ゆるふわ爺 さん プロフィール

  •  
ゆるふわ爺さん: 八ヶ岳ゆるふわ日記
ハンドル名ゆるふわ爺 さん
ブログタイトル八ヶ岳ゆるふわ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/rktokyo/
サイト紹介文八ヶ岳別荘生活、野菜作り、ガーデニングを紹介。東京タウン情報、映画、本、株、愛犬も紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2017/06/09 14:53

ゆるふわ爺 さんのブログ記事

  • 部分入れ歯、行ってみよう!
  •  歯科医選びは本当に難しい。 昨年夏から紆余曲折があったが、ようやく阿佐ヶ谷駅北口「ささき歯科」にお世話になることになった(この辺の経緯の記事は → よい歯医者を選ぶポイントは )。 「歯は極力抜かない」がポリシーの歯科医である。 (診察台は4つのゆとり経営)  先生にこれまでの経緯をお伝えし、ああでもないこうでもない根ほり葉ほり伺った結果、部分入れ歯にすることにした。決め手は値段と術後の可逆性であ [続きを読む]
  • 杉並の秋
  •  今日の杉並は快晴、午前10時の気温27℃。 真夏の日差しは弱まり、風もそよそよと涼しく感じられる。ここにもいつの間にか秋が訪れていた。 左:八ヶ岳南麓ではまずお目にかかれないハイビスカスの花右:ザクロもあちこちで実っている もう50年ほど食っていないがこれも八ヶ岳ではあまり見かけない  杉並は八ヶ岳南麓大泉と比べるとだいぶ暑く感じるが、実際どの位違うのだろうか。アメダスの統計を調べてみた。   ア [続きを読む]
  • 大相撲秋場所2018中日レビュー deja vuそれはいつか見た風景
  • (横綱800勝達成 またひとつ不滅の金字塔が)  大相撲秋場所が中日を迎えた。 前半戦は意外なことに(?)横綱大関陣がそろって活躍、これは見応えのある後半戦になるかも、と期待していたが、中日にして暗雲が漂い始めた(秋場所の見所記事は → ここ )。  この日全勝力士4人のうち高安、北勝富士が敗れ、全勝は白鵬、鶴竜力三郎のみとなった。 北勝富士に勝ったご当地力士竜電は今場所前に落ちる相撲がなくなった [続きを読む]
  • ふるさと納税はこの際廃止しては?(ヘビーユーザーからの提言)
  • 左:野田さん推薦人集まらなかったし、ちょっと頭に来ているかも右:「総務省は少し頭を冷やしたら?」TVの取材で開き直る佐賀県みやき町末安町長  野田聖子総務相の発言を契機として「ふるさと納税」の在り方が再び脚光を浴びている。 私は返礼品の恩恵をたっぷり受けているヘビーユーザーだが、こんなクソのような(失礼)仕組みは即刻廃止すべきだと常々思っている。制度がある限りその恩恵は最大限享受するが(行使しない [続きを読む]
  • 背中がかゆい?心配ご無用〜
  •  私はときおり無性に背中が痒くなる。 困ったことに胸囲のわりに手が短いので、自力ではどうしても背中を掻けない。 私と同体型のマッコウクジラやシロナガスクジラも同じ哺乳類だから背中が痒くなるだろうが、一体彼らはどのようにして痒みを解消しているのだろうか。 (クジラのブリーチング 背中のシラミを取り除くためという説もある さぞ痒いんだろうな〜)  我が家には30年以上前に箱根だか伊香保だかの土産物屋で買 [続きを読む]
  • ハローワーク、行ってみよう!①西新宿今昔
  •  ハローワークに求職活動に行ってみることにした。 ひとつはこのままでは「オスの残骸」になるかもしれないという不安から、もうひとつはシルバー人材センターの包丁研ぎ講習に参加するためである(シルバー人材センターの記事は → ここ)。  ハローワークは、・ ひどく混んでいる。特に月曜がひどい。中でも新宿は日本一の混雑。・ 定年退職者に対しては「働く気、ないんだろ〜?」という態度。不愉快なので給付金は放棄 [続きを読む]
  • 傍若無人な老人たち
  •  私は生来せっかちで、短気、怒りっぽい性格であるが、血圧に重大な影響があるので日頃なるべく興奮しないように努めている。 それでも日に何回か思わず腹が立つことがある。ニュースを除けばその原因はお年寄り、しかも100%じいさんのふるまいである。・ 図書館の閲覧テーブルで新聞を目いっぱいに広げるじいさん・ 同じく今どき若者でもやらない位に通路に思いっきり足を投げ出すじいさん・ 遊歩道で出くわし、犬ともど [続きを読む]
  • 大泉に秋到来 東京に戻る日の風景
  •  二週間ぶりに東京に帰る日を迎えた。 八ヶ岳南麓大泉の気温はここのところぐっと下がり15℃〜25℃、七十二候は「草露白(くさのつゆしろし)」。秋到来だ。  朝起きてすぐ、夏の間ずっと楽しませてくれたミニトマトの最後の収穫をした。 まだ100粒ほど実があるが、再び大泉に戻った時にはすべて割れるか落ちるかしているだろう。これがこの夏の見納めである。 左:最後の収穫は20粒程度右:ちょうど1か月前(8月1 [続きを読む]
  • 八ヶ岳で自然に囲まれていると自然には自然に無頓着になる模様
  •  「出世魚」というのがある。 例えばブリは成長とともにワカシ、イナダ、ワラサと名前を変えながらブリになる。採れる時期や食い方の工夫などで名前を変える必然性があったのだろう。 ところが米国ではブリの名称は yellow tail だけだ。それどころかハマチもヒラマサもあの手のヤツは皆 yellow tail である。見慣れないもの、食いなれないものには誰しも大雑把なのである。こっちも牛肉は親牛だろうが子牛だろうが「牛肉」だ [続きを読む]
  • 愛犬に海を見せる②犬は海が嫌いなのか
  • (そらは右下の木陰で茫然と海を眺めている)  中部横断自動車道から三保の松原までの道中は雨であったが、現地に到着すると運よく俄かに晴天となった。  三保の松原は名勝とはいえどこかうらぶれている。ユネスコの世界遺産登録の恩恵もここまでは及んでいないらしい。 「できたての安倍川餅試食できるよ〜、わんちゃんも寄ってきな〜、できたての安倍川餅〜」 土産屋のおじいさんの呼び込みも妙にもの哀しい。  高名な「羽 [続きを読む]
  • 大相撲秋場所に想う 月日が経つのは早いもの
  • (日本相撲協会HPより さすが興行優先、三横綱より栃ノ心をトップにもってきた)  いよいよ大相撲秋場所が始まる。 ほんの少し前は「大相撲は死んだ」などとほざいていたが、喉元を過ぎてしまえばどこ吹く風、やはり楽しみだ(その時の記事は → ここです )。  秋場所の番付を見ると上位陣の充実ぶりが印象的である。 琴奨菊も大きく番付を下げ、アンパイ(失礼)は豪栄道位。その豪栄道も稀勢の里との三番稽古では大き [続きを読む]
  • 愛犬に海を見せる①三保の松原へ
  •  愛犬そらは生まれてからこっち、海を見たことがない。 そこで、本人の意向はともかく三保の松原(静岡市清水区)に連れていくことにした。何故三保の松原かというと、八ヶ岳南麓大泉から最も近い砂浜だからである。 清水は先日亡くなられたさくらももこさんの生地であり、清水エスパルスの本拠地でもある。エスパルスのスタジアムには「ちびまる子ちゃんランド」もあるらしい。 (三保の松原今昔 右は歌川広重作「みほの松原 [続きを読む]
  • (余計なお世話ですが)野党に未来はあるのか
  • (風を読み違え出処進退を誤ったた二人 人生谷あり崖あり 玉木雄一郎(左) 東大法学部→大蔵省→民主党 津村啓介(右) 東大法学部→日銀→民主党  )  超大型台風21号の暴風雨が列島を蹂躙する中、国民民主党の代表選がしめやかに行われた。聞きなれない政党だが、「希望の党」の残骸です。 こちらの代表選は全くの凪で、そよりとした微風すら感じない。なんせ支持率0.5%の泡沫政党だから誰も関心を持たないのも [続きを読む]
  • 台風21号の爪あと
  •  超大型台風21号が去って、八ヶ岳南麓大泉は朝から快晴、無風。気温は19℃である。  (北岳はまだ雲の中)  各地に被害をもたらした台風21号だが、北杜市では何世帯かが停電になった程度で、大きな被害はなかったようだ。私の家もこれといって被害はなかったが、庭のコスモスはほぼ全てなぎ倒されていた。  唯一芝生の真ん中に生えていた緋花コスモスだけが、台風が来る前に支柱を建てたので健気に屹立していた。 (左 [続きを読む]
  • 大谷翔平選手は投手、打者どっちで行くべきか
  •  MLBエンゼルスの大谷翔平選手が3か月ぶりのマウンドに立った。 結果は3回途中降板で5勝目はならず、4勝15本塁打のままである。 左:対アストロズ戦 1回裏の三振シーン右:対ロッキーズ戦で15号ホームラン(日本時間28日)  過去4勝15本塁打という成績を挙げた二刀流選手は、MLBの長い歴史でも2人しかいないらしい。 1888年 ジミーライアン(シカゴホワイトストッキングス 現カブス) 4勝16本 [続きを読む]
  • 老師の紫蘇ジュース
  •  シソがあちこちに茂っている。 八ヶ岳南麓大泉では赤シソ、青シソ(大葉)どちらもあるが、赤シソの方が生命力が強いようだ。こぼれ種で思わぬ所から赤シソが生えてくる。お相撲では朝青龍の方が朝赤龍より強かったけど。 老師に伺うとやはり赤の方が強く、そのわりに使途が梅干しと紫蘇ジュース位しかないので厄介ものだとおっしゃる。 左:老師の畑の周囲に繁茂する赤シソ右:我が家の大葉 強烈な西日を浴びているせいか葉 [続きを読む]
  • 見た目はショボい良店④イワナ・ニジマス養魚場「三幸養魚」
  •  八ヶ岳南麓大泉にはいくつかパン屋さんがあるが、私は「エムワン」が好きだ。ここのパンは硬からず柔らかすぎず、還暦期の老人にはちょうどよい。 いつもはひまわり市場で買っているのだが、たまには本店に行ってみることにした。ここはてっきり長坂町(小荒間)だと思っていたが住所は大泉町谷戸、過去の記事「大泉のパン屋さん紀行」から脱落していたのである。謹んで訂正します(過去の記事は → ここ )。  (奥が「パ [続きを読む]
  • 秋野菜を植えてみる
  •  8月も終わり、「真夏の果実」の季節も終わった。いよいよ秋である。 ボンヤリしてるのもアレなので、簡単そうな秋野菜を育ててみることにした。さっそくシュンギク、二十日大根、ミニ人参の種をJマートで買ってきた。 (老師の畑を見ていると、種を蒔けばスクスク育つ印象なのだが)  シュンギクは鍋用。寄せ鍋、すき焼き、ほうとう、どれでもピッタリだ。しかも本葉5、6枚を残して上を摘んで食べれば寒い間ずっと楽しめる [続きを読む]
  • 見た目はショボい良店③「わたなべ」で牛肉を買う
  •  東方にお住まいのEさんの姉上は普段米国で暮らしている。その連れ合いのリックさん(Richard だな、きっと)が奥様を追っかけてはるばるテネシー州ナッシュビルからやってきた。 ナッシュビルはテネシー州の州都、人口は173万人の大都市である。人口わずか4万人の北杜市に来てさぞ退屈であろう、ということでバーベキューをすることになった。 左:メンフィスと並ぶ音楽都市ナッシュビル   ジョニー・キャッシュ、オー [続きを読む]
  • 真夏の果実 in 大泉
  •  今年の夏はミニトマト(アイコ)とシシトウは大豊作であったが、それ以外はどうもパッとしない。 昨年は3粒も(!)実がついたイチジク(ノルドランド)も今年は全く実がつかない(昨年のイチジクの実は → ここ )。 今年初めて結実したキウイの実もいつの間にやら地上から消えうせた。ゴーヤに至っては、去年も今年も花ばかりである。 ゴーヤはもう止めて来年からはスイカにする。絶対スイカがよい(涙)。 (我が家の [続きを読む]
  • 八ヶ岳南麓でソバの花を愛でる
  •  八ヶ岳南麓は快晴、八ヶ岳がよく見える。同じ場所から東を見るとソバの花越しに金峰山が見える。 左:正面が三ツ頭と権現岳 右奥に赤岳右:正面奥が金峰山 左奥が瑞牆山(と思う) (グーグルの航空写真だとこういう位置関係)  ソバの花が盛りである。 八ヶ岳南麓ではこの時期あちこちでソバの花を見かけるが、実際はその生産量はごくわずかで、全国3万4000トンの生産量のうち山梨県はわずか0.2%(80トン)に過 [続きを読む]
  • つはものどもが夢のあと 二週間ぶり大泉
  • (真夏に枯れかけたクレマチスが無事復活)   酷暑の東京を逃れ、二週間ぶりに八ヶ岳南麓大泉にやってきた。 朝、寒さで目が覚めると外気温は17.5℃、昨日の東京との温度差は20度に達する。 (室温は24℃だが、窓から冷気が入ってくる)  庭を見て回ると、そこここに秋の訪れを感じさせる。また台風20号の被害も一部見受けられる。 トマトジャングルでは、幸いテントは無事だったが無残にも数多くの実が落ちていた。 [続きを読む]
  • とんかつの街神田須田町で餃子を食う
  •  1か月ほど前、ブログ友のYさんと「餃子で暑気払いをしましょう」ということになり、約束の日Yさんのお勤め先からほど近い神田須田町で店を物色することにした。  「神田須田町」と聞いて皆さん何を連想するだろうか。 「そりゃ二十二代庄之助最中でしょ」という方は相当甘党である。 普通は「勝漫」と「やまいち」、つまり須田町はとんかつの街なのである(勝漫の記事は → ここ 、やまいちの記事は → ここ )。   [続きを読む]