kanou さん プロフィール

  •  
kanouさん: アークスblog
ハンドル名kanou さん
ブログタイトルアークスblog
ブログURLhttp://arksff.com/
サイト紹介文マイナーな造作家具をテーマにしています。インテリア雑誌のような部屋を作りたい方のためのblogです。
自由文記事は造作家具・インテリア中心のブログです。家具で使われる建材・金物の情報や「家具プラン」で造作家具の魅力を知ってほしいと思います。
twitterやfacebookもやっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 129日(平均2.3回/週) - 参加 2017/06/10 10:52

kanou さんのブログ記事

  • 頼りになる「ツール」・・・車での移動時間を知るには
  • 「造作家具屋」は結構遠くまで行くことが多々あります。そんな中、先週は東名高速の集中工事で目的地まで行くのに大変苦労しました。 一昔前に比べればかなり渋滞も緩和されています。一つの理由としては「新東名高速」が出来たからでしょう。静岡県内の渋滞は大分マシになりました。 でも渋滞があると時間がかかってしまう。その為、時間を見越して早めに出発しなくてはなりません。朝早く出発なんて日は、できればギリギリまで [続きを読む]
  • オススメ キッチンカウンター特集
  • シンヨーホーム?キッチンの写真はこちら? Houzz 上の写真はキッチンカウンターとバックセットがセットになっています。 私のお気に入り点は「扉の面材」です。写真では樹種が特定できないですが、白太が混じった独特な面材です。(ウォールナット?かな)こういった突板は市場ではあまり見かけないですが、オリジナリティがあって好きです。あまり見ない突板には、どうしても目がいってしまいます。 カウンターの厚みを [続きを読む]
  • 難関!曲面壁への造作家具取付
  • 造作家具は名の通り「建築に組み入れる家具」です。なるべく隙間はなくすように取付けて、建築と一体化させるのが目標であります。 まっすぐな壁、曲がった壁、壁と壁との間など色々な条件があります。そんな中、一番難しいのはR壁(曲がった壁)です。壁の曲がりを間違えると隙間はとんでもなく大きくなることがあるからです。 今回は単なるR壁(曲がった壁)ではなくて、「平面図的には丸い壁」に「丸い家具」をおさめてきま [続きを読む]
  • 住まい計画で「インテリアカラー」で迷ったら・・・
  • 住まい計画で迷うこと・・・「インテリアのカラーを決める時」ではないでしょうか? 大まかな雰囲気は決まっているのだが、実際に色を決めるとなると想像がつかなくて決めれない!!人に色を伝えようとしてもうまく伝えられない。 「色」というものは難しいです!! ただ現代では「インテリア雑誌」「ネットの画像検索」といったもので色々なことが調べられます。 「ネットの画像検索」においてはかなりの検索数が出てきます [続きを読む]
  • ソファー屋さんとの会話にて・・・危うく買わされる所でした・・・
  • 先日にソファーを作ってもらっている工場に行きました。 ここではオーダーソファーやイス貼替えを主にやっています。この時はオヤジさんがいなくて、久しぶりに息子さんと話しました。 工場へ入ると奥の方で何かコソコソと仕事をしているよう・・・ソファーを作っている様子でもなく、「何してるんだろう・・・?」 自分:「こんばんわ」ソファー屋:「あっ、どうも!」自分:「何してるの?」ソファー屋:「キーケースを作ろ [続きを読む]
  • 照明は「物をリアルに演出させる」アイテムです。
  • 久しぶりのブログ更新です。もう2週間くらい書いてないような・・・!!また通常のように更新していきたいと思います。よろしくお願いします。 インテリアで欠かせない物の一つとしては・・・・ 「照明」 照明は住まいの中で暗い所を明るくする為の物です。電気の発明により、夜でもいろんな作業ができるようになりました。 照明は明るくすると同時に影が生まれる 照明はただ単に部屋を明るくさせるだけではありません。当 [続きを読む]
  • インテリア特集 -壁面パネルと柱型-
  • 家の中でインテリアを一番重視したい場所。 「リビング」の方が多いかと思います。 リビングは広く、開放的な場所であり家族が集う所です。来客の際にも使われるので、家の顔的な場所でもあります。 今回も「HOUZZ」さんのサイトから見つけました。 存在感を出す「天井と壁面パネル」 写真の中で一番目立つ所は・・・・ 天井・壁面パネルです。 両サイドにストライプパネル、中央には暖炉風の茶色の柱型となっています [続きを読む]
  • 車で駆け廻ります。造作家具屋は!
  • ここ最近はハードな日々を過ごしております。 来週もみっちりと予定が入っており、明日くらいはしっかり休まないと・・・しっかりと体調管理をしないと、後で自分が嫌な目にあってしまう。体が資本的な仕事なので。 さて家具屋は何が忙しいか? 家具取付は県外もいきます。 うちは「置き家具」ではないので、取付作業があります。(壁に固定する作業です。)その為、取付だけで一日が終わることがほとんどです。帰ってきて事務 [続きを読む]
  • 住まい計画の流れって知ってますか?その2
  • 前回のブログで「スタート契約まで」の住宅計画の場合の流れを書きました。契約からその先についてを今回紹介します。 契約後の打ち合わせは、主に「すべての物を決定する」作業になっていきます。例えば、クロスの品番・外壁の色・設備機器の仕様などです。ありとあらゆる物を決定していくことです。 また契約時に決まっていない内容を決定も含んできます。 契約後〜着工前打ち合わせ 契約時に力を使い切ってしまい、やれやれ [続きを読む]
  • 素敵なキッチンカウンター
  • お盆休みをゆっくりと過ごしてしまった2017年夏休み・・・ブログも一週間ぶりになってしまいました。 休み明けから、横浜、沼津、東京と駆け回りやっと帰ってきました。いつもの夏より涼しい気がしていますが、やはり暑いです。熱中症にはお気を付け下さい。 先日にブログにて紹介したサイト「HOUZZ」にて見つけたおしゃれなキッチンです。 ステンレスカウンターと木目 このキッチンカウンターはウォールナットの板目でし [続きを読む]
  • 住まい計画の流れって知ってますか?
  • 住まいの計画をする。人生において1回もしくは2回経験するかどうか?一体どんな感じで計画が進んでいくのだろうか?あまり知らないと思います。 以前住宅メーカーに勤めていましたので、多少は知っております。「住宅」をメインでお話します。 今回は契約するまでの流れについて・・・ モデルハウスを見学する まずは建築会社(住宅メーカーなど)をどこにするか? 何社かモデルハウスを巡って、営業マンと知り合い各社の特徴を [続きを読む]
  • 「海外インテリア」を見れるサイト
  • ブログを開始して7ヶ月が経ちました。元職人だった私がブログを書くこともなかなか大変であります。 「細かいネタはたくさんあるが文章にしようとすると書けない。」「ここに来てくれる方がどんな情報が欲しいのか?」「もっとインテリアの勉強をしてブログに載せるべきか?」 色々考えてみましたが、まずは造作家具の前に「インテリア」に興味をもってもらうこと! 前回のような「自分好みのインテリア」を見つけられるような [続きを読む]
  • 70年前に建てられたインテリアが「モダン」であり続ける
  • 前回は「和紙」を使うと和風なインテリアになる。このテーマに合った「和モダン」の事例がインテリア雑誌のネット記事でありました。 もう一昔の1947年(昭和17年)に建てられた家です。もう70年も経っています。でもこのインテリアは現代で見ても最近作られたかのように感じ、昔作ったゆには感じられません。 大変参考になる例だと思います。 窓廻りの木枠がおしゃれ リビングの「格子と障子」がこの家のインパクト [続きを読む]
  • 「和風モダン」のインテリアにするなら「和紙」
  • 最近のインテリアで気になることがあります。洋風な建物が増えてきており、昔ながらの和風な家が少なくなりました。自分の実家はもう何十年も前の日本家屋であり、昔の日本の家を知っています。 でも今では昔のような日本家屋を建てる人もいないのでは!?古民家リフォームで、面影を残した建物がちょっとCAFEなどで流行っているくらいでしょうか? インテリアでは今の和風スタイルを「和風モダン」といいます。そんな和風テイス [続きを読む]
  • 家具図面は「イメージ」と「部屋寸法」が大事
  • 家を建てる時には当然「建築図面」があります。家を建てる為の設計図であり、携わる業者さんが見てそれぞれの仕事をこなします。平面図・展開図・矩計図・詳細図といった図面が何枚もあって一冊の設計図となります。 家具においても図面があります。造作家具の図面は建物全体と絡みを確かめながら描いていきます。 建物あっての造作家具の図面についてのお話です。 まずは「部屋」を把握する 家具図を書くのに最初に描くのは、 [続きを読む]
  • 造作家具の難しい所は「色合わせ」です
  • 写真は上側は「突板塗装」で下側は「フローリング」です。 突板のウレタンクリア塗装ですが、生地に濃淡があります。僕は突板塗装はやっぱ「クリア塗装」が一番好きです。木目の良さが自然と出る感じが絶妙だからです。 ところで「突板はカバザクラ」で「フローリングはヤマザクラ(商品名)」です。同じ「桜」でクリア塗装してあります。でも色目が若干違います。 なぜ? 塗装なんて簡単じゃないの?なんて思われそうですが・・ [続きを読む]
  • 自分の身は自分で守る
  • 梅雨明けして暑さが本格化してきました。気付けばもう7月22日。これからは夏祭りと花火大会のイベントが始まってきます。 梅雨明けと同時に家具取付の日々が始まりました。暑さ対策として、今年取り入れた物があります。 コードレスファン購入しました 最近の現場暑さは過酷な時があります。熱中症対策をしないと危険な場合があり、それを意識していないと大変な事になります。 というわけで、「コードレスファン(扇風機)」 [続きを読む]
  • これからの生活スタイルは[休日の過ごし方]
  • 最近ブログを始めてから、関心事が広がってきました。住まいのデザインだったり、アイデアだったりと提案する側としての勉強も兼ねており勉強になります。 「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」 インテリア産業協会主催 という面白いコンテンストがありました。 その中の一つの優秀賞の作品です。 参照元:住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 平成28年度 https://www.interior.or.jp/contest/coo [続きを読む]
  • 現代の技術力による「大理石」はすごい!
  • 近年、石の需要は多くなってきています。床・壁面・カウンターなど至る所で使っています。最近では人工的に加工したて石に見立てた商品もあります。 私の思う石の魅力は「柄」・「本磨きの艶感」です。大里石も永年を経てできた産物です。木よりも時間が掛かることでしょう。 今回は建築に使われる「石」の近年の歴史についてです。 天然石は割れやすい 石って硬いです。頭に当たったらとんでもないことになります。 「でも天然 [続きを読む]
  • 造作家具屋は売るのではなく「家具を作る」
  • 街にはショップがたくさんあります。コンビニ、家電ショップ、飲食店など色々あります。どこもそのショップがどんな店舗か分かっているので、入り易いし便利でしょう。 でも造作家具ってどんなとこなのか? 見たことがない。どんなとこか分からない。なんて声が聞こえそうです。 工場紹介です。 普通の家具工場です。 造作家具屋というと大抵は「工場」です。 当然、自社で家具を作ります。職人さんが数人いて、各々が担当の [続きを読む]
  • 造作家具屋は売るのではなく「家具を作る」
  • 街にはショップがたくさんあります。コンビニ、家電ショップ、飲食店など色々あります。どこもそのショップがどんな店舗か分かっているので、入り易いし便利でしょう。 でも造作家具ってどんなとこなのか? 見たことがない。どんなとこか分からない。なんて声が聞こえそうです。 工場紹介です。 普通の家具工場です。 造作家具屋というと大抵は「工場」です。 当然、自社で家具を作ります。職人さんが数人いて、各々が担当の [続きを読む]
  • 造作家具は住宅ローンを使える
  • 戸建てを建てる時に「住宅ローン」をほとんどの方は組むと思います。当然私も組みました。年収で「借りられる金額」を知り、あと「自己資金」で全体の予算が決まります。 この「予算」は重要です。なぜならそれ以上のお金はないから・・・当たり前のお話です。ただ住宅を建てる時にはあまり知らない色々なお金がかかります。ローン締結にかかるお金、登記設定のお金などは結構な金額がかかります。この費用を見ていなかったら、他 [続きを読む]
  • 「錆」という言葉のイメージと作品のギャップ
  • 先日に個展にこっそりと行きました。たまたまアイアン屋さんとお会いして聞いた話のついでに・・・ 「鉄の風景画」 村松 正之 展場所:葛城 北の丸 2Fギャラリーにて(静岡県袋井市)開催日:6/15〜7/20まで 大変参考になりました。正直、個展というものには縁がなかった私。入る前にはちょいと緊張していました。 錆びた物が作品になるとは 個展会場の前に情報として「錆びたアイアン」とは聞いていました。 「錆」と聞き [続きを読む]
  • 部屋を「間仕切る」だけで生活スタイルの幅が広がる
  • 主寝室を間仕切る 主寝室とは本来ベッドやフトンのスペースがあれば十分です。 もし主寝室にスペースに余裕があるのでしたら、デスクを置くのはいかがでしょう!?ただデスクを置くだけではなく、今回のパースはベッドの隣に「デスク&収納棚」を作った場合のプランです。 このような家具を作れば壁を作らなくても、「部屋を間仕切る」ことができます。造作家具屋だけで作業できますので、大工さん頼まなくても大丈夫です。完全 [続きを読む]
  • 難易度の高い「仕上げ」を求められる時代へ
  • 本日はアイアン(鉄)を取り扱う会社へ行ってきました。店舗の入り口ドアを見積りをする打ち合わせです。まだ概要も決まっていないので、打ち合わせより会社見学に行かせてもらいました。 当然アイアンは木工とは違います。造作家具ではアイアンも家具に組み込むようになってきました。店舗什器では前からありますが、住宅でも扱うようになってきています。 時代の流れは個性を求めていく 最近は色々なアイテムで個性を出すこ [続きを読む]