taka さん プロフィール

  •  
takaさん: アパレルショップ店員になる為の成長日記
ハンドル名taka さん
ブログタイトルアパレルショップ店員になる為の成長日記
ブログURLhttp://www.backyard.style
サイト紹介文アパレルショップ店員って普段どんな仕事をしている?給料は?バイトなの?正社員なの?を話すブログ!
自由文アパレル業界で働き10年を越えたので、この経験を活かして教えれるものがあればと思い、ブログを立ち上げました。
これからショップ店員になりたい方、今伸び悩んでいる方などの参考になるブログを書いていきます!
お時間あれば、ぜひ読んで頂ければと思います!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/06/12 11:04

taka さんのブログ記事

  • 「ご無沙汰しています。」
  • 「ご無沙汰しています。」久々の投稿になってしまい申し訳ありません。これからまた少しずつでも投稿出来ればと思っていますので、よろしくお願いします。以前の投稿の時に新事業を立ち上げるとお話ししていたと思いますが、今もその飲食事業を頑張っている最中なのですが、まだまだ勉強の途中で足りないことばかりです。今後も続けて頑張っていきたいと思います。その事業でも立ち上げたばかりで思うこともいっぱいあったので今回 [続きを読む]
  • 「更新に関するお知らせ」
  • 久々の投稿になってしまい申し訳ありません。今新事業立ち上げの為、スケジュールが立て込み、なかなか更新出来ない日々が続いています。読んでくださっている方には本当に申し訳ない気持ちです。今飲食関係の事業を新たに始めることになり、自分の余裕があまり持てないので、また余裕が出来次第再開する予定ですので、しばらくの間更新出来ませんが、今後ともよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 「西日本豪雨災害の必需品」
  • こんな記事を書くことは偽善と言われても仕方ないとも思ったのですが、僕に出来ることは少ないと思ったので、記事だけでも力になることがあればと思い書かせて頂きます。僕は熊本地震で一度災害を経験して、必要なものなどがその災害でいっぱいあったので、災害の際の必需品を話したいと思います。災害の時はライフラインが途絶えたり、買い物に行っても配送が機能していない地区では売っている物さえ限られてきます。売っている物 [続きを読む]
  • 「勉強熱心と成長は比例しない」
  • 新人を教えてたりすると、中には勉強はあんまり得意じゃないけど、愛想がいいスタッフとかがいたりするのですが、こういうスタッフは素材のことなどはあんまり積極的に勉強はしないものの成長は物凄く早かったりします。逆に素材や洋服の歴史などの知識は凄くあるけど、成長が遅いスタッフもいます。言うまでもなく知識も身に付けながら成長が早いスタッフももちろんいますし、それでもさらに成長するために努力しているスタッフが [続きを読む]
  • 「人とカブらないファッションの凄さ」
  • 街中を歩いていて、ふと思うことがあるのですが、土日になったり、何かイベント事があったりして街中に人が溢れた状態でも服装が全く同じ人ってそうそういなくないですか?元から意図的に合わせていたり、仲間内で同じ服装にしている場合は別としても、他人同士で似たようなコーディネートはいたとしても、それがブランドやアクセサリー類の小物まで同じってことはないですよね。それだけファッションブランドもあれば、お店もある [続きを読む]
  • 「正直な意見でも売上を取る方法」
  • あなたが洋服を買いに行った際などに店員さんから接客されることもあると思いますが、その時にこの人絶対そんなこと思ってないなー。って思ったことありませんか?よく店員の接客で「お似合いですよー」とか「サイズぴったりですよ」とか言われた時にそう思うことってよくあると思います。この言葉って明らかに似合っていなかったり、サイズが合っていない場合にはほとんど使う店員はいないと思いますし、本当に思って言っている場 [続きを読む]
  • 「スポーツウェアにもオシャレを」
  • ロシアW杯もとうとう終わり、サッカーの日本代表の選手たちもサポーターにかなりのサプライズと感動をくれましたし、僕も毎試合楽しみに見ていました。僕も学生時代にサッカーをしていたのですが、学生の時はスポーツに打ち込むのもそうですが、モテたい!というのも1つの要因に入るのではないでしょうか。僕の個人的な見解ですが、サッカー部は特にモテたい意識が強いように感じてました。スポーツウェアも種類が多かったような [続きを読む]
  • 「ウェディングドレスのお話」
  • 今回は少し路線を変えて歴史の話をしようと思います。今回は友達から結婚式に招待されたので、ちょうどいい機会だと思って、ウェディングドレスについて少し話します。モデルさんや芸能人でもない限り、一生で1回しか着ることはないので、女性は憧れの衣装No.1なんじゃないでしょうか?純白と言えばドレス!と誰もが思うほどイメージが定着していますが、日本で純白ドレスが定着したのは比較的最近のことで、第二次世界大戦後に [続きを読む]
  • 「世界一オシャレな日本人」
  • 先日「ナカイの窓×ファッション」の番組が放送されていたので、凄く興味津々に見ていました。毎回いろんな職業などで特集している「ナカイの窓」ですが、最近異業種の特集が多くて個人的にはいろんなことが知れて嬉しいです。今回特集のファッションは、ゲストにファッションデザイナーの滝沢直己さん、ファッションジャーナリストのミーシャ・ジャネットさん、モデルの滝沢カレンさん、AKB48の衣装担当でもあるデザイナーの茅野 [続きを読む]
  • 「モチベーションを保つのが1番難しい」
  • 仕事や学業、何をするのにも自分自身のモチベーションを保つことで仕事の良し悪しや成績にも関係してくると思います。あなたは、モチベーションを保つためにしていることってありますか?趣味を楽しんだり、家族・友達・恋人などと時間を過ごしたりとプライベートでモチベーションのバランスを保っている人もいれば、仕事の場合には成績によって昇給したりすることでモチベーションを保つ人もいるかもしれません。プライベートでも [続きを読む]
  • 「気付かないフリも仕事のうち」
  • 店員に話しかけられるのが嫌い、または苦手という人も多くの割合でいると思いますが、あなたはどちらでしょうか?僕は販売員をしていますが、他のお店の店員さんに話しかけられたりするのはどちらかと言えば苦手です。嫌い、または苦手という人と理由は違うかもしれませんが、洋服の知識はそれなりに勉強してきたので、店員さんにわざわざ接客して時間を取らせるのも申し訳ないなと思ってしまいます。ですが、そのブランドのサイズ [続きを読む]
  • 「”あるある”なのかな!?(合コンファッション編)」
  • いまや合コンという言葉すら死語になりつつありそうですが、僕には合コン以外の呼び方が思い付きません。何か他の呼び方とかってあるんですかね?ちょっと前には意見交換会とかはあったような感じはしますが、異業種とかだったらそれもパッとしないし、遊びの飲み会で意見交換会も何かしっくりこないですよね。まぁ、それはさておき今回はそんな合コンでよく見かけるファッションの光景を話してみようと思います。(※これは個人の [続きを読む]
  • 「飲み会で出会ったバイセクシャルさんに教わったこと」
  • いつになっても人と人の出会いって本当にいろんな勉強にもなりますし、刺激を受けることが多いですね。先日休みの前の日に高校からの同級生で10年以上付き合いがある友達と飲みに行きました。友達も洋服が好きなので、最近買ったものや近況の報告などをいつも話していて、この日は以前も行ったことがある焼き鳥屋さんで一次会をしていました。土曜日で街中は人でごった返していて、二次会に行く場所に迷いながら街を徘徊している時 [続きを読む]
  • 「テレコに気を付けて!!」
  • 僕が経験してきたサービス業では、日常的に使われる言葉だったのですが、仕事を始める前まではこんな言葉があることすら知りませんでした。あなたが働く業界や仕事では使いますか?この「テレコ」ですが、元の語源は歌舞伎で使われる用語で、2つの異なる筋を1つにまとめて、多少の関連をもたせて一幕おきに交互に展開することをいうみたいなのですが、そのことから今では互い違いになることを「テレコ」と呼ぶようになったそうで [続きを読む]
  • 「8割シカトは当たり前の仕事」
  • 洋服を買いに行って、あなたは店員に話しかけられたらどういう反応をしていますか?1人でゆっくり見たい、そもそも話しかけられるの苦手…とか店員を避けることもあるかと思います。それはあなただけでなく、だいたいのお客さんがそう思っていて、煙たがられることは日常茶飯事です。店員側もお客さんに煙たがられていることは百も承知ですし、話しかけてほしくないんだろうなという雰囲気のお客さんは話しかける前にだいたいは気 [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 最終決戦(後編)」
  • 別の問題と言っても、どの問題を調査するのかを統括マネージャーと話していたのですが、パワハラは言動などの録音がない限りは難しいですし、店舗調査があってから店長も何かを察したのかパワハラらしい行動もほとんど無くなっていたので、それも難しそうでした。業務放棄に関しても統括マネージャーの確認が必要なのですが、統括マネージャーの前での店長は、ほとんどそういった行動を見せません。正式に会社の規定などで決まって [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 最終決戦(前編)」
  • 統括マネージャーたちが不正のために店舗調査に訪れた日、いつもと違う状況に店長はイライラが顔や言動にあからさまに表れていました。普段であれば、統括マネージャーが店舗訪問を報告もなしに来ることはほとんどなく、抜き打ちで来たというだけでなく、店長たちを含めた社員全員1人ずつと面談を行うと告げられかなり焦りと怒りが見えました。ですが、あからさまにスタッフに当たり散らしていたりすると統括マネージャーからの査 [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 6」
  • 店長派の社員がこちらの派閥に寝返った日、僕たち3人はこれからの作戦について話をしていました。1つ目に出た案では、店長と副店長候補の男性社員がいつも一緒に帰っているので、尾行して交際の証拠を探ってみようかという案でした。そのときの店長は、自宅と聞いていた場所から職場まで車でも15分ほどかかる場所に住んでいたにも関わらず車の免許も定期も持っていなかったですし、副店長候補と一緒に出勤してくるし、帰りも一緒 [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 5」
  • 今まで無所属だった契約社員の男性スタッフとは、仕事の話はしてもプライベートな話はあまりしていませんでした。異動した男性社員と仲良くしていたことや、アパレル経験が長かった僕のことを嫌いなんだと思っていたぐらいだったので、余計な話はしない方がいいと思っていたのですが、ある日そのスタッフから急にプライベートな話題を振られ、徐々にいろんな話をするようになりました。それもこれも全て異動した男性社員が「2人で [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 4」
  • スパイの女の子にも録音した音声を聞いてもらったのですが、録音作戦はやっぱり断念するしかないという結論で、不正も何も掴めず次の作戦を考えるしかなくなりました。音声の録音から交際の証拠も同時に掴みたかったのですが、それも諦めるしかありませんでした。職場は特に恋愛禁止などのルールは特になく、公私混同も不正という面でどうかと聞かれれば微妙な所です。ですが、遅刻を2人同時にしてきたり、店長と同等の権限を唯一 [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 3」
  • スパイみたいな女性スタッフから話を聞いてから数日して、そのスタッフと一緒に夜ご飯を食べていたときのことなんですが、パートのスタッフ達がみんなで協力して、会社のホットラインに連絡をして店長の仕事ぶりなどを報告したことを聞きました。これで会社もそれなりの対応をしてくれるかと思ったのですが、最初の会社の反応は意外なほど冷たいものでした。パートスタッフだったからなのか、何度も続けて連絡したのが良くなかった [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要 2」
  • 店長がパートのスタッフたちに怒ってから数日はその話がスタッフの間で話題になっていました。僕を教えてくれていた男性社員が異動する前までは、店長の派閥とその男性社員の派閥に分かれていましたが、今思えばバイトの学生たち以外はこの派閥に入っていたように思います。でも男性社員のスタッフが異動した後は、店長の次にアパレル歴が長かったからか、僕が自然に引き継いでいました。始めはその派閥同士も仕事の話はしたりする [続きを読む]
  • 「立ち向かう勇気も時には必要」
  • あなたの会社や学校では理不尽だと思うようなことってありませんか?僕は以前、店長が理不尽だと思い、立ち向かったことがあります。ですが、先に言っておきますが、問題が大きくなればなるほど1人の力で立ち向かうのは相当な覚悟と労力、力強い精神力が必要になります。大きな問題に立ち向かう時こそ良い仲間を集めるようにしましょう。会社などであれば、ホットラインやコンプライアンス窓口などの問題処理の部署などがあるかと [続きを読む]
  • 「マネキンの着せ方に迷っていませんか?」
  • マネキンは最高の店員だと以前記事にも書きましたが、そのマネキンも着せ方を間違ったり、置く場所を間違えると売り上げに直に響いてくるので気を付ける必要があります。〓?参考記事〓?「マネキンは最高のショップ店員」今回はマネキンに洋服を着せるときにどんなことに注意が必要で、どんな洋服を着せたらいいのかというのを説明していきたいと思います。まずマネキンでも店員でも同じことですが、原則として意識しておいてほし [続きを読む]
  • 「成長出来るのは挑戦する人だけ」
  • 普段と少し路線が違う記事になりますが、僕が常日頃思っていたり、考えたりしていることを勝手ながら記事にさせて頂きます。僕は多趣味でいろんなことに興味があり、テレビを見たり、スポーツしたり、映画、音楽、本などいろんなことをしたくて、新しい物を探すのが好きです。もう番組は終わってしまったんですけど、以前はテレビの「めちゃイケ」が好きで、特に岡村隆史さんのオファーシリーズなどが大好きでした。毎回いろんなこ [続きを読む]