鶴木マキ さん プロフィール

  •  
鶴木マキさん: 扉を探して!「からだの声翻訳家®」鶴木マキ
ハンドル名鶴木マキ さん
ブログタイトル扉を探して!「からだの声翻訳家®」鶴木マキ
ブログURLhttps://1007you1007you777.amebaownd.com/
サイト紹介文 リーディングというものをしています。「からだの声翻訳®」のことも書いています。
自由文リーディングのグループレッスンの話をメインに書いています。
色々なもののエネルギーを知りたい人は見て下さい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 314日(平均1.6回/週) - 参加 2017/06/07 23:37

鶴木マキ さんのブログ記事

  • グループレッスンでご協力願いたいこと。
  • グループレッスンに参加頂いている国際カウンセラー協会の生徒の方々にお願いしたいことがあります。月に数度ある、私が講師役を務めるグループレッスンにやり方を少し変えて行こうと思っています。今までは、先にはすな先生と自分のレッスン中にみたものを皆さんとのレッスンで課題として取り組んでおりましたが、これから先にみたいもののリクエストを受け付けたいと思います。リクエストは、実際のレッ [続きを読む]
  • なぜ嫌いな人がいるのか
  • 国際カウンセラー協会でレッスンを受けています。先日のレッスンで先生と話していて嫌いな上司の話になりました。ポジティブシンキングを習っているというのに、マイナス思考が強い私はなかなかプラスに考えられないでした。ただ何度も習ううちに、マイナス思考は負の連鎖しか生まず、自分のこころの状態が悪くなり、からだにも影響をもたらすものだということ。マイナス思考とは自分が被害者で全て相手が [続きを読む]
  • チャンスはどこにあるか分からないから
  • チャンスはどこにあるのか分からない。近頃そんな風に感じている。かかわる事象全てに意味があり、そこに来させられている、やるようにさせられていると思っている。 どんなことにも意味がある。今じゃなく必要になるのは、何年も先かもしれない。うっかりとか、偶然なんてないのだと思う様になったからだ。機会がもうけられれば、嫌だとか関係ないからとか考えないようになった。どこでどんなことに繋がるのか分からないか [続きを読む]
  • フィルターに徹する
  • 私の習うリーディングは目をつぶり、残像が消えた後に質問に対してみえるビジョンから意味を読み取るもの。自己判断ではなく、ビジョンをみせる相手の気持ちと同化することで正しい意味を解釈していくもの。その解釈自体が難しく、正しく出来ていないと思っているので、私たちはグループレッスンを通して練習をする。同じ気持ちで習っている者同士、練習するということは大変励まされること。いつも自分の [続きを読む]
  • グループレッスンでまた反省
  • 先日のグループレッスンで担当の静禾先生の持ち物の翡翠の亀をリーディングした。私はいつも簡単な図形でしかみえてこない。なので最初もそうだったのだが、 〉 ←この形がみている内に亀が泳いでいる様子にみえてきた。余りきちんとした「もの」としてでることがないので逆に疑ってしまう。なので亀なのか⁉聞いてみるとますます海の中を自由自在に泳ぎまわる姿がみえてきた。ということはokだといってい [続きを読む]
  • グループレッスンでわかったこと
  • 本日の21時のリーディングのグループレッスンのお題は「納豆」でした。ちょっと遅れたので、みなさんの発表の最中にリーディングしていたので、みなさんの内容とかぶるなー、方向はきっとあってるなーと思いながらビジョンをみていたので、最初からリーディングしていた皆さんあってのリーディングだと思いました。リーディングはビジョンをみることよりその解釈が何よりも難しいのですが、今回もまたしか [続きを読む]
  • なくしてわかったこと
  • またなくしました。というより、落としました。私にとってとても大切なペンダント。イヤリングなくしたときは、落ちるかもね、イヤリングだし。ってちょっとおもって反省が足りなかったのです。まだ警告されていた気持ちが薄かった。だけど世の中に偶然とかうっかりなんてことはもうないのだとこの時本当におもいました。全てあるべくして起きたこと。こうして大切なものをなくすのも既に決められていたこと。過去に戻れるな [続きを読む]
  • 凹んでも続ける力が大切です
  • リーディングで「ふくろう」の意味を知ってますか?私は過去にいちど、知り合いのことをみたとき、ふくろうが出てきました。意味を知ってから、子供たちの机の近くに、自分の会社の机の上に木彫りの小さな置物のふくろうを置いてます。あやかれたらいいなぁと思って。もっとも、そのための努力はしないとならないのですが。 リーディングでは文字や声でこちらに簡単に理解できるように教え [続きを読む]
  • キリンと眉間
  • 本日は以前通っていたエッセイ教室のみんなと会いました。昨年末で講座が一区切りして、次の先生による講座が始まりましたが、私はまだ出席できていず、同じく講座をとっている仲間によるとまぁ、だいぶ雰囲気が変わっているとのこと。前回までは休んだとて通信講座的な部分があり先生によるペン入れがあったりして提出して先生からお手紙を頂いているようであったけれど、今回は先生からは感想程度のコメ [続きを読む]
  • さかさまつ毛
  • 永らく通っていたエッセイ講座で三冊の作品集を出した。だいたい生徒一人につき2作品が掲載されている。わたし自身は、三冊目で一遍は課題提出していないものを新たに書いて載せた。特段理由はない。書きたくて書いただけだ。自分の好きなことを楽しく書いたので出来は悪くないと自負している。さて、他の生徒の作品を読みながら、気になったものがある。逆さまつげだそうで、手術しても治らないから、出 [続きを読む]
  • 老化について
  • 昨日、妹が母とやって来た。家の近くの百貨店に来る用事とともに、正月に撮った家族写真を引き伸ばして持ってきてくれたのだった。前日「ハンドヒーリング」のレッスンの際にはすな先生から「老化」について、リーディングした内容を聞いた。人の最終、自然に老化していく様というのはどういうものなのか?私達は全て、自然も宇宙も含めて、与り知らぬ存在によって在る。その存在が分からないから私たちは [続きを読む]
  • ぎっくり腰談義
  • 職場の人がぎっくり腰で不調らしい。グキッと来た!という話から、課長も同じ痛みを知る仲間として話が盛り上がっている。今度来た人は年齢は高いがなったことがないという。まぁ、からだの声の意味を考えると、なる人ふたりともそうなんだろうな。そして、なったことのない人もそうだとわかる。(性格的になる人とならない人がいる。考え方であって、家系とかの問題だとは私は思っていない。言わないけど) [続きを読む]
  • 体調不良から学んだこと
  • やっと体調戻って参りました。昨日が一番辛かったのかもしれません。からだを壊して何が一番辛いのかといえば買い物に行く気力もないので食べるものかな。まずエアコンは乾燥するので好きでなくヒーター愛用の我が家なので灯油が切れたら命取り。しかしこの辺り、売りに来ないので交いに行くしかなく実家の妹に助けを求めました。ついでに何でもいいから台所に立たなくてもいいもの買ってきて。と御願いし [続きを読む]
  • 本日のグループレッスンについての感想
  • 本日は月に一度のグループレッスンの講師でした。やはり、グループレッスンを受ける回数が多い方が解釈が絞れている気がしました。私はどうしても土日や祝日しか講師役ができないのでお会いできるかたも限られています。私たちのリーディングはそれぞれ違うビジョンをみているのに解釈は同じものになります。今日のお題は特にみんな同じ答えになっていました。本当にビジョンは誰にでもみせてもらえるもの [続きを読む]
  • リーディングはなぜ難しいのか⁉
  • リーディングのビジョンは習えばみえてきます。だけど私たちが一番大変なのは、その解釈です。相手の気持ちになるということは誰にとってもとても大変なことです。自分の主観が入ってしまうと、「きっと」「多分」ということになってしまいます。普通の生活をしていても私たちは自分の側から感じたことで相手を分析しています。だけどそれでは本当の相手の気持ちが分かったはいえません。ビジョンをみせて [続きを読む]
  • 今日からまたよろしくお願いいたします
  • 今日から仕事はじめです。まだ電車は比較的空いていてお休みの人が多いのだろうと伺われます。お正月一番感じたのは両親の老化かな。年を取ったんだなと近くにいながら余り出向かない私は思いました。老化は突然意識される気がしました。それは自分のことでもそうなのだけど、それに気がつくと同時に仕方ないやという諦念も浮かぶ。だけどそれは悪いことばかりではないと思う。あがくより、出来なくなった [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました
  • 本日職場が仕事納めでした。今年は半日で午後から納会、15時には解散しろとのお達しが。私の所属する支店は部門が違うところがいくつも寄り集まっているので、それぞれのトップ(支店長)判断で用意がちがいます。なぜか伝統?で業務部はこの納会の準備がメンズ主導権でやってくれますので、私の出る幕はなく、ただ運ばれてきたもの、届いたものを机に広げることくらいです。今年はK部門はお昼のお弁当と飲み物を貰って解散 [続きを読む]
  • 今年最後のラボグループレッスンの時間
  • 先日はすな先生によるラボのグループレッスンがあった。はすな先生のお話というのは、国際カウンセラー協会の会員なら全員聞くことが出来る「朝会」というものが月に一度ある。朝会というだけに時間は朝の8時からの一時間だ。主にこれからの自分の未来に向けて漠然と過ごさず、意識してことを成し遂げていくのか、軌道修正していくかの意識付けと言って良いものだろう。月に一度こうして確認されることで、自己反省と進捗状 [続きを読む]
  • 宮沢賢治の「双子の星」
  • 宮沢賢治の童話に「双子の星」というのがあるのだけれど、それがとても可愛らしいお話で好きです。ふたごのお星さまの仕事は夜に自分たちの水晶の宮に座って空の王様のために楽曲すること。ある日ほうき星がふたりを誘います。曇った空ではふたりの銀笛を雲の下では聴くことができないから自分と一緒に空の果てにいかないかと。ふたりは最初断ります。ほうき星はきちんと約束を守るから、守らなければ自分 [続きを読む]
  • 偶然だと思っていることも……
  • 実家の母や妹と山梨に出掛けました。私の両親の出身でちょくちょく用事があるので出掛けるのですが、昨日は高速を降りていつもの道を走っていると、上原勇七本店の前に感謝デーののぼりが……。上原勇七は山梨の革細工、印伝のメーカーです。印伝メーカーはいくつかありますが、この中でもデザイン数が多くて、商業的にも成功しているメーカーだと思います。印伝、安くしないのですが、感謝デーは(最新デザインは対象外です [続きを読む]
  • からだの凝りとこころの凝り
  • 昨日から実家に遊びに来ています。と言っても実家まで車で30分程度なのでたいした距離ではありません。だけど、いつも近いがために余り寄らないので両親が見るたびに年を取っているなぁと感じます。動きがゆっくりになりました。それに比例して気持ちも頑なになっていく。気持ちがカチカチになるとからだも動かなくなるのだろうか⁉老いとはそんなものなのかなぁとみていて思ってみたり。年を取っても動きがしゃきしゃきして [続きを読む]
  • 他者が喜ぶことをやりなさい
  • 自己犠牲でなく相手のために動くこと。はすな先生と話しているとよく出てくるキーワードといっていい。自己犠牲というものは、一方的にエネルギーが吸いとられてくたくたになってしまう。吸い取る方と吸いとられる方が出てくるから。吸い取られる方も私がいないと、という気持ちでやる。吸い取る人がいることで自分の存在意義を見付けようとする。でもそれは正常ではない。そういうのは共依存という。大人 [続きを読む]
  • 神と魔の話
  • さて、神様という存在。リーディングや「からだの声翻訳®」の話をしているとどうしても出てくるこのことば。このブログを見てくれている人の中で、はすな先生を知らない人はこの神様というものをどのように思っているのだろうか⁉誤解されないようにいうと、宗教ではない!!宗教とは信じて救ってもらおうとするものだと私は考えている。はすな先生のもとリーディングやからだの声を習う生徒の私達は神様 [続きを読む]
  • 望むことはひとつに絞る
  • 今日も先日のはすな先生とのお話を聞いての話。神様はいつも私たちの真剣さをみているという。それが昨日のブログの内容と繋がるがのですが、ふたつのものを望んでもふたつとも得られることはないのだといいます。また、どちらか一方が途中で軌道にのりそうだからそちらに途中から移動するというのもダメなようです。うまくいかない時の保険をかけるということも真剣さに欠けるということ。そこを考えて生 [続きを読む]
  • 自分のことを守らなくなった時に助けてくれる
  • はすな先生との話で考えさせられたこと。私の態度、考え方について言われたことから。いつも私たちは自分の基準でものを決めている。だけど、本当にやらないとならないこと、選ばないとならないことは状況や条件下で選ぶのではない。それはもともともどんな状態であれ、自分に必要だからそれを選ぶ、そういうものなのだろう。AとBがある。Aはひとつだけ。Bはいくつか個数がある。そういうとき私はAを選ぶ [続きを読む]