鶴木マキ さん プロフィール

  •  
鶴木マキさん: 扉を探して!「からだの声翻訳家®」鶴木マキ
ハンドル名鶴木マキ さん
ブログタイトル扉を探して!「からだの声翻訳家®」鶴木マキ
ブログURLhttps://1007you1007you777.amebaownd.com/
サイト紹介文 リーディングというものをしています。「からだの声翻訳®」のことも書いています。
自由文リーディングのグループレッスンの話をメインに書いています。
色々なもののエネルギーを知りたい人は見て下さい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2017/06/07 23:37

鶴木マキ さんのブログ記事

  • 10月に受け持ったグループレッスンのこと
  • リーディングの実践生になると、グループレッスンの担当をすることになります。近頃このレッスンがとても楽しいし、勉強になると感じます。実践コースでのプライベートレッスンでは、リーディングの個人レッスンというよりも、自分の今後のことや、グループレッスンのことなんかも話しているので、実際に先生とレッスンした内容を皆さんとのグループレッスンに使っているとそのうちネタ切れになってきます [続きを読む]
  • リーディングを具体的に解説
  • すぐに書こうと思いながら、自分のつぶやきみたいなブログをはさんでしまった。リーディングの説明だった。前回の記事はこちら。 『具体的にリーディングとはどんなものか?』 聞き慣れないリーディングによるカウンセリング。いったいどんなものだろうと?と疑問に思うと感じています。占いの様に生年月日や手相、人相、… [続きを読む]
  • 具体的にリーディングとはどんなものか?
  • 聞き慣れないリーディングによるカウンセリング。いったいどんなものだろうと?と疑問に思うと感じています。占いの様に生年月日や手相、人相、名前の字画などから占うのか?といえばそういうことでは全くありません。じゃあ何か誰かに拝んで教えて貰うのか?と言えば拝まないけど教えは得ます。ビジョンという言葉とは違う形で。このビジョンの解釈がリーディングです。胡散臭いかどうかは実際にカウンセ [続きを読む]
  • 三次元と四次元の重なり
  • 精神と肉体は実は違うところに存在するとしたら。 URL: www.youtube.com 先日のはすな先生とみゅうさんの「やったらできちゃった(編集後記)」をみておりまして、なるほどな、としっくり来ました。15分程度です。自閉症などの症状も、もしかしたら?と解釈できるかもしれません。そんな訳で私もエッセイでそのことを書いてみました。 [続きを読む]
  • 気の毒な人と決めているのは誰?
  • 「こころ」というのは自分だけのものだとアルフレット・アドラーは言います。他者との関係は自分はこういうものだと分からせないと他者には伝わらないし、相手からも伝わってこないということになります。「こころ」が自分だけのことなので、トラウマも環境もなにも関係がない。今が嫌だとなると、それは自分の問題でしかなく周囲はそれを変えることはできません。だから他者を「気の毒な人」「弱い立場の [続きを読む]
  • 無意識と意識
  • 「時間」のことを考えていたらしい2年前。時間のことを考えると過去・現在・未来とあり、それが時間という線で繋がっていると考える。過去とは自分の中で記憶している思い出のこと。勿論公なことは文字で起こされたり、映像になったりしているから思い出よりもっとはっきりしている事象なのだけど。それでも人には主観が入るから受け取り方はそれぞれ異なる。さて、時間軸として考えるとき過去はあり現在はある。そして未来 [続きを読む]
  • 樹木希林さん死去について考えたこと
  • 女優、樹木希林が亡くなった。最後は全身がんだったそうだが、映画「万引き家族」の映像をみると末期がんという雰囲気は感じられない。私の習う「からだの声翻訳家®」ではがんは「頑固な人」がなるものだという。 からだの声の処方箋 マイナスから回復しプラスで幸せになる この本は確立されていない心の部分を私なりにまとめ、私の知る限りを読者の方に&.. [続きを読む]
  • 「ばらもん」ってなんか不思議な響き
  •  (画像、内容とは全く関係ありません)五島列島出身の人が職場にいる。若くとても可愛らしい人だ。その人と「五島ばらもん凧」の話をした。前日のリーディングのグループレッスンでそれがお題となったのだ。以前は自分の個別リーディングで先生としたお題をそのままグループレッスンとして出し、それを皆でリーディングしていくという方法をとっていた。それにはまずレッスンで習ったものの中で自分が実 [続きを読む]
  • 日々の感情を味わう。
  • 職場のこと。この頃とても楽しく過ごしている。3年前の私が今こういうこころもちでいるようになるとは思いもしなかった。周囲にも受け入れられていると思うし、周囲のそれぞれの人柄に慣れたし周囲が私に慣れたことも、もちろんあるけれど……。仕事内容に慣れたこともあるけれど……それだけではない。初めは今までの自分の仕事を全部捨てること、あたまの中を切り替えることから始めなければならなかっ [続きを読む]
  • リーディングと日常の在り方
  • 8月のはすな先生によるグループレッスンに参加した。私の習うリーディングは文字や言葉でなく、みえるビジョンから本質を読み解いていくというもので、習っている生徒は個別レッスンの他に、決まった時間にグループレッスンを受講することが出来る。グループレッスンは自由参加なのではあるが、師匠のはすな先生の近頃のレッスンは私達生徒がつまずきやすかったり、見落としやすい解釈のミスを考えさせて [続きを読む]
  • 先日のグループレッスンのこと
  • 一般社団法人国際カウンセラー協会 トライカウンセラースクール 一般社団法人 国際カウンセラー協会が運営するトライカウンセラースクールは、考え方や受け取り方を変えることにより、ストレスレスな考え方ができるようになる認知行動学を学べるカウンセリングスクールです。 私の習うリーディングのというのは(↑こちらに細かく書いてありますので興味がある方はご覧く [続きを読む]
  • 「からだの声の処方箋」
  • 習い事のはすな師匠の電子書籍がでます。 『本を出版します』 いよいよ電子書籍としてデビューしたします。からだの声の処方箋 痛みや不調から伝えているメッセージがあります。そのメッセージに耳を傾けてみてほしいです。 4月2… からだの不調は考え方の変化でよくなります。肩こり・腰痛など、当たり前だと思っているものが実は考え方から来ている。うつ [続きを読む]
  • グループレッスンでご協力願いたいこと。
  • グループレッスンに参加頂いている国際カウンセラー協会の生徒の方々にお願いしたいことがあります。月に数度ある、私が講師役を務めるグループレッスンにやり方を少し変えて行こうと思っています。今までは、先にはすな先生と自分のレッスン中にみたものを皆さんとのレッスンで課題として取り組んでおりましたが、これから先にみたいもののリクエストを受け付けたいと思います。リクエストは、実際のレッ [続きを読む]
  • なぜ嫌いな人がいるのか
  • 国際カウンセラー協会でレッスンを受けています。先日のレッスンで先生と話していて嫌いな上司の話になりました。ポジティブシンキングを習っているというのに、マイナス思考が強い私はなかなかプラスに考えられないでした。ただ何度も習ううちに、マイナス思考は負の連鎖しか生まず、自分のこころの状態が悪くなり、からだにも影響をもたらすものだということ。マイナス思考とは自分が被害者で全て相手が [続きを読む]
  • チャンスはどこにあるか分からないから
  • チャンスはどこにあるのか分からない。近頃そんな風に感じている。かかわる事象全てに意味があり、そこに来させられている、やるようにさせられていると思っている。 どんなことにも意味がある。今じゃなく必要になるのは、何年も先かもしれない。うっかりとか、偶然なんてないのだと思う様になったからだ。機会がもうけられれば、嫌だとか関係ないからとか考えないようになった。どこでどんなことに繋がるのか分からないか [続きを読む]
  • フィルターに徹する
  • 私の習うリーディングは目をつぶり、残像が消えた後に質問に対してみえるビジョンから意味を読み取るもの。自己判断ではなく、ビジョンをみせる相手の気持ちと同化することで正しい意味を解釈していくもの。その解釈自体が難しく、正しく出来ていないと思っているので、私たちはグループレッスンを通して練習をする。同じ気持ちで習っている者同士、練習するということは大変励まされること。いつも自分の [続きを読む]
  • グループレッスンでまた反省
  • 先日のグループレッスンで担当の静禾先生の持ち物の翡翠の亀をリーディングした。私はいつも簡単な図形でしかみえてこない。なので最初もそうだったのだが、 〉 ←この形がみている内に亀が泳いでいる様子にみえてきた。余りきちんとした「もの」としてでることがないので逆に疑ってしまう。なので亀なのか⁉聞いてみるとますます海の中を自由自在に泳ぎまわる姿がみえてきた。ということはokだといってい [続きを読む]
  • グループレッスンでわかったこと
  • 本日の21時のリーディングのグループレッスンのお題は「納豆」でした。ちょっと遅れたので、みなさんの発表の最中にリーディングしていたので、みなさんの内容とかぶるなー、方向はきっとあってるなーと思いながらビジョンをみていたので、最初からリーディングしていた皆さんあってのリーディングだと思いました。リーディングはビジョンをみることよりその解釈が何よりも難しいのですが、今回もまたしか [続きを読む]
  • なくしてわかったこと
  • またなくしました。というより、落としました。私にとってとても大切なペンダント。イヤリングなくしたときは、落ちるかもね、イヤリングだし。ってちょっとおもって反省が足りなかったのです。まだ警告されていた気持ちが薄かった。だけど世の中に偶然とかうっかりなんてことはもうないのだとこの時本当におもいました。全てあるべくして起きたこと。こうして大切なものをなくすのも既に決められていたこと。過去に戻れるな [続きを読む]
  • 凹んでも続ける力が大切です
  • リーディングで「ふくろう」の意味を知ってますか?私は過去にいちど、知り合いのことをみたとき、ふくろうが出てきました。意味を知ってから、子供たちの机の近くに、自分の会社の机の上に木彫りの小さな置物のふくろうを置いてます。あやかれたらいいなぁと思って。もっとも、そのための努力はしないとならないのですが。 リーディングでは文字や声でこちらに簡単に理解できるように教え [続きを読む]
  • キリンと眉間
  • 本日は以前通っていたエッセイ教室のみんなと会いました。昨年末で講座が一区切りして、次の先生による講座が始まりましたが、私はまだ出席できていず、同じく講座をとっている仲間によるとまぁ、だいぶ雰囲気が変わっているとのこと。前回までは休んだとて通信講座的な部分があり先生によるペン入れがあったりして提出して先生からお手紙を頂いているようであったけれど、今回は先生からは感想程度のコメ [続きを読む]