PayFoward さん プロフィール

  •  
PayFowardさん: み旨と原点
ハンドル名PayFoward さん
ブログタイトルみ旨と原点
ブログURLhttps://sekaijin.wp.xdomain.jp
サイト紹介文文鮮明先生によって明かされた神のみ旨と信仰の原点について考察していきます。
自由文信仰路程も長くなると、自らの信仰の原点を忘れ、神のみ旨も忘れ、マンネリ化した信仰生活を送りがちです。
このブログではそんな神のみ旨と信仰の原点を思い出すためのヒントを与えるブログとしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 125日(平均4.3回/週) - 参加 2017/06/06 19:09

PayFoward さんのブログ記事

  • ⑤真の基元節 (2015年8月30日、天暦7月17日)
  • ⑤真の基元節 (2015年8月30日、天暦7月17日)韓お母様の神になりたいという欲望の故、2013年2月22日(天暦1月13日)の基元節は、偽基元節となってしまったことがわかりました。しかし真のお父様が3度戴冠式を行い、全世界に後継者、相続者として宣言された文亨進様は、文國進様との間でなされたアベルとカインの一体化の基台の上で2代王に即位することで基元節を成就することができました。つまり真のお父様を中心として、アベル [続きを読む]
  • ⑤真の基元節 (2015年8月30日、天暦7月17日)
  • ⑤真の基元節 (2015年8月30日、天暦7月17日)韓お母様の神になりたいという欲望の故、2013年2月22日(天暦1月13日)の基元節は、偽基元節となってしまったことがわかりました。しかし真のお父様が3度戴冠式を行い、全世界に後継者、相続者として宣言された文亨進様は、文國進様との間でなされたアベルとカインの一体化の基台の上で2代王に即位することで基元節を成就することができました。つまり真のお父様を中心として、アベル [続きを読む]
  • ④アベルカイン一体化宣布
  • ④アベルカイン一体化宣布お父様は2007年5月11日のみ言で「お母様は2013年6月16日までに完成しなければならない。」と語られました。韓お母様は真のお父様に絶対服従し、後継者として立てられた文亨進様にすべての権限を委譲し、真の母としての責任を全うしていたならば自動的に完成する予定でした。つまり、2012年2月22日(陰1月13日)の基元節に、第三次「真の父母様聖婚式」を行うことで韓お母様も完成し、真の母として永遠の栄 [続きを読む]
  • ③偽基元節 2013年2月22日(天暦1月13日)
  • ③偽基元節 2013年2月22日(天暦1月13日)2013年2月22日(天暦1月13日)に行われた「基元節」では、「天地人真の父母様天一国即位式」および「天一国基元節入籍祝福式」のみが行われました。「基元節」の最も核となるべき式典、第三次「真の父母様聖婚式」は行われませんでした。その代わりに「天地人真の父母様天一国即位式」が行われたのです。それは何を意味するかというと、「天地人真の父母様」=韓お母様、「天一国即位式」 [続きを読む]
  • ②韓お母様の聖婚式
  • ②韓お母様の聖婚式★重生、復活、永生の3段階の祝福1960年4月11日(陰3月27日)に、真のお父様と韓お母様の御聖婚式(子羊の婚姻)が行われました。真のお父様によるとこの聖婚式は、「長成期完成級の基準で行われた」と次のように語られています。「1960年が、いったいどの基準であったか? 堕落したアダム、エバの立場、長成完成級の基準である。長成期完成級基準を中心として完成圏まで上がるには……7年の期間が必要である。 [続きを読む]
  • ①基元節の意義
  • 白井康友・統一教会家庭教育局部長によって解説された、文鮮明師のみ言にもとづく「基元節」の意義を見ると、1、神様の実体であられる真のお父様と神様の妻である真のお母様が第三次「真の父母様聖婚式」を挙行する日。2、神様の家庭(創造本然の理想家庭)が出発する日。 3、創造本然の理想家庭の拡張を通して、実体的天一国(神様の祖国)の始発となる日。 4、神様を中心に侍り、新天新地を開き、永遠なる解放、釈放を謳歌される [続きを読む]
  • 3、韓お母様の天一国創建
  • 3、韓お母様の天一国創建2012年9月3日、真のお父様は93年の生涯を終え、清心国際病院で聖和されました。真のお父様は15歳の復活節の朝、イエス様から啓示を受けてより、神のみ旨を成就するためにその生涯を捧げてきました。1960年3月27日(陰 3. 1)には、韓お母様を迎えて、子羊の婚姻を行い真の父母の日を迎えました。1992年7月 3日に、初めて再臨主宣布。2001年1月13日には『神様王権即位式』を行い、歴史上初めて、神様が王の [続きを読む]
  • ? 「真の後継者」比較表
  • ? 「真の後継者」比較表 韓お母様文顯進様文亨進様1)み言「先生が霊界に行ったならば、お母様(韓鶴子夫人)を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。」(『祝福』1995年夏季号)「先生が一人でいても真の父母様の代身であり、お母様が一人でいても真の父母様の代身です」(1990.3.27)「私は第一教主、お母様は第二教主です。」(1990.5.6)「先生が第一教主であれば、お母様は第二教主である」(1994.11.27) [続きを読む]
  • ?「真の後継者」文信俊様
  • ?三代王文信俊様御父様は新しくお生まれになったお孫様をご覧になったあと「この子ではない、先生が待っている孫が生まれてこないと。」と仰っていました。しかし2004年5月10日(陰暦3.22)にお生まれになった信俊様をご覧になり「ついに生まれた!! 先生でさえもお前たち夫婦にこの孫が生まれるとは思いもしなかった。」とたいそう喜ばれました。真のお父様の晩年、ご父母様の周りには常に文信俊様がおり、ご父母様と常に行動 [続きを読む]
  • ?「真の後継者」は文亨進様か?
  • ③文亨進様1)真のお父様のみ言に見る後継者の根拠★2008年4月16日 訓読会の御言葉「今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと思うんだね。 今、食口たちの中で信仰体験からしても何にしても、亨進の基準を超える人はいない。分かったか?明らかだ。 自分の兄弟たちが多く助けるだろう。 国進も協助するだろうし、顕進も、外国に行っているから、協助して、ここにいる人も協助して。 36家庭も全部皆よく理解してあげ [続きを読む]
  • ?「真の後継者」は文顯進様か?
  • ?文顯進様1)真のお父様のみ言に見る後継者の根拠父子協助時代を迎えた2000年頃の真のお父様が語られたみ言を見ると、「父母様が、霊界の長子である興進君を呼んで、このように祝福された家庭を立て、一緒に統一的宣言をすることによって、先生が祝福をしてあげるのではなく、今後は興進君が祝福をするのですが、興進君がいなければ、顯進君がお父様の代わりに祝福できる時代になるのです。」(三時代大転換一体圏統一祝福式の [続きを読む]
  • ?「真の後継者」は韓お母様か?
  • ?韓お母様1)真のお父様のみ言に見る後継者の根拠「伝統はただ一つ! 真のお父様を中心として! 他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。今、先生を中心としてお母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、お母様(韓鶴子夫人)を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。今、お母様が行く道は、お父様が今まで [続きを読む]
  • ②み言と原理で解明 「真の後継者」
  • ②み言と原理で解明 「真の後継者」真のお父様の聖和を前後し、統一教会は大きく分けて3つに分裂してしまいました。神の摂理を担う中心宗教がその使命を果たしていたらば、決して分裂することなどあり得ませんでしたが、結果的に3つに分裂してしまったということは、統一教会自体にサタンが侵入してしまったからであるという結論を前編では明らかにしてきました。また誰にどのようにしてサタンが侵入してしまったのかということも [続きを読む]
  • ?1990年3月27日―2015年3月11日までの略史
  • 「1990年3月27日―2015年3月11日までの略史」1990年3月27日第31回「父母の日記念礼拝」父母の日30年を越え、女性解放圏を宣布「女性全体解放圏宣布」−女性連合出発4月9日モスクワ世界大会4月30日真の父母(メシア)宣布大会5月20日真の家庭宣布6月10日真の子女宣布1991年9月1日還故郷総動員宣布9月17日「アジア平和女性連合」東京大会11月30日真の父母北朝鮮訪問1992年4月10日「世界平和女性連合」創設、NGO組織、世界女性時代の [続きを読む]
  • ?真の後継者は文信俊様、文亨進様
  • ?真の後継者は文信俊様、文亨進様★後継者は文信俊様今度は亨進様について見てみよう。2000年以降、お父様はこれからの7年間で後継者を探さなければならないと言われた。2003年2月6日「天一国開門祝福結婚式」(二度目の結婚式)が挙行された。その翌年3月22日(旧暦)に亨進様の三男の信俊様が誕生された。そして、お父様は「やっと、生まれた。」と喜ばれ、後に信俊様を後継者として決定された。その後、2008年4月16日の訓読会 [続きを読む]
  • ?原理的に見た長子、文顯進様
  • ?原理的に見た長子、文顯進様 ★正当な後継者の資質三男の顕進様が正当な後継者なのか?それとも、七男の亨進様が正当な後継者なのか?お父様のみ言葉を元に論を進めて行きたい。特に、私が赤線を引いた部分で顕進様と亨進様が取った行動を当てはめ、比較して神様・お父様の復帰摂理的観点から公平、中立的に分析して行きたい。それによって、正統なお父様の代身者、相続者、後継者が理解出来るであろう。韓国の儒教国家としての [続きを読む]
  • ?後継者は真のお父様の男の子女様
  • ?後継者は真のお父様の男の子女様★母子協助時代から父子協助時代へ食口の皆様の家庭にある「家庭連合時代―主要儀式と宣布式 Ⅳ 1999年7月―2001年1月、父子協助時代宣言2000年11月11日、p602」を読んで頂きたい。その中で、お父様は「第一次、第二次大戦を終えて第三次時代へと越えながら、すべてを埋め尽くし、ついに整備されたカイン・アベル圏、聖霊を中心として霊的な準備を連結させて、実体的基準を中心とした再臨主と一 [続きを読む]
  • ?韓お母様は真のお父様の願われた後継者か?
  • ?韓お母様は真のお父様の願われた後継者か?★「真の父母様の一体化」について2012年9月3日、お父様は聖和された。その後、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)はお父様は霊界に行き、地上にいるお母様を協助し、一体化していると教育した。そして、「お母様を絶対中心として一体化するべきである」と。しかし、徐々に、お母様が話される多くの事柄がお父様在世中に話されたみ言葉と多くの点で食い違っていたり、お父様がしてはな [続きを読む]
  • ①『真のお父様が願われる真の後継者は誰か?』
  • ①『真のお父様が願われる真の後継者は誰か?』★み言を部分的に抜き出し、正当化のために使う家庭連合私は45年前に、統一教会と出会い、原理のみ言葉を学びメシア・文鮮明氏と会う機会を多く持った。お父様と二人きりで何時間もニューヨーク・ハドソン川のほとりで魚を釣ったり、一緒に食事をしたり、語らい、質問もした。この心情の絆を持ち共産圏の地下伝道活動に行った。何度も殺されそうになり、投獄されそうになり迫害された [続きを読む]
  • 2、後継者問題
  • 2、後継者問題 人間の性(さが)として、私たちはまず初めに結論ありきで、その結論を正当化するために、いろいろな理屈を作り出してしまいます。 政治家や評論家たちの政治討論を見ても、宗教家たちの宗教的対立を見ても、それぞれが […] [続きを読む]
  • 1、メシヤ観
  • 1、メシヤ観 人類が歴史を通し待ち望んできた救世主、メシヤ。それは誰なのかは誰にも分りません。 何故ならメシヤをメシヤとして証明する手段がないからです。 人類史上ただ一人メシヤと信じられているイエスキリストでさえも、メシ […] [続きを読む]
  • ③イエス再臨時
  • ③イエス再臨時 今まで神の摂理を担ってきた中心宗教は、一度摂理に失敗し、サタンの侵入を許してしまった場合、神はそれ以上その中心宗教に働くことができなくなります。 そしてその中心宗教の中から異端の姿をもって新しい中心が生ま […] [続きを読む]