huuchann78 さん プロフィール

  •  
huuchann78さん: 〜地と緑と風と〜 1クリスチャンの日々の想い
ハンドル名huuchann78 さん
ブログタイトル〜地と緑と風と〜 1クリスチャンの日々の想い
ブログURLhttps://ameblo.jp/huuchan78/
サイト紹介文某カトリック教会の2017年度入門講座の内容や信仰の学び直しを季節の草花の写真とともに書いています
自由文2017年6月〜翌3月の某カトリック教会入門講座の内容を紹介しています。今時の信仰、昔と変わった部分もあり、自分自身新しくなれるように書いていきます。
近代文学・昆虫・祖父の戦争等、時々のマイブームも発信するかもしれません。
よろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/06/12 16:10

huuchann78 さんのブログ記事

  • 召命 I may not so much seek to be loved as to love
  • ミッションスクールのシスターJは、卒業する生徒達に、「よい家庭をもって幸せにね。」、「おしゃれもして、お化粧もきれいにちゃんとするのよ。」とはなむけの言葉を贈っていました。前者はわかります、そういう時代でしたし。後者はどうなの?と思ったものですが、神様は私達を愛してくださっていて、シスターの母親のような思いも、神様に愛されていることを喜んで生活していけばよいというメッセージだったのかもしれません。 [続きを読む]
  • Ask, and it shall be given you〜〜車の買い替えはいかに
  • <つぶやき>下の子は、昔からおねだり上手だった。おねだりというと「買って、買って」とだだをこねるイメージがありますが、そういうのとはまた、ちがうんです。まず、欲しいものについてプレゼンする(小学生なのに・・・)。そして、huuchan78と夫の、どちらに先に言うかを物によって択んでくる。確かに許可する物の傾向って、それぞれあるんだろうな。よく見通してます。その時のご機嫌具合も含めてね。ダメと言うであろう方 [続きを読む]
  • 車選びと家族の形
  • 車選びは先を見越して用意するのが良いものですが、我が家はいつも後手後手でした。子供たちが小さい頃は安全を考えてスリードアで。。。でしたが、子供たちがだんだんと後ろで窮屈になっていたにもかかわらず、車の調子がよかったため乗り続けていました。狭いよね、って7人乗りに買い替えた頃には、中学、高校と一緒に出掛けなくなってゆき、無意味な広さに。それでも荷物を運ぶことも多く、長く乗りました。今は、実家までの遠 [続きを読む]
  • 小さなことから・・・
  • まず、今日は、晴佐久神父様の2018年5月の講演会の内容が、以下のホームページにアップされたのでリンクして紹介したいと思います。『十字を切る』『あなたに伝えたい』など多くの著書を出されている多才な神父様、お名前を聞いたことがある・・・と、興味のある方は、ご覧ください\(^_^)/ 私は行かれなかったのですが、参加した友人がUPを知らせてくれました。写真も載ってますね(^◇^) テーマは『復活について』ht [続きを読む]
  • ちょっとおでかけ 紫陽花とバラの共演は?
  • 横浜駅から無料送迎バスで10分、”横浜イングリッシュガーデン”に行ってきました。クレマチスとバラの共演が終わったようで、紫陽花が見事に咲きだしていました。知っている紫陽花とは違う様々な種類の紫陽花は、どれも美しく バラの根元にはさまざまな花が咲いています。こちらは撫子ですね。   紫のバーベナもありました。我が家のバーベナ(右)はピンク系だったので思わずパチリバーベナは背が低いので、バラとの共演は難 [続きを読む]
  • 聖霊について学びたい③松浦司教様のお説教から と熊本応援「vsスイカ」
  • YouTubeに、ミサ中のお説教動画があると教えていただき、聞いてみました。YouTubeでミサなんて、思わず祈ってしまいました。松浦司教様の、三位一体の主日、聖霊降臨の主日のお説教です。解けない問題に、ほわ〜っと光が差すような、トンネルの向こうの陽が見えるような、少しつかめる気がするお説教でした。かいつまんで紹介しながら、私なりに理解したことを書いてみます。*内容にずれがあると思われますので、お [続きを読む]
  • 聖霊について学びたい②聖霊刷新運動の爪痕
  • *少々疲れる話ですので、聖霊運動に関係・関心ない方はスルーしてください。  私が洗礼を受けた1980年代には、既に日本のカトリック教会にも、聖霊刷新の運動が入って来ていました。もちろん私自身は何もわからなかったわけですが、受洗後の所属教会をどうするかでイエズス会の神父様と話をした際、自宅が近くだったH教会に籍を移すことについて、神父様は、じっと考え込み、「H教会はやめておいたほうがいいかもしれませ [続きを読む]
  • 同窓会がありました
  • \(^_^)/出会って40年 の同窓会が無事終了出席率は3分の1程度です。遠く九州や北陸からもかけつけてくれた同窓生に、ありがとう!幹事の方々お疲れさまでした。            で、これはそのアフター①ホテルのティーラウンジに移動しておしゃべりの続き・・・↓ビッグなイチゴのショートケーキ、生地はしっとりきめ細かく、クリームもすっきり甘さ控えめで??(価格も??)↓ブルーベリーのタルトは、中まで全部 [続きを読む]
  • 5月の草花と昆虫館IN静岡
  • 実家の庭では、初夏の陽ざしのもと、もうすぐ梅雨だと予感させる花達まで赤いアマリリス、矢車草に・・・初ひまわり。                              磐田市にある昆虫博物館(竜洋昆虫自然観察公園)に行って、展示された昆虫や標本の様子を見てきました。高齢の父の趣味(本業なのか?)の付き添いです。     ビオトープも作られて、木々や草花等も集められています。何より、幼稚園や学校の [続きを読む]
  • 天国のような場所
  • 聖書講座の帰り道、(今日はルカ15章の「放蕩息子」、「失われた羊」、「失くした銀貨」、有名なたとえ話の箇所でした。)放蕩息子に駆け寄り、迎え入れ、戻ってきたことを祝い喜ぶ父は、神様(天の父)の愛をたとえています。ではなぜ、カトリックの教会には、すぐには天国に行けずに煉獄で清められなければならないといった教義があったり、ゆるしの秘跡を受けても償いが残ると言われたりするのでしょうか・・・神父様は、「本 [続きを読む]
  • 聖霊について学びたい① プロローグ
  • 水曜日でしたが、ごミサに呼ばれました。誰に?たぶん聖霊に(*_*)・・・その日の朗読は、ヨハネ福音書の最期の晩餐でのイエス様の話の一部で、”言っておきたいことはまだたくさんあるが、今あなたがたには理解できない。しかし、その方、すなわち真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。”という箇所でした。 神父様曰く「聖霊とはなんぞや?って話です」 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!信仰の学び直しで一番気 [続きを読む]
  • 2018年度 第1回入門講座 
  • 入門講座再び・・・今年度も入門講座がスタートし、初めて教会に来られた方々と、昨年度の留年生及び卒業生数名等、14人ほどが集まりました。3月に洗礼を受けたての4人はピカピカの笑顔です昨年の始めの頃、緊張して座っていたのとは、ずいぶん違って、解放されたのだなあという感じがして、とても感謝でした。2017年第1回入門講座の神父様のお話はこちらに詳しく書いています⇒https://ameblo.jp/huuchan78/entry-12282627 [続きを読む]
  • ちょっとおでかけティータイム クレマチスとバラの共演で
  • 5月2週目、「今年は十日くらい早いかな」 とバラの庭が美しい喫茶店の店主さん。そのため、今年は、クレマチスの花と同時に咲いて、ゴージャス(例年は、クレマチスが咲き終わって、バラが咲くのだとか。) 淡いブルーのクレマチスと、ピンクのつるバラのアーチ 左はオレンジのバラと白いクレマチス奥にあるレンガの小さな塔の中には、なぜかルルドの聖母像がたたずんでいます(ノ´▽`)ノ 我が家でも、わずかながらプランター植 [続きを読む]
  • 祝 世界遺産NAGASAKI・AMAKUSA 
  • 5月5日 朝日新聞朝刊1面に、「潜伏キリシタン世界遺産へ」の記事を見つけました”ユネスコの世界文化遺産登録を目指す、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎・熊本両県)について、諮問機関が「登録」を勧告した。日本政府が最初に推薦書を出したのは3年前。一度は推薦を取り下げ、「禁教期」に焦点を絞った戦略変更の末に得た、念願の勧告となった。・・(中略)・・・世界遺産への登録は、6月24日からバーレ [続きを読む]
  • 小田原 海鮮
  • サーモン、咲きました\(^_^)/ ホワイトクリスマス咲きました (^o^;) こちらも咲いた、ヨハネパウロ2世と比べても大輪です。いつものおでかけコースに少々慣れてしまい、変化球で出かけてみました。(直接箱根湯本へ行くのではなく、小田原で降り再度小田原から湯本まで電車で行くという)連休気分もあって、おいしそうな小田原海鮮ランチに初挑戦・・・小田原駅周辺は、海鮮料理の店がたくさんあり、どこも新鮮で、ボリューム [続きを読む]
  • 復活と聖人(4)弟子達 ゆるされた自分を信じる事ができていますか?
  • ”わたしはまことのぶどうの木、(中略)わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。” ヨハネ15・1〜 [続きを読む]
  • 4月の庭
  • 教会では、5月は聖母マリアに捧げられた月で、聖母月と言います。ちなみに6月は(キリストの)み心の月、10月はロザリオの月、11月は死者の月です。その月に合わせたお祈りをしたり、黙想をするようになっています。復活祭が終わる頃から、草花は一斉に成長し、5月には色とりどりの花を咲かせ、聖母を飾るかのようです。 我が家の庭では、水仙、葉牡丹、ヒヤシンス、ラナンキュラスと咲き終わり、今はプリムラやガーデンシク [続きを読む]
  • ささやかなおでかけ 新緑の箱根 
  • 11月に「いい夫婦の日」があるのは知っていましたが、先日4月22日は「よい夫婦の日」だったのですね。全く知りませんでしたが、夫婦で出かけてきましたロマンスカーで箱根湯本まで行き、そこから車もバスも使わず、目的地まで歩く予定で。↓赤い電車は箱根登山鉄道まずは腹ごしらえの鯛ラーメン(駅の目の前にあるお店です(^◇^))鯛が甘くておいしかったです。ゆずこしょうと、最後は焼きおにぎりを入れて雑炊風に・・・土産 [続きを読む]
  • 映画『father』を見て 巡礼つながり
  • 副題は「カンボジアへ幸せを届けたゴッちゃん神父の物語」です。”ごっちゃん神父”の歩んできた道ごっちゃん神父の巡礼の始まり・・・それは太平洋戦争での出来事信仰に入るきっかけは初恋だった召し出しは、上野での戦争孤児を見て・・・神父になって、カンボジアのポルポト政権からの難民との出会い難民の子どもの受け入れカンボジアの学校建設 戦争という悪から、善が産み出されたんですね。 主のお望みは、愛することだから [続きを読む]
  • 復活と聖人(3)トマスは真実の人だった? 
  • 前回に引き続き、サレジオ会の司祭のお話から、トマスについて     イエスは、人が罪を負い目として生きることを望まれない    それがトマスにもいえると言うのはどういう事かというと、トマスと言えば、懐疑主義者、理性主義など、”すぐには信じない人”の代名詞のように言われがちです。しかしそれは違うのではないか!?と司祭は話されます。トマスは真実な人だ!!と。復活後イエスは、弟子たちに現れますが、トマス [続きを読む]
  • 入門講座を終えて・祝洗礼
  • 所属する教会の入門講座が始まった2017年6月に、一本のバラの花の周りに11の蕾達キリストと弟子達のようでした。一つの枝から、こんなに、見たことのない不思議。2018年3月31日の復活徹夜祭で、みごとに花開いた受洗者達。(肖像権にて顔伏せてごめんなさい。)講座も当初の11人とはまたちがい、入れ替わり立ち替わりして、最終的に11人の成人の方々と子ども1人が受洗。神様のご計画だったのか、、、?一人一人の自由意志や他 [続きを読む]
  • 3月の草花(2)本日も晴天
  • 神奈川〜静岡辺りまで、高速道路の両側は桜並木が続き、気落ちよく走行できました。今回も実家の草花の続きを紹介します。実家の庭では、チューリップの他にも次々と春の花が咲き出していました。3月末の写真ですみません。しかもこの季節、あっという間に花が咲いて来て、記事がおいつかないですね (・・。)ゞ↓富士川サービスエリアにて、桜と富士山。    チューリップの記事前回はこちら→ https://ameblo.jp/huuchan78/ [続きを読む]
  • 3月の草花(1)100本のチューリップ 
  • おめでとう!!↓と言っているかのような赤          おめでとう!卒業、入学、、、そして就職 ↓とも、言っているかの様 日中は開き、朝夕は閉じる花びらそして、そして、洗礼おめでとう!!↓と言っているかの様な白 東海地方の実家の庭に、今年は100本のチューリップ。東京よりも春は早く、だんだんと咲いて来ています。  HAPPY EASTER すてきな復活祭を  (2018年は3月31日(土)復活徹夜 [続きを読む]