バリエーション山行同人 さん プロフィール

  •  
バリエーション山行同人さん: バリエーション山行同人
ハンドル名バリエーション山行同人 さん
ブログタイトルバリエーション山行同人
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/vari_djn
サイト紹介文バリエーション山行を志向する登山者の集まり(主に、東京、神奈川、埼玉エリア在住の方向けの同人)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2017/06/08 17:16

バリエーション山行同人 さんのブログ記事

  • 南ア 鋸歯 小無間山 大無間山(2018.11.23-24)
  • 峩々たる、ギザギザした稜線が大好きな小生としては、南ア深南部の地図上に堂々と「鋸歯」とあるのは以前から知っていたが、なかなか訪れる機会に恵まれなかった。また、若かりし頃(高校くらい?)の「アルパインガイド」の最終項にはこの山域が載っており、探検的要素を備えた秘境の趣のあるガイド文を何度も読み返し、いつか行ってみたいと思っていたが、平成の最後になってしまった。今回、山行を終えての感想は以下の通り;・ [続きを読む]
  • 越後 八海山 屏風道(2018.11.2-3)
  • 本当は「晩秋の越後三山縦走」のはずだった。今年は紅葉も遅れ気味という話だったし、先週の現地ライブカメラの映像も紅葉を期待させる画像だった。つい数日前、東北地方の山々で初冠雪というニュースを耳にしたことがあったが気にも留めなかった。朝一番の上越新幹線を越後湯沢で降り(駅背後の山は紅葉真っ盛りであった)、上越線に乗り換え、塩沢付近に来て車窓を見てびっくり。巻機山が真っ白ではないか。程なく、中ノ岳が見え [続きを読む]
  • 妙義 相馬岳(2018.10.21)
  • 10月20日は午後から雷雨であったが、その翌日は日本全国「秋晴れ保証」の山行日和とのことで、急遽、日帰り山行に行くことを決めた。候補はいくつかあったが、そのうちにトライしたいと考えている「妙義 相馬岳北稜」の下見を兼ねて、その際の下山路および入山地点の確認を行いながら、妙義山域で珍しく手を付けていなかった「女坂を登って表妙義の主稜線に出て、相馬岳のピークを踏み、少し戻って、国民宿舎跡に下る」周回ルート [続きを読む]
  • 南ア 白峰南嶺(農鳥岳〜笹山)(2018.9.17-19)
  • 9月に入り、ひと頃の猛暑は少なくなったが、週末は雨の日が多く、計画はしたものの順延に次ぐ順延。今年は旧盆時期から夏休みをずらしていたが、直前まで予報が安定しなかった。このため、エリアを分散して4つの計画を予め用意し、直前の予報に則して山域を最終決定することにした。果たして、山梨県早川町が3日間、降水確率10〜20%と安定していたため、久しぶりの南アに行くことにした。元々は、南ア白峰南嶺北部を転付峠 [続きを読む]
  • 西丹沢 世附川 山伏沢(下降)、樅ノ木沢(遡行)(2018.8.18)
  • 昨年遡行した山伏沢のナメの美しさと水流の清冽さが忘れられず、その周辺のナメ中心の沢と組み合わせることにした。例によって、山伏トンネルの脇道奥に車を残し、山伏峠を越えて、甲相国境尾根を東進する。▼水ノ木分岐の小ピークから南下する枝尾根を下る。▼藪をかき分け、鞍部に有った赤リボン辺りから沢に降りる。▼足元の不安定な斜面を降り、V字谷に降りるとすぐに水流が現れた。▼人の手によって造形されたかのよう [続きを読む]
  • 奥多摩 日原川 倉沢谷 塩地谷(2018.8.4)
  • 2年前、この谷を遡行した際、途中、分岐を誤って、棒杭谷を辿ってしまい、一杯水よりもだいぶ東方に突き上げてしまった。今回は、足慣らしを兼ねて、前回の誤りを正すべく、一杯水に突き上げるルートを目指した。前回と同様、奥多摩駅7:27の東日原行バスに乗り、途中の倉沢で降りる。盛夏のせいか、バスは1台で立ち客が少しいる程度。やはり奥多摩は春秋中心で、皆、アルプスに行ってるのかな。倉沢谷を右下に見ながら林道を進む [続きを読む]
  • 山梨 日川 曲り沢(2018.6.30)
  • 身内の不幸など、今年は私事でいろいろあって、なかなか山に行くことがなく、6月末になってようやく、「今年1回目」の山行に至った。朝8:30に大月駅で待ち合わせて、車で国道20号線を進み、笹子トンネルを越えて、曲り沢出合の舗装林道を進む。舗装が途切れるあたりの路側に駐車。奥に伸びる林道を進むと、大きな堰堤が見えてきた。▼林道終点の先に大型の堰堤この辺り、沢は2分しており、堰堤は右俣の先にそびえていた。 [続きを読む]
  • 谷川連峰 天神平(2017.12.16)
  • この週末の土曜日の予報はあまり芳しいものではなかったが、急遽好天に転じ、快晴無風の素晴らしい空の下、本格的な冬山シーズンに向けた「雪慣れ」の機会を設けた。土曜日未明の2:00頃、ロープウェイ駐車場に到着し、テントを張って就寝。駐車場の開放は1Fのみで、最初は空きスペースがほとんどだったが、夜中に次々、車が到着。明け方に我々のそばに到着したと思われる男女パーティの意味のない喧騒に睡眠を遮られ(大迷惑!) [続きを読む]
  • 西上州 毛無岩(2017.12.10)
  • 低山の藪岩山に最適な冬晴れの週末。久々に西上州を訪ねることにし、なぜか後回しになっていた毛無岩にようやくトライすることにした。早朝の関越道、上信道の下仁田ICを経て、南牧村道場(どうじょう)集落にやや遅めの到着(8:20)。山と高原地図に記された駐車位置を目指すが、道幅が狭く中型車ではやや厳しい。無理をせず途中で引き返し、集落入口のバス停手前の路肩に駐車。▼道場バス停の手前に駐車。バス停の時刻表(下仁 [続きを読む]
  • 愛鷹連峰 前岳〜位牌岳〜鋸岳〜割石峠(2017.11.25)
  • 好天に恵まれた11月最後の週末。もともとは、南ア深南部の鋸歯(小無間、大無間山)を見に行く予定だったが、事情により、愛鷹連峰の鋸岳への日帰り山行に転進することとした。丹沢方面に向かうハイカーで混み合う小田急線を新松田駅(7:40)で降り、車で裾野ICを経て、愛鷹連峰の東側登山口「山の神」に到着したが既に駐車場は満車。仕方なく、少し上流の林道わきに車を停め、出発する(9:00)。▼出発してすぐ、涸れた大沢を横 [続きを読む]
  • 戸隠西岳P1尾根(2017.10.27-28)
  • 台風到来直前の晴れ間を利用し、戸隠西岳P1尾根を登り、西岳を縦走し、八方睨から戸隠神社奥社へ下るコースに行ってきた。本コースは登山地図上では破線コースで、現地も鎖場や道標が多くあり一般登山道の範疇であるが、バリエーションルートの雰囲気を備えた変化の有る山旅を堪能することができた。早朝発の北陸新幹線はくたかにて長野駅に降り立ち、外国人観光客であふれる善光寺門前を辿るバスに揺られ、飯綱高原を経て戸隠高 [続きを読む]
  • 八日見山 龍頭神社 例大祭(2017.10.21)
  • 手頃なバリエーションルートの宝庫である両神山、二子山の麓にある集落「埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢」に龍頭神社はある。境内は元小学校の校庭ということもあり小広く、綺麗な公衆トイレもあることから、山行前に度々利用させていただいていた。以前から、歴史を感じさせる本殿やその前の狛犬(新旧の2組あり)の姿に見入ってしまうことが多かったが、地元の氏子さんの方々の信仰を中心とした神社であることから、社務所など周辺 [続きを読む]
  • 南ア 笊ケ岳(2017.10.7-9)
  • バリエーション山行と銘打つのはやや躊躇する部分はあるが、アプローチが長いことからなかなかこれまで行く機会が無かったため、今回、トライすることにした。私自身、椹島に入ることすら、かなり久しぶりだ。【1日目】新幹線利用で静岡駅に向かい、レンタカーにて畑薙第一ダム下の臨時駐車場にて、(株)特種東海フォレストの送迎バスを待つ。▼15:00発の最終バス。3,000円をドライバに前払いし、後で宿泊費に充当されるシステム [続きを読む]
  • 槍ヶ岳 北鎌尾根(2017.9.19-22)
  • ここ数年、夏は剱八ツ峰を目指すもなかなか果たせていない。今夏も多雨のため休暇日程と天候との折り合いが悪く、山は秋を迎えてしまった。そこで、シルバーウィークに休暇が取れたことを機に、北鎌尾根を目指すことにした。しかし、3連休は列島台風縦断で諦めざるを得ず、台風一過の平日に単独幕営でトライすることにした。北鎌に関する文献、最近のサイト記事を熟読し、(1)上高地からの周回ルート、(2)軽量化に努め、最後 [続きを読む]
  • 西丹沢 中川川 モロクボ沢 滑棚沢(2017.8.13)
  • 盆休みの前半は剱の予定であったが、予報が不安定ではっきりせず、最後まで逡巡したが、取りやめることにした。代わりに選んだのが西丹沢の沢。当初の想定と全く異なる盆休みの過ごし方だが致し方ない。モロクボ沢の本流はこの春にも行ったが、そのとき、出合の綺麗な滑滝が印象に残っている枝沢(滑棚沢)に行くことにした。久々に、新松田駅からの西丹沢行きバスに乗る(7:30発)。今朝は雲が多いものの、予報は「概ね晴れ」。期 [続きを読む]
  • 西丹沢 世附川 沖ビリ沢(2017. 7. 29)
  • この週末は、中越の米子沢に行く予定であったが、日本海側はほとんど雨予報。関東地方も土曜は午後から下り坂とのことで、行程は短いものの、水の綺麗なナメ沢として有名な沖ビリ沢(山伏沢とも言うらしい)に行くことにした。▼山伏トンネルの道志村側は柵があって駐車スペースが全くなかったため、山中湖村側の脇道に駐車(8:30)。他に4台の駐車が有ったが、遡行中、誰にも会わなかった。再び、山伏トンネルを道志村側に向 [続きを読む]
  • 奥多摩 日原川 巳ノ戸谷(2017.7.15)
  • この3連休は、剱八ツ峰に行く予定で、富山行き夜行バスの予約もしていたが、あいにく日曜、月曜の北陸地方の予報が思わしくなく、ギリギリまで迷ったが、結局、富山行きは諦め、急遽、好天の関東地方での沢登りに転進することにした。腹案の沢はいくつかあったが、日原川水系でついつい後回しにしていた巳ノ戸谷(みのとだに)に行くことにした。これまで何となく後回しにしていたのは、遡行図に出てくる「忌山(いみやま)の悪場 [続きを読む]
  • 山梨 大幡川 四十八滝沢(2017.7.8)
  • まだ梅雨明けではないらしいが、この週末、関東地方は晴天の猛暑の予報。「滝が連続する沢」として以前から関心のあった四十八滝沢を目指した。朝7:20に大月駅前に集合。都留市出身メンバーの詳しいナビで、昔、銅鉱山があったという宝地区に車を進める。未舗装の林道を少し入った所に駐車し(8:00)、登山口入口を目指す。▼三つ峠山への北口登山口(8:30)。車高の高い車であれば、何とかここまで来れたかもしれない。登山道 [続きを読む]
  • 奥多摩 真名井沢(2017. 6. 4)
  • 今まで使っていた沢靴の底(今は売っていない山羊毛のフェルト; 良好なフリクション)が減ってきたため、思い切って新調した。さっそく試用したく、急遽、手頃な沢を選んで遡行に行ってきた。青梅線の川井駅に初めて降り立ち、駅から少し離れた青梅街道に面したバス停に急ぐ。予想に反して、電車も空いていたし、バスに乗ったのも私を含め2名。▼私一人で降り立った上日向バス停(7:40)バス停から上流に少し歩き、橋を渡って [続きを読む]
  • 西丹沢 中川川 モロクボ沢(2017.4.30)
  • 昨年の下棚沢に続き、その北面のモロクボ沢へ。この日の西丹沢は快晴に恵まれ、新緑が陽光に輝き、澄み切った水の流れが輝いていて、まさに「沢シーズン到来」を実感させるものであった。また、辺りのキャンプ場はどこも満員で、西丹沢ビジターセンタの駐車場も埋まっていた。人気のコースなので混雑を覚悟していたが、意外にも静かな遡行が楽しめ、出会ったパーティーは1パーティーのみであった。白石沢キャンプ場跡地を進み、堰 [続きを読む]
  • 天狗岳東壁 正面壁の左尾根?(2017.3.18-19)
  • 初日は、のんびりミドリ池までの移動日。13時過ぎに稲子湯奥の林道終点(駐車車両でほぼ満杯)まで車を走らせ、踏み固められた緩斜面を進む。しらびそ小屋少し手前のテント場にて幕営(¥700/人、水無料提供あり)。翌、日曜日は「この3連休中1番の好天」との予報であったが、雲の多い天気で、時々陽が差す程度。朝6時の明るい空の下、日が伸びたことを実感しながら、しらびそ小屋前を出発する。▼ミドリ池からの天狗岳東 [続きを読む]
  • 仲間を募集しています!
  • はじめまして。本ブログにアクセス頂き、有難うございます。私たちは、一般道以外のバリエーション(アルパインクライミング、沢、藪、雪など)を中心とした山行を志向してきました。もしご興味、ご関心のある方がいましたら、ご一報ください。【連絡先メールアドレス】vari.djnあっとgmail.com    (「あっと」部分をアットマークに置換してください)【現メンバーの概要】・中高年の会社員(主に、土日祝やすみ)・東京多 [続きを読む]
  • 西上州 天丸山・大山(2017.2.11)
  • 前夜、道の駅上野の駐車場で仮眠。日の出前にはマイナス8度まで冷え込んだ。7時ごろ、車を走らせ、登山口の天丸橋に向かう。最奥集落の奥名郷付近までは順調だったが、その上部は路面が現れている箇所と雪面が交互に現れ、タイヤチェーンを付けざるを得なかった。▲天丸橋(8:10)橋を渡ったところの脇に駐車して出発。▲社壇乗越天丸山への指導票に従い山道に入るが、すぐに一般道から外れ、尾根の上に乗って、天丸山北稜を辿 [続きを読む]
  • 伊豆 城山(2017.1.3)
  • 先月、丹沢広沢寺に行った際、上部から水が染み出していて(霜柱が溶解?)、あまり良いコンディションではなかった(実際、我々以外の2パーティーはいずれもアイゼントレーニング)。ここは冬は限界と感じ、ちょっと距離があるが、冬晴れの日を選んで城山に行ってきた。【南壁】・アプローチ: 登山口傍に駐車スペースあり。城山への登山道を10分くらいで、クライミングエリアへの道標(2箇所)に着き、そこから南壁まですぐ [続きを読む]