Goro-maru さん プロフィール

  •  
Goro-maruさん: 真面目なサラリーマン旅をする
ハンドル名Goro-maru さん
ブログタイトル真面目なサラリーマン旅をする
ブログURLhttp://goro-marunotabi.seesaa.net/
サイト紹介文真面目なサラリーマンの僕が、バックパッカーの嫁に連れられて旅に出てみた。
自由文海外なんてツアーでしか行ったことのない僕が南米を旅して、色んな衝撃を受けたことを日記で書き記します。僕が撮った写真なんかも紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/06/10 14:39

Goro-maru さんのブログ記事

  • 大砲台の丘ですでに疲れ果てポルトガル料理屋で大食い状態
  • 大砲台の丘へ行った。もちろん、サヨが見たいと言ったからなんだけど、サヨは、本当にこういう戦争の跡地が好きだ。あとは、ミイラやら生首やらガイコツやら、本気で人からは引かれてしまうものを喜んで見に行く。普通の女の子は見れないと思う。サヨは本当に普通じゃない。一人旅の時ですら、行っているようだから、もはやマニアなんだと思う。僕は、見るのは平気だが、わざわざ見たいとは思わない。ここも、丘の上にあって階段も [続きを読む]
  • マカオは観光地だった
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">セナド広場は、奥へと歩いて行くと広場に面してお土産屋やエッグタ
    ルトの店が並んでいる。広場は、アルマス広場とかのイメージなんだろうけど、入口あたりは正
    直そんな大したものじゃなかった。でも、奥へ行くと急に観光客も増え、食べ.. [続きを読む]
  • マカオ
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">今日は、寝坊は絶対にできない。マカオへ行く日だ。早起きをした。
    朝、サヨが先に支度のためシャワーを使ったので、この場合気をつけないと、僕の使う頃にはホ
    ットシャワーのお湯が途中で水になる心配がある。これも南米旅で学んだこと.. [続きを読む]
  • ヴィクトリアピークにやっと行けた
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">初日に行こうとして、バスを間違え行けなかったヴィクトリアピーク
    へ向かう。香港でのスケジュールは、サヨががっちり組んできたけれど、一応行けなかった日の
    為に、今日の夜も空けておいたらしい。なので、行くとするなら今日しかない.. [続きを読む]
  • 九龍城跡に行き旺角に行きひたすら歩く香港
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">九龍寨城公園へと行く。僕は良く知らないが、九龍城という大きなス
    ラムみたいなお城があった場所らしい。サヨが好きそうな観光場所だ。駅を降りて、ここでもス
    マホのGPS頼り。九龍公園は駅からは結構距離がある。そして、サヨのスマ.. [続きを読む]
  • 香港のトランスフォーマー撮影地
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">トランスフォーマーの撮影地へ行くことにした。正しくは、サヨが太
    古に凄い場所があるらしいという情報を仕入れて、たまたまそこがトランスフォーマーのロケ地
    だったんだけど。太古という駅で降りた。特に観光地でもなんでもないような.. [続きを読む]
  • ダンジョン抜けて銅鑼湾へ
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">昨日は、重慶大厦に帰ってきて、日記をつけながら寝落ちしてしまっ
    た。朝、サヨが騒いでいる声で起きる。そうです。寝すぎました。前日の寝不足により、ぐっす
    り寝ちゃいました。サヨはあたふたしていますが、こうなった時は仕方ない。.. [続きを読む]
  • バスを間違え夜市へ行った
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">ヴィクトリアピークに行こうとしたが、バスの番号のまさかのミスで
    、バスで行くはずが、トラムの駅に着いてしまった。詳しくは、サヨのブログを読めばわかるけ
    ど、アルファベットがついているバスとついていないバスの違いだった。トラ.. [続きを読む]
  • 文武廟
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">中環から歩いて文武廟と言う寺に行くのだが、まあー道がわかりにく
    い。何度も同じところを通り、ようやく案内などがあり、最後の階段が相当きつかった。ラパス
    を思い出した。高山病になりながらなんとか耐えた一日目が甦って来た。あの.. [続きを読む]
  • 重慶大厦と尖沙咀
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">オクトパスカードという香港の交通系カードを購入した。これで買い
    物もできるらしい。サヨの旅は、基本自力で行くことだらけなので、こういうカードがあるのは
    ありがたい。バスで向かうとのことだったので、空港の外に出て、バス乗り場.. [続きを読む]
  • ブログ移転して香港旅記録始めます。
  • style="display:block" data-ad-client="ca-pub-4451660524774758" data-ad-slot="8088295080"
    data-ad-format="auto">Wixが重過ぎたので、今日からseesaa Blogにて、旅日記を始めます。南米
    旅も徐々にこっちに移す予定です。今後ともよろしくお願いいたします。その南米旅がまだ書き
    終わっていないのですが、ただいま香港旅の真っ最中なの.. [続きを読む]
  • クスコを去る日
  • いよいよ、クスコを離れる日になった。朝、朝食を食べに屋上へ行くと日本人のおじさんがいた。結構マイペースな感じの人で、登山が好きな人だった。これからマチュピチュへ行くのだと言う。こうやって旅に出て、知らない日本人に会って、おしゃべりすることも楽しかった。サヨがよく旅先で仲良くなってくる、貴重な仕事をしている人達に出会えると言うのもよくわかる。特に、サヨがよく仲良くしている北海道の漁師なんて、こんな旅 [続きを読む]
  • クスコの市場
  • 旅先では、市場は欠かせないとサヨが言ったので、クスコの市場に行った。市場の辺りは、地元民っぽい人しかいなくて、やっぱり市場は地元民の場所だなと思った。サヨと一緒じゃなかったら、まず来ない場所だ。古い建物があり、そこが市場だった。中へ入ってみると、かなり活気があり、食べ物のお店や食材を売るお店が並んでいた。特に肉エリアはグロかった。アルパカかと思われる頭がそのまんま置いてあった。それでも僕は、肉を食 [続きを読む]
  • マチュピチュでの一日
  • 早朝3時、不安が募りながら、待ち合わせ場所に指定されたマックの前に向かう。宿の前の長い階段は、下へ降りるまで、人が全くいないので、若干怖かった。そして、少しすると、クラブのような大音量でパリぴみたいな奴がぎゃーぎゃー騒ぐ場所へ出た。サヨは、誰もいない道より、パリピがいる所の方が安心と言っていたが、どっちにしろ僕にとっては怖い。なんで、こんなところにいるのか考えてしまうおっさんを、野良犬が吠えまくっ [続きを読む]
  • クスコでマチュピチュへの足探し
  • バスは、長い距離を走って、ようやくクスコに到着した。クスコで泊まる予定の宿までは、3キロくらいだったので、歩けると思い歩いて行くことにした。しかし、その選択がとんだミスだった。クスコは標高も高くて、再び酸素が薄い場所なうえに、宿のあるアルマス広場は坂の上の方で3キロとは言え、全て上り坂なのだ。バックパックを担いで、そこを歩かなければいけないなんて、わかっていなかった。バスターミナルから歩きはじめ、 [続きを読む]
  • 飛行機にバスにの3日間連続の移動
  • チリに入って、アンデス山脈が飛行機の窓から見えた時は、機内のみんなが湧いていた。僕も写真を撮った。そして、無事にチリに到着した。サヨの旅では、長距離バスが主流で、今じゃ24時間も乗るなんてざらになったが、やっぱり飛行機で2時間くらいの移動が一番楽だと思った。まあ、それじゃあ「旅人」とは言えないんだろう。飛行機がいい僕は、やっぱり旅人に向いていないのかも。1週間〜10日くらいの短期旅行者向きだ。だけ [続きを読む]
  • バスでブエノスアイレスへ
  • サヨが一人散策から戻ってきて、バスも来たので、無事にプエルト・イグアスを出発!初の先頭座席に座って、楽しみながらブエノス・アイレスを目指します。先頭の眺めは、最高。バスも順調の様子。サヨと一緒に、ひたすら景色を撮って、バスの景色を楽しんだ。隣の席は、夫婦なのかカップルなのか。。。メロンちゃんカップルということにしておく。アルゼンチンで流行りのポットのカップを持っていた。そう言えば、ナディアも飲んで [続きを読む]
  • プエルトイグアス最後
  • プエルトイグアスのセントロに再び来た時と同じバスで戻り、宿へとメインバックを引き取り、次の宿へと向かった。次の宿も、そんなに離れてはいないはずだが、看板などを見つけられず、場所がよくわからないでいた。突き当たりは、川になっていて、これ以上進めないので、この辺りだろうと、きょろきょろしていると、突然横の頑丈な門が開いた。中からは、男性が出てきて、とてもフレンドリーに迎えてくれた。Iguazu Villa14と言う [続きを読む]
  • イグアスの滝の悪魔ののどぶえと呼ばれる場所
  • 引き続き、イグアスの滝についてのブログを書こうと思うが、とにかくどこから見ても迫力が凄い。あらゆる所に、虹が出没する。この頃、入場前のハプニングで心折れそうになっていた僕は、たまらなく日本人が恋しくて、ひたすら日本人を探していた。ちょうど、滝下部に一番近付ける場所のそばで、一人で歩いている日本人男性を見つけて、速効で声をかけた。僕は、日本人がとにかく恋しいという話をし、誰か他に日本人に会ったか聞い [続きを読む]
  • イグアスの滝に入場できない?
  • 朝起きて、宿の受付に荷物を預けた。昨日居た感じのいい兄ちゃんではなく、アルゼンチン版の田舎娘という感じのメガネにおさげをした、素朴な子がいた。サヨが話しかけると、テンション高く答えていて、サヨが差し出した飴を嬉しそうに受け取っていた。サヨは、彼女をとても可愛いらしいと言っていた。8:30頃、バスターミナルからバスに乗り、イグアス公園へ向かった。順調だった。乗る時に、僕は、周りの人に気を使い過ぎて、ど [続きを読む]
  • やっと着いたプエルトイグアス
  • サルタを出発して、レジデンシャル、ポサダと、それぞれ名前の着いたバスを乗り換えた。長い長いバスの時間だが、ちょっとずつ慣れてきた。僕は、日本にいる時に、夜行バスという選択は絶対にしない人間なので、自分がこうして海外の行き先もはっきり定まらないまま、長距離バスに乗っているのが、とってもふわふわしている感じがする。始めの頃こそ不安だったけど。僕はお腹をすぐ壊す人間なので、トイレの心配をのぞいては、この [続きを読む]
  • サルタぶら歩き
  • 昨夜は、寝てしまっていたので、自分のスマホはアラームをセットをしていなかった。朝、アラームで起きたが、サヨのスマホが鳴っているのを自分のと勘違いし消して、その上、時間もまだ早かったので、寝てしまった。完全に消してしまったので、その後のことは僕は寝ていたとしかわからない。サヨに日本にいる友達からのLINEが入り、その音でサヨが起き、もう時間がないと怒られた。長い移動の前に、シャワーを浴びられるか浴び [続きを読む]
  • サルタっていう町
  • バスはサルタに到着して、荷物を受け取った際に払ったチップで、完全にアルゼンチンペソはなくなった。とりあえず、次のバスを予約しようにも先にアルゼンチンペソを手に入れようと、両替を探すも、ちっとも見つからない。お店の人などに聞いてみても、みんなわからないという。仕方ないので、ドル払いかカード払いができることを期待して、僕達は次の目的地、プエルト・イグアスまでのバスチケットを買うことにした。しかし、カウ [続きを読む]
  • 旅先での別れって辛い
  • ルカと3人で国境を目指した。調べてきたかかる時間よりも早くボリビアを出国できた。その際に、出国スタンプをミスされ、結構ひどいことに。文字もつぶれてしまっているので、入国で何か質問されたらどうしようとドキドキした。しかし、無事にアルゼンチン入国。国境越えを歩いてしたのは、初めてのことだった。そして、徒歩で入国しても、ちゃんと荷物検査はされるんだなと思った。調べによると、すぐにバスステーションがあるは [続きを読む]