りゅうぞう さん プロフィール

  •  
りゅうぞうさん: ロングトレイルの旅 関東ふれあいの道一周
ハンドル名りゅうぞう さん
ブログタイトルロングトレイルの旅 関東ふれあいの道一周
ブログURLhttp://trailtravel8hureai.hatenablog.jp/
サイト紹介文関東一都六県をぐるりと回る1800kmのロングトレイル、関東ふれあいの道を一周する旅のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/06/12 23:19

りゅうぞう さんのブログ記事

  • 春の訪れ 妙義のふもとで
  • (写真:妙義山と春の訪れ)みなさん、こんにちは。(*´ω`*)ノ群馬の旅も、いよいよ終わりに近づいてきました。上毛三山のうち、赤城、榛名を越え、ついに妙義のふもとへ到達。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp全体像はこんな感じです。今回は、前回終了した松井田駅の次、西松井田駅から出発です。細部のルートはこのとおり。西松井田駅からは連結区間を挟み、土塩という部落から「小根山森林公園への [続きを読む]
  • 「鋸山で遭難が急増?」 低山を登るには 
  • (写真:「東京湾を望むみち」鋸山山頂)みなさん、こんにちは。今回は、遭難関係の記事です。前回の遭難関係の記事は、多くの人に読んでいただいたようですが、今回も多くの人にとって参考になればと思っています。前回の記事はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp「千葉・鋸山(のこぎりやま)で遭難が急増 標高の低い山で相次ぐ理由は」という特集が、NHKニュース「首都圏ネットワーク」で放送されました。(2018年1 [続きを読む]
  • 100記事目! そして旅路を振り返る 
  • (100記事目到達時の「ふれあいの道一周」踏破状況)みなさん、こんにちは。(*´ω`*)ノなんとなんと・・・このブログ「ロングトレイルの旅 関東ふれあいの道一周」ですが、とうとう100記事となりました!2017年の1月7日にブログを開始して以来、約1年10カ月。ふと立ち寄って目を通してくれる方、いつも(または時々)読んでくださる皆様、読者になっていただいた人たち、スターやコメントを頂ける方々、今日まで続け [続きを読む]
  • 峠を越えて夜 松井田までの道
  • (写真:松井田駅へ向かう途中の廃温泉)みなさん、こんにちは。( * ´Д`*)ノ2018年1月6日から7日にかけての旅の最後です。前回は、榛名神社からちょっとエッチな双体道祖神までの旅を書きました。前回の旅はコチラ?今回は、そこから風戸峠を越え、秋間梅林付近まで続く「山菜のみち」と、そこから松井田駅までの旅です。ルートのおさらいはコチラ?それでは、旅を続けましょう。夜の前に山を越えたい道祖神は通常、男 [続きを読む]
  • 榛名神社とラブラブ道祖神
  • (写真:「榛名山へのみち」榛名神社の奇岩)みなさん、こんにちは。ヽ(^。^)ノ前回は、伊香保の街を2018年1月7日の朝に出発し、榛名山の南側尾根を通り抜けたところまで書きました。前回までの記事はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jptrailtravel8hureai.hatenablog.jptrailtravel8hureai.hatenablog.jpルートのおさらいです。天目山を過ぎると、いよいよ榛名神社は目と鼻の先。榛名神社からは一旦平地に出て、最後に風 [続きを読む]
  • 榛名の尾根にそって
  • (写真:「榛名から水沢のみち」尾根から見る榛名湖と榛名富士)みなさん、こんにちは。(^ω^)ノ2018年1月6日〜7日の旅の続編です。前回は、赤城のふもとJR敷島駅から伊香保温泉に到着し、そこで一夜を過ごしたところまで書きました。前回までの記事はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jptrailtravel8hureai.hatenablog.jpいつもはツェルトで野営ですが、今回はスーパー銭湯とはいえ温泉で一泊。すっかり体力も回復!今日 [続きを読む]
  • 温泉の夜 伊香保の夜
  • (写真:「榛名から水沢のみち」:伊香保温泉の石段街)みなさん、こんにちは。(= ´ ω `)ノ2018年1月6日~7日の旅の続きです。前回は、赤城のふもと敷島駅から伊香保までの旅を書きました。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp今回の旅のルート図です。敷島駅から伊香保を経て榛名を越え、妙義山を臨む松井田駅までの約70kmの旅です。今回は何と、いつものツェルト野営ではなく、温泉に宿泊する計画です!(* [続きを読む]
  • 伊香保温泉を目指して
  • (写真:「榛名から水沢のみち」伊香保温泉の街並み)みなさん、こんにちは。( ^ω^ )ノずいぶん間隔があいてしまいましたが、再びふれあいの道一周の旅です。前回は、赤城山を越え、JR敷島駅までの旅を書きました。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jpということで、上毛三山の一つ、赤城山を越え、いまや榛名山が目の前に!いよいよ群馬ルートの核心部へと迫ります。全体図はコチラ?今回は、敷島駅から、温 [続きを読む]
  • 奇怪な「山海経」の世界
  • (平凡社ライブラリー『山海経』高馬三良訳、表紙)みなさん、こんにちは。( ゚Д゚)/「山の本、旅の本」の紹介です。これまでに、「黒部の山賊」と「八甲田山死の彷徨」の話をしました。trailtravel8hureai.hatenablog.jptrailtravel8hureai.hatenablog.jp今回紹介する「山海経」はこの2冊とは全く異なる本です。「黒部の山賊」も「八甲田山」も、山でおこった体験談、実話をもとにしたエッセイ、物語です。しかしこの「山海経 [続きを読む]
  • ④(終わり) 何もない夏は、本当に何もなかったか
  • みなさん、こんにちは。もう3回にわたり、父のことを書いていますが、今回で最後です。前回は、父が死んでしまったところまで書きました。trailtravel8hureai.hatenablog.jp今も残る自責の念正直に言うと、今でも自責の念に駆られて、思い出すと苦しくなります。ぼくのせいで、父は不必要な苦痛の中で死んだのではないかと考えます。鎮静剤を使いたいといった父に反対したのはぼくだけでした。医者も、母も、妹もみな父に賛成し [続きを読む]
  • ③ 何もない夏は、本当に何もなかったか
  • みなさん、こんにちは。前回は、父が抗がん剤治療を始め、中止したこと。父の願いとして、苦痛がひどくなったら、眠らせる薬(鎮痛剤)を使用したいといったことを書きました。trailtravel8hureai.hatenablog.jp医者の話では、父の体力だと、この薬を使うと目覚めない可能性があるとのこと。ぼくは使用に同意しましたが、それはもっと先のことだと思っていたのです。医者からの電話7月18日にいったん東京に帰り、それから一 [続きを読む]
  • 何もなかった夏は、本当に何もなかったか②
  • みなさん、こんにちは。愉快な記事ではないかもしれませんが、続けます。?の記事はコチラです?trailtravel8hureai.hatenablog.jp気持ちの整理をつけないと、次に進めないような気がしますので。どうか、お付き合いいただければ。抗がん剤治療が始まり、終わる医者は「効果がなく、苦痛を増やす」と言って勧めませんでしたが、ぼくは父に抗がん剤治療を受けてもらうことにしました。治療は一週間に一度抗がん剤を投与し、それ [続きを読む]
  • 何もなかった夏は、本当に何もなかったか?
  • みなさん、こんにちは。前回の記事、「金の竹、キンメイチクの里へ」のアップが7月15日のことですから、はや2ヶ月近くたちました。trailtravel8hureai.hatenablog.jp何もなかった夏この間、ブログはもちろんのこと、山や旅に関わる活動は何もしていません。関東ふれあいの道も、5月20日の群馬の旅以来、全く進んでいません。(埼玉県境は、もう目前の位置まで来たのですが・・・)去年行けなくて、今年こそ行こうと思っ [続きを読む]
  • 金の竹 キンメイチクの里へ
  • (写真:「いにしえの文化のみち」敷島のキンメイチク)みなさん、こんにちは。(= ´ ω `)ノ前回は赤城山を後にし、雪のトレイルを下り深山(みやま)バス停までの旅を書きました。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp今回は、赤城山からの旅の終わり、敷島駅までの道のりです。いよいよ、赤城山を後にし、上毛三山の第二の山、榛名山のふもとまでやってきました。榛名を眺めながらさて、10時10分に [続きを読む]
  • 雪のトレイルを行く 赤城を後に
  • (写真:「カラマツと熊笹のみち」で見つけた「山」?の標識)みなさん、こんにちは。( ^ ω ^ )ノ前回は、赤城公園キャンプ場でビバークをしたところまで書きました。水炊きを食べ、ホットウイスキーを飲んで、楽しい夜でした。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp今回は、赤城山を後にし、西に向かって人気のないトレイルを進み、榛名山を目指す旅のことを書きますね。ルート図です。赤城公園キャ [続きを読む]
  • 真冬のキャンプ 赤城大沼
  • みなさん、こんにちは。(^ω^)ノ関東ふれあいの道一周の旅も、いよいよ群馬の中核部、上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)の縦走に入りました。前回は、わたらせ渓谷から赤城山の最高峰である黒檜山を越え、大沼までたどり着いたところまでを書きましたね。前回の記事はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp今回の旅の全体図です。こう見ると、かなり旅してきたと実感。一周まで残り1/3ぐらいかな。今回の旅の細部ル [続きを読む]
  • 子連れ登山時の判断について 五頭連峰の遭難に思う②
  • みなさん、こんにちは。前回、五頭連峰での遭難事故について、道迷いの点から記事を書きました。前回の記事です?trailtravel8hureai.hatenablog.jpもちろん、道迷いは遭難につながる大きな危険です。しかし、前回の記事を書いた後、あの痛ましい遭難は、必ずしも単純な道迷いだけが原因ではないと強く感じるようになりました。なので今回は、あの事故をもたらしたもう一つの要因について考えてみたいと思います。その要因とは [続きを読む]
  • 道迷いについて
  • みなさん、こんにちは。今回はあまり愉快な話ではないのですが・・・2018年5月5日から新潟県阿賀野町の五頭連峰で行方不明になっていた親子が、29日になって遺体で発見されました。ぼくは、このニュースがすごく気になっていて、何とか生きて見つかって欲しいと願っていたのですが、悲しい結果になってしまいました。お二人のご冥福を心よりお祈りします。報道によると、お二人の遺体は重なり合うようにして見つかった [続きを読む]
  • そして赤城へ
  • (写真:「黒檜山から花見ヶ原のみち」黒檜山から大沼を一望)みなさん、こんにちは。(*´ω`*)ノわたらせ渓谷から赤城山までの旅の最終回です。前回は、道に迷いつつも、何とか花見ヶ原キャンプ場まで到着したところまで書きました。前回の記事はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jpルートの詳細です。平成29年11月25日に小中駅を出発し、水沼駅付近でビバーク。翌26日に本宿駅を出発し、花見ヶ原森林公園に到着 [続きを読む]
  • 花見ヶ原への遠い道
  • (写真:県道62号線沿いの橋)みなさん、こんにちは。(*´ω`)ノ前回は、本宿駅を出発し「雑木の山路」でさんざん迷い、ようやく水口屋バス停までたどり着いたところまで書きました。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp今回のルートのおさらいです。平成29年11月25日に、小中駅から本宿駅まで行き、水沼駅付近でビバーク。その翌日、本宿駅を6時40分に出発し、水口屋バス停に到着したのが9時2 [続きを読む]
  • 道がわからない!
  • (写真:「雑木の山路」の道標)みなさん、こんにちは。(= ^ω^)ノ前回は、わたらせ渓谷の小中駅から本宿駅まで旅し、ビバーク地点を探してさまよったところまで書きました。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp今回は、その旅の2日目です。もう一度、ルートをおさらいしておきましょう。前夜は、水沼駅周辺の適地でビバークをしました。今回は、再び本宿駅まで戻り、そこから「雑木の山路」に入り水口屋バス停 [続きを読む]
  • 行き暮れて冬の旅 
  • (写真:わたらせ渓谷の夕暮れ空)みなさん、こんにちは。( ^ω ^)ノしばらく番外編が続きましたが、今回から旅の本編に戻ります。前回の旅は、大滝・けさがけ橋を経て、最後に渡良瀬川に飛び込んで汗を流しました。平成29年8月1日のことです。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jpなんと、この旅の続きは、それから4カ月もたった11月の末になってしまいました。というのも、夏の間は北アルプス方面へ [続きを読む]
  • ふれあいの道 ひとこと道標
  • みなさん、こんにちは。( ^ω^)ノ今回は、道標の話です。以前、ふれあいの道には3種類の道標があることをお話しました。道標の話はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp道しるべタイプ、石柱タイプ、石碑タイプ。ふれあいの道では、この3種類の道標がメインですが、その他にもさまざまな種類の道標が立っています。今回は、その中でも「ひとことタイプ」の道標について紹介しますね。ひとことタイプ道標とは他の道標 [続きを読む]
  • 「八甲田山死の彷徨」のこと
  • みなさん、こんにちは。(´・ω・)またまた、山にまつわる本の紹介をします。前回は「黒部の山賊」の話をしましたが、今回は、新田次郎作「八甲田山死の彷徨」の話です。「黒部の山賊」の話はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp「黒部の山賊」は愉快な話でしたが、「八甲田山」はそうではありません。高倉健主演の映画で知っているという人も多いと思いますが、原作は映画とは比較にならない緊迫感と絶望感があります。あ [続きを読む]
  • 大滝でゆらゆら わたらせ川にドボン 
  • (写真:「大滝へのみち」けさがけ橋)みなさん、こんにちは。(= ´ ω`)ノ前回は、草木湖を南下し不動滝へ、そして小中駅まで到着したところまでを書きました。前回の旅はコチラ?trailtravel8hureai.hatenablog.jp小中駅からは一旦「童謡のふるさとを尋ねるみち」から離れ、「大滝へのみち」へ。この行程は、小中駅と大滝の往復になりますが、ルート設定されているのは大滝の手前3kmほどからで、それまでの4kmくらいは連絡 [続きを読む]