャッキをAmazonで購入しちゃったよ。まさか五十を超えてから愛車の車高を自分で調整する日がやってくるなんて、まったく想像もしてなかったなあ。しかも休日早朝にその作業にとりかかるのが楽しみになるなんて…。Amazonの便利さは、ヒトの人生を変えるほどアブナイと思う。 現状、前後左右とも地面からフェンダートップまでは約490mm。タイヤとフェンダーの隙間はだいたい指一本。巷のミニよりはかなり低い。橋の段差 [続きを読む]
  • 【第111話】MINIのことならC.C.OボスのMINIのことなら
  • 古い設計の小さなエンジンを載せた大衆車に、速さやパワーを求めるなんてあり得ん!ノンビリとドライブできる小柄なノスタルジックカーでしょ!…と思っていた。しかし歴々強者のオーナーたちはクラシック・ミニ・ワンメイクのレースに興じたり、インジェクションのエンジンをわざわざキャブ化して愉しんでいる。その趣きにはなかなかついていけない。 先日、偶然にもC.C.Oボス所有のミニをお借りする機会に恵まれた。恐縮しつつも [続きを読む]
  • 【第110話】クラシックミニが超高級車に勝るもの
  • 先日夕刻、近所の商店街をミニで交差点待ちをしていると、イカした白人系ガイジンのおねーちゃん二人組が「wah!」かなんか言いながら、こっちを指差しキャッキャした表情で手を振ってきた。…え?ワシ?勘違いしてニヤケ顔で手を振り返しちゃったらモーレツに恥ずかしいことになるんで、しばらく周りを見渡してみた。しかし人影はない。たぶん自分に向けられている。いや、手を振ったのはドライバーのオヤジに、じゃない。別にい [続きを読む]
  • 【第109話】燃費すごすぎじゃね? オドメーター狂ってね?
  • この結果↑…。なんかの間違いじゃね?e燃費アプリはガソリンスタンドのレシートをスマホで撮ってアップするだけだから「コレは読み取り間違いか計算間違いでしょ?」と思って、数字を再確認するんだけどね。何度見直してもちゃんと正しく入力されとる…。マジか!新記録更新だよコレ!たしかに信号のない超スムーズな田舎道だった。エンジンにムダな負荷をかけないように走ったけれど、燃費やエコランを目指したわけじゃない。普 [続きを読む]
  • 【第108話】旧車なんだし ドリンクホルダー 不要論
  • 昨日のブログでは代用品で節約できると主張した。さらに本日は、タイトルの通り『ドリンクホルダーは不要だ!』と主張したい。専用品はエアベント用で4000円以上、フロアセンター用だと、どれもだいたい1万円を超える。100円のコンビニコーヒーのために1万円の投資って‥‥。なくね? そういえば、ロードバイク用のドリンクボトルケージも、ビアンキ専用のチェレステカラーだけ高かった。それでも価格差はせいぜい1000円。自 [続きを読む]