トマコ さん プロフィール

  •  
トマコさん: あぁ、トマコの生きる道
ハンドル名トマコ さん
ブログタイトルあぁ、トマコの生きる道
ブログURLhttp://tomakodo.blog.jp/
サイト紹介文男子(だんご)三兄弟の母、イラストレータートマコのマンガとエッセイ。ソフトボールと発達障害も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 130日(平均7.5回/週) - 参加 2017/06/09 07:43

トマコ さんのブログ記事

  • 女の会話〜浮気と離婚〜
  • ジャケットを羽織っただけで女の存在をママ友に疑われたマサオは悟りを開いたブッダのように遠くを見つめ、ただ静かに微笑んでいたらしい。まあ…何言ってもいじられるのが目に見えてたからだろうな…。なにせ相手は人類最強の女と →2017/8/30ひなた君【10】Fカップの女だからな…。 →2017/7/21水着の闇マサオには到底敵うまい。我が家の史上最大の夫婦ゲンカ →2009/6/15夫婦ゲンカ【いつも応援ありがとう】  【更新連絡を [続きを読む]
  • 1年生の実態③
  • 日曜日なので1年生の実態シリーズいっきまーす。9時、15時、21時の三回更新、全3話だよ!1年生の実態シリーズ(全3話) →初めから読むお盆休み、欠席者多数により1年生が試合に出たあの日 →2017/8/15お盆の恐怖①あまりのフリーさに母は絶望した。 →2017/8/16お盆の恐怖③ひどい。いや、ひどいなんてもんじゃない。絶望だ。それなのに来年6年生が卒業するとやつらが試合に出る確率が上がってしまう。あんな絶望は [続きを読む]
  • 1年生の実態②
  • 日曜日なので1年生の実態シリーズいっきまーす。9時、15時、21時の三回更新、全3話だよ!1年生の実態シリーズ(全3話) →初めから読むコン吉たい蔵より後に入った3年生のたっくん。 →2017/9/4悩みすぎる母とママ友の存在1年生とじゃれあいながら基礎練習を楽しんでいたのもつかの間 ※基礎練習(ちんちん)とは →2017/10/14問題児を上手に転がすコーチの人柄上級者たちがうごめく戦地へと連れていかれてしまい1 [続きを読む]
  • 1年生の実態①
  • 日曜日なので1年生の実態シリーズいっきまーす。9時、15時、21時の三回更新、全3話だよ!休憩と言われた瞬間元気に遊び始める1年生。泳いでないと死ぬ魚かな?ソフトボールシリーズ ●初めから読む ●前の記事を読む ●次の記事を読む 【いつも応援ありがとう】  【更新連絡を受け取る】 【シリーズもの】シリーズを読みたい方はコチラを  →シリーズ物を読む  →登場人物とオススメ記事  【発売中の書籍 [続きを読む]
  • 問題児を上手に転がすコーチの人柄
  •  ※OBコーチとは →2017/8/13僕たちのBBQ①1年生は上級生と同じ練習内容をこなすことが出来ないため別メニューでコーチがついて教えてくれています。とても扱いが難しい1年生ペアを →2017/7/30怖いコーチのキャッチボール鶴コーチがこんなにも上手に転がせるのはこういうお人柄だからなのでしょうか!…見習わなくては。 →2017/9/18下ネタ育児で子どもを育てた結果ソフトボールシリーズ ●初めから読む ●前の記事 [続きを読む]
  • 夫が貢ぐもの
  • マサオはよく頼んでもいないのに子どもを運んでくる。トマコから頼むこともあるけれど →2017/9/6成長した男児とスキンシップを取る方法大概勝手に持ってくる。過去、赤子の股間をトマコの顔面に押し付けてくることもあったし →2007/9/18パパのオムツ確認法。トマコが寝ていたらイラつく猫を上に載せていたこともあった。 →2017/9/20目が覚めて対面したもの正直ありがた迷惑である。けど持ってこられたものに罪はないのでトマ [続きを読む]
  • 母が求められなくなったとき
  • どうしたことでしょう。ちっとも子どもから求められなくなりました。子どもが二人だった頃はすごかった母の争奪戦。 →2007/10/29それは人生最大。三人目が生まれて更に白熱化するかと思いきや三男たい蔵は兄に夢中で母は一切眼中にない有様で →2017/10/6お母さんと結婚する期そうなるとなぜか上二人も母に見向きもしなくなり急激に訪れた母の用済み感。もうちょっと赤ちゃんぽくしてくれてもいいんじゃない?と抱っこを求めて [続きを読む]
  • 夫の愛情の表し方
  • ソファで寝ていたらさかなを食らいました。 ※さかなとは →2017/6/13夫が妻に乗っかるときなぁ太というクッションがあった分骨の痛みはなかったのですが ※骨の痛みとは →2017/10/7マサオの奇行シリーズ始め?中1と中年男性が乗っかることによる圧迫感は相当なものでした。なぁ太は弟に助けろと命令していましたが普段の行いが祟ってか →2017/9/27兄弟の仲が悪い理由だれも助けてくれませんでした。なぁ太はいいとしても [続きを読む]
  • 夫が妻を呼ぶとき
  • 夫婦ってどう呼び合ってるの?我が家の夫マサオはなぜか常に妻トマコにあだ名をつけていて普通に名前で呼ばれることはほとんどない。(人前でカッコつけてるときにトマコと呼び捨てにするくらい) そしてそのあだ名も数年単位で変わり →2007/5/29マサオさんの不審な行動ここ数年は安定して「コーちゃん」呼びなのでそろそろ呼び方が変わる頃だと見ている。新しい呼び名が実は海外の俗語だったという衝撃の事実をかつて経験して [続きを読む]
  • 秋休みの過ごし方のススメ
  • みなさんどんな秋をお過ごし?我が家は強制的にスポーツの秋満喫中です!!いやもうほんとスポーツする子を抱えるお母さんてすごいのね…。たい蔵の思い付きで始めたソフトボールだけど →2017/6/17習い事をさせたいこんなに大変だとは思わなかった…。秋で爆発的に試合が増えて土日のあり得ない早起きと容赦なく汚れるズボンに試される日々。 →2017/7/1ソフトボール、母の試練それでもソフトボールのママさんたちは本当にいい [続きを読む]
  • チカンの主張と子どもの考察
  • 次男コン吉は素直なイイ子です。小4で母にチューを挑むほど母ラブな子で →2017/9/8子どもがお手伝いを嫌がったときウソがとても下手な正直者なのです。 →2017/10/5家族で人狼ゲームをしたときただ、口下手で説明が苦手という特色があるADHDのコン吉は →2017/6/24口下手な子の言葉が成長したとき言葉数が少ないが故に誤解が生じることもありつまり、今回の「お母さんは痴漢に合う心配がないと思う」というコン吉の言葉に [続きを読む]
  • マサオの奇行シリーズ始め?
  • 助けてください。助けてください。夫マサオの奇行が止まりません。外面がとてもいい人だからとてもマジメそうな旦那さんねとかとても優しそうな旦那さんねとか言われますが実際は奇行の嵐なんです。突然始まったわけではなく、昔からずっとこうなんです。今回も何の前触れもなく突然数年前に流行った双子芸人ザ・たっちのネタ幽体離脱を食らいトマコの太ももにマサオの尾てい骨が刺さる始末。こんなことが日々幾度となく繰り返され [続きを読む]
  • お母さんと結婚する期
  • ADHDの次男コン吉は →2017/8/2 4人目育児の考察冗談が通じない一面があるものの →2017/8/29□冗談が通じないものすごく面倒見がいいお兄ちゃんで →2017/6/24たい蔵が穏やかな理由たい蔵はそんなコン吉のことが大好きで母のことなんて眼中にもないのです。でもそんなトマコにだってモテ期あったんだからな!モテてモテてどうしようかって悩むくらいの超絶モテ期だったんだからな!! →2007/11/24罪な男今はだれにもモ [続きを読む]
  • 家族で人狼ゲームをしたとき
  • 無償にお寿司が食べたくなったときに行った寿司屋で →2017/9/30どうしても○○が食べたい病あまりに長い待ち時間に退屈した母をいつも思いやってくれるなぁ太は →2017/10/1母がスノーでかわいくなったとき突如として人狼ゲームを提案し、家族でやってみたのだが…。とても口下手でバカ素直なコン吉に →2017/6/24口下手な子の言葉が成長したときこのゲームで上手に嘘をつけるはずがないと思っていたコン吉にいともアッサリと [続きを読む]
  • 結婚相手を決めた理由
  • なあにその少女漫画のような展開は。とても分かりやすい反応を好むコン吉は →2007/8/1子どもの気遣いの仕方それぞれマンガ好き故に、勇者やロマンチックな展開が大好物。両親が結婚した理由も、コン吉の脳内ではドラマチックに作り上げられていた様子。悪者を倒すだけの戦闘力がマサオにはないことにコン吉が気づくのはいつだろう。 ※マサオは182cm 63kgの細長い体形です →2009/1/10りんごの甘煮。【いつも応援ありがとう】 [続きを読む]
  • 検便を嫌がる男の健康診断
  • タイトルからして汚い話なのでご注意を!会社の健康診断で事前に準備する検便を嫌がってダダこねる36歳。それがマサオ。昔からうんこが苦手だったマサオは →2009/3/21静かなる攻防戦。自分のうんこすら苦手らしく、検便ごときでまあ騒ぐ騒ぐ。思わずなぁ太が「子どもか」と突っ込むほどの騒ぎよう。子どもと一緒にバカやってた過去を思えば →2008/12/1インターホン。その突っ込みはあながち間違ってはいないのだが静かに突っ [続きを読む]
  • ひどい朝の話
  • ひどい朝でした。朝起きると既に子どもたちの遅刻が確定していました。目覚まし時計をかけない子どもを責めましたがアラームを切って二度寝していたトマコも同じ穴の狢でした。(切った記憶すらない)どうにか送り出した子どもは、給食エプロンが入れかわっていました。仕方なくトマコはエプロンを正しい場所に届けるために朝から小学校と中学校を奔走しました。トマコは思いました。トマコがシッカリした母ならば子どもたちもこん [続きを読む]
  • 母がスノーでかわいくなったとき
  • 病院の待ち時間はとっても暇!!時間をどうつぶせばいいのか思い悩んでいたらスノーというアプリで遊べとなぁ太がスマホを貸してくれました。とても嬉しかったです。トマコは暇になると近くにいる人に絡みにいく習性があり →2017/9/13信号待ちを楽しむ方法〜運転者の特権〜病院の待ち時間に退屈してなぁ太に絡んだ過去があったため →2017/6/23病院の待ち時間もしかしてトマコに絡まれたくないなぁ太が身を切る思いでスマホを母 [続きを読む]
  • どうしても○○が食べたい病
  • 大変です。大変です。食の好みが合いません!!!!コッテリが食べたい男子たちとアッサリが食べたい女子一人。みんなの願いを叶えようとするとうまくいかなかったので外食してみたら驚きの金額になりました。かっぱ寿司の食べ放題全店展開早く!!どこよりも心待ちにしてるのは我が家に違いない。そんな外食の悲しい思い出 →2011/1/8お年玉の使い方寿司好きなのは昔から! →2006/6/26押し寿司の愛【いつも応援ありがとう】   [続きを読む]
  • 止まらないウォシュレットの恐怖
  • 止まらないウォシュレットがどれだけ恐ろしいか想像してみてほしい。きかないストップボタン。延々洗われる陰部。感じるのは絶望だけ。リビングにいるマサオに助けを呼ぼうと考えた。あのマサオがこんなもの見たら喜ぶだけだと気づき考え直した。 →2017/6/13夫が妻に乗っかるとき子どもに携帯持ってきてもらって修理の電話をしようと考えた。陰部を洗われ続けながら修理の人を出迎える勇気がないことに気づいた。こうなったら電 [続きを読む]
  • 兄弟の宿題事情
  • 長男なぁ太が小学生になったとき、宿題をさせるのが本当に大変だった。元々心が疲れやすい子だったから余計に →2017/6/19 3,4年生の男児の崩れの中で小学校で過ごすだけで心が疲弊しきって →2011/10/20ブログの更新が滞っていた本当の理由宿題を頑張るだけの気力が残っていなかったのだろう。それに比べ、体力オバケ次男コン吉のなんとラクなこと。 →2017/8/26ADHDの運動能力有り余るその体力で、宿題でも犬の散歩で [続きを読む]
  • 兄弟の仲が悪い理由
  • 兄弟仲が悪い。恐ろしく悪い。たま〜に仲良く遊ぶこともあるのだが弟達と一緒に家族旅行するのがイヤだと言い切るレベルの仲の悪さ。 →2017/9/11小学校の修学旅行弟たちが何かするからダメなのかと思ったら近づくだけでなぁ太が豹変するレベルだった。今までにもいろいろな工夫はしてきた。 →2017/6/22発達障害の兄弟ゲンカけど、近づくだけで豹変するのでは工夫もクソもあったものではなくじゃあなにが原因でそうなるのだろう [続きを読む]
  • 【追記】母が風邪を引いたとき
  • 4コマ1つ貼り忘れてたー!追加で貼ってます。秋の訪れに気づくことなくタオルケットで寝ていたあの日 →2017/9/22夜勤明けのマサオが見たもの慌てて出した毛布の甲斐なく、風邪を引いたトマコ。幸いこの土日は寝れるだけの時間があったのでシッカリ寝て治そうと思ったのに普段の行いが仇となる。 →2017/9/13信号待ちを楽しむ方法〜運転者の特権〜弱ったときがねらい目なんて悪いことだれが教えたの!! →2017/9/6成長した男 [続きを読む]
  • 仕事明けのマサオが見たもの
  • 仕事から帰るとまず寝室をチェックするマサオ。 →2007/8/27マサオ、夜勤後の楽しみ♪そこで見たのは震えて眠る家族の姿だった。夏はもう終わってたんですってね。ちっとも気づかなかったよ!窓全開で夏のタオルケットで寝ちゃってたわ!どおりで寒いわけだよ!そんな我が家も、昔に比べれば随分と寝るのがラクになりました。 →2006/12/27布団争奪戦赤子の夜泣きに慣れたころには寝室は別になり →二歳児、夜泣きの悩み子ども [続きを読む]
  • 中学校の文化祭
  • 小学3年生でウツになったなぁ太は →2017/6/19 3,4年生の男児の崩れの中でそれ以降集団に全く入れなくなったために集団の行事なんてもってのほかだったのに →2017/7/11小学校の運動会それが今回中学校の文化祭で合唱の舞台に立つと言う。押しても引いても難しいなぁ太が →2017/6/28中学校の入学式 →2017/7/19なぁ太の攻略〜背中を押すということ〜今こうして前を向いて歩けているのはきっといろいろ乗り越えてそういう時期 [続きを読む]