KabSuke さん プロフィール

  •  
KabSukeさん: 確定拠出年金は毎日スイッチング
ハンドル名KabSuke さん
ブログタイトル確定拠出年金は毎日スイッチング
ブログURLhttp://401k-lab.com/
サイト紹介文日経TEST上位2%スコアの経済知力をフル回転!手数料・税金実質ゼロ活かす「脱」ほったらかし運用
自由文技術会社勤務、一級建築士。2013年より、長年放置していた確定拠出年金(401k)の運用を本格的に開始。
もともとは、株式や債券の知識ゼロであったサラリーマン。異分野の知識を自らの糧にできればとおもい、運用を通じて感じた事、獲得したノウハウを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2017/06/11 21:45

KabSuke さんのブログ記事

  • 配当性向3割横並び、総額は過去最高13.5兆円
  • Tweet 日本上場企業の配当性向は3割で横並びであると、しばしば槍玉に挙げられます。配当を高くすると税金で持っていかれる分も増えるわけで、手放しで喜ぶわけには行きません。かの著名投資家バフェット氏は、株主還元なら配当より自社株買いを好むといわれます。バクシャーハザウェイが無配主義を貫くのは、株価に裏打ちされた成長性もさることながら、配当にかかる税金がもったいないとのバフェット氏の株主への想いもあるよう [続きを読む]
  • ズルむけ米中摩擦7/6、追加関税340億ドル
  • Tweet 淡い期待は消え失せました。。ズルむけです。6/15に米トランプ大統領が表明した中国への追加関税は本当に発動されました。中国も同じく表明していた通り、報復措置に打って出ました。追加関税340億ドル米国は、総額約500億ドルの中国からの輸入製品に対して25%の関税をかけると表明していました。そのうちの340億ドル(約3.8兆円)を7/6に発動しました。自動車、産業用ロボット、半導体、医療機器などの知的財産権やハイテク [続きを読む]
  • ズルむけ米中摩擦7/6、追加関税340億ドル
  • Tweet 淡い期待もむなしくズルむけです。。6/15に米トランプ大統領が表明した中国への追加関税は本当に発動されました。中国も表明していた通り報復措置に打って出ました。追加関税340億ドル米国は、総額約500億ドルの中国からの輸入製品に対して25%の関税をかけると表明していました。そのうちの340億ドル(約3.8兆円)を7/6に発動しました。自動車、産業用ロボット、半導体、医療機器などの知的財産権やハイテクに関連する818品目 [続きを読む]
  • 気になるみんなの運用利回り、17年度3.25%
  • Tweet 「貯蓄から投資へ」の掛け声のもと確定拠出年金の普及が進んでいます。加入はしてみたものの、何をたよりに運用したらよいのか迷っている人も多いとおもいます。年金資産評価額、運用金額、評価損益などなど、加入者向けの専用サイトにログインするとさまざまな数字が目に飛び込んできます。初回入金来運用利回り私は、運用利回りが大切だと考えています。私の専用サイトには、運用利回りの掲載欄に二つの数値が表示されてい [続きを読む]
  • 株より原油、トレンド鮮明WTI先物75ドル突破!
  • Tweet 株式より読めないのが原油相場。協調減産緩和への警戒から5月後半から下落基調でしたが6/22OPEC総会を通過して急浮上です。7月に入ってWTI先物は74ドル台に突入し、昨夜は75ドルを付けました。でも原油ETFはドンドン売ってきたので、もう残りわずかです。押し目待ちに押し目なし。。ドルと逆相関のはずがドル高でも原油高。5月頃にも似た相関関係です。コモディティの中でもゴールドはドル高とあって素直に下落トレンドです [続きを読む]
  • モチベーション維持の工夫につとめよう!
  • Tweet 確定拠出年金は、なんといってもまずはやり始めることが大事です! 昨年2017年の制度改正により、20〜60歳のほとんど全ての現役世代が確定拠出年金に加入できるようになりました。加入者はどんどん増えています。でも加入後のケアは誰もしてくれません。自ら工夫するしかありません。 株式市場は世界的に、昨年は好調でしたが今年は貿易摩擦や米国政策金利引き上げの影響で軟調です。今年になってパフォーマンスを下げて落胆 [続きを読む]
  • モチベーション維持の工夫をすれば結果は付いてくる!
  • Tweet 確定拠出年金は、なんといっても、まずはやり始めることが何よりも大事です!長い運用期間です。やり方はどうであれ、モチベーションを維持できれば自ら工夫をするようになり結果は付いてきます。私のモチベーション維持の工夫私の勤め先は2005年に導入しました。金融リテラシーのまったくなかった私は10年以上ほったらかしでした。2008年のリーマンショックを挟んでいるので元本割れの時代が長くつづきました。半年に一度郵 [続きを読む]
  • リロG株主総会、借り上げ社宅はまだまだ地味な存在
  • Tweet 株主総会シーズンたけなわ。リログループ(8876)の株主総会に行ってきました!2015年から買い始めた私の数少ない長期保有銘柄です。借り上げ社宅事業をコアにして福利厚生の分野で活躍する会社です。※株式分割:2005. 5に1→2、2017.4に1→10 リログループを購入した動機確定拠出年金の運用は単調です。勉強がてらにネット証券に口座を開いて売買してますが、どうしても株価指数や原油に連動したETFに偏りがちです。個別株に [続きを読む]
  • 7月決算相場、米・日欧物価格差が鮮明に
  • Tweet 日米欧は物価上昇率2.0%を目標としています。今年に入ってから米国が堅調で4月までの2ヵ月間は2.0%に到達してしまったのに対して、日本と欧州は物価上昇率が下落傾向です。 貿易摩擦の問題に目を奪われて、株式相場はますます視界不良です。でも、米国は物価上昇率に限らず雇用統計などでも強い経済指標が結構出てきます。4-6月四半期は今週で終わりです。来月7月下旬からは決算発表シーズンをむかえます。好決算が続出す [続きを読む]
  • NT倍率12.96、歴史的珍事!
  • Tweet 「本日の日経平均株価は?」と聞かれて答えられてもTOPIXとなると困ってしまう、、長年株式投資をやっている人にも実は多いと思っています。私もTOPIXを知らない部類の人です。確定拠出年金で運用している私の国内株式連動の商品は、TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとしたインデックス投信なので、毎日スイッチングするならTOPIXをちゃんとチェックすべきなのかもしれません。しかし頭に入ってきません。。これはコンプレ [続きを読む]
  • 「複利の罠」の罠
  • Tweet 複利とは、投資の妥当性を測る尺度です。実際には複利には”罠”があります。でもだからといって、複利の考え方を抜きにして自分の投資の妥当性を判断できません。「複利の罠」の罠にはまらないようにしたいところです。複利とは新聞紙を2回折って、さらに折ってとずっと繰り返すと、2、4、8、16、、、と積み重なっていきます。実際には折ってみるとわかりますが、頑張って折れるのは7回、128枚に重ねるまでです。その後は架 [続きを読む]
  • ECB量的緩和は年内終了も、ユーロドルは急落
  • Tweet 6/14のECB理事会で量的緩和は年内終了となりました。緩和終了→ユーロ高がセオリーと思ってましたが真逆の動き。会合の内容が伝わった日本時間22時頃、1.18を付けていたユーロドルは1.16へ急降下。スマフォで様子をみていて驚きました!手掛かりとなる情報はないかと探してみましたが、「そうかも」レベルのコメントはあっても、しっくり来る情報は私はつかめないままです。こうしたときは、事実を書き留めておくのが何より [続きを読む]
  • 6/19メルカリ祭り、相場をワッショイ!
  • Tweet メルカリを知らず家族から白い眼でみられたのが1年前。テレビCMをやっているのも知りませんでした。と、先日の飲み会でも白い眼でみられましたが、「メルカリ上場だよ」と切り返したら、ウォッとなりました。株式投資に縁のない人にとっては新鮮な話題だったようです。私は確定拠出年金の運用がメインなので個別株にアンテナ張り巡らしているわけではないですが、それでもメルカリ上場は耳に入ってきます。6/19、フリーマー [続きを読む]
  • RE100、アップルは早くも目標達成!
  • Tweet 米アップル社は4/9、世界43カ国にある自社施設で使用する電力が100%再生エネルギーになったと発表しました。えっっ、率直にスゴイです!WTI原油価格をみながらアレコレ先行きを思いながら株式投資や確定拠出年金のスイッチングを繰り返していると、こうした地味だがスゴイ取り組みを見過ごしがちです。日経新聞6/9『米、実は環境先進国』によれば、パリ協定から離脱した米国が足元で温暖化ガスの排出量を大きく減らしている [続きを読む]
  • 中国の自動運転スマートシティ
  • Tweet 米中摩擦については、毎日ボゥっと新聞を読んでいるだけでは理解が追いつかず、遅まきながら5月頃からブログ記事を書くようにしています。株式市場は度々揺さぶられかつ一過性の政治・経済の問題でもないので厄介です。いわば備忘録のスタンスで書いてますが、少しでもお役に立てばと思ってます。米中摩擦の出来事カレンダー・リンク集 中国が200万人都市をまっさらから作る中国は米国からかの301条を突きつけられました。ど [続きを読む]
  • 若返る、設備投資16.7%増!
  • Tweet 金利上昇に貿易摩擦と、2018年は企業にとって向かい風がビュンビュン吹き荒れています。企業は設備投資に及び腰、、なんて勝手にストーリーを作りがちです。実態はいったいどうなっているのか気掛かりです。若返る設備6/3日経新聞一面『「設備年齢」若返り進む』によれば、前年度実績と比べ2018年度の全産業の計画額は16.7%増です(日経新聞社がまとめた設備動向調査)。豊富な手元資金を使って古びた設備の更新投資を増やし [続きを読む]
  • 米貿易摩擦、EU・NAFTAでも追加関税発動
  • Tweet 1ヵ月間延期していたEU、カナダ、メキシコへの関税措置を、6/1、米国は発動しました。鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の追加関税です。先月5月までは、対中貿易摩擦でマーケットは緊張しました。5/3〜4は北京で、5/17〜18はワシントンで米中交渉の場が持たれました。情勢は目まぐるしく変わります。5月中旬までの米中摩擦については、出来事が起こった日と関連ニュースをブログ記事に書き留めておきました。米中摩擦の出来事 [続きを読む]
  • イタリア〜ノ、世界を不意打ち!
  • Tweet ほったらかしの蚊取り線香だ。いつ再燃してもおかしくない!先週後半はイタリアからの騒つきが聞こえつつも、原油下落、米朝首脳会談中止騒ぎにばかり気を取られてました。週末を迎え5/26、突如として南北首脳会談の開催で米朝問題は緩和の方向へ。今週の相場は穏やかに始まりました。ところが、イタリアからの不意打ちです。イタリア政局不安が、週中盤にかけて世界の株式市場に襲いかかりました。5/30の日経平均339.91円安 [続きを読む]
  • 「円安なら株高」は日本独特!
  • Tweet アベノミクスは公式には円安誘導していないことになっているけど、海外からみる日本ははっきりそう見えるのだと思います。とくに2016年頃までは「黒田バズーカ」とかいって、金融政策決定会合のある日は発砲を警戒して昼休みは外に出られませんでした。会合の様子が昼休みにリークされ、それに先物が反応するのでパソコンのモニターにくぎ付け。会合の日は、あらかじめ弁当買って待機していましたw緩和策が会合で出ると円安 [続きを読む]
  • 米朝首脳会談、電撃でなきゃ上手くいかんだろう〜
  • Tweet 6/12に予定されていた米朝首脳会談は中止の意向のようです。5/24に米トランプ大統領が表明しました。当日の米株式市場は暴落でスタート。NYダウは300ドルに迫るキツイ下げ。。悶々としながらの就寝で翌朝をむかえました。あれ?終値はたったの66ドル安。開催の余地も一応は残しているようです。会談中止は過剰反応だったようです。 5月の中旬あたりから、雲行きが怪しくなってました。マーケットは織り込み済みだったのか。 [続きを読む]
  • ドライブシーズン到来も、原油下落はじまる
  • Tweet 週明け5/28はメモリアルディで米国市場はお休み。海外勢お休みで流動性不足になりそうなので日本市場は揺さぶられるかもしれません。ご注意を!「確定拠出年金の毎日スイッチング」というスイングトレードを続ける上では、暦の並びはとても大切です。という私は米メモリアルディを忘れてました。。まだまだ未熟です。ドライブシーズン到来メモリアルディとは戦没将兵追悼記念日で5月最終月曜日です。南北戦争に端を発した祝 [続きを読む]
  • 米中摩擦の出来事カレンダー・リンク集
  • Tweet トランプ・ディールは複雑。。米国発の対中国摩擦は株価を大いに揺さぶってきました。でも、株価の反応ばかり追っていても、あまりに目まぐるしく展開するので何が何だかサッパリわかりません。直近だけみれば、5/17〜18のワシントンでの米中交渉2回目で、貿易面での摩擦は緩和に向かったようです。ただ知的財産・ハイテク技術の面では対立が続くように見受けられます。米中摩擦は、11月米中間選挙までは少なくとも続くはず [続きを読む]
  • 空売り比率50.3%、信用買い残の減少進む
  • Tweet 3/23の空売り比率50.3%は過去最高。東証が公表をはじめた2008年11月以降の記録です。米中貿易摩擦が高まるなか、通常は40付近をうろつく空売り比率が飛び跳ねました。信用取引から足を洗い「毎日スイッチング」へ信用取引にはまると、いつも売買していないと落ち着かないです。吸血鬼がごとく吸い上げられていく手数料をみていると何もしないわけには行かなくなります。2年前は悪夢でした。チャイナショック、原油安、日銀 [続きを読む]
  • 私の3月期は実に平凡、でも平凡にも意味がある!
  • Tweet 半年毎に確定拠出年金の運用状況のお知らせが送られてきます。半年間の状況を振り返ってみました。2017年9月末〜2018年3月末の半年間です。株式市場は、衆院選や米大型減税可決でで大幅上昇でしたが、1月下旬以降は物価や金利上昇による景気後退懸念、貿易摩擦から大幅下落でした。結果としてこの期間のTOPIXは2.48%アップでした。それに対して私の確定拠出年金の含み益(掛け金増分含まず)の伸びは1.65%でした。利回り(初回 [続きを読む]
  • 香港・アルゼンチン、2つの防衛ライン
  • Tweet 今年1月から3月はドル安の煽りで各国の株価は暴落したわけですが、こんどはドル高です。米国10年債が3%にノックオンして以来、ドル高が鮮明です。米国の政策利上げは、今年3〜4回がもはや既定路線です。もし2回なんて予想が出てくるようだと景気後退を示唆すると受け止められかねないので、その意味でも利上げ圧力はずっと持続しそうです。昨年までのゴルディロックス相場(ぬるま湯相場)は終わり。米政策金利は昨年より0.75 [続きを読む]