はちけん さん プロフィール

  •  
はちけんさん: 北海道よりみち話
ハンドル名はちけん さん
ブログタイトル北海道よりみち話
ブログURLhttp://dotrip.livedoor.biz/
サイト紹介文北海道内北から南へ温泉・登山・お祭りめぐりちょっと寄り道したくなる話題を紹介してます
自由文北海道在住の旅人です
北海道内179市町村の温泉・登山・お祭りめぐり
やっていることは北海道内でイッテQみたいなものです(笑)

たま〜に本州にも出没します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2017/06/08 21:39

はちけん さんのブログ記事

  • [20181230]関東三大イルミネーションのひとつ「湘南の宝石」
  • 稲村ヶ崎で夕日を見たあとは江ノ島イルミネーション「湘南の宝石」を見てきました関東3大イルミネーションらしいです相模湖、東京ドイツ村、足利フラワーパークだと思っていたのですが…江ノ島名物の上までエスカレーターで行くエスカーは大混雑並ぶくらいなら歩いたほうが早い気がします江ノ島神社を過ぎた中津宮会場が最初のイルミネーションスポットですメインエリアに行く前のスポットですがここが既にメイン並に綺麗でびっく [続きを読む]
  • [20181230]鎌倉・江ノ島観光の足「江ノ島電鉄」
  • 湘南モノレールをあとにして次は江ノ電に乗車です湘南江の島駅と江ノ電江ノ島駅はすぐ近くですどちらも江ノ島までは結構遠いです外国人観光客が増え地元民が乗れなくなるという事態になっている江ノ電ですがその混雑ぶりはとてもひどく土日は列車は定時運行できないようです昼間なのに朝ラッシュ時のような混雑ぶりはひどいです数年前に乗車していますがそのときはここまで混んでいませんでした満員の中鎌倉方面に向けて出発です江 [続きを読む]
  • [20181230]大船駅から見える巨大な大船観音
  • 2日連続で小田急線ですこの日は江ノ島線を利用して藤沢までやってきました今回はジェットコースターみたいなモノレールと言われている湘南モノレール乗車が目的です藤沢駅でJRとモノレールと江ノ電が乗車できるフリーパスを購入し人駅となりの大船駅へやってきました江ノ電は藤沢駅ですが湘南モノレールは大船駅が始発ですすぐ乗ろうと思ったのですが駅を降りると山の上に巨大な観音像が立っていますこれが気になったのでちょっと [続きを読む]
  • [20181229]日本一の規模の海老名サービスエリア
  • 年末はいつものように脱北して関東地方にいました昼の情報番組がことごく東京近郊のことばかりでとても歯がゆく思っていますが今回その手の番組でよく紹介している海老名サービスエリアへ行ってみました海老名へは新宿から小田急線で向かいます小田急線といえばロマンスカーロマンスカーというと村下孝蔵の曲を思い出しますが海老名くらいなら特急券不要の急行列車で向かいました行きも帰りも白いロマンスカーがやってきたのですが [続きを読む]
  • 秘境駅が熱い!「糠南クリパ in 2018」
  • 稚内から南へ60kmほどのところにある幌延町は12月になると全国から多くに人がやってくる日がありますそれが糠南クリパとある有志が4年前に開催したイベントでしたが年々参加者が増え近年は町公認のイベントになっています今回は糠南クリパとその前夜祭に参加してきました全国から多くの人が幌延町に集まります道民は3割ほどでなぜか千葉県民が多かったですLCCができて成田利用がしやすいからなのでしょうか少ないですが女性も何人 [続きを読む]
  • レストランと併設している沼ノ沢駅
  • 夕張支線が新夕張を出て最初に停車する駅が沼ノ沢です駅前にはかつて商店街があったようですが現在はすべて閉鎖しておりシャッター街となっていますここから南清水沢のニコットへ買い物に行く人が多いようで夕張市民がたくさん乗車してきます駅舎の中にはレストランおーやまがあります帝国ホテルでシェフをしていたオーナーがやっています地方のレストランにしては少しお値段が高いです夕張産の野菜を中心に使われたメニューがたく [続きを読む]
  • 夕張グッツ盛りだくさん「道の駅メロード」(新夕張駅)
  • 2019年3月31日JR北海道からまたひとつの路線が消えてしまいます今回廃止となるのは石勝線夕張支線で新夕張から夕張までの16.1kmです現在駅前ロータリーからは新札幌行きが1日3本のみですが夕張支線廃止後は夕張本町まで1日10本運行となり現在の列車よりも本数が増えますが値段が気になります(夕鉄バスは道内でも値段がかなり高い会社です)駅の広場には昔の駅名の看板もあります新夕張はかつては紅葉山という名前で占冠方面へはあ [続きを読む]
  • 札幌市電の冬の風物詩「ササラ電車」
  • 札幌市と函館市それぞれ冬になる運行するササラ電車ですが主に早朝と深夜に多いため昼間走るのは大雪の時と狙ってもなかなか見られないレアな車両です宗谷本線のラッセル車のようにいつでも見ることができません中心部のサイドリザベーション区間は可動ませんが、そこを過ぎると前面にあるササラというブラシを回し線路についた氷や雪を吹き飛ばします大雪ではないため吹き飛ぶ雪の量は少ないですが昼間は知っている姿はなかなか見 [続きを読む]
  • 今年も運行雪ミク電車2019
  • 札幌市電の冬の風物詩となった雪ミク電車毎年雪ミク電車が出発する前日の日曜日に電車事業所にて車両公開をしています2018年は天気も良かったこともあり大勢の人が来ていました毎年雪ミクも登場します雪祭りにも登場するのでもはや札幌市のキャラクターとなりつつありますこれを見に本州からやってくる人も結構いるようです運行は12月から3月までの4ヶ月間毎日走っているので札幌中心部に行けば比較的見られる確率の高い電車です1 [続きを読む]
  • 秘境ムード満載!冬の豊ケ岡駅
  • 札沼線の北海道医療大学から新十津川までの区間は沿線4町が廃止に合意したため2020年5月6日が最終運行となってしまいました1日1本になってしまった時点で危ういとは思っていましたがついにその日がやってくることになってしまいました沿線一の秘境駅「豊ケ岡」もお別れとなります列車廃止後は国道275号線を路線バスが走ることになると思いますが豊ケ岡駅は国道から少し離れたところになります札沼線は大半が国道に沿っていますが豊 [続きを読む]
  • 2つの源泉が楽しめる遠別町「旭温泉」
  • 旭温泉は留萌からオロロンラインを北へ90kmほど進んだ遠別町の奥地にありちょっとした秘境感のある温泉ですここの温泉では一軒の宿に異なる2つの源泉を楽しむことができます黒っぽい色をした富士見の湯は古い角質を取り除き肌をなめらかにしてくれる美肌の湯です泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉です赤茶色の旭の湯は殺菌や皮膚の治療に効果があるというメタケイ酸がたっぷりと入っています保湿効果もあり湯冷めしにくい冬に [続きを読む]
  • 波の花の舞う初山別村みさき台公園
  • 留萌市から北へ75kmほどオロロンラインを進むとある初山別村は星空と夕日の綺麗なところです特にみさき台公園は景色がよく晴れた日には正面に雄大な利尻富士を見ることができます(冬は快晴の日が少ないためなかなか見えません)みさき台公園はキャンプ場にもなっているため夏は多くのキャンパーで賑わっています波の花は海中に漂うプランクトンに含まれる粘液が海の波に揉まれて石鹸状の泡となる現象です冬の風の強い日は風に舞い [続きを読む]
  • トラピスト修道院並木道ライトアップ
  • 函館市の隣の北斗市にある当別トラピスト修道院前の並木道では、クリスマスムードにふさわしいライトアップイベントが行われます。修道院まで約400mにわたって杉やポプラにライトを配置し美しい演出をしています。以前は1日だけのイベントでしたが最近は期間も長くなり2018年は12月17日から24日まで1週間開催されます。列車の本も比較的多いため車までなくてもアクセスはしやすいところです。石別中学校からトラピスト修道院までは [続きを読む]
  • 鮭のつかみ取りがなんと100円!茂辺地さけまつり
  • 函館近郊であまり鮭のイメージはありませんが11月上旬に函館市の隣町北斗市にて「茂辺地さけまつり」が開催されます函館市民に非常に人気のイベントのため9時頃に会場へ行くと車をなかなかおくことができず非常に待ちました臨時列車も運行するので道南いさりび鉄道利用の方が便利です鮭の遡上というと道東のイメージが強いですが函館市から近い北斗市茂辺地地区を流れる茂辺地川流域で見られます数匹程度かと思っていましたが大量 [続きを読む]
  • 【Compleat】渡島管内のマンホールデザイン
  • 渡島管内のマンホールを集めてみました松前町、福島町、旧恵山町、旧椴法華村、旧南茅部村、鹿部町、旧砂原町はデザインも自治体のマークもないマンホールです有名観光地もあるところもありますが北海道の振興局の中で一番デザイン率が低いところです【函館市】函館市の魚「イカ」をデザインしたマンホール函館市内にはいろいろなところにイカのモニュメントがあります市電とバスがICカード化になりましたがイーカって名前にするの [続きを読む]
  • 巨木にである町の森「土橋レクの森」
  • 函館市内から江差方面に行く途中にある厚沢部町メークイン発祥の地で世界一のコロッケをあげる祭りが有名ですがそれ以外は何もなさそうなところですが厚沢部市街地に近いレクの森には巨木がたくさんある森があります散策路が整備され気軽に歩くことができます巨木に会えるコースは「ブナ山登山コース」登山コースという名前なので登りが続き大変ですが苦労して見に行く価値はあります(屋久島みたいな大変なところではないです)20 [続きを読む]
  • 日本最北限のブナの自生地「歌才ブナ林」
  • 黒松内町はブナの自生地の最北限の町になっています町内には歌才、添別、白井川(林道ゲートがあるため許可が必要)の3つありますなかでも有名なのが歌才ブナ林です道道沿いには立派な駐車場もあり観光向けに解放されています入口からブナ林までは800mほどありますが最初のアプローチの区間にもブナの木は何本かあります緩やかな山道なので歩きやすいです森林公園からの分岐点をすぎるとブナ林入口ですここで入林届を記入してブナ [続きを読む]
  • ブナの若木が美しい「添別ブナ林」
  • 黒松内町でブナ林といえば歌才ブナ林が有名ですが歌才とは別にもう一つ添別ブナ林もあります歌才は巨木が多く、添別は若木が多いところです同じ町内ですが異なるブナ林を楽しむことができますこちらは市街地からやや遠く最寄りバス停からも4kmほどあるので車のほうが訪れるのが楽です道道523号線を島牧方面に向かって走っていると小さな看板があり案内に従って進むとビジターセンターがありますそこからスタートとなります最初は上 [続きを読む]
  • ピザとパンが絶品「道の駅くろまつない」
  • 黒松内市街地から少し離れたところに道の駅がありますJR熱郛駅から近いですが本数が少ないため使いにくいですピザとパンが有名で町外から多くの人が訪れる人気の道の駅ですピザは特に人気で5月から10月の土日祝日は非常に混みあいひどい時はメニュー限定Mサイズのみ待ち時間も1時間を超える時もありますが待ってでも食べたいもっちりおいしいピザですパンもオススメです時間帯によって焼かれるパンがいろいろあります夏は14時があ [続きを読む]
  • 秘境の地にある幻の和菓子屋「すずや」
  • 黒松内町は「すずや」という和菓子屋が有名ですお店が非常にわかりにくく秘境の和菓子屋とも言われています道道523号線を島牧方面に進み黒松内中学校とトワヴェールの間にひっそりとあります見た目が家なのでわからずに通過してしまいそうです営業中の看板ものれんも小さいので本当に営業しているのか少し疑問に思ってしまいます入口前には本日販売しているメニューが書かれています季節限定のお菓子があり11月と12月はそばまんじ [続きを読む]
  • 札幌一の紅葉スポット「豊平峡ダム」
  • 定山渓温泉の奥地にある豊平峡は秋は紅葉の名所として多くの市民が訪れます豊平峡の駐車場のキャパ以上に人がやってくるため秋は朝早く来ないと大渋滞に巻き込まれてしまいますまた午後は帰りの大渋滞にも巻き込まれるので早めに行くことをおすすめします駐車場からダムサイトまでの冷水トンネルは環境に配慮し乗用車の乗り入れは禁止ですトンネルを歩くか電気バスに乗車していくかの2パターンになりますトンネルの途中に九段の滝 [続きを読む]
  • ほっき三昧の一日を堪能「とまこまいホッキまつり」
  • 苫小牧市はホッキ貝の水揚げ量が日本一ですそんな苫小牧市では毎年10月中旬にほっきまつりが開催されます札幌市からも近いこともあり毎年大勢に人がやってきます9時からスタートする祭りですが10時前の時点で会場は人で溢れています車も駐車場に入る車で大混雑します少し歩きますがJRで行き苫小牧駅から歩いたほうが早いかもしれませんほっきの祭りなので会場内ではいろいろなほっき料理が食べられます定番のほっきカレーはいろい [続きを読む]
  • 緑の渓谷が美しい「樽前ガロー」
  • 樽前ガローは苫小牧市の西側にある渓谷です新千歳空港からも観光客も行きやすい美しい光景なのですが場所がわかりにくいのと案内があまりにも不親切なため行く人は少ないですちょっと残念な観光地みたいな感じになっていますが正しい見方がわかるとここの良さが実感できます普通にカーナビをセットすると樽前ガロー橋にあたりが指定されます橋の上から川が見られるのですがこれだけって思ってしまいがっかりして帰る人が多いですち [続きを読む]