クマぷー さん プロフィール

  •  
クマぷーさん: クマぷーの日々〜愛に生きる!
ハンドル名クマぷー さん
ブログタイトルクマぷーの日々〜愛に生きる!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/okyuguma/
サイト紹介文てんかん、BPD、鬱を抱えながらもアルコール依存性の恋人と共に前を向いて歩いていく。
自由文恋人いっしーとの穏やかな日々を大切にしたいと願っています。メンタルの病気と15年以上戦っていますが、負けないでいつか社会復帰したい。単身大連に短期語学留学し、見るもの全てが新鮮です。また来たい、そしていずれこの経験を将来に活かしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2017/06/07 20:20

クマぷー さんのブログ記事

  • 日常、体調キープとか大事だよね
  • 今週末は実家に一泊、マンションに二泊した。洗濯して、実家だと外に干せるので気持ちよかった。取り込むの忘れてたら母が取り込んでおいてくれた…(><)しまった…ラムステーキを焼いてくれた。冷凍肉ではなかったので独特の臭いがせず、すごく美味しかった。まだ入院中なんだけれど嬉しくてビールをたくさん飲んでしまった。飲みながら母と色んな話をした。話題がどうしても暗くなってしまう。最近他罰的な人が多いよねーと言い [続きを読む]
  • 恨み、憎しみの感情が消えてきた
  • いっしーに何度目かわからないけれどコテンパンに振られた。「振られた」って認められるのはいいかもしれないなぁ。今までだと、振った事実を認めたくなくて、振った相手を否定しなきゃ気が済まなくて、相手も自分もズタズタに傷つけないと気が済まなかった。自傷行為してうっとりしたり、お互い修復不可能なまでに傷つけあったり。それは相手もお互い様だったけれど。めちゃくちゃ悲しいけれど、これをきっかけに怒りとか恨みとか [続きを読む]
  • うまくいかないすべて
  • いっしーともうまくいかない、主治医ともうまくいかない、Q先生はどうせわかろうとはしないだろうし。もう皆勝手にしてよ、って思う。私ばかりキリキリして気を遣って。それをチクるとかって何?自分の治療もしちゃいけないの?無限にいっしーのためにサービスして、それでなんで当然て顔してられるの?散々応援してきて助けてきたから、こちらが苦しい時に少しだけでいいからヘルプしてほしいと願う事がなぜそんなにいけない?な [続きを読む]
  • 外泊〜主治医と喧嘩
  • 病院食が食べられない(><)西陽で痛めつけられ、朝は朝でホールは燦々と朝日が降り注ぐ…私は窓際の席…で向かい側の爺さんが涎を垂らしながらガツガツと咀嚼する気配を感じながら食事をするのは誰が何と言おうと無理。夜は独り言言う人と夜中にパタパタ走り回る人が…追加眠剤貰って&アイスノン借りてがんばる。患者さん達は悪い人はいない、壊れてるだけで。だから仕方ない…看護師さんも皆親切。主治医がデリカシーなくてなぁ( [続きを読む]
  • 心の準備〜熱中症
  • 保健師さんと、支援センターの見学について慌ただしく打ち合わせた。けれど、いざとなると憂鬱に襲われて日程を変更してもらうことにした。昨日は熱中症ぽくて、アイスノンもらって部屋で休んでいた。隣の人は被害妄想ぽくて四時間くらい「うるさいねー」と言い続けていた。機嫌いい時はちょっとお話しもできるんだけど。看護師さんに部屋を替えたいと言ったらすぐにぴんときてた。前々からその患者さんの事で「大丈夫ですか?」て [続きを読む]
  • 私の正義〜ストレスケア
  • 熱すぎ…イヤイヤ暑すぎて考えるのが嫌になってくるよ。熱が身体にこもってる感じ。看護師の巡視さえなければパンイチで寝たいです。辛うじて残ってる理性がそれをさせまいとする…カウンセリング。観念的な話になった。話のあらすじは覚えていないけれど、心理士が結論づけるように「ぷーさんて『いい人』なのよね」と言った。好意的な口調だったので良かったけどね…覚えてるんだけど、初めてこの心理士にかかった17年くらい前の [続きを読む]
  • 小さな親切響く喜び
  • 小さな意地悪で落ち込んだり死ぬほど腹がたつ反面、小さな親切ですごく嬉しかったりするんだ。今日はそんな事があった。昼下がり、猛烈な暑さの中外出。図書館へと向かった。借りてた本を返して、5冊ほど借りた。真梨幸子と湊かなえと角田光代。どれも好きな作家ばかりだ。図書館は好きな場所なのでわりと落ち着いた気分で過ごせた。涼しかったし。それだけでなく、図書館を利用していた人達も図書館員達も皆礼儀正しく接してくれ [続きを読む]
  • 英語でかっこつけおねいさん
  • 下のカフェによく出没する患者がいる。患者にしては気張ったオシャレをして、まぁどっからどう見ても人格や性格に問題ありな感じ…と思って触らぬBPDに祟りなし(お前もな)…とばかりに話しかけずにいた。ツンケンしてそうだし、列割り込んだり早々に感じ悪かったし。今日隣の席に座った。うわぁ…と思いつつも私はやる事があったのでスマホでせっせと調べ物をしてメモを取っていた。と、離れた席に座った顔見知りの外国人患者さ [続きを読む]
  • しみじみトーク
  • いっしーと三回、電話した。お酒飲んでない時のいっしーは話しやすい。寧ろ今日は私が飲んでいた。量は少ないけど継続して。明日は舎弟の家に遊びに行くという。「なーんだ、呑めればどこでもいいんじゃん」思わず気の抜けた笑いが漏れた。いっしーはそれを聞き逃さない。「なんだよそれぇ」冗談めかしながらもちょっと怒ったように言う。だから私も冗談のふりをして答える。「だってさ、私に会いたくないんでしょ」すると突然真面 [続きを読む]
  • どいつもこいつも
  • 人の気も知らないで、とここのところすごく思う。私があまり怒らないせいですごくズケズケ言われるのでめんどくさい。この間、ホールで食事をするのがいよいよしんどくなり、数日間殆どろくに食べずにフラフラしながら夜中に目が覚めた。お腹すいて。ホールの自販機でジュース買って空腹を満たそうと思った。そこへ看護師がやってきて、話を聞きましょうかと言ったのでかいつまんで説明した。そうしたら。「居心地よくしたけりゃさ [続きを読む]
  • 心が凸凹
  • 週末は沈み込んでいた。悪いことばかり考えていた。Q先生といっしーが、私の事をどんどん悪く考えているんじゃないかと思えてきてしまって、悶々としていた。悶々とする事や、依存症になる事についてQ先生が「仕事をしていないと(はまり込みやすくなってしまって)大変ですよね」と言った事まで気になってきて、だんだんと「仕事もしてねーからくだらねー事きにすんだよこのキチガイ」と言われたような気になってしまって…被害妄 [続きを読む]
  • 第二週ラスト〜好きな2人との距離の取り方
  • iPhoneの充電が切れ、モバイルバッテリーを忘れていたのでブログが書けなかった。家に帰ってPCで書いていたら違うページを開いているうちに間違って消してしまった(><)なんてこったい…数時間沈没してから気を取り直して続きを書く。同じ事を書くのはつまらないから違う事を違う切り口で書こうと思う。今回の入院はまた、随分と風変わりなものになりそうだ。「相手との距離の取り方」これに尽きる。今回病棟内の他の患者さんとの [続きを読む]
  • 二週目第二日〜目的
  • 入院の目的がわからなくなってきた。主治医は、いっしーとの約束事を作って距離の取り方を作った方がいいって言う。でもなんだか疲れてきた。罵倒されながらケアしてあげる筋合いもないしなぁ。主治医は「依存症の人は飲み始めたら何したって飲むし、そうしたら自分自身の身の安全を確保して」「いずれ暴言だけじゃなく暴力が出てくるのは時間の問題」って言うし、気が重い。Q先生も「依存症を抱えてる方は大変ですよね…」と呟い [続きを読む]
  • 告白〜新しいときめき
  • 日記が暫く滞ってしまった。何から書けばいいのかな。実を言うと、数ヶ月前から新しく気になっている人がいるんだ。先週末、その事を主治医に告白した。絶対怒られると思った。相手は医師だったから。主治医になった事はないし、患者として個人的に関わった事はないとはいえ、恋愛感情を抱いたなんて言ったら絶対に「転移」だの言われて感情自体を否定されると思った。ところが、主治医は顔色1つ変えずに聞いていた。「僕が引っか [続きを読む]
  • 入院五日目〜疲れるトラブル
  • 今日ちょっとしたトラブルが起きた。というか起こした。スルーしようと思えばできたけれどちょっと納得いかなかったので。お風呂の順番待ちで、皆廊下の椅子に並んで座っていた。一人の患者さん、Xさんが長い間洗面器で場所取りをして席を外していた。看護助手さんも「こういうのは困るわね〜」と言って洗面器を一旦どけるくらいの長時間。やがてコップを手にフラフラとXさんが登場。「あれ?あたしのアレは?」Xさんの隣に並んで [続きを読む]
  • 入院四日目〜恋の駆け引きについて
  • 穏やか〜。美容院、最初は落ち着かなかったけど慣れた。5時間もいりゃあね。ブリーチ3回カットにカラー。完璧…変身…不審者?笑イヤイヤ、イメチェンしましたよ。いいのですこれで。とはいえまだ途中なんだけど。帰院時刻間に合うのかが微妙。あんまり長時間過ぎて入院してる事忘れそう。そしてこの髪色見た時の主治医の反応やいかに。「悩みは深いの?」て言われたらどうしよう。いっしーに昨日公衆電話からかけたら何度かけても [続きを読む]
  • 幼い頃から空気を読んでばかりいた
  • 美容院に来てる、落ち着かない。これ以上山姥みたいになりたくない一心で椅子に座ってるけど一刻も早く終わって欲しい…けどけど、何回かブリーチしなきゃだし、カット、シャンプーも必須なので我慢我慢。病院から美容院まで(ダジャレかよ)一駅歩いてきた。今日は小雨模様でその分涼しくて歩きやすかった。少しだけ体力ついたみたい。帰りも歩けるかな。昨日はカウンセリングで、かなり時間をかけて話をした。私は物心ついたかつ [続きを読む]
  • 入院中の他者との交流
  • 看護師さんは注意がいってくれたみたいで皆すごく感じが良い。申し訳ないくらい…でも他の患者さんに対しても大体礼儀正しくて、雰囲気いい。ただ、絶対私と関わろうとしない看護師さんも数人いて、相性の悪い看護師さんとは接しないように配慮されてるのかなとちらっと思った。もちろんチームが違うとかいう事情もあるけど、それこそ目も合わせないという感じなので。患者さんは仙人みたいな浮世離れしたタイプが多い…平和。喋っ [続きを読む]
  • 入院三日目
  • 相変わらず病棟は静か。顔見知りの看護師さんとたまにおしゃべりをする。昨日夕食を済ませたら、夜勤の看護師さん二人に「覚えてますかぷーさん、〜病棟でお会いしてたんですよ」と言われた。そういえば。「〜病棟での主治医覚えてますか?」と聞かれてちょっと考えて「●●先生です!」と答えた。それから順番に歴代の主治医を話していって、看護師さん同士で「皆いい先生だね〜」と満更お世辞でもなさそうに言い合っていたし私も [続きを読む]
  • 入院初日から二日目
  • まずは順調。主治医と看護師さんの代表に、思い切って今の被害妄想状態を話しておいたんだ。そうしたら、申し送りしておいてくれるとのことで、看護師さん全体の対応が凄く気を遣ってくれたものとなった。なんか申し訳ないくらい。私も気をつけるようにして、なるべく迷惑をかけないようにしている。病棟自体も慢性期用で、お年寄りが多く雰囲気も静かだ。派閥みたいなものもなく、ホールでたむろしてる怖い子達笑もいないので気が [続きを読む]
  • 物は言いよう
  • 例えば親不孝者のクズっていう事実を捻じ曲げて「悪魔のように冷たい孤高の天才」と自称したり例えば拒食症でそろそろ死相出てるっていうのを「痩せちゃって痩せちゃって♪」と浮かれてみたり惨めだったり恐ろしかったりする事実から目を背けてステキな言い換えをしてしまう習性…自己欺瞞といいますな、これって境界性人格障害の患者に多いよね〜。双極性障害にも多いのかな。いずれにせよ女性患者によく見られる。回復の第一歩は [続きを読む]
  • 入院前日〜突然の訪問
  • 今日来ないと思ってた。11時過ぎに電話しても出ないから、ああ寝てるんだなぁと思って、ならご飯でも食べに行こうって。鬼電しちゃわないようにわざわざiPhone置いてって。んで、家から徒歩数十秒の中華屋さんでお腹を満たしてマンションの裏口から帰宅したら、いっしーが野良猫くんみたいに所在なさげに突っ立っていた。本物の野良猫と違っていたのはビールの缶を持っているとこ。「え、来るって言ったっけ?」と思わず聞いたら「 [続きを読む]
  • 認知の歪み
  • 自分では気づかないのかな。年相応、て言葉で自分の顔を片付けようとしていたけれど、彼女の顔は明らかに病んでいた。恐ろしかった。道ですれ違ったら絶対に避けていただろう。髪が綺麗、と自慢していたがそういう問題じゃなくて。髪が綺麗でも妖怪は妖怪です。彼女を見知っている心理士に見せたら絶句。「あらーすごいのになっちゃったわね〜」先生なかなかの毒舌なんで好きです…笑ナルシストっていうといい気になるけど身の程知 [続きを読む]
  • 銭湯、図書予約、相談窓口
  • 昨晩は夜になっても暑かった。いっしーの「あちー」という声をきっかけに、エアコンの部屋から抜け出して近所の温泉銭湯へ。ここは日替わりで露天風呂があるというなかなか素敵なところ。薬湯があったり、ジェットバスを楽しんだり、気持ちの良い汗をかく。9時過ぎだったけれどかなりの盛況ぶり。良い銭湯だもんね。こういう場所は下町に越してきて知ったオアシスの一つ。濡れたタオルを下げてご機嫌で帰宅し、麦茶を飲む。順番め [続きを読む]
  • Amazonが届く、昨日買ったケンタ食べる
  • 無為の一日。昨日は水曜日でケンタッキーフライドチキンが9ピース1500円だというのを初めて知った。で、買ってきて少しずつ食べた。絶対体重増えてる。でも、んー、入院前にいい思い出になったよ…今日は昨日注文したAmazonの諸々が次々と届いた。紙類を大量に頼む時はやはり便利だなぁ。私クルマ持ってないし、自転車乗れないしヽ(;▽;)ノやめたいのについチキンと一緒にビールを飲んでしまう(><)その勢いで、エアコンをつけ [続きを読む]