トマコ さん プロフィール

  •  
トマコさん: あぁ、トマコの生きる道
ハンドル名トマコ さん
ブログタイトルあぁ、トマコの生きる道
ブログURLhttp://tomakodo.blog.jp/
サイト紹介文不登校と鬱を乗り越えた長男は中学1年生。発達障害3兄弟の母トマコの4〜16コママンガ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 261日(平均7.6回/週) - 参加 2017/06/09 07:43

トマコ さんのブログ記事

  • ソフトボール始めて1年
  • ソフトボール始めてもうすぐ1年始めたばかりのころは休憩時間も多く →墓作ってたどうしようもない1年生だったたい蔵が →1年生の実態シリーズ(全3話)最近では守備練習にも入れてもらえてその分張り切るようにもなってもうあんな思いをしなくて済むんだわ…と →1年生初めての試合シリーズ(全3話)大きな心で見学にいったソフトボールで1年前と大して変わっていなかった件についてお前が使い物になる日はいつなの…ち [続きを読む]
  • 硬筆始めて4か月
  • 11月に始めた硬筆は →始めたきっかけマサオが幼少期にも教えてもらった頑固一徹おじいちゃん先生強烈な兄二人を持つことにより編み出された三番目特有の怒られ回避術たい蔵得意のスルースキルも →スルースキル母には通じても →母の怒りをスルーおじいちゃん先生には全く通じずガツンと怒られて泣いたらしい。いやーほんと素敵だわー頑固先生。療育の先生も、小学校の先生も優しくてこういう昭和タイプのガツンと怒る先生は貴 [続きを読む]
  • 姑のズレた愛情の矛先
  • ねこばぁば姑化シリーズ(全3話)●初めから読むもともとぶっ飛んだ母親だと思っていたが →ぶっ飛び具合まさか本当に猫の手を使うとは思わなかった暇そうに寝てたから仕事を与えたと言うが猫は元からそういう生き物だしうちの猫と奇跡的に同時期に飼い始めたジジとキキだけど →母子のシンクロ率ねこばぁば自身、幼少期から動物を飼い続けてきていて猫は仕事する生き物じゃないなんてこと当然のごとく知ってるだろうに!!猫は [続きを読む]
  • 姑化した母親の心の内
  • ねこばぁば姑化シリーズ(全3話)●初めから読むヒロシが東京にいたときも「お父さんが心配してるから」という口実でヒロシに電話しまくっていたらしいが案の定ねこばぁばの単独犯三番目のかわいさはなんとも言えないけども →三番目特有のあざとさ私が一人暮らししたときも、結婚したときもあなたからの電話はほぼありませんでしたよお母さん!!なんでかなやっぱり娘と息子は違うのですかお母さん!! →娘がかわいくない理由 [続きを読む]
  • 母親が姑になったとき
  • 末っ子長男ヒロシが結婚してもうすぐ3か月。結婚式でねこばぁばがいろいろやらかしたものの →弟ヒロシの結婚シリーズ(全6話)無事終了し、ほっとしたのも束の間どうしよう実母ねこばぁばに過干渉の気が!てんやわんやな年末大宴会で →年末大宴会シリーズ(全5話)マサオに「あほ」と言われたハクサイ200玉この冬とてもお世話になったしまだ欲しいおすそ分けそこに見過ごせない、ねこばぁばのこの状況しかもハクサイを盾 [続きを読む]
  • 中学生の親への冷やかし問題
  • バレンタインシリーズ(全4話) ●初めから読むここ最近のなぁ太の夫婦煽りがウザイったらない。どんな反応を返しても正解ではない気がして今まではサラリと流していたのだけれど →しれっとどんどん激しくなる一方でどうしたものかなーと思ったが →激しくその矛先をなぁ太本人に向けたら一気に解決。お母ちゃんのほっぺにチューはマジ泣きするほど嬉しかったようで何よりです。それでも昔に比べたらマジ泣きしつつも断然冗談 [続きを読む]
  • 陽キャの子を育てる悩み
  • いじられるとオイシイと思う大成(たいせい) →実は過去にもチラリと登場黙ってれば清楚美人なのに口を開けばにぎやかな姉それに加え我が子を動けるデブと言う物静かな母親なんて楽しそうな一家だろう!!毎日笑いに溢れてるんじゃない!?と思ったが確かにあれを抑えろと言われたら無理だと言い切れるほどの陽気っぷりだった。どこの家庭にもそれなりに悩みはあるものなのね!そんな楽しい仲間に囲まれて今日もコン吉たい蔵はソ [続きを読む]
  • 親のかわいいゲージが限界突破したとき
  • マサオのカワイイゲージが限界突破すると奇行に走るのは周知の事実思えばそれはコン吉が赤子の頃から始まった。 →奇行の始まり今では猫に対して奇行 →VS猫息子に対して奇行 →VS息子そしてとうとうヨソのお子様にまで被害の手が…!!ソフトの子たちの犠牲で私たちの身が守られるなら…と安堵したもののカワイイの対象が増えただけだったようで私たちのガッカリ感は半端ないですがこれからも厳戒態勢を解くことなくマサオ [続きを読む]
  • バレンタインの特別な贈り物
  • バレンタインシリーズ(全4話) ●初めから読む聖バレンタインデーは夫に特別な贈り物をするべきというなぁ太のアドバイスのもと秋に撮ったトマコのカワイイ自撮りをマサオに送ったところ →スノーで自撮りマサオは大喜びで私たちを勝手口から押し出しました。バレンタインデーの寒空の下大声で家に入れろと叫んでる親子を見かけた方それは私達です。マサオはトマコのかわいい画像が貰えて本当は飛び上がるほど嬉しいのに天邪鬼 [続きを読む]
  • バレンタインデーの晩ごはん
  • バレンタインシリーズ(全4話) ●初めから読むガトーショコラ8台焼くことになり →8台焼くワケ時間がないので晩ごはんをおでんにしましたが魚の練り物が苦手です。小さい頃から好きじゃないのです。子ども達がなんでも食べるようにと工夫する母は →トマコの工夫子どもたちの好き嫌いにも厳しいのだけど →好き嫌い対策自分の苦手なものはなるべく食卓に出さない仕組み。卑怯ですって?いいえ食事を作るものの特権です。だ [続きを読む]
  • バレンタインデーの恐怖
  • 家を建てたのが10年前 →新築一戸建てそのバレンタインデーに軽い気持ちでチョコを配って早10年。お年寄りだらけのご近所で →トマコ家の周りおばあちゃんにかわいがられ →ご近所外出してもひたすらお年寄りと絡む日々の中 →外出とお年寄りまさか人口が増えるとは思ってもおらずあんなに奥手だったマサオの義弟二人が結婚して →奥手な義弟更に人口が増えることも想定しておらず →親族倍増そんな中、今年のガトーショコ [続きを読む]
  • 女友達が多い男子の特徴(写真有)
  • 聞きました?奥さん「カービーがあかちゃんをうみました」ですって!たい蔵のかわいいカービーがかわいいの象徴である赤ちゃんを産んで更にかわいくなったんですって!!かわいいてんこ盛りで母吐血したわ!!!!そんなたい蔵手作りの折り紙絵本はコレ↓硬筆習ってんのに字がクッソ汚いけど小さいカービーに萌えてください。鬼退治どこいった。にしてもほんと面白いなあって思う。我が家の三兄弟でこういう女性らしさを持っている [続きを読む]
  • 中学生のスタレンの意味
  • スタレンという言葉すら知らなくてそういえば自分も昔若者が普通に使ってる言葉を知らない親世代にイラッとしたことがあったなあと思ったりもしたけれどスタレンの言葉の意味を教えられてもそれをする意味は分からないままです。文字送りゃいいだろうが文字を何のために日本語習ってんだお前ら若者たち、マジいみふ。これが年を取るということなのだろうか。 →母の老いそして今日も中学生は元気にスタレンし合っているようです。 [続きを読む]
  • 小学生女子と男子、遊び方の違い
  • 小学生女子と男子の友達の母への絡み方が真逆な件について女子はめっちゃ絡んで来るのに男子は皆無男子は巣くって独立したコミュニティを作り上げる。大人しいと思った子でもそのコミュニティの中では己をさらけ出し活発に楽しんでいるもんなんだぜ!我が家は男三兄弟でなんていうか男友達は何人集まっても全く手がかからずラクチンなのだけれどなぁ太は昔から女友達と遊ぶことが多く →女友達小学生にもなるとおしゃべり上手な女 [続きを読む]
  • 名誉の穴
  • 不純な動機(穴開けたいだけ)でスライディングに臨んだたい蔵は華麗に吹っ飛び号泣コーチ(ふゆとパパ)が輸送に乗り出す始末。名誉の穴への道のりは甘くない。しっかし雨の日の体育館練習では以前とは違う心配が。 →以前の心配汚れだけじゃないよ!穴が開いちゃうよ!ウタマロ石鹸と針と糸を胸に、母も頑張ります。ソフトボールシリーズ ●初めから読む ●前の記事を読む ●次の記事を読む【いつも応援ありがとう】読んだよ [続きを読む]
  • 【恐怖】水道管が凍ったぞおおお!
  • 水道管が!!!凍ったアアアアア!!!毎晩、水道管対策をちゃんとしてたけど(なぁ太が)マイナス5度くらいにもなるともっとシッカリした対策が必要になるのね…!!朝から水が出ない生活はとても大変でした。昼には出るようになったからよかったものの次からはもっと気を付けなくちゃ!(なぁ太が!)にしてもなぁ太の不安症。幼稚園に入学すると初めての環境にストレスを感じすぎて円形脱毛症になったり →なぁ太の幼稚園シリ [続きを読む]
  • 我が家の家計管理と年度末恒例のアレ
  • 数字が好きだけど苦手なんです!数字使ったゲームは超タノシイのに →昔から好きだった管理になるとてんでダメ。なので家計簿は早々につけることをやめでもむしろやめたことで我が家は円滑に回り始めたのでこれは正解だったのだけれどヤーメタ!と言えないのが確定申告。なんていうかトマコの場合、他にも大変なことがあって例えば子どもの送迎が多すぎて本当に忙しいんだけど →送迎多すぎ問題それを他に頼まないのはトマコが頑 [続きを読む]
  • 我が家のオヤツ事情
  • うちの子優しいでしょー?母におやつを分けてくれるんですよ!!みんなお母さんのこと好きすぎて困っちゃうなーもー!!私は子どもにとても愛情を注いでいて →嫌がられる愛情子ども達もそんな母の愛情を受けとめてくれていて →脅されてるとも言うそういった蓄積された愛情が今こうしてオヤツを分けるという行為につながっていてつまりはアイツら本当は母ちゃんにチューしてもらいたいんじゃね?っていう☆ →ポジティブ思考( [続きを読む]
  • 社会の授業が恐ろしい理由トリプルコンボ
  • なぁ太の中学校では社会の授業で居眠りすると恐ろしい目にあうと言う。 →必殺「充電中」の刑その刑を恐れてみんな眠らないように頑張っているらしいのだが・ストーブの点火・給食の直後・そこに社会の授業という魔のトリプルコンボでクラスの半分近くが沈んでしまったらしく次々と「充電中」が貼られていく様を見ながらなぁ太はただ震えあがっていたという…なぁ太ったらコン吉の図太さをもっと見習って!! →図太さあ、ううん [続きを読む]
  • 熟年夫婦のデートの仕方
  • デートとはらぶらぶちゅっちゅするものだとなぁ太に教えられたたい蔵はお母さんとデートするお父さんを心から憐れんでいました。母のらぶらぶちゅっちゅはご褒美だろうがゴルァアアアア!!ほんと、どうしたことか子ども達にちっとも求められなくなって →求められたいスキンシップも少なくなって →無理やりスキンシップ 今じゃ、母のスキンシップは罰ゲーム。3番目が生まれてから、お払い箱になった感半端ない。 →その理由 [続きを読む]
  • 自慢の防寒と謙虚なこころ
  • 我が家の小学生二人が出る学芸会を見るため →学芸会戦地に向かう形相で極寒の体育館に赴いたもののなんだ私の防寒カンペキじゃん!と思ったのは体育館という守られた空間にいたからでした。冬の風ハンパネエ!!全ての防寒具がそこに存在しないと思うほどの寒さ!!!そういえば私、寒さに超弱かったわ! →超弱いそれなのになんで自分に自信なんて持っちゃったのかな!体育館で暖かく過ごせたからちょっと調子に乗っちゃったの [続きを読む]
  • 甘ったれと学芸会
  • 学芸会でしたよ!たい蔵はかわいいポーズの歌のあと →かわいい歌楽器を演奏しましたよ!色んな時間を削って散々練習してきた小太鼓のオーディション敵前逃亡だったけど!!オーディションに落ちるのは全然構わないんだ…。せめて受けてくれ…。コン吉の劇はセリフも立ち回りもちゃんとこなしてて母ちゃん素直に感動。今回の小学校の学芸会はなぁ太も見に行ったのだけれどコン吉と同じ「桃太郎」の劇をかつては裏方でしか参加でき [続きを読む]
  • ポジティブは己を救う
  • お手伝いひとつにすら楽しみを見つけて行動できるコン吉は毎日幸せそう。ううん、幼いころから毎日が楽しそうだった。言葉が遅くて →たままそれ故に起きた修羅場もあったりして →究極の二択衝動性を持ち合わせているものの →衝動性その中でも成長していて →成長する衝動性そんなコン吉の脳内は言葉が少ない分、とてもバラエティに富んでいて →バラエティ授乳なぁ太がネガティブならコン吉はポジティブでなぁ太が超現実派 [続きを読む]
  • 熟年夫婦のイチャつき方
  • マサオは時々スイッチが入る。これはもう本当に昔からで →8年前のスイッチ入力時スイッチが入った時のマサオは大概ロクでもないってことを →ロクでもないスイッチトマコは分かっているのにううんものすごく分かっていたのに!!つい広げられた両手に飛び込んでしまい抱き上げられたりもしてキャー新婚みたーい☆なんて思ったのも束の間実は体重測定だったという…。体重測定だったという…!!(号泣)そういえばマサオは昔か [続きを読む]
  • 息子の貢ぎ物と皆既月食
  • どこのお宅のカイロか分かりませんが今現在トマコのおなかを温めてくれておりまして大変ありがとうございます。マサオの意味不明な貢ぎ物に比べ →イミフ なぁ太の貢ぎ物はなんていうか…母の体調不良を心配する面がチラリと垣間見えるからか →母の不調に敏感ななぁ太本当はイラナイなんて今更言えない。しかもさほんと増えるなんて思わなかった。カイロ持って帰れよ中学生!!なぁ太が喜んでもらっちゃうだろ!そんで母にそれ [続きを読む]