みく さん プロフィール

  •  
みくさん: 先生とわたし
ハンドル名みく さん
ブログタイトル先生とわたし
ブログURLhttp://coinoiro.blog.jp/
サイト紹介文バスケット部の顧問の先生と部員だったわたし。 二人だけの秘密。
自由文先生との淡い想いを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 170日(平均6.1回/週) - 参加 2017/06/06 18:03

みく さんのブログ記事

  • 125. 教師と彼氏
  • 服を握ってる手の上に大きな手を重ねてきて「...ごめん...俺が無神経だった...」わたしの頭を撫でながら、何度も何度も謝ってくれた。「...あ..りがと...ニジ...ぅっ...ぅぅ...」言いながら、泣いてしまった。ずーっとイヤだって思っていた事だったから...ホッとしたんだと思う。「んーじゃー、先生としての俺は、これで終わり。笑さっ、みくの行きたがってた遊園地へ行こうか..な?」「....うん...」けど...なんて言って断るんだ [続きを読む]
  • 124. 顧問としての立場
  • デート当日。デートだけど、ゆっくり話せる時間ってこの時しかないからラブホに行く前に、ちょっとだけ話を聞いて欲しいとお願いしたら...いつもの公園の駐車場で話をすることになった。先生の方へ、身体を向けて「ねー..ニジー...キミコの事さぁー...わたし...不安なんだよね...。先輩達が引退した後の事を考えると...」不安いっぱいの顔をして、先生の方を見た。「んー...分かるよ。けど、顧問として言うんなら、仲良くして欲し [続きを読む]
  • 123. これからの厄介
  • お昼休み...。沢田先輩から呼び出されたので、昼食を食べてから、部室へ...。「みく、私達はさー、夏が終わったら引退するでしょ。でね、まだ、先生から言われてないかもしれないけど...キャプテン...部長は、キミコになる。私達が引退した後の一番上の上級生は、みく、つぐみ...そしてキミコの3人だからさー、おのずとキミコになるのは、分かってたと思う。あの子は、ずーっとバスケ部だからね。で、副キャプテンが、みくになるん [続きを読む]
  • 122. アピールする女
  • 悲しい事に、キミコとは、中学の時も同じクラスで高校も今のところ同じクラス。はぁー...なんかイヤ。イヤだーって思っている時に限って、話しかけられるんだよねー...。ったく...。休憩時間、窓を開けて...外をぼぉーっと見ていたわたしの肩を、パンッ!と叩いてきて『なに?』って言う間もなく...話しかけらてる...。「ちょっと聞いてよー!みくー...私さー、いつも、浅井先生におにぎり持って行ってるんだけどさー。この間、渡 [続きを読む]
  • 121. ピンク色で燃える場所
  • 夏休み前、久しぶりにデートが出来ることになった。先生にどこへ行きたいって訊かれたから、ラブホテルに行きたいと言ってみたら電話の向こうで、固まっていたんだと思う...しばらく無言だったから。笑どうして、わたしがそんな事を言い出したかって言うと彼氏がいる友が、ラブホテルに行ったんだって事をお昼休憩の時に話し始めてその内容が、とてもとてもうらやましかったから...。笑お風呂が広くて、ジャグジーとやらも付いてい [続きを読む]
  • 120. ダメ人間
  • まだ...少し...肌寒い早朝。走って待ち合わせ場所まで行くと、先生の車が停まっていた。制服だから、すばやく乗りこむ。「おはよう。ニジ」「おはよう。みく」ふふ。ここでキス...したいところだけど、道路沿いなので、車を走らせた。「時間があまりないからさ、学校へ行く途中の公園に行こう」「うん。今日ね...《親が朝から出かけるので、ついでに学校まで送ってもらうから》...ってつぐみちゃんにメールしておいたんだー。ちょ [続きを読む]
  • 119. 夜の電話
  • おにぎり事件?から数日経ったある日の夜《ごめんね。痩せるほど忙しいなんて知らなくて...》面倒な事は、言わないでおこうって思ってた。煩わせたくなかったから...けど、痩せたってのがどうしても気になっていて、メールをすることに....しばらくしたら《うん?痩せた?俺が?とりあえず、電話していい?》痩せたって事、自覚してないの?それとも?心配かけたくない...って感じなの?《うん》『うん』って返事を送るや否や電話 [続きを読む]
  • 118. あの子だった。
  • 「おにぎりの事知ってます?」放課後、部活が始まるまでの時間、沢田マネに訊いてみようって思った。「あ...うん。知ってたって言うか...」沢田マネの話。いつものように、管理ノートを持って行った時、キミコも一緒でその時、キミコが『先生、少し痩せました?』って言ったら『最近、忙しくて、朝飯もろくに食ってないからな。笑』と答えたらしい。そうしたら、キミコが『私、おにぎり作ってきますよ。自分のも作るからついでだし [続きを読む]
  • 117. 丸いおにぎり
  • 用事があったので、1時間目終わりの休憩時間久しぶりに教官室へ行ったら...先生の机に、ラップで包まれた、大きくて丸いおにぎりが置いてることに気付いた。...先生は不在...。「最近、そのおにぎり、よく見るなー」先生の向かい側に位置してるテニス部の先生が、ぼそっとそう言った。「へぇー...」わたしは、なぜか...おにぎりから目が離せなかった。「先生に用意?」と訊かれたので、「そうです」と答えたら職員室へ行ったけど [続きを読む]
  • 116. 癒してあげる
  • 先生のキスで目が覚めて...「ただいま。笑」「...おかえり。笑」中腰で、わたしの髪を撫でながら、やさしく微笑む先生の顔が、とても愛おしくて......「ニジー...お疲れだね。癒してあげようか?笑」荷物を置いてラグの上に座って、ソファーで横になってるわたしと同じ目線になり..「笑。いいねー。どうやって癒してくれる?」「うーん...いっぱいキスしてあげる。笑」「んー、じゃー...」ちょっぴり分厚いくちびるを近づけてくる. [続きを読む]
  • お越しいただいたみなさん。
  • こんにちは。ここ数日...新しい読者さまが増えまして...うれしいやら、はずかしいやら...ですっ(,,> はじめましてのみなさま。出来ましたら、カテゴリ『はじめに』から順に読んで頂けるとありがたいです。新しい記事がトップページに表示される仕様ですので...。よろしくお願いします。女子校あるあるな感じの恋愛綴りです。特別な事はなにもありませんが...お暇潰しのお供?にして頂けると、うれしいです(〃∇〃)何かありましたら [続きを読む]
  • 同居人さんです。
  • 突然ですが...同居人さんです。(夏に撮影)...って言っても、脚だけ..ですけど。後ろから、スマホで撮った1枚です。?p??qω?,,´)パシャ同居人さんって...どんな人?ってご質問を結構頂くので...答えになってないかもですが...こんな感じです(?´ㅂ`?)? [続きを読む]
  • 115. 合鍵をはじめて...
  • 貰ったカギに小さな鈴を付けた。そして、そのカギを初めて使う時がきた。クリーム色の少々重いドアの前で、カギを出して...ドキドキしながら、鍵穴にカギを挿し込み...カチャッ......開いた。暗い玄関に入ってスゥーハァー...先生んちの匂いがする。笑誰も居ないけど...「おじゃまします...」小さい声で、お家にご挨拶。笑廊下を歩き、薄暗いリビングダイニングへ...。ベランダ側...掃き出し窓のカーテンを引くと...はぁー...笑太 [続きを読む]
  • 114. 先生の家のカギ
  • コンコン...教官室の前に立ち、ドアをノックして...「2年の斎藤です」いつもと同じ挨拶をする。「おーっ。入れー」ぶっきらぼうな返事が返ってくる...ドアを開けて、先生の方を見たら、うれしそうな顔をしていた。笑先生の横に立って、「沢田マネから頼まれたんだー。これ、いつものノート」「笑。そうなんだー...。あいつに感謝...だな。笑」「うん。笑」ノートの上に置いていたわたしの手をムニムニしながら...「ごめんな。どこ [続きを読む]
  • 113. 不足
  • 5月ももうすぐ終わり...。2年になった春に...一度デートしたきり...学校以外では会ってない...ものすごく忙しそうで疲れてるみたいだからわたしから逢いたいって言っちゃーいけないような気がして...それに、先生に纏わりついてる生徒がいるから部活以外では、言葉も交わしてない。わたし達の関係がバレるんんじゃないかっての思いから...。逢える...のは...会話出来るのは...部活の時間だけ...になった。ニジ不足...。そんなわ [続きを読む]
  • 112. 人気者になる。
  • 副担任になると、ホームルームに出たり、受け持ちの生徒の相談に乗ったり...と...今までより、生徒と関わることが多くになる。多くなるって事は、先生の人となりが分かるって事。今までは、体育の時間だけのお付き合いだから先生が笑うと可愛いところとか...実は、ちょっと天然なところとか...萌え―な部分ってのは知られてなかったけれど...知られちゃった...んだよねー...。1年の子達に...。だから...人気者さんになってしまっ [続きを読む]
  • 111. 学年が1つ上がる。
  • 2年生になった。つぐみちゃんと同じクラスになって大喜び。春菜ちゃんは、残念ながら、違うクラス...けど、部活が一緒なので今まで通り仲良くしようねと、ハグをした。笑先生は、1年生の副担任になった。部活に副担任...忙しくなりそう...3年生になった沢田先輩は、夏の合宿が終われば引退する。特進クラスで国立への進学組だから、3年になったらすぐ引退するってのが普通なんだけど沢田先輩は、頭脳明晰なものでして...余裕ら [続きを読む]
  • 110. この姿勢がスキ
  • 肌を合わせてる時って...ただの...笑。男になる。けど、それがいい。とは言え...長すぎやしないかい?わたし...もう...何度もイカされすぎて、疲れました...よ。ニジ...笑「ぁん...はぁー...ニジ?上がってきて..よー...もうぉー...ぅんっ...ああ...」感覚が無くなってしまうくらい、集中して舐められ、指で弄ばれ...「あっ...うん...」ツゥーって舌を這わせながら、わたしの目線の位置まで上がってきて「気持ち良かった?」...と [続きを読む]
  • 109. 先生の長い指と...
  • 映画を観たり、喋ったり、キスしたり、夕飯食べたりして......夜になった。先にお風呂に入り、髪を乾かし...ベッドの上に寝っ転がって、本を読んでた。今日は、眠くならない。眠ってなんかいられない。最初のお泊りの夜...なんだから...。しばらくしたら...バスタオルを腰に巻いて、部屋に入ってきた先生はわたしの上に覆い被さってきて耳たぶを甘噛みしながら...「どうして?服着てる?」「...笑。寒いもん...けど、ニジが来たか [続きを読む]
  • 108. あーんしてっ。
  • 遅めのお昼ごはんを先生が作ってくれてる...。わたしも手伝うって言ったら、『足手纏いだからいい』...と断られた。一人暮らしが長いから、料理も上手くなって、何でも作れるらしい...。ふふ。「何つくるの?」「出来てからのお楽しみー」女子かっ。笑こんな先生...ぜったい彼女じゃないと見れないよねー...かわいい一面。笑ソファーに座って、かわいい先生をずーっと見つめてた...ご飯が出来るまで...。ジュ―ッジャー...真剣な顔 [続きを読む]
  • 107. ゴロゴロ転がる...
  • 先生も全部脱いで...わたし達は、昼間っから...エッチに没頭した。終って...ふわふわのラグの上で、たくさんのキスをされて...キスされ過ぎて...「ぁっ..ねーニジ...今日、お泊りするんだよ。今、こんなにしたら...ねー...」「うん?大丈夫。夕方もするし...夜もするし...明日の朝もする...お昼も......」言いながら...ぷっ...はははー...って笑いだした。わたしを抱きしめ、ゴロゴロしながら...笑ゴロゴロゴローって一回転して、 [続きを読む]
  • 106. 続・手こずる先生
  • ぷはっ...ハハハ―っ...爆笑...された...。「か...かわいすぎて...いう事が...」笑ながら、かわいいを連発する先生。陽射しがリビングまで伸びていて、明るくて...まだ、お昼間で...そんな時間に...わたしは、胸を晒し...笑われているの図...。...なかなかシュール...笑「みくは、たくさん着てるもんな。ってか、寒くないか?」「...寒い...早く、ぎゅってして...」「うん...分かった...」先生は、スカート脱がし...次にスパッツを [続きを読む]
  • 105. てこずる先生
  • 「...みくー...ばんざいして...」「...ぅん...」すでに興奮している先生は...笑わたしの服をパパパーっと脱がせていく...けど...寒がりだから、5枚も着込んでる...脱がせても...脱がせても...笑「...ククッ...着すぎ...」「...ふふ。寒いもん...」モゾモゾモゾ....「あっ、やっと...」そう言うと、うれしそうに、わたしの胸に吸い付くようなキスをしてくる。っん...ぁん....きもちいぃっ..いっぱいいっぱい触わられて...「ぁん...ね [続きを読む]
  • 104. ガラス越しの未来
  • お正月。三が日は、平和で穏やかだった..。今日は、先生んちでお泊り。いつもの場所でいつも通り...先生の車の助手席へ乗り込む。「...みく...明けましておめでとう。今年もよろしくな...。笑」好きすぎる笑顔で、わたしを迎えてくれる。「ニジ...明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。笑」ふふっハハッ車の中で新年の挨拶をして...こことは違うショッピングセンターで、食べ物を買い込み、先生んちへ向か [続きを読む]