はちけん さん プロフィール

  •  
はちけんさん: 北海道よりみち話
ハンドル名はちけん さん
ブログタイトル北海道よりみち話
ブログURLhttp://dotrip.livedoor.biz/
サイト紹介文北海道内北から南へ温泉・登山・お祭りめぐりちょっと寄り道したくなる話題を紹介してます
自由文北海道在住の旅人です
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐり
やっていることは北海道内でイッテQみたいなものです(笑)

たま〜に本州にも出没します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2017/06/08 21:39

はちけん さんのブログ記事

  • 鮭のつかみ取りがなんと100円!茂辺地さけまつり
  • 函館近郊であまり鮭のイメージはありませんが11月上旬に函館市の隣町北斗市にて「茂辺地さけまつり」が開催されます函館市民に非常に人気のイベントのため9時頃に会場へ行くと車をなかなかおくことができず非常に待ちました臨時列車も運行するので道南いさりび鉄道利用の方が便利です鮭の遡上というと道東のイメージが強いですが函館市から近い北斗市茂辺地地区を流れる茂辺地川流域で見られます数匹程度かと思っていましたが大量 [続きを読む]
  • 【Compleat】渡島管内のマンホールデザイン
  • 渡島管内のマンホールを集めてみました松前町、福島町、旧恵山町、旧椴法華村、旧南茅部村、鹿部町、旧砂原町はデザインも自治体のマークもないマンホールです有名観光地もあるところもありますが北海道の振興局の中で一番デザイン率が低いところです【函館市】函館市の魚「イカ」をデザインしたマンホール函館市内にはいろいろなところにイカのモニュメントがあります市電とバスがICカード化になりましたがイーカって名前にするの [続きを読む]
  • 巨木にである町の森「土橋レクの森」
  • 函館市内から江差方面に行く途中にある厚沢部町メークイン発祥の地で世界一のコロッケをあげる祭りが有名ですがそれ以外は何もなさそうなところですが厚沢部市街地に近いレクの森には巨木がたくさんある森があります散策路が整備され気軽に歩くことができます巨木に会えるコースは「ブナ山登山コース」登山コースという名前なので登りが続き大変ですが苦労して見に行く価値はあります(屋久島みたいな大変なところではないです)20 [続きを読む]
  • 日本最北限のブナの自生地「歌才ブナ林」
  • 黒松内町はブナの自生地の最北限の町になっています町内には歌才、添別、白井川(林道ゲートがあるため許可が必要)の3つありますなかでも有名なのが歌才ブナ林です道道沿いには立派な駐車場もあり観光向けに解放されています入口からブナ林までは800mほどありますが最初のアプローチの区間にもブナの木は何本かあります緩やかな山道なので歩きやすいです森林公園からの分岐点をすぎるとブナ林入口ですここで入林届を記入してブナ [続きを読む]
  • ブナの若木が美しい「添別ブナ林」
  • 黒松内町でブナ林といえば歌才ブナ林が有名ですが歌才とは別にもう一つ添別ブナ林もあります歌才は巨木が多く、添別は若木が多いところです同じ町内ですが異なるブナ林を楽しむことができますこちらは市街地からやや遠く最寄りバス停からも4kmほどあるので車のほうが訪れるのが楽です道道523号線を島牧方面に向かって走っていると小さな看板があり案内に従って進むとビジターセンターがありますそこからスタートとなります最初は上 [続きを読む]
  • ピザとパンが絶品「道の駅くろまつない」
  • 黒松内市街地から少し離れたところに道の駅がありますJR熱郛駅から近いですが本数が少ないため使いにくいですピザとパンが有名で町外から多くの人が訪れる人気の道の駅ですピザは特に人気で5月から10月の土日祝日は非常に混みあいひどい時はメニュー限定Mサイズのみ待ち時間も1時間を超える時もありますが待ってでも食べたいもっちりおいしいピザですパンもオススメです時間帯によって焼かれるパンがいろいろあります夏は14時があ [続きを読む]
  • 秘境の地にある幻の和菓子屋「すずや」
  • 黒松内町は「すずや」という和菓子屋が有名ですお店が非常にわかりにくく秘境の和菓子屋とも言われています道道523号線を島牧方面に進み黒松内中学校とトワヴェールの間にひっそりとあります見た目が家なのでわからずに通過してしまいそうです営業中の看板ものれんも小さいので本当に営業しているのか少し疑問に思ってしまいます入口前には本日販売しているメニューが書かれています季節限定のお菓子があり11月と12月はそばまんじ [続きを読む]
  • 札幌一の紅葉スポット「豊平峡ダム」
  • 定山渓温泉の奥地にある豊平峡は秋は紅葉の名所として多くの市民が訪れます豊平峡の駐車場のキャパ以上に人がやってくるため秋は朝早く来ないと大渋滞に巻き込まれてしまいますまた午後は帰りの大渋滞にも巻き込まれるので早めに行くことをおすすめします駐車場からダムサイトまでの冷水トンネルは環境に配慮し乗用車の乗り入れは禁止ですトンネルを歩くか電気バスに乗車していくかの2パターンになりますトンネルの途中に九段の滝 [続きを読む]
  • ほっき三昧の一日を堪能「とまこまいホッキまつり」
  • 苫小牧市はホッキ貝の水揚げ量が日本一ですそんな苫小牧市では毎年10月中旬にほっきまつりが開催されます札幌市からも近いこともあり毎年大勢に人がやってきます9時からスタートする祭りですが10時前の時点で会場は人で溢れています車も駐車場に入る車で大混雑します少し歩きますがJRで行き苫小牧駅から歩いたほうが早いかもしれませんほっきの祭りなので会場内ではいろいろなほっき料理が食べられます定番のほっきカレーはいろい [続きを読む]
  • 緑の渓谷が美しい「樽前ガロー」
  • 樽前ガローは苫小牧市の西側にある渓谷です新千歳空港からも観光客も行きやすい美しい光景なのですが場所がわかりにくいのと案内があまりにも不親切なため行く人は少ないですちょっと残念な観光地みたいな感じになっていますが正しい見方がわかるとここの良さが実感できます普通にカーナビをセットすると樽前ガロー橋にあたりが指定されます橋の上から川が見られるのですがこれだけって思ってしまいがっかりして帰る人が多いですち [続きを読む]
  • 【北海道百名山】オホーツク海も見える360度の展望「ピヤシリ山」
  • 北海道百名山にもなっているピヤシリ山は名寄市のピヤシリスキー場から始まるピヤシリ越林道(ピヤシリ観光道路)を10km以上のダート道を走りますピヤシリスキー場の山頂は九度山という別の山ですこの林道かつては神門の滝や雄武町まで行けたようですが現在は通行止めになっていますごくまれにゲートをくぐってバイクは行くみたいですが…ピヤシリ山分岐までは問題なく行くことができますピヤシリ山への道も特に問題ない道なので車は [続きを読む]
  • マイナスイオンたっぷり仁宇布十六滝めぐり
  • 美深町仁宇布には仁宇布十六滝がありますが実際に訪れることができる滝は5つあと11個はかなりのアドベンチャーなため普通の人には行けないところです車で行ける5つは全て案内があるため迷わずに行くことができますまずは激流の滝滝というよりも沢の勢いが強い場所です川に入ることができればもっといいアングルで撮ることができますお次は深緑の滝ですトロッコの線路を横切り林道を2km進んだところにあります賀老の滝のような虹が [続きを読む]
  • 道北の秘境「松山湿原」
  • 美深町は札幌市内中心部から宗谷の浜頓別町まで続く国道275号線の途中にあります札幌市内から230km位離れたところにありますが士別剣淵インターから名寄市街地までの20km以外は全て高速道路ができたため以前よりは身近になりましたそんな美深市街地からさらに山の方へ30kmほどいったところに秘境の地松山湿原があります途中の天竜沼まで車道が整備されていて車で行くことができます晴れた日は青く見えて美しいところです以前は1周 [続きを読む]
  • 980円の大満足中華バイキング「道の駅おとふけ・桃花」
  • 帯広市街地から国道241号線を通り士幌方面へ北上するとある音更町の道の駅おとふけ高速道路は新道を通るため札幌方面から来ると通らず近くの士幌町の道の駅が新しく大きいため通過されてしまう小さな道の駅ですやや地味な道の駅ですが帯広市民がお昼どきにあると多くやってきますそのお店は道の駅2階にある中華バイキングレストランの桃花です十勝で中華バイキングというと美珍楼が有名ですがここもランチタイムは980円と非常にコ [続きを読む]
  • 妹背牛町の名物?ちょっと変わったみそかつが名物「食事処紀州」
  • 滝川市と深川市の間にある妹背牛町JR妹背牛駅も各駅停車しか停車しない無人駅国道12号線も妹背牛町内は通っていないため通過することもほとんどない自治体ですが変わった名物が妹背牛町内にあります存在は妹背牛町内のわかち愛というスポットで町内のおすすめ飲食店という張り紙をみて知り気になったのでやってきました場所は妹背牛町のメインストリートにあるのですぐわかりましたやってきたのは紀州というお店小さな町にあるお店 [続きを読む]
  • おもしろ案山子が大集合「妹背牛町収穫祭」
  • 滝川と深川に挟まれた小さな妹背牛町で秋に収穫感謝祭が開催されます直売所前と市街地の2箇所会場があります祭り限定価格の野菜、果物、米など安価で購入することができます都心部では野菜が高騰しているのでこういうイベントでの安価な設定は助かります朝早く来ないと抽選が引けなかったですが500円買い物をすると宝引きができるチャンスがあったようです厚田のあきあじ祭りとことなりこちらの宝引きはハズレが缶茶っていう残念な [続きを読む]
  • 大雪国立公園で初開催「奇跡のイルミネート」
  • これまで自然環境に影響が出ることから大雪国立公園内では紅葉のライトアップをすることができなかったですが2018年層雲峡観光協会の念願の夢が叶いライトアップが実現されることになりました開催場所は温泉街のはずれにある紅葉谷ですあまり知名度の高くないスポットなので普段あまり訪れる人はいないのですがこの日はライトアップをするということもあり多くの人が訪れていましたライトアップされていたのは入口の一部だけでした [続きを読む]
  • 大雪山系で唯一富士の名前がつく「美瑛富士」
  • 北海道百名山ではないですが大雪山系で唯一富士という名がつく美瑛富士の登山です今回は白金温泉の奥地にあるゲートのある林道の先にある登山口からスタートですスタート地点が標高が低いため大雪山系では珍しい森からのスタートです登山口から2kmくらいはゆるい森の中をひたすら歩きます森を抜けると景色が見えてきます白金地区の大規模牧場が広がっていますこのあたりから美瑛富士の山頂が見えてきますがこのまま直で登れず反対 [続きを読む]
  • 運も必要な参加型企画多数あり「厚田ふるさとあきあじ祭り」
  • 石狩市さけイベントの2つめの厚田ふるさとあきあじ祭り旧厚田村望来地区で開催されます厚田市街地まで行かないため札幌からも近いため祭りに来る大半の人が札幌市民です(特に北区の人が多いです)厚田村でも石狩市同様生鮭の販売があります石狩市より安い値段で販売しますがこちらはその場でさばいてくれないため自宅で捌かないといけません鮭以外の魚も販売してますヒラメやカレイも安価で販売してます厚田の朝市でも安く購入す [続きを読む]
  • 当たればラッキー!鮭のつかみ取りが人気の「石狩さけ祭り」
  • 石狩市では合併した旧浜益村と旧厚田村を合わせて石狩三大さけ祭りを開催しています旧浜益村が一番早く石狩市、旧厚田村と開催しますが石狩市と旧厚田村は同じ日になることもありますただし石狩市は2日間開催なので土曜日は石狩市、日曜日は旧厚田村と2箇所行くことができます石狩さけ祭りの一番の目玉は生鮭即売会ですいいものを買うためには早朝から並ばないと購入できませんやはり生筋子が入っているメスが人気でメスからなく [続きを読む]
  • 紅葉並木が美しい「神楽岡公園」
  • 神楽岡公園も旭川駅から近いオアシス的な公園です。常磐公園とは反対方向の南方面に向かって行くとあります。春は桜、秋は紅葉が綺麗なところで、公園はとても広く池や滝があります。冬は3kmの歩くスキーコースもあります。市街地から近い公園ですが見事な滝があります。人口で作られた滝ですがマイナスイオン効果もありとても気持ちがいい所です。秋は滝の周りの木々が色づき山に来たような雰囲気になります。市街地にいながら癒 [続きを読む]
  • 旭川中心部から近い木々のオアシス「常磐公園」
  • 旭川駅から近い都会のオアシス常磐公園は食べマルシェや冬祭りなど旭川市での大イベントの会場にもなる公園で、日本の都市公園100選にも選ばれています。観光で訪れる人はあまり多くないですが、秋は木々が彩り美しい光景が楽しめます。公園の中心には池もあり風のない穏やかな日は特に綺麗です。常磐公園内に上川神社頓宮があります。このあたりは銀杏の黄色が綺麗なところです。頓宮とは一時的な宮のことで神様が休憩して留まる [続きを読む]
  • 紅葉が見事な天空温泉「十勝岳温泉凌雲閣」
  • 十勝岳温泉は上富良野町にある標高1280mのところにある北海道で最高所の温泉です。温泉名の由来にもなっている十勝岳連峰への登山はここからスタートします。登山をしない人も紅葉が楽しめることから多くの人が訪れます。展望台ができたので以前よりも紅葉が見やすくなりました。十勝岳温泉の紅葉は毎年9月下旬から10月上旬が見頃です。銀泉台や高原温泉の紅葉が見頃を終えるとここが見頃になります。針葉樹の緑と混じってナナカマ [続きを読む]
  • 【Compleat】上川地区のマンホールデザイン
  • 上川管内のマンホールを集めてみました北は中川町、南は占冠村まで非常にでかく自治体も多いためコンプリートは大変です自治体の数が多いですがすべての自治体でデザインマンホールがあります旭川市は北海道第二の町なのにもう少し凝ったデザインのものを作って欲しいかな【旭川市】旭川市で毎年開催される日本最大級の国際スキー大会「バーサーロペット・ジャパン」のシンボルマークをデザイン旭川というとカントリーサインになっ [続きを読む]