カメくんママ さん プロフィール

  •  
カメくんママさん: カメの奇跡〜まさか!は必ず起こる〜
ハンドル名カメくんママ さん
ブログタイトルカメの奇跡〜まさか!は必ず起こる〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/kamekun-mama/
サイト紹介文最終合格率5%。最後の最後まで諦めず、ラスト31日で偏差値74超難関中学へ滑り込んだ親子の記録。
自由文他の誰もが「不可能だ」と言っても、信じてはいけない。自分たちを信じること。それが、伝えたくて。奇跡は起こるから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 328日(平均1.9回/週) - 参加 2017/06/11 15:37

カメくんママ さんのブログ記事

  • 1月中旬のママ・パパの心の状態は・・。
  • あれから、一年がたったのですね。           2018・1月のカレンダーを見ながらそう感じました。            昨年の今頃は           本当に、限界でした。           周りのママも、パパも、限界ぎりぎりだったと思います。           私はずっとお腹がいたくて、胃潰瘍にも途中なったし           終わったらまた検査する・ [続きを読む]
  • まさかの鉛筆落とし、書くものがもうない!
  • カメは、この日、順調に試験を進めていた。 とてもいい感じに答え、 4教科のうちの3教科が終わり・・・ すでに、受かったかも?と感じていた。 試験管のほかに、学生の高校生だろうか・・・ お兄さんが、お手伝いで教室に立ち会い 感じがいい人たちで 試験会場は空気がよかった。 休み時間は、友達同士できている受験生は答え合わせをすることがある。 昔は、その答えと違うとあわてて、次の教科まで、気持ちに影響がでて、崩れ始 [続きを読む]
  • 入試当日の、800人以上の受験生と。
  •                          カメは、鼻水の薬を飲んだためか・・前日、眠れないということもなく、こてんと夜寝て今もぐっすり寝ている。 寝息の鼻のつまりもないから、どうやら回復してくれたようだ。 世の受験生の母親は、きっとそんなところまで、カメママのように気にしているのだろう。 カメママは、かすかに笑っているカメの寝顔を見ながら 「よかった・・」 と胸をなでおろした。 カメママは朝6時 [続きを読む]
  • つづき・・・。
  • 「え〜〜〜!」 カメママは、本当に驚いた。 そんな理由で、得点できなかったのかと。 カメママ「あのね、感動するのはいいけど、その余韻にしたる時間は試験中は、ないのね。      それは、終わって答え合わせするときに、ママにどう感動したかそのときに話して、いい?」 カメ「わかった〜〜。」 カメママ「あと、論説はね、「あんたの意見」どうでもいいから!!      テストは、書いている人が、何を言っている [続きを読む]
  • 立教新座は、前日入りのホテルへで正解。
  • 立教新座まで、あと2日。 その日、入試をあさってにひかえカメは止まらなくなった鼻水対策で、悪くなる前に自宅で療養&勉強する中、 カメママは都内から埼玉の立教新座まで電車で行って、ルート確認をしていた。 しかし・・・・ 遠かった。地図と、グーグルの映像だけでなく、実際に確認に出かけて正解だった。 カメは、体力が基本的にない。 当日で、朝のラッシュで、この距離は・・・?? どうしよう・・・と考えていると [続きを読む]
  • 理科、短期でラストに仕上げた方法。
  • カメ「ママ、ロッキーかけて!」 朝、カメに起こされる。 カメママ「わかったよ・・・。      え〜?     いつ起きたの?もう、勉強しているの?え?      部屋、暖めている?」 カメ「大丈夫!おれ、ロッキーだから。   寒い中、起きるのがロッキーなんだ!」 完全に、彼はこのころから自分はロッキーだと思っていた。 音楽かけて・・・・ カメ「レディ〜、GO!!!」 100マス計算も好調だ。 熱をはかると [続きを読む]
  • 必死に勉強する姿に初めて出会えて・・感涙。
  • 立教新座まで、あと1週間という時期 カメは、ここと早稲田中学との2つの過去問に対峙していた。 午後は、そこから派生する、自分の弱点をコアプラスやデイリーや、土得の教材などに帰り、克服する。 一日、ひとつ、克服したら、受験日には、何年も前から得意なことと変わりない! そうカメママが言うので、それもそうだ・・と思え、いくつも克服したい!とスピードがあがった。 カメママは、この2つは少し問題傾向が似ている部 [続きを読む]
  • 前受校に落ちてしまったとき・・。
  • この日、カメは眠れなかった。 受験が、初めて怖くなった。 力のある子が、落ちて 自分なんて 受かれるはずがないと思った。 過去問も今日は超えられなかった。 何度も寝返りをうっていたら カメママが 「どうしたの?」と聞いてきた。 カメ「ゆうさんも、たまちゃんも、落ちてた・・」 カメママ「ふ〜ん。」 カメは、え?っと、思った。 カメ「ふ〜んで終わり?」 カメママ「だって、ゆうさんは桜陰が本命、たまちゃんは筑駒で [続きを読む]
  • まさか!の優秀な子たちが、不合格で・・受験が怖くなる。
  • 1月、カメは学校へ行った。 受験がひとつ終わり、ほっとしたら少し熱が下がり今日は36度8分。 カメママ「ぜ〜〜ったいに、マスクとっちゃだめよ!」 カメ「わかった!」 久しぶりに皆に会える! 年賀状をくれた三上にもお礼が言える、わくわくして学校へ行った。 ところが・・・・ すごく閑散としている。 三上「カメなんできたの?顔むくんでいるし・・・熱あるんだろ、来て大丈夫なの?」 カメ「きょうは、37度を超えなかった [続きを読む]
  • カメとカメパパ
  • カメが、第1志望校にこだわった理由。 受験を通し、壊れた家族が、新しい形になるまでが このブログの神髄です。 一年経ち、今想うと、カメは無意識に、自分が第一志望校にこだわることで バラバラになったものが、ひとつになると信じたのでしょう。 だから、みんなから不可能だといわれても諦めなかったのかもしれません。 彼が、諦めたくなかったのは受験校より 他のものだったのかもしれないと 今は思うのです。 わたしは [続きを読む]
  • 早稲田中学はやめませんか?と担当の塾先生からの提案。
  • 落ちたと思った、最初の受験校に合格し、 カメの気持ちは日に日に研ぎ澄まされていった。 カメママ「本日の100マス計算、レディ〜〜〜!!!」カメ「GO!!!!」 ロッキー「アイ・オブ・ザ・タイガー」に朝の曲は変わり これを聞きながら、100マス計算を終える。 そのまま、過去問は立教新座、早稲田中学を交互に行う日々へと移る。 最終の申し込みもすべて決めなくてはいけないとき。 塾の担当の先生から電話がくる [続きを読む]
  • パソコンで見る合否、結果は!?
  • カメとカメママは パソコンの前で 合格発表を待っていた。 カメ「一番低い偏差値のここに落ちたら、    もう、それに、ここから15高い偏差値の、立教新座なんて受かる気になれない。    やっぱり、おれの力は、だめなんだ。40日でなんてでどう頑張ったって、間に合わないんだ。    それが、普通だもん・・。    まして、早稲田中学や第1志望なんて・・・。    それより、・・・・・・地元の公立に行くことになっ [続きを読む]
  • 受験当日、子どもの調子が悪いとき、親ができること。
  • 最初の受験が終わった, 1月10日前後 カメとカメママは、本当に祈るような気持で 合格発表を自宅で待っていた。 ここの中学は、ネットでの発表。 午後の発表の時間を待ち 午前は、次の立教新座への、もう対策に入っている。 朝はロッキーの音楽とともに その曲終わりで100マス計算をしてその日の頭の冴え加減の状態をお互いで確認する 遅い時の感覚 早い時の感覚を 毎日確認。 これは、受験当日にとても役立った。 もう、この期 [続きを読む]
  • 受験当日、言葉で伝えるより効果的な「手紙」へ
  • カメママ「お疲れ様。ゆっくり、お昼を食べよう」 カメ「うん!もしかしたら、社会、100点かも!!国語もいい感じ!!!」 カメママ「え〜〜!!良かったね、嬉しいね!!もうひとつ、いいことが。      カメパパが、第一志望の受験番号取、早朝から並んだら「2」番だったんだって!!」 カメ「わ〜〜!」 そんな楽しい気持ちで、お店に入った。 カメママ「じゃ、待っている間、採点しよう」 そして、すぐにカメの顔 [続きを読む]
  • 慣れる為にいった学校で、大失敗!落ちた???
  • 広い部屋へ通されて カメと一緒に座って待つ。 会場いっぱいの親子。 寒い日だったから、お腹にも、背中にも、ホカロンを貼っていた。 カメママ「お部屋が熱かったら、とってね」 カメ「うん・・」 カメママ「あと、ビダーインゼリーとグミとオレオクッキー、あんたの元気の素、入れておいたよ。      カメ「うん・・」 カメママ「あと、算数は、きれいに書くんだよ。名前の確認、書く欄は正確に!     それと終わり [続きを読む]
  • まさかの緊張。どうしたの???
  • 1月の最初の受験の日は とても寒かった。 カメ君は、実は秘かに楽しみにしていたことがあった。 それは、噂によると サピックスの先生たちが旗を持ち 出迎えてくれるというのだ。 正月特訓の最後にもらった、「合格バッチ」をつけて、それを握りしめているカメくん。 偏差値は、カメ君の偏差値より15位下だったから 塾の先生からは前の日に電話があり 「雰囲気に慣れる為に、リラックスしていってきてください。」 と言われた [続きを読む]
  • 最初の受験校 子ども同士、にらみあい!となり、ママに諭される。
  • 1月8日 生まれて初めての受験である。 車か、電車かで、カメママは悩み、 目を覚ましながら行け、基本的に時間が読める電車にした。 休みのこの日は、乗っている人は少なかった。 すると、同じように 母と一緒の マスク リュック お守り付き 参考書読みながら の男の子が数名乗っていた。 カメが、社会のぼろぼろのカードをしていたら 反対側に座った男の子が それに対抗して 持っていた漢字の本をしまいぼろぼろの自分の手 [続きを読む]
  • もう1か月を切り、あと100点をどうしよう?(その1)
  • カメママは、各学校の過去問とにらめっこしていた。 第1志望の学校には、まだ合格最低点に100点足りない。 ネックは、算数と理科だった。 点数だけみると、致命的だ。 だけど、今までのサピックスの回答を、どこかに希望がないか 母としては、この期に及んでも、なんとかならないかと 丁寧に丁寧に見る。 自分に 「どうしたら、第1志望の当日、算数は90点まで行く? 200点満点の算数で、合格者は150を超えてゆく。 だ [続きを読む]
  • 合格最低点に100点足らない1月に、塗り替える方法。
  • 達磨の目を入れる・・・という願掛けがある みんな、もう、この時期になるとお守りやそういうことに頼るしかないように感じるが これらは、すべて、心理的に説明できる、有効な フューチャーペーシングや アンカリングである。 カメ君は、12月。 憧れの学校の吹奏楽部の音楽会へ行った。 以前にもこのブログで書かせて頂いたのだが 偶然このとき 校長先生が歩いていて カメ君は、震える足で寄って行った。 詳しくは、こちらの [続きを読む]
  • 試験当日、自己ベストを出す、今、親ができること。
  • 初詣で、東郷神社様から御朱印を頂いたカメ。 それ以来、神頼み・・・というのは、よく言ったもので 毎朝、拝むようになった。 「バルチィック艦隊をもすり抜けて、運もいい東郷さんだったんだ・・・・。 どうか・・・やったところが、出ますように。 どうか・・・最後の一人でいいから受かりますように。」 さてさて・・・・朝、こんなことを言っていても 小学生の子どもというのは、勉強しない! ・・・・、と思う。 少な [続きを読む]
  • 受験当日役立つ、輪ゴム!
  • 1月に入ると、 受験料の支払いや 願書を頂くために並んだり カレンダーにそれぞれの日にちを書き込み 入学金をなんとか払わずに、 第1志望まで繋いでゆくことに、やりくりを考える このとき、うれしかったのは 東京三菱UFJ銀行に、受験料を払い込みにいくと窓口で、五角形の形の鉛筆を3本くれる 「五」→ごう→合→合格! という感じ・・・。 普通の鉛筆が6角形だから、なんだか、嬉しくて、かめくんもこれを持って、受験に行 [続きを読む]
  • サピックスの合格バッチの力
  • カメくんは、結局、 塾の正月特訓を最後に、 塾には行っていない。 各校の受験日の前の日に、担当の先生から激励の電話を頂き、 試験会場で、塾の先生がたの激励チームに会うまで 先生とも接触していない。 特訓の最後の日、サピックスは合格バッチというのをプレゼントしてくれる。 受験日に、サピックスの生徒であることを見分けるためだと思うのだが・・・ カメくんは、これが本当に嬉しかったのだ。 合格バッチをダウン [続きを読む]
  • 初詣の大切さ。
  • 初詣は大切だなと感じました。 私は、もともと、神棚を家につくっているのでとても大切にする考えなのですが・・・ 息子に押し付ける気もなく・・・・ でも、息子も初詣に行きたいと言いました。 彼が選んだ神社は・・・・ 歴史で勉強した 東郷神社。 とても「運の良い人」と学んだようです。 本人も、運が良ければ合格・・という気持ちだったのでしょう。 息子は、御朱印をいただき、試験会場へ持っていくリュックにも [続きを読む]
  • 1月 風邪・インフル・ノロ対策!健康で走りぬこう〜。
  • わたしたちの最強健康法。 まずは、朝晩の「マヌカハニー」 消毒液とも言われている「はちみつ」で、すごくきいたと思います。 ノロもインフルも、これで大丈夫だ!といいながら、毎日なめていました。 銘柄は、今はたくさん出ているので、お子さんが続けられる味のメーカーでいいと思います。 我が家は、+10で充分でしたよ。 強力にしたくて、+20とか・・いろいろ考えますが、プラスが増えると味がまずくなるように思 [続きを読む]