吾輩。 さん プロフィール

  •  
吾輩。さん: 月100万PVを目指すブログ
ハンドル名吾輩。 さん
ブログタイトル月100万PVを目指すブログ
ブログURLhttp://nikudaisuki.hatenablog.com/
サイト紹介文将来は、フリーランスになるつもりです。 このブログは、そのための第一歩です。
自由文「吾輩。」と申します。
いわゆる雑記ブログというやつです。
「こうすればもっとアクセス増えるんじゃね?」
「こんな記事来てみたら?」
みたいなことを思った方は、ぜひブログにコメントお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 83日(平均10.7回/週) - 参加 2017/06/12 20:04

吾輩。 さんのブログ記事

  • 研究しよう。
  • 研究は、どの分野においても大事なことです。研究ができないと生き残ることができる確率というのも下がってきます。しかし、研究をする人が少ないのも事実です。つまり、それだけ参入障壁が低いということです。まずは直感で行動してみてください。きっと何かが変わります。 [続きを読む]
  • 嘘を上手につこう。
  • 嘘は自分を成長させる機会を時には与えてくれるかもしれません。具体的な例を言うと、耳栓を会社に許可してもらうことによって、集中力がまし、成果を上げて昇進。みたいな感じです。上の例は、あまり現実的ではありませんが、とにかく嘘は時に大きな効果を発揮します。上手な嘘のつき方を知っていると、得することがあるかもしれません。 [続きを読む]
  • 自然と学習する習慣を作ろう。
  • 勉強が人間にとって必要なことは、誰しもが知っていることだと思います。はっきり言って、勉強しないひとはお金持ちにはなれないと僕は思います。しかし、勉強は座学だけではありません。すべての物事に勉強は必要になってきます。勉強を毎日自然とする習慣をつければ、日常生活は、知的な豊かさで満たされ、それがいずれ収入につながると僕は思います。 [続きを読む]
  • 僕がしょうもない記事を書き続ける理由。
  • 僕の記事は、自分でもわかるくらい、読みにくく、しょうもないなーと思います。しかし、僕がしょうもない記事を書き続けるのには、ある理由があります。一つ目は、自分の記憶に残しておくためです。アウトプットはブログが個人的にはお勧めです。なぜかというと、自分の考えを整理しながら記事を書くことによって、効率よくアウトプットができると思います。二つ目は、いろいろな人にいろいろな考え方を知ってもらうためです。 [続きを読む]
  • 一つの考えに固執しない。
  • 一つの考え方に固執してしまうというのは、自分の成長速度を遅くしてしまいます。成長速度を速めたいのであれば、ぜひ一つの考えに固執しない生き方をお勧めします。一つの考え方に固執していないのが分かりやすい例が、副業なのではないでしょうか。一つの企業で生涯務めるというような考え方は、もう古いです。自分が成長できるように日々精進することが望ましいと僕は思います。副業は、昔はあまりする人がいなかったこと [続きを読む]
  • 何事にも積極的にいこう!
  • 何もしない人生なんてつまらないと思いませんか?僕がブログを始めたもの、そのようなことを思っていたからでした。「継続は力なり」とよく言いますが、これに対しての解釈は人それぞれ違うと思います。僕の解釈では、「目的をもって続ければ必ず努力は実る」という感じです。しかし、はじめの一歩はなかなか踏み出せないものです。でも、よくよく考えてみると、生まれてきたのに理由はないのだろうと僕は思います。理由が [続きを読む]
  • やって無駄なことはないよ。
  • 例えば、いくつかの選択肢の中から一つの案を選ばなければならなかったときに、選択肢がないと導いた選択にたどり着くことはできなかったといえますよね。これは人生でも同じことが言えると思います。いくつかの選択肢の中から答えを導いて、それを実行してみる。人生に無駄などありません。もし、自分の人生が周りに悪影響を与えているなと思ったら、ユニセフに寄付をしてみると、自分の世界が変わるかもしれません。一人 [続きを読む]
  • 「迷惑」は許容範囲でならかけてもいいと思うよ。って話。
  • 公共の場での喫煙は論外ですが、迷惑はかけてもいいと思います。具体的な例を挙げると、失敗なんかはくよくよ考える必要はありません。しかし、迷惑をかけた時にはすべきことがあります。迷惑をかけた人に「感謝」をすることです。感謝をしないのなら迷惑はかけるべきでないというのが僕の意見です。迷惑をかけたときには周りに感謝をする習慣をつけてみると、少し、周りが違って見えるかもしれません。 [続きを読む]
  • 「掃除」をして生産性を上げよう。
  • 高校時代に、試験の前などに掃除をしたくなったという体験はないでしょうか。僕はこのようなことが、日常茶飯事ですが、正直、「追い詰められているのに、掃除なんてしてられねえよ。」って思いませんか?しかし、掃除には、それ以上にいい効果があることを皆さんに知ってもらいたいです。掃除をすると、頭の中がクリエイティブになって掃除で消費した時間を上回る情報の処理ができます。掃除を習慣にすることは、思い [続きを読む]
  • 好きかどうかは自分で決めよう。
  • 最近、ゴシップネタが少し批判が多いように感じます。そして、その批判ネタで好きだった芸能人を嫌いになってしまった人も少なからずいると思います。しかし、好きか嫌いかは自分で決めるのが鉄則です。現代を生きる人は、なおさらこれを意識すべきだと思います。これは芸能人に限った話ではなく、いろいろなものに適用すべきです。(あくまでも僕の主観です。)もっと自分で判断する力を意識して生活してみましょう。 [続きを読む]
  • たった三か月のブログ運営のノウハウをのnoteで販売してみる。
  • 有名ブロガーのかたが数多くやっているnoteというのをご存知でしょうか。noteのいいところは、「有料の記事」か販売でいるというところです。「有料」という言葉には、賛否両論あるとは思いますが、僕は賛成です。理由は、「有料だと、コンテンツを作る側もクォリティを意識してつくれる」からです。リンクnote.muそんなnoteで僕は今回、3か月のブログ運営のノウハウをかいたしょうもないコンテンツを100円で販売してみるこ [続きを読む]
  • とりあえず、お金をもらうために働こう。
  • お金をもらうために働くことは、僕はいいことだと思っています。しかし、お金にならないことをいつまでも続けるのは、あまりいいことではないと僕は考えます。しかし、この考え方には、例外も数多く存在します。例えば、お金にならないことを趣味でするのは誰にも止める権利はありません。そして、勉強は、のちのちお金に代わると僕は考えています。しかし、いつまでもお金をもらうために働くのでは、お金持ちにはなれません [続きを読む]
  • 独り占めしない。
  • 独り占めはやめたほうが得策だと僕は思います。例えば、真似されるようなノウハウを放出せずに独り占めしていると、外部からの情報は、全くと言っていいほど集まりません。しかし、真似されないようなノウハウだったらどうでしょうか。他人が真似をできない自分にしかできないノウハウであれば、外部に放出しても問題ありません。そして、情報を外部に提供するメリットは、外部から情報が入ってくることです。情報を独り占 [続きを読む]
  • 身の程を知ろう。
  • 身の程を知らない人のわかりやすい例は、「数学を知らない小学生が何となく青チャートを買う。」みたいな感じです。これは少しオーバーすぎたかも知れませんが、こんな感じのことは、あまりオススメしません。なぜなら、このような事は、時間が無駄になってしまいます。難しすぎるとやる気も無くなりますし、効率が悪いですから。どうせするなら身の程にあった行動をすべきだと思います。しかし、これは上を目指すなと言 [続きを読む]
  • ある程度の妥協は必要だと思うよ。
  • このような記事も書きました。nikudaisuki.hatenablog.comこれに加えて、妥協も必要だということを今回伝えたいと思います。上の記事では、人に過剰に求めないこの必要性を書いています。しかし、求めなさすぎるのもダメです。ある程度のクオリティを求めることは、どの仕事についても同じことでしょう。要は、winwinの関係を保つことが大切なんだと思います。クオリティは求めるけど完璧は求めないよ。このようなこと [続きを読む]
  • 人に過剰に求めすぎない。
  • 例えば、「プログラマーに完璧を求める。」なんかは、明らかに間違っていると思います。プログラマーも人間ですし、ミスだってしますからね。これは、他の職業の人にも言えることだと思います。特に、権力が高ければ高くなるほどこの完璧を求める傾向が高くなるような気がします。(これはあくまでも僕の感覚です。)ある程度の妥協はどの職業の人にも必要なことだと思います。 [続きを読む]
  • 自分の労働単価を知る。
  • 「自分の労働単価っていくらなんやろ?」って考えたことありますか?僕はよく考えますが、この思考プロセスはぜひやってみるといいですよ。なぜなら、「安売りはやめたほうがいい」からです。自分を安売りするのは得策とは言えません。安売りのデメリットは、なかなか稼げないことです。100円のもので1万円稼ごうと思ったら、100個物を売らないといけません。しかし、1万円で売ってしまえば、1個売れるだけで1万円を稼ぐことが [続きを読む]
  • 教養とは何か。
  • よく「教養を身につけなさい」みたいなこと言われませんか?僕は小さい頃よく言われました。でも、そもそも教養の意味を知らない人が多いような気がします。したがって、教養の付け方を知らないわけです。そもそも教養とは、学問・知識を(一定の文化理想のもとに)しっかり身につけることによって養われる、心の豊かさ。だそうです。僕なりに訳すと、目的をもって勉強しなさいということです。教養のある人は、やっぱり見 [続きを読む]
  • 勉強をする目的をはっきりと決めよう。
  • 「勉強って何のためにするの?」これは大半の人が中学生、高校生の時に持つ疑問だと思います。確かにそうなのですが、もっと勉強をする目的をはっきりさせるべきだと僕は思います。高校生が勉強できるのは、「大学受験」というイベントを突破するため。と言い換えることもできます。もちろんすべての人が大学受験、あるいは大学に進学することを目標にしているわけではないと思いますが、目標を持つことは、物事を円滑に進め [続きを読む]
  • 完璧を求めすぎてはいけない理由。
  • 皆さんは、完璧主義ですか?僕は、どちらかというと非完璧主義です。完璧主義は優れた能力なので、すべてを否定するわけではありませんが、完璧を求めるのではなく、ある程度の精度を求めたほうが僕はいいと思います。僕も以前は完璧主義でしたが、その時は本を読み時にも一言一句しっかりと読んでいたので、ものすごく時間がかかりました。しかし、完璧主義を捨てたら、本を以前より速く読むことができるようになりました。 [続きを読む]
  • 相手のことを考えてこそビジネスは上手くいく。
  • ビジネスを成功させるには、いわゆるコツのようなものがあります。そのコツはいろいろあると思いますが、手法と混合してはいけません。ビジネスで成功するコツは、「相手をいい気持ちにさせる」ことです。極端な話、100万円で、130万円の価値を提供するようなことです。簡単に言うと、お得感を出すことです。他にもコツはあります。「仕事を早くこなす」や、「人脈を使う」などコツと言われるものは、ググっただけでたくさん出 [続きを読む]
  • 疲れる前に休憩しよう。
  • 「疲れた」から休む、という考え方は少し時代遅れのような気がします。「疲れた」と感じたときにはもう遅いのです。仕事などのタスクも、疲れる前に休憩をするとパフォーマンスが上がりますよ。これからは、「いかにサボるか」的な能力が重要になってくると僕は思います。同じ8時間でも、生み出すものが2倍、3倍と変わってくると、生み出す価値も変わるので、やっぱり「いかにさぼるか」は重要な能力ですね。 [続きを読む]
  • まずは自分が変わろう。
  • 先日、このようなツイートを見かけました。Q.ドンキさん、勉強または仕事という存在に、人生の半分以上縛られ続けるこの世界に生きる意味はありますか?A.縛られてる中で工夫できない人が、縛られなくなったら自由を使いきれるとは思いません。環境を非難するより自分が変わるほうが建設的かと思います。#ドンキさん— 驚安の殿堂 ドン・キホーテ (@donki_donki) 2017年8月8日いいこと言ってますね笑確かに忙しいから読書 [続きを読む]
  • お金を稼ぐ=価値を提供すること。
  • 「お金を稼ぐ」という行為は簡単なのか?という質問への回答は人それぞれだと思います。しかし、簡単だと答える人と難しいと答える人には決定的な違いがあると思います。それは、価値観です。お金を稼ぐとはどういうことか。これを考えるのは極めて重要だと思います。先日、Twitterを見ていると、お金は価値を提供することで生まれるというツイートを見かけました。僕は、お金を稼ぐことは何か。ということをあまり考えた [続きを読む]