分派侍JIN さん プロフィール

  •  
分派侍JINさん: 分派侍JIN ただ今参上!
ハンドル名分派侍JIN さん
ブログタイトル分派侍JIN ただ今参上!
ブログURLhttp://bunpasamuraijin.blog.fc2.com/
サイト紹介文家庭連合を惑わす分派活動をみ言で成敗する。ただし、あくまでも個人的な考えであり、活動日記である。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 134日(平均9.7回/週) - 参加 2017/06/11 00:09

分派侍JIN さんのブログ記事

  • 声明文は単なる「ネット告白」みたいだね。
  • 本日、10月22日(日)は家庭平和協会主催の講演会である。講演者は世界副会長の金慶孝。そういえば、家庭連合で不祥事を起こした元二世幹部が次のようにコメントしていたな〜。「私は母よりも先に顕進様という方に出会い、その指導に触れました。また弟が顕進様支持を表明し、活動を始める前から、顕進様側の情報に触れていました。親しかった韓国の先輩たちが顕進様に付いて行った際、幾度となく、彼らと議論を交わし合ったからで [続きを読む]
  • 「平和家庭協会」世界副会長の『講演文』を極秘入手?
  • 10月22日(日)は平和家庭協会の世界副会長が来日し、わざわざ講演会をするそうだ。金慶孝副会長が来て何を語るのか?パンフレットによれば「文顯進会長、彼は誰なのか」らしい。(関連サイト)しかし、彼が何を語らんとするのかは既に、三男派のブログサイトに掲載されている。だから、極秘入手でも何でもない。副会長が10月10日に具体的な内容の全文記事が韓国語で掲載されている。(関連サイト)翻訳サイトなどでざっと目を通す [続きを読む]
  • 三男派の講義内容の真実は?嘘っぱち″理論!
  • 三男派が主張する「真のお母様と独生女問題」を取り上げた講義の映像について、今までみ言の引用や、解説などがことごとく誤っている箇所をとり上げて述べてきた。まだ、たくさん述べることが多いが、今まで三男派の講義に対する誤りを指摘した記事を列挙してみる。10月11日 (関連リンク)「お母様は『お父様によって原罪清算、血統転換された』は真実か?」 10月12日 (関連リンク)『お父様は「16歳で血統転換、聖婚で原罪清 [続きを読む]
  • お父様は誕生時にメシヤの使命を継承したのか?
  • 三男派の非原理講義は何度見てもやっぱり?非原理的内容″である。すなわち、矛盾した講義としか言いようがない。その矛盾した講義のビデオを「文顯進様を支持する有志の会」では、相変わらず、推薦動画としている。(関連リンク)今回、10月22日に世界副会長が日本に来て講義をされるというから、ぜひ、その動画をアップしてほしいものである。(関連リンク)まあ、どうせアップしても直ぐ削除することがわかっている。反論や批判 [続きを読む]
  • お母様は「お父様の聖誕の歴史」を消している?
  • 三男派が一生懸命勉強しているユウ講師の「独生子・独生女・真の父母論」批判映像。全ての物差し基準はすべて、三男派の意見や主張が正論だという偏った判断基準でものごとを見つめている。ユウ講師の映像こそ、「人類歴史上、最も邪悪な講義」としか言いようがない。彼は「お母様は家庭連合(統一教団)は真のお父様を再臨主として送るための世界的な基盤、国家的な基盤、このすべての家庭的な基盤について言及していない」と主張 [続きを読む]
  • 堕落した「血統を持って」か「血筋を受けて」か「血統を受けて」か?
  • 三男派熱心党のコメント名「b408」はいつも私にコメントを書いて下さる。この場をお借りして、いつもブログを見てくださり感謝を述べたい。ただ、10月14日に書いた記事「堕落した血統をもってうまれたの?」で、次のようなコメントを頂いた。b408のコメント引用。「問題. 分派JIN氏は、何を伝えたいのでしょか? 申し訳ありません。 匠の技が効きすぎて、よくわかりません。」もう一度言うが、私は訳し方に対する根底にあ [続きを読む]
  • 『真実を明かす時』が来た!
  • 三男派の幹部が三男派を支持する者たちに語る講義内容は完全に、?偽りの原理″である。今日、10月15日(日)は真のお母様が日本に来られて、幕張メッセで「Peace Loving Festival」を開催し、1万名が参加するそうである。ちなみに、今回は神奈川県大会であり、神奈川県の食口は5,000人だそうだ。残りの半分の5000人はそれ以外の人々だそうだ。(関連リンク)お母様が日本に御来日されて、どのようなみ言を語られるのだろうか?先 [続きを読む]
  • 堕落した血統をもってうまれたの?
  • 三男派は真のお母様を批判することが大好きである。間違いは間違いだと述べることが真の子女の道理であると主張する。そして、その間違いはお母様は独生女として誕生したのではなく「サタンの血統を持って生まれた真のお母様」であると言って、真のお母様の批判をお父様のみ言を用いて述べるのである。あたかもお父様がお母様に対してそのように語られたかのように、屁理屈を述べながら説明している。匠の業である。では、三男派は [続きを読む]
  • お父様は「16歳で血統転換し、聖婚で原罪清算した」を教理化?
  • 三男派は家庭連合では「お父様は16歳で血統転換され、聖婚されることで真のお母様によって原罪を清算した」という理論を教理化しているという、とんでもない?虚偽の事実”を彼らは平気で述べている。以前、私は「点と点が線でつながってしまった」という記事を書いた。この記事での結論は、三男派は?家庭連合つぶし”のために、左翼勢力とつながっている事実を述べた。真のお父様は左翼のすることについて次のように述べておられ [続きを読む]
  • お父様は「16歳で血統転換、聖婚で原罪清算」の主張は真実か?
  • お母様や家庭連合はお父様に対して、原理や摂理に反する内容を述べていると言って次のように三男派は批判する。「お父様は16歳の時に血統転換され、お母様と聖婚されて原罪が清算された」これが、金振春氏や家庭連合が「独生女論」として主張する根幹だと批判している。果たして、金振春氏がこのような主張を述べているのか疑ってしまうのである。三男派は最近、統一教団では金振春が「独生子・独生女・真の父母論」という題目で文 [続きを読む]
  • お母様は「お父様によって原罪清算、血統転換された」は真実か?
  • UCI・FPA(三男派)が主張する「真の父母論」は次のようである。「真のお母様は真のお父様によって原罪が清算され、血統転換をなされた」 FPA(家庭平和協会)はこのような「真の父母論」を理論体系化した思想を信じる団体である。具体的には、映像の中の23分03秒〜24分の間に語られている内容である。彼らが主張する「真の父母論」は正しいのか?23分03秒〜24分の間の講師がられた内容を引用してみる。「そして、(韓鶴子:真のお [続きを読む]
  • FPAが主張する「独生女論」を分析する!
  • 正上氏の声明文によって家庭連合に動揺が起こり、今後どのような方向性で進んで行くのは少しの間、静かに見届けることにする。今後は、UCI・FPAの三男派が共通に認識している「独生女論」について検証していきたい。予習として、以前、日本に8人の巡回師が来るころに三男派のブログで作成していた、「独生論批判」の映像を流したいと思う。この映像の内容が正しいかどうか?そして、彼らが共通して認識している「独生女論」を分析 [続きを読む]
  • 正上氏の再出発の道はこれで切り開かれる!
  • 今日は『正上氏の再出発の道はこれで切り開かれる!』を題材で記事にしてみたい。それを理解するためにも、私が書いた正上氏関連の記事を列挙してみたい。10月3日 『桜井正上がついに念願の局長昇進か?』  ここでは、FPAに行ってしまうのか疑惑について書かせてもらった。10月3日『桜井正上氏に捧ぐ歌』私の真意が伝わっていなかった故に、誤解を与えたことを書かせてもらった。10月5日『正上氏を引きづり下ろそうとしている人 [続きを読む]
  • 正上氏の心の奥底にある真実の叫び
  • 桜井正上氏が今、家庭連合内でどのような状況なのか?すでに、解雇されたのか?停職状態なのか?はたまた、降任か?減給か?もしくは、戒告か?どのような「懲戒処分」を下されたのかわからない。三男派のブログでもそのような情報がアップされていない。よって、継続して、正上氏関連の記事を私の独断と偏見で主張したい。しかし、家庭連合が正上氏に下した「懲戒処分」がわかれば、私は家庭連合を支持する。どのような「懲戒処分 [続きを読む]
  • 正上氏の声明文から分かる秘められた篤い思い
  • 桜井正上氏の10月1日の声明文を今日読んでみると、彼は?辞表“を覚悟に、背水の陣で臨んだ男気を感じる。あの、声明文は自分自身が本当にやりたいことが何なのかという所信表明をしている決意文である。私は、あの声明文だけを読んで、彼は単にFPAに所属を変えて活動したいと言っているのではないことがわかった。そうではなく、現在の真のご家庭の状況に対する嘆きと、家庭連合や幹部達がご子女様に対する批判攻撃に対する切実な [続きを読む]
  • 正上氏の?声明文”から読み取れる彼の現況と今後
  • 今日は三男派のブログから発表された正上氏の声明文から読み取れる彼の現況と今後である。桜井正上氏の声明文の一部を下記に引用する。(全文;リンク)(ここから引用)「私は今回の祝福が終わったら、またその一連の業務を終えたら、“辞表”を出そうと考えていました。・・・・組織の方針を受け入れられないなら、己の信念を貫きたいなら、自らが潔く、静かに身を引くのが組織人としての筋でしょう。しかし、辞表を書き上げてみ [続きを読む]
  • 正上氏を引きづり下ろそうとしている人物は一体誰なのか?
  • 10月1日に桜井正上氏が「全国の牧会者の皆様へ」という声明文を発表した。それを一番最初にブログでアップしたのはブログ名「真の愛の書簡」であった。この声明文はタイトルのごとく、「全国の牧会者の皆様へ」というタイトルである。正上氏は牧会者だけに宛てた声明文だったのか?または、それ以外の人物たちにも拡散させたのか?謎である。なぜならば、ブログ名「真の愛の書簡」はほとんど今まで目立ってこなかったブログだった [続きを読む]
  • 桜井正上氏に捧ぐ歌
  • 10月2日に私が書いた記事「桜井正上がついに念願の局長昇進か?」で、多くの誤解を与えてしまったことにお詫び申し上げます。まず、10月2日に桜井正上氏に関する声明文が三男派のブログ記事を通じて拡散されて、私自身、その記事を読んだとき、ショックのあまり受け入れることができませんでした。しかし、あとあとよく読んでみると、実際にはまだ家庭連合を辞めたわけでもなく、公職を降りた訳でもないということがわかりました。 [続きを読む]
  • 桜井正上がついに念願の局長昇進か?
  • 10月1日に家庭連合本部職員である桜井正上家庭教育副局長が転職する方向で話が進んでいるそうだ。その転職先もなんと、家庭連合が分派団体として認定しているFPA(家庭平和協会)だと言う。まあ、笑っちゃうね。信仰に対する所信はそれぞれ違うので、本人が三男様を支持し、そちらに従っていくのはどうぞご勝手にである。信教の自由、思想の自由、言論の自由が保障されてる民主主義世界であるので、本人の変わらない意志があるから [続きを読む]
  • 「師観のブログ」のみ言引用に騙されるな!
  • 三男派が愛するブログ「師観のブログ」のみ言引用で問題発覚した。というよりも、み言引用がデタラメである。そのブログの記事「善なる競争をしよう」でのみ言引用箇所を一度検証してみよう。以下、引用「UCを卒業すると言う意味は神を愛するが故に、UCを卒業するのです。・・・・・アボジが言うUC卒業生とはどんなことを言っているのでしょうか?以下はみことば選集からの抜粋です」 ここまで引用神を愛するがゆえに、UCを卒業 [続きを読む]
  • 7男は3男よりはるかに実践派。SCは一歩リードか?
  • ここ最近、7男様が行った「天地人真の父母様天宙完成祝福聖婚式」で大きくブログが賑わっている。実は、なぜ、七男様があのような祝福式を行ったかのかを理解しておかなければならない。実は、七男も三男も共通した「お母様に対する私の思い」がある。3男様は自分こそは摂理的長子である。母は「私を長子と認めて従ってこい」とことあるごとに述べながら、それを神学的にも理論的にもみ言を操りながら、体系化されている。その書籍 [続きを読む]
  • 三男派の内部で、すでに「分裂の兆し」が・・・・・・
  • 三男派組織の中核メンバーブログ「パシセラ」は相変わらず、組織がお嫌いみたいだ。「組織というものに潜む魔物」という記事で以下のように述べていた。 「祝福家庭の多くは自分の家庭を犠牲にして来ました。・・・神様の理想家庭世界を実現するための犠牲だった・・・。しかし、統一教会という組織のための犠牲に、すり替わっていた。いつの間にか、神様の理想家庭世界実現よりも、教会という組織の維持防衛のほうが大事で大きく [続きを読む]
  • どうしてあのようになってしまったのか?
  • FPAの中核メンバーブログ「パシセラ」は今回のサンクチュアリ教会の出来事をネタにして、自分たちの主張を間髪入れずに述べている。何と、腹黒い団体なんだ。私は、サンクチュアリ教会の現在の状況に対して、ああだこうだとは言わない。それ以上に、私は様々な亨進様の豹変ぶりにとても心配してしまうのである。私は、亨進様が孤独の世界に追いやられてしまい、ある種の精神的異常者となってしまっているのではいかと胸痛む。それ [続きを読む]
  • 「ある先輩家庭」のブロガーはまだ家庭連合の会員なのか?
  • 三男派の中核メンバーのブロガー「ある先輩家庭の手紙」は家庭連合の会員なのか?このブロガーの正体を自分の記事で公表していた。息子が日本のJ−カープの会長、韓国の世界本部の職員をしている親だと言っていた。すると、ネットで検索すると、苗字はすぐにわかるはず。(関連サイト:リンク)カープ会長の親(M氏)は、まだ、家庭連合の会員として所属している人物なのか?または、家庭連合を脱会して、正式にFPA会員とした立場 [続きを読む]
  • 「さいたま懇親会」主催の時局講演会が9月30日に行われる
  • 3男派の核心メンバーであるブロガー「ある先輩家庭の手紙」で、9月18日の記事で、「さいたま時局講演会」の案内をしていた。(関連記事:リンク)下記のような案内である。(ここから一部分引用)先輩食口たちも負けじと必死です。「さいたま:時局講演会 & 懇談会」が開催されます。日本の大先輩家庭たち(43双、777双、、)も、いよいよ立ち上がってくださいました」 この度埼玉に:清野さんをお迎えし好評でありました、<さいたま [続きを読む]