sharrough さん プロフィール

  •  
sharroughさん: 年金相談室
ハンドル名sharrough さん
ブログタイトル年金相談室
ブログURLhttp://www.sharrough.com/
サイト紹介文年金受給者のために、社労士の立場から様々な疑問を解決します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 104日(平均1.9回/週) - 参加 2017/06/07 19:56

sharrough さんのブログ記事

  • 共済年金と厚生年金
  • 今回発覚した支給漏れですが・・・。あくまでも私見ですが、原因は共済組合と日本年金機構との情報連携にあるのではないかと思ってしまうのです。共済年金と厚生年金は平成27年10月に一元化されましたが、一元化されたはずの今でさえ、「え?」と思うことが多いからです。例... [続きを読む]
  • 年金の支給洩れ!?
  • 年金の支給洩れが報道されました。厚生労働省は13日、65歳から受け取る基礎年金に一定額を上乗せする「振替加算」について、1991年以降、元公務員の妻ら10万5963人分、計約598億円の支給漏れがあったと発表した。読売新聞私も顧客の年金相談と手続代行のな... [続きを読む]
  • 高年齢雇用継続基本給付金
  • 年金ではありませんが、年金と密接に関連しているのが高年齢雇用継続基本給付金です。現在、一般的な定年退職年齢は60歳ですが、引き続き継続勤務する人が増加しています。その場合、嘱託として再雇用となり、給料が大幅に減少することが多いと思います。60歳になった時の賃... [続きを読む]
  • 時効
  • 年金は5年で時効になります。5年を経過した支給分については、受け取ることができなくなります。60歳から特別支給の老齢厚生年金を受給できる方が、請求手続をせず、65歳になってしまうと、受給できない年金が発生してしまうということです。保険料の支払についても同様で... [続きを読む]
  • 繰下請求
  • 老齢厚生年金受給者が65歳になった時に、必要となる手続があります。それは年金を繰下するかどうかの確認です。厚生年金、基礎年金ともに繰下受給することができます。繰下した場合のメリットは年金額が増加することです。1か月につき0.7%増加します。例えば、1年間、年金受... [続きを読む]
  • 年金請求書
  • 受給開始年齢に達する3カ月前に、年金の請求書が自宅に届きます。緑色のA4版封筒で届くはずです。そこでお願いがあります。中身をよく読んでください。特に職歴について。年金請求書にはこれまでの履歴が記載されています。いつからいつまで、ーー株式会社に勤務していたと... [続きを読む]
  • 加給年金
  • 年金額は、これまでに納付、(または免除)してきた年金保険料に基づき計算されますが、例外が加給年金と振替加算です。加給年金・振替加算は、夫婦それぞれの厚生年金加入期間によって支給されます。具体的には、厚生年金加入期間が20年以上か未満かという基準です。年金制... [続きを読む]
  • 繰上請求
  • 繰上請求という制度があります。性別、厚生年金加入期間(1年基準)によって受給開始年齢が60歳から65歳の間で決まっているのですが、60歳以降は繰上請求することによって、65歳以降の基礎年金もあわせて受給することができます。当然、デメリットがあります。無ければ皆が繰... [続きを読む]
  • 10年年金 2
  • 本日、10年年金顧客の事前調査を年金事務所で代行しました。顧客は以前公務員として働いていたことがあるという話を聞いていたのですが、年金請求書にはその記録が記載されていません。既に一時金として受給しているのでは?と考えましたが、顧客は貰っていないと主張。年金... [続きを読む]
  • 厚生年金基金
  • 厚生年金基金は、厚生年金の給付について一部を代行するとともに、独自の上乗せ給付を行う制度です。多くの企業で採用されてきましたが、近年は解散・代行返上が相次いでいます。従業員に対する福利厚生として、右肩上がりの時代は良かったのですが、近年のような運用環境で... [続きを読む]
  • 障害年金
  • 障害年金は、初診日、つまりその症状について最初に医師の診察を受けた日から、1年6ヶ月経過した日、もしくはその症状が固定化した日(認定日)において一定の障害の状態であると認められた場合に支給されます。老齢年金や遺族年金のように、年齢や死亡といった明らかな給付... [続きを読む]
  • マイナンバー
  • 平成29年4月、年金請求書の様式が変更されました。変更となったのは、マイナンバーの記載欄が設けられたことです。書類の記載を見ると、マイナンバーの記載が必須であるかのようにも読めます。言うまでもなく、マイナンバーの扱いは慎重に行う必要があります。顧客のマイナン... [続きを読む]
  • 一元化
  • 民間の会社員が加入する厚生年金と、公務員や教職員が加入する共済年金は、平成27年10月に統合されて厚生年金に一元化されました。日本年金機構一元化されたことにより、例えば共済年金の請求手続きが年金事務所でできる!それが一元化だと思うのですが・・・。基本的にはそ... [続きを読む]
  • もらい忘れ年金
  • なぜもらい忘れ年金というものが存在するのか。現在の年金制度は昭和61年4月に行われた制度変更が基本となっています。それまでの旧制度では、国民年金と厚生年金は別々に運営されていました。ずっとサラリーマンだった人は厚生年金を、ずっと個人事業主だった人は国民年金だ... [続きを読む]
  • 大混雑
  • 年金事務所の混雑は、相変わらずです。改善されていません。1〜2時間待ち、予約するにしても1週間〜10日後となってしまう場合もあります。但し、温度差があります。年金事務所によって、混雑の度合いが異なります。実は、結構空いているいる年金事務所があったりします。... [続きを読む]
  • 救済措置
  • 10年年金に関する相談が増加しています。今回の制度改正により、受給が可能になった人は良いのですが、残念ながらカラ期間を考慮しても受給できない人も存在します。あと数か月で・・・という人もいました。70歳以上の高齢者には、現在のところ、救済措置がありません。一応... [続きを読む]
  • 合算対象期間
  • 一般的にはカラ期間と呼ばれています。受給資格としてはカウントされますが、年金額の計算には算入されない。だからカラ期間というのだと思います。考え方としては、保険料を支払う意思はあったとしても事情により支払うことができなかった期間です。学生であった期間、海外... [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 社会保険労務士の橘です。金融機関で、年金相談業務に携わっています。「年金」は人生の縮図です。その人のこれまで歩んできた人生そのものです。「消えた年金」や「宙に浮いた年金」等、不安な言葉が飛び交っています。私はお客様の、これまでの人生の「結論」を、過不足な... [続きを読む]
  • 特別支給
  • 特別支給の老齢厚生年金。65歳前に受給することができる厚生年金です。何故か、ここで「大いなる誤解」が多発しています。「今受け取ると損する」最初は意味がわかりませんでした。損をする?色々と話を聞いてみると、「繰上請求」と混同してしまっているということがわか... [続きを読む]
  • 遺族年金
  • 先日、ご主人を亡くした奥様の遺族年金請求手続きを代行しました。お酒が大好きな方で、晩酌を欠かさなかったそうです。高血圧を指摘されていたそうですが、美味しそうに飲む姿を見ていると止めることができなかったそうです。そして冷蔵庫には、その時も大量のビールが入っ... [続きを読む]
  • 在職老齢年金
  • 働きながら年金を受給する場合、正確には厚生年金に加入している状態で老齢厚生年金を受給する場合、一定の比率で年金の支給が停止されます。停止額の基本的な計算式は、 65歳まで(年金額(厚生年金)×1/12 + 標準報酬額 + 年間賞与×1/12 - 28万)×1/2 65歳以降... [続きを読む]
  • 年金事務所が
  • 年金事務所が凄いことになっています。大混雑。10年年金の影響です。予約しようとしても、1週間後、2週間後だったりします。黄色い封筒を持った人たちが待合室に大勢待機しています。非常事態です。私も10年年金の手続きを代行していますが、今の年金事務所の様子を見ると、... [続きを読む]
  • 10年年金
  • 10年年金。ついに実現しました。消費税アップが前提条件だと言われてきましたが、予想を覆し、実現しました。新たに受給が可能となる人が60万人以上存在するそうです。段階的に「黄色い封筒」で請求書類が送付されます。感慨深いものがあります。これまで相談してきた方々。... [続きを読む]
  • 年金手続代行
  • 手続きの代行をしていると、実に様々な事象に遭遇します。遺族年金。いうまでもなく、請求するのは高齢者が中心です。高齢者の年金記録を調査すると、かなり高い確率で「もらい忘れ年金」が発見されます。今のように記録が機械化されていなかった時代。名寄せが十分に行われ... [続きを読む]