MadamInfant さん プロフィール

  •  
MadamInfantさん: **フルタイム勤務ママの小学校受験**
ハンドル名MadamInfant さん
ブログタイトル**フルタイム勤務ママの小学校受験**
ブログURLhttps://ameblo.jp/madaminfant/
サイト紹介文小学校受験で合格する子どもは、当たり前のことが当たり前にできる「輝くふつうの子」です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2017/06/09 12:55

MadamInfant さんのブログ記事

  • 年賀状、もうご準備されましたか?
  • 年賀状は、もうご準備されていますか?昨年度、小学校受験をなさり、私立小学校にご入学された、お母様からのご質問です。学校の先生には、どこまで、どのような年賀状をお出ししたら良いのでしょうか?担任の先生には、まずお出しいたしますよね。学年の先生皆様に、行事でお世話になっていますから、お出しになるのも、よいですね。それに、専科でお世話になっている先生や、上級生になれば、クラブや委員会の顧問の先生にも、お [続きを読む]
  • 「ごめんあそばせっ!」
  • 小学校受験でも人気のとある女子校の校庭。歓声があがり、元気にドッジボールをしている小学生たち。もちろん、ドッジボールだから、相手にボールをぶつけるのがルール。お行儀のよいことでも評判の伝統校。そこにでは、ボールを相手に投げる前に「ごめんあそばせ!」と声をかけているのです。なかなか、他の学校ではお目にかかれない光景です。そんなやりとりが自然に行われている空気は、好みはそれぞれあるかとは思いますが、ち [続きを読む]
  • お絵描きが楽しめる子どもにするには?!
  • どうしたら、子どもの絵が、もっと素敵になりますか?絵画教室に通うのがいいですか?小学校受験の絵画対策に不安があります。そんなご質問をいただきました。幼児さんが、描くモチーフとして、あげられるのが、「動物」と「生活の中で体験していること」。動物はなるべく生きている姿を見ながら、または、見た直後に描くと、勢いのある伸び伸びとした絵になることが多いものです。水族館や動物園などに足を運んでみてください。生 [続きを読む]
  • お絵かきや、工作が下手で、不安です。
  • 小学校受験には、絵画。製作という領域があります。ペーパーといわれる、いわゆるテストとして、丸やバツのつくものは、点数化しやすく、ママたちも市販のドリルがたくさんありますから、対策しやすいのですが、絵画や工作となると、なかなか対策が難しくものです。絵画は、上手な大人が「うまい!」とうなる絵画をもとめているのでしょうか?あまりに、運筆が苦手で、何を描いているのかわからないのは、困りますが、美大の試験で [続きを読む]
  • 涙の理由と、より良き対応。
  • 新年中ということで、11月よりお教室に通い始めました。今日は3回目の幼児教室の授業だったのですが、直前で子どもがが緊張からか涙目で、何度か不安そうな表情になり、授業中泣いてしまう場面も。泣きながらも、後方で見学している私には駈け寄らず、最後まで頑張りましたが。うちの子は、少し繊細なところがあり、(私としては、感受性が豊かなのかなとポジティブに捉えてはいるのですが、、)新しい場所や習い事で、緊張して [続きを読む]
  • 輪ゴムで遊ぶ!
  • 小学校受験の、基本の「き」でもある、輪ゴムつなぎ。巧緻性という、手先の器用さを見る領域で、幼児教室では習いますが、そもそもは、ゴム跳び遊びで使うゴムを身近な輪ゴムで、子どもたちが作ったものですね。新年中さん、つまり年少さんから、始めてもよい課題です。輪ゴムだと小さいので理解が難しいかなという場合には、こんな風に手順を踏んでやってみてはいかがでしょうか。初めに大きめのロープを使って構造を説明。ひとつ [続きを読む]
  • まずは、聞く力のご準備を!
  • 小学校受験の準備を始める時期は、いつが最適か?というご質問をいただきました。いちばん多いのは、年少さんの11月。お教室では、「新年中」と呼ばれ、入学試験まで、まる2年あります。入学試験の課題で大切な季節のことも、二巡できますから、記憶の定着の確認がしっかりできます。また、各分野の理解についても、最初の一年で、具体物を使った操作で、イメージを強くつかむことができるようになります。ただ、これはお教室に通 [続きを読む]
  • 知らず知らずのうちに、頭がよくなる親子の習慣。
  • 小学校受験では、面接での応対や、製作中の先生からの問いに、どう答えるのか?をとても重視しています。問いの意味が理解できているか?それに対応した答えが元気に言えるか?それを可能にするのは、毎日の親子の会話です。「今日は、幼稚園で何をして遊んだの?」「お腹すいたー!」「おやつに、しようね」では、おかしいですよね。でも、案外、こういうこと、あるようです。日常の中でも、きちんと会話をしようとすると感情のま [続きを読む]
  • 子どもの自立が、進みまないと、お悩みのお母様に。
  • 小学校受験では、生活の自立を明確に求められます。地域に守られながら入学する、公立小学校とは違い、電車やバスでの通学でのマナーや危険回避、交通機関のトラブルへの対応など、小学校低学年でも、一人ででも、考えて行動する場面が起こり得るからです。また、学校の方針に沿った、カリキュラムをよりよく展開し、生徒を成長させる授業をするためには、生徒自身が授業の準備を一人で、きちんと行えるような自立も、とても重要で [続きを読む]
  • お行儀のよい子にするには?
  • 小学校受験をしたいと考えていますし、お行儀よくしたいけれど、どうしたらなるのでしょうか?言ってきかせても、なかなか、お行儀よくなりません。という、ご質問をいただきました。幼児さん、とくにお坊ちゃんは、お行儀よくとは、なかなかいかないですね。子どもらしいことが、小学校受験でも、とても大切ですから、強制的に抑えつけるなんて、もってのほかです。ただ、切り替えられる、わきまえられる、そんなことが求められる [続きを読む]
  • 不器用?! 子どもを工作が得意にしたい時には。
  • 小学校受験の工作の課題によく登場する、お花紙。大抵は1色の紙で作る花ですが、中心だけ色を変えて、2色の花に、2色を交互に重ねる、たくさんの色をミックスで重ねる、などのバリエーションを作ると、工夫ができるお子様なのが、一目瞭然。また、モールも、二色ねじりや三つ編み、モールで立つ動物を作るのも、工作の際の指先巧緻性を楽しく伸ばしてくれます。モールのお花というも、完成度が高い作品になりますのでいろいろ作っ [続きを読む]
  • 補欠の電話。
  • 小学校受験、順次合格発表があり、残念な結果を受け止めきれないままに、補欠がまわってくる電話をお待ちのご家庭も、あるかと思います。お電話は、突然きます。来ない場合も、あります。二次募集にトライしようか、近くの公立に通い、中学受験に向けて準備をしようか、と心新たに決意されているお母様も、いらっしゃるでしょう。これまでのご準備は、決して無駄にはならず、この先の長い学者の土台となり、家族がひとつになった時 [続きを読む]
  • いつから、受験準備をスタートすればいいですか?
  • いつから、小学校受験準備をスタートすればいいですか?という質問をいただくことが、よくあります。正解は、1つではありません。ご兄弟がすでに、私学に通われているならば、ご家庭としては、すでに及第点なので、受験するお子様だけの準備になりますし、すでに、お兄様お姉様方と共に過ごす時間が準備とも言えるからです。初めての受験の場合には、ご両親様の準備と並行して進めるため、情報収集や教室選び、志望校選定と、早め [続きを読む]
  • どんな風に叱ったらよいのか、わかりません。
  • 小学校受験のご指導をさせていただくなかで、どんな風に叱ったらよいのか?どこまで、厳しくすればよいのか?お母様たちから、そんなご質問をいただきます。わたしがお答えしているのは、お母様自身が、本気でそうしたいと思うように!と。人目を気にして、「いいお母さん」だと思われたいから叱る、とか、自分がイライラしているから厳しくなる、というのは、もちろん論外ですが。目の前の子どもをよりよくするために、全てをさら [続きを読む]
  • 合格の決め手は、やはり。。。
  • 小学校受験で、何が合格の決め手になるのか?毎年、この時期になると考えます。お母様の「執念」かしら。お子様の「素直さ」も、大きい。でも、やっぱり大きいのは、お父様がお子様によく関わっていること、これに尽きる気がいたします。つまり、ご家族がひとつのチームとして、有機的に機能していること。どんな状況でも、ひとつになって、対処、立ち向かっていらっしゃること。合格だけがゴールではありませんが、チームになるこ [続きを読む]
  • 呆然としてしまう、不合格ですが。
  • 嬉しい合格。理由がわからず、呆然としてしまう不合格。落ち着かない日々をお過ごしのことと思います。来週に発表のある早慶の結果から始まり、補欠の繰り上がり連絡がまわります。ひとりのお子様が5〜6校の合格を手にされていることがあるのが、小学校受験です。最初の合格発表で残念だったとしても、第一志望にご入学されたお子様は、たくさんいらっしゃいます!お子様を信じて、果報は寝て待て、です。 [続きを読む]
  • 先輩パパから。親子面接の肝。
  • 難関小学校にお子様が合格された先輩パパから、これから、親子面接を迎えられるパパへの伝言。思いきり緊張して、思いきり照れながら、思いきり、お子さんの良いところを学校の先生方にお伝えください! しどろもどろ上等!! 大事なお子さんの将来がかかっている大一番で、スラスラ話せる方がどうかしている、と、僕は思うのです。 誰にも負けない愛情をぶつけてきてください。小学校受験の親子面接においては、お父様への質問 [続きを読む]
  • 素敵な方にある、2つの共通点。
  • わたくしが、常々、小学校受験のご指導のなかで、素敵なお母様だなおと、思ってしまう方には、共通点があります。それは、この2つ。待つ力があること。そして、マメであること。わたくし自身が、ズボラな癖にせっかちで、それをいつも反省しているからかも、しれません。急がば回れ。待てば海路の日和あり。種は、すぐには芽を出さないし、花が咲くまでには、たくさんの水や太陽、そして豊かな土壌や、病気や害虫を防がなければな [続きを読む]
  • 嬉しいお知らせばかりではないので。
  • 小学校受験、合格発表が次々と行われて、嬉しいお知らせをいただいております。自信が人を輝かせる!と強く感じるのは、この時期です。ご準備の時には、お子様の「あとすこし」のところばかりを見つめてしまい、悩まれていたお母様が、合格を手にされた、その瞬間から、晴れやかに、落ち着いた自信をえて、内側から輝き始めます。もちろん、お子様は、合格を全てが終わるまで知らされていなくても、お母様の影響なのか、とても良い [続きを読む]
  • 補欠連絡。
  • 11月のこの時期は、合格を手にされて、喜びに胸を膨らませるご家庭と、まだまだ、これからが本命のご家庭、そして、残念な結果で早くも二次募集を検討するご家庭に分かれています。最初の合格発表で番号がなかった場合でも、例年、補欠のお電話をいただくことの多いのが、小学校受験です。なぜなら、受験日程が直前まで確定しないため、願書を多く出されていたり、合格発表も順次なので、各学校の発表後に、繰り上がっていきます。 [続きを読む]
  • 合格発表。
  • 合格発表が出された学校もあり、ホッとひと安心なご家庭も、ありますことでしょう。これまでの、ご努力が実り、解放されて、さあ遊ぼう!となられていたり、制服採寸などの、入学への準備に心を踊らせていることでしょう。ご縁をいただけずに、試験での感触がよかっただけに、きつねにつままれたような気持ちのご両親様もいらっしゃるかと思います。試験が、この後も続く方に、お伝えしたいのが、中学高校などの受験と違い、小学校 [続きを読む]
  • 徳を積む。
  • 続々、試験での様子が、お母様からご連絡いただいているなかで、とても嬉しいお知らせがありました。試験の最中に、課題がうまくできずに、泣いてしまったお友達に、涙を拭くように、ハンカチをお貸しした、という、お知らせです。日頃から、「お友達に優しくしてね」とお伝えしてきたことを、第一志望の本場でしてくださったなんて、感激でした。お母様も、合否はともかく、ここまで、子どもが成長し、全力で頑張り、先生のお話を [続きを読む]
  • 親子で、打ち合わせをなさってください!
  • 小学校受験のばあ、試験日に初めてご一緒する、お友達と、「行動観察」をすることも、あります。お母様に「しっかりと、負けないように」と発破をかけられて、張り切っているお子様も多いことでしょう。慣れない場所、緊張感のある空気に、ピリピリとするお子様もいらっしゃるでしょう。いつもなら起きない、道具の取り合いや、言い争いが、大事な本番のみじかい時間の中で、勃発してしまうのが、幼児さんです。ある学校では、そん [続きを読む]
  • まだまだ序盤戦です!
  • 昨日よりスタートした、都内小学校受験。まだまだ序盤戦です。連日、戦いに挑んでいる真っ最中ですね。他の受験と異なり、小学校受験は長丁場になりがち。試験か、一次試験二次試験とあり、試験日が生年月日や性別や願書の到着準備などで決まるために、試験日程の重なりの可能性があることから、複数の出願をされる方も多いからです。そして、そもそもの試験日も、学校側のご配慮で、重ならないように日程を組んでくださるために、 [続きを読む]