はちけん さん プロフィール

  •  
はちけんさん: 北海道よりみち話
ハンドル名はちけん さん
ブログタイトル北海道よりみち話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/dotrip/
サイト紹介文北海道内北から南へ温泉・登山・お祭りめぐりちょっと寄り道したくなる話題を紹介してます
自由文北海道在住の旅人です
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐり
やっていることは北海道内でイッテQみたいなものです(笑)

たま〜に本州にも出没します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供441回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2017/06/08 21:39

はちけん さんのブログ記事

  • 旅人同士が友情に芽生えるかも「愛とロマンの8時間コース」
  • 礼文島の北端スコトン岬から礼文林道までの30kmを8時間かけて歩く愛とロマンの8時間コースがあります西上泊までは4時間コースと同じ道です西上泊で浜中方面と召国方面の分岐から8時間コースのみの道のりになります桃岩荘や星観荘に宿泊する一部の人しか利用しないですが道は比較的整備されているので歩きやすいです8時間コースは召国分岐を過ぎたあたりからアマナ岩の辺りまでの約5kmほどがつらい道のりになります振り返れると船泊 [続きを読む]
  • 礼文島北部でしか見られないレブンアツモリソウ群生地
  • レブンアツモリソウは、北海道の礼文島北部にのみ生息する野生のランです礼文町浜中地区のレブンアツモリソウ群生地で多く見ることができます花の時期は5月下旬から6月上旬にかけて開花します花は大きな袋状で白いのが特徴的です礼文島のキャラクター「あつもん」はレブンアツモリソウがモチーフになっています礼文町のキャラクターの「あつもん」はこんなキャラですマンホールのデザインもレブンアツモリソウです5月末から6月は連 [続きを読む]
  • 日本最北の湖久種湖
  • 散策コースにもなっておらず定期観光バスも通過してしまいますが礼文島には日本最北の湖「久種湖」があります日本最北のキャンプ場とスキー場もあります船泊に宿泊しないとあまり散策しない場所かもしれません遊歩道や木道が整備されており歩きやすいですなかなか訪れる機会がありませんがGWに久種湖へ行くと水芭蕉の群生を見ることができますあまり花の多いところではないですがクロユリがたくさん咲いていますこの湖花は少ないん [続きを読む]
  • 礼文島を歩こう!北の岬めぐりコース
  • 花の浮島礼文島には散策するコースがいくつかありますメジャーなのは南の桃岩フラワーロードと北の岬めぐりコース北の岬めぐりの出発地点のスコトン岬へは香深フェリーターミナルからバス利用となります船泊地区の民宿に宿泊すると無料送迎があるためバス代が浮きます日本最北端の地といえば宗谷岬が有名ですが礼文島スコトン岬は日本最北限の地とされています以前は共に最北を名乗っていましたが測量の結果宗谷岬が「最北端」と判 [続きを読む]
  • 礼文島を歩こう!北の岬めぐりコース
  • 花の浮島礼文島には散策するコースがいくつかありますメジャーなのは南の桃岩フラワーロードと北の岬めぐりコース北の岬めぐりの出発地点のスコトン岬へは香深フェリーターミナルからバス利用となります船泊地区の民宿に宿泊すると無料送迎があるためバス代が浮きます日本最北端の地といえば宗谷岬が有名ですが礼文島スコトン岬は日本最北限の地とされています以前は共に最北を名乗っていましたが測量の結果宗谷岬が「最北端」と判 [続きを読む]
  • 旭川の夏の始まりを告げる石狩川フェスティバル水祭
  • 旭川の夏のビッグイベントの1つが夏の訪れを告げる「石狩川フェスティバル水祭」フィナーレには旭川地区では最大級の5尺玉花火が打ち上げられ旭川市民だけではなく周辺住民も足を運ぶ祭りです朝から夜まで一日を通じてイベントが開催されています日中は豪華賞品の当たる「水祭協賛ビンゴ」や「ちびっこ・やまめの放流釣り体験」、「スポーツスタッキング」、「ダンスステージ」「水祭YOSAKOI王座決定戦」などのステージイベントも [続きを読む]
  • 十勝が一望できる広大なナイタイ高原牧場
  • 上士幌市街地から車で上まで上がることができるナイタイ高原牧場かつてはここにログハウス風の売店やツリーハウスもあったんですが2015年の台風で全部壊れてしまい現在はプレハブで仮営業中ですここのソフトクリームは結構美味しくてオススメですナイタイ高原牧場は上士幌町にある広大な牧場ですこれぞ北海道的な景色が見れる場所ですどうやって管理しているんだろうっていうくらい広いですここで育てられているナイタイ牛は美味し [続きを読む]
  • 3つのうまがある!安平うまかまつり
  • アサヒメロン・はやきた和牛等ご当地の「美味か」太鼓やダンスが「上手か」馬産地の「馬か」の3つの『うまか』が融合した祭りを毎年7月上旬に安平町早来地区で開催されます安平町の名産品のアサヒメロン夕張市の隣町安平町は夕張と同じように1日の寒暖差が大きく甘いおいしいメロンができます人気のあるメロンですぐ売り切れてしまいましたアサヒメロンと比べるとかなりお値段が安い追分カンロカンロもメロンの一種でマクワウリ、 [続きを読む]
  • 衝撃のビジュアル!真っ黒な日本最北の音威子府そば
  • 北海道内には蕎麦の産地が各地にありますが日本最北のそばの里が上川管内の音威子府村にあります人口は北海道で一番少ない街ですが音威子府のそばを食べに多くの人がやってきます夏場は特に大人気でお昼どきに行くと大行列が出来ています本来列車を利用する人が駅に来るんでしょうがここは列車を利用する人よりもそばを食べに来る人の方が多いです鉄道の場合特急を組み合わせて途中下車しても音威子府に4時間以上滞在することにな [続きを読む]
  • 毛がにの水揚げ日本一な枝幸町の「枝幸かにまつり」
  • 長万部町、広尾町、網走市など道内各地で行われるかに祭りですが一番規模がでかいのが日本一の毛がに水揚げ量を誇る枝幸町ただし札幌市から300kmもあるためカニまつりイベントの中で一番遠いですちなみに追分の江差も300kmくらいあります会場は市街地のハズレウスタイベ千畳岩で開催されますカニ祭りは7月の第一日曜日に開催されるのでエゾカンゾウがちょうど見頃の頃に開催されます祭りの開会とともに漁船のパレードが始まります [続きを読む]
  • 鬼花火も楽しめるのぼりべつ夏祭りいぶり食と文化の祭典
  • 登別といえば温泉街が有名ですが市街地は温泉の最寄駅登別ではなく室蘭寄りの幌別にあります中心街から北へ4kmほど山の方に向かった川上公園にてのぼりべつ夏祭りが開催されますオープニングは登別の幼稚園児によるパフォーマンスと書道部によるパフォーマンスで幕をあげます高校生が書いた文字が祭り開催の2日間飾られますいぶり食と文化の祭典という名称もついていることもありご当地グルメもありますが胆振といいつつも室蘭市と [続きを読む]
  • 登別にある秘湯「川又温泉」
  • 登別市といえば地獄谷で有名な登別温泉の他にカルルス温泉と新登別温泉も有名ですがそれとは別にもう一つ温泉があります場所は登別市の中心部幌別から12kmほど山の方に向かった鉱山町という地区かつてこの地に幌別鉱山があり住居や学校もありましたが現在は学校はふぉれすと鉱山というネイチャーセンターに住宅は数軒あるのみとなっています詳しい場所はふぉれすと鉱山に行けば教えてもらえますがざっくりとした地図も道路上にあり [続きを読む]
  • 自然を満喫しながら楽しめるフラワーフェスタ
  • 道内屈折の人口増加率を誇る旭川市のお隣東神楽町東神楽中心地から少し離れたところにある東神楽森林公園で毎年6月最終日曜日にフラワーフェスタが開催されます花のまちとして全国に知られている東神楽町花澄みきった空気、豊かな緑と水、肥よくな大地空港もあり旭川駅まで10km以内という好立地なこともあり1990年代は5000人台だった町が現在10000人を超えました(夕張市より人口が多いです)11時10分から先着200名「花苗」無料プ [続きを読む]
  • 年5回開催なお得なイベント「長沼町夕やけ市」
  • 札幌市のベッドタウンにもなっている田園都市長沼町5月から9月の第四土曜日に市街地が大縁日になる夕やけ市というイベントを年5回開催されます長沼町民の他北広島や札幌の人も多くやってきます人口1万人の長沼町の市街地がたくさん人はやってきます年5回の開催で4万人以上の人がやってくるそうです夕やけ市で一番人気は電機店が販売するおでん17時30分スタートですが17時過ぎから長蛇の列が出来ています本業は電気屋さんのはずなの [続きを読む]
  • オンコの奇木郡が楽しめる国の天然記念物「オンコ林園地」
  • オンコの奇木がたくさんある焼尻島のオンコ林園地は港から近く道もきちんと整備されており歩きやすいです園内にある奇木を紹介します奇木「知恵の輪」(樹木:ナラ)ぐるりと一周しているのが珍しいです奇木「エゾ鹿」(樹木名:ナラ)まるでエゾシカの角のような形をしています奇木「竪琴の木」(樹木名:オンコ)弦が貼ってあったら竪琴のような木です名木「見返りのオンコ」(樹木名:オンコ)これは奇木ではなく名木のようです [続きを読む]
  • 森と牧場散策1周12kmの焼尻島散策
  • 天売島から高速船ならわずか15分で到着しますが運賃が1000円以上してやや高いですがこれに乗らないと天売発の場合焼尻散策ができません高速船の後のフェリーが車で4時間くらいあるので天売島同様1周12kmの焼尻島もウォーキングして見て歩くことができます港を出ると最初はのぼり坂ですのぼり坂を登り終えると工兵街道記念碑というのがあります第二次大戦中、焼尻島に駐屯していた工兵隊が崖を切り崩して作ったことから、この道道2 [続きを読む]
  • 1周12km鳥たちの楽園天売島ウォーキング
  • 天売島は1周12kmしかないため3時間くらいあれば1周できます赤岩展望台へ行く途中にはニシン番屋がありかつて天売島ユースホステルとして使えれていましたニシン番屋を使ったユースホステルは礼文島の桃岩荘が有名です赤岩展望台までの海岸線の岩場にはウミウがたくさんいます鳥達の楽園と言われている島だけあって色々な鳥たちと出会えることができます夕方以降はたくさんのウミウたちがやってくる赤岩展望台も昼間は何もいません [続きを読む]
  • 60万羽の感動の光景「赤岩展望台のウトウの帰巣」
  • 北海道内には利尻島、礼文島、奥尻島、天売島、焼尻島の5つの有人離島があります利尻、礼文、奥尻は行く人が多いですがちょっとマイナーなのが天売&焼尻道民にもあまり馴染みのない島ですが6月から7月にかけて天売島でしか見られない光景があります天売島へは羽幌からフェリーか高速船ですが高速船は値段が高いです天売島は人口300人くらいの小さな島なので宿もあまり多くありませんただちょっとマイナーな島なのでどこの宿に泊ま [続きを読む]
  • 壮大な雲海が見える津別峠展望台
  • 美幌峠、小清水峠、津別峠屈斜路湖を一望できる峠は3つありますがその中でも津別峠は道が狭く冬は通行止めになるためなかなか厄介なところにあります展望台からは屈斜路湖、斜里岳、奥にうっすらと知床連山も見えてます三つの峠の中では一番マイナーなところですが景色は一番綺麗な所だと思います360度の展望が効ききます近いのでアカンの山々も見ることができます夏場は雲海から登る朝日を見ることもできます時期は6〜10月、気象 [続きを読む]
  • 森林セラピーも楽しめるノンノの森のクリンソウ群落
  • 北見方面から阿寒湖へ向かう途中にある津別町クマ焼きで有名な道の駅あいおいや雲海の津別峠が有名ですが初夏はノンノの森で道内最大のクリンソウの群生が楽しめます見頃は例年通り6月中旬から7月上旬までですノンノの森では、清流に沿って1ヘクタールの湿地に約30万株のクリンソウの可憐な花が森の中をピンクに染めます場所は津別町市街地から道道588号を津別峠方面に24?ホテル ランプの宿森つべつの正面にあります6月中旬頃に開 [続きを読む]
  • 北欧のお祭り気分が味わえる「夏至祭」
  • スウェーデン王国レクサンド市と姉妹都市になっている当別町スウェーデンの最も重要な伝統行事の夏至祭を当別町でも開催されます開催場所は北欧の住宅街のようなスウェーデンヒルズです夏至祭当日はJR石狩太美駅から無料シャトルバスが10分間隔で出ていて公共交通機関を利用しても便利なところです石狩太美駅の駅舎も北欧風のおしゃれな建物です夏至祭はその名のとおり夏至を祝う祭りですスウェーデンは冬が長いため、1年で最も昼 [続きを読む]
  • 外観も内装もIKEAで北欧風「北欧の風 道の駅とうべつ」
  • 2017年4月21日に国道337号線沿いにオープンした北欧の風道の駅とうべつ札幌市街地から一番近い道の駅です道が厚田より広く駐車場も建物もでかいのでオープン当初ひどい渋滞はありませんでした当別町の姉妹都市であるスウェーデン王国レクサンド市にある北欧風のベンガラ色に大きな三角屋根の外観が特徴で中も北欧をイメージしたおしゃれな感じになっています当別町は北欧との交流も深く、ものづくり体験や食のイベントなども企画し [続きを読む]
  • 明治時代からの歴史ある北海道神宮例祭(札幌まつり)
  • 本州の人で札幌のお祭りと言えば真っ先に思いつくのは雪まつりだと思いますあとはよさこいやホワイトイルミネーションなどあるんですがどの祭りも札幌市民の興味はかなり低かったりしますがそんな札幌市民が楽しみにしている祭りは札幌まつりです中島公園と北海道神宮が会場になるんですが中島公園は歩けないぐらい大勢の市民で賑わいます札幌まつりの正式名称は北海道神宮例祭といいますが誰も正式名称で呼ばないような気がします [続きを読む]
  • 日本海の夕日が眺められる道の駅石狩「あいろーど厚田」
  • 2018年4月27日北海道内で120番目となる道の駅道の駅石狩「あいろーど厚田」が開設しました日本海を望む丘にある厚田公園を再整備して建設となった新しいタイプの道の駅ですGWと桜と重なったこともありオープン時は大渋滞が起こり話題になりました1階は石狩市と姉妹都市の物産品が販売されています沖縄県恩納村の商品も取り揃えています北海道にいながら珍しい沖縄の商品も購入できます厚田のお菓子もありますサーモンをかたどった [続きを読む]