gotama さん プロフィール

  •  
gotamaさん: 田牧(元)校長の日常(仮)
ハンドル名gotama さん
ブログタイトル田牧(元)校長の日常(仮)
ブログURLhttp://dsknagano.naganoblog.jp/
サイト紹介文K-POPシクリ・ソナムの動向とオリックス・バファローズの応援を中心に趣味、雑学など毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供586回 / 365日(平均11.2回/週) - 参加 2017/06/13 17:25

gotama さんのブログ記事

  • UNI.Tの残り香⑨ 10/29 KNTV Power of K
  • 正真正銘のラストステージ?「ナンマリヤ」活動以降、元のグループに戻ったり、それぞれの活動を再開しているUNI.Tですが、10月29日に日本の韓国専門チャンネルKNTVにUNI.Tが登場。グループ活動が終わってから、ようやく日本でTVで見られるってのもタイミングの悪いことである。とはいえ、字幕がちゃんとついているのはありがたい。曲間のトークコーナーでは、「ナンマリヤ」のポイントダンス紹介(今更!)メンバー投票「No.1 [続きを読む]
  • パク・セワン:「テンポガールズ」 第2弾ポスター&ティーザー
  • 24歳で違和感なく女子高生役やってます12月1日に放送開始の、パク・セワン主演の「テンポガールズ」先週第2弾となる予告動画とポスターが公開されました。まずはポスターいかにも「爽やか青春群像」風今回はセワンも真ん中で、わかりやすく主役ポジション。セワンさんのインスタにアップされた画像でも、その爽やかな雰囲気が伝わってきます。巨済島を舞台にしているので、海辺の美しい風景もふんだんにインサートされること [続きを読む]
  • 大河ドラマ「西郷どん」第43話・・・支離滅裂な明治6年の政変
  • 比較対象を得てから評価はすべきだ「西郷どん」43話は、明治編のヤマの一つである、「明治6年の政変」だったハズなんですが・・・大久保「自分が政権を主導するために何がなんでも、征韓派参議を引きずり下ろす。そのため岩倉具視を抱き込む」               ↓大久保「岩公が日和ったので、私は参議辞めます」え?一蔵どんの権力欲ってそんなもんだったの?最終的に内治派が勝って、遣韓派が下野するって史実が [続きを読む]
  • ソナ:11/16 映画「レイジング・ブル」VIP試写会
  • ソナ、インスタでのコメント曰く「明日からダイエット」16日、ソウルメガボックスCOEXで開かれた、マ・ドンソク主演の「レイジング・ブル」のVIP試写会にソナが出席。ソナが「ダイエット宣言」したことも納得いくらいに、「あれ、随分とふっくらしてない?」って印象のソナですが。これは、どちらかというと「着ぶくれ」ってことじゃないかな?そもそも、ソナの場合は、これくらい「ふっくら」に見えても、まだ芸能人の中でもス [続きを読む]
  • ソナム:11/16「2018ビッグバードフェスティバル」ステージ②
  • えぇ、そうですとも、私はこーゆーフェチなんざんすよ16日の水原市「ビッグバードフェスティバル」でのソナムのステージ。ウィジンフォーカスの「I (Knew It)」「I Like U Too Much」ファンカムからのキャプチャ。このステージでのショートパンツスタイルの衣装は、ナヒョンの様に腰回りが細すぎると、少しだぶつきが出てしまって、綺麗なラインになりにくいという欠点がある。が、ウィジンくらいのボリュームがあると、実に美し [続きを読む]
  • ソナム:11/16「2018ビッグバードフェスティバル」ステージ①
  • いつも楽しげな「Talk About U」16日のソナムは、京畿道水原(スウォン)市での、京畿道水原ワールドカップ競技場管理財団主催の、「2018ビッグバードフェスティバル」の祝賀ステージに出演。曲数は4曲と、ここんとこ何回か多めの曲数ですね。「Talk About U」は毎度ステージでのアドリブが楽しい今回はミンジェがスミンと「ラブラブ」ニュッサンフォーカスのファンカムでステージの雰囲気が上手く収められているそしてニュッサ [続きを読む]
  • ヒョソン:専属契約無効訴訟・・やはりTSエンタは控訴するようです
  • 控訴されたからといってトミー商会がヒョソンに仕事を持ってこないわけではない14日に第一審判決ではヒョソンの勝訴となった、TSエンタとの専属契約無効訴訟。一日置いてTSエンタが反論内容をまとめて控訴する意思を明らかにしました。控訴に至ったポイントはというと・・・①「裁判所の判決に照らし合わせてみると、むしろ当社は精算の透明性と精算金支給義務の履行に問題がなく、マネジメント義務の誠実な履行にもいかなる問題 [続きを読む]
  • ナヒョン:tvN WEBドラマ「ポンコツビデオ2」ティーザー
  • 21日から公開スタートナヒョン出演のtvNが制作するデジタルショートドラマ「ポンコツビデオ2」その予告動画が公開されました。これを見る限り、ナヒョンの出番はあまり多くないような気もします。(少なくとも主演クラスではない?)不機嫌な表情の演技もナヒョンの得意技ビジュアルの強みを生かしているんだけど、他の出演女優陣も同じような黒髪ロングヘアーなので、結構紛らわしい。共演者を食うくらいの目立ち方してくれた [続きを読む]
  • ヒョソン:専属契約無効訴訟第一審勝訴!
  • 判決が出てからのヒョソンのインスタでの言葉は、「Thanks God」と「少しだけ待って」でした。「感謝と前進」・・ヒョソンの第3幕が始まります。14日のソウル西部地裁。ヒョソンとTSエンタによる専属契約無効訴訟の第一審判決が出ました。結果は予想通り、ヒョソンの勝利。TSエンタの主張する専属契約は無効と判断されました。それだけでも十分なのに、契約更新の際の契約金と精算金の未払い分(約1000万円)についてもTSエ [続きを読む]
  • ジウンはまだか?ジウンはどうした?ジウンはどうなる?
  • 誰よりも心配だし、一番会いたい本日(14日)はいよいよヒョソンの専属契約無効訴訟の一審判決日。仮にどちらが勝訴したとしても控訴は確実だろうから、あくまでも通過点に過ぎないだろうけど、それでもヒョソンが勝訴(・・だと思う)となれば、既に決まっている新しい事務所で仕事をどんどん入れていくことになりそうです。そして、その判決がジウンにどのような影響を与えるか、私はこれが一番気になるところです。ジウンは今 [続きを読む]
  • ソナ:tvNの単発ドラマに出演確定
  • 放映日は12月29日13日のニュース。tvNが年末年始に10作連続で放映する「ドラマステージ2019」その中の一作にソナの出演が確定。タイトルは「グッド・バイ。私の人生の保険」以下、記事の翻訳死期の宣告を受け、自分の記録を収めたAIを息子に残す話だ。父「キム」役にはチェ・ドクムンが引き受け、父と和解することを拒否する息子役にはナム・ダルムが、死んだ人の家族のためにAIのクローンを作る会社の従業員「ユン [続きを読む]
  • ソナ:St Scott London 2018秋冬モデル撮影ビハインド by ファイブラザース
  • ビハインドっても「ほぼ完成品」なのがソナクォリティ11日のファイブラザースのNaver Postページで公開された、ソナがモデルを務めるSt Scott Londonの秋冬モデルの撮影のビハインド画像衣装とバッグのコーディネート毎に画像を並べてみようソナと関係ない余談ですが、先日山形県鶴岡市に行った時にバスが商店街を通ったとき、そこにあった紳士服屋(テーラー)のショーウィンドウに、「コーディネートはこうでねぇと」と堂々と [続きを読む]
  • ソナム:11/9 釜山スタートアップフェスティバル公演
  • TRCNGと一緒に移動は小型バスだったようで。9日のソナムは釜山海雲台で行われたベンチャー起業を後援するイベント、「スタートアップフェスティバル」の祝賀公演ステージに参加。いつものイベントステージより多い4曲(いつもの3曲に「Talk About U」つき)「海雲台の歌姫」ミンジェはもちろんテンション高めですが、かといって、かと言って「ペットハウス」で訪れた時ほどのハイパーテンションではない。ミンジェからすればこ [続きを読む]
  • パク・セワン:KBS月火ドラマ「テンポガールズ」ティーザー
  • 巨済島でのロケの画像とかもアップしてくれたらいいのに12月3日に放送開始の、パク・セワン主演の、KBS月火ドラマ「テンポガールズ」の予告動画が公開されました。この後ロングバージョンとか続編が出ることも期待したいティーザーの印象だと社交ダンス部という感じですが、それを男女ペアでない群舞みたいな感じで踊るスタイルかな?今回の予告編では特にセワンさんにスポットが当たってはおらず、群像劇のようなストーリー展 [続きを読む]
  • UNI.Tの残り香⑧ ヒョンジュ by MOMO X
  • 2回に分けるべきかどうか・・・・迷ったいよいよ日々更新のネタが尽きてきた・・・SONAMOOカムバックはよ・・・。さてMOMO Xでのヒョンジュ。こうしたヒョンジュの姿がもう見れないのかと思うと、これはもう永久保存版にするしかない。「アイドルの中のアイドル」ヒョンジュ、その姿をずっと記憶にとどめておきたい残りあと少し、最後まで一気に今後は女優としての活動がメインとなるヒョンジュですが、デビュー以降での出演作品 [続きを読む]
  • UNI.Tの残り香⑦ ウヒ by MOMO X
  • ただキャプチャ貼るだけMOMO XでアップされたUNI.Tメンバー個々の紹介動画結局、ウヒとヒョンジュだけで終わってしまっていましたね。2人の魅力をたっぷり伝えていただけに、他のメンバーの分がなかったのは残念。まず今回はエクボも魅力的なウヒのキャプチャをたっぷりとちなみにヒョンジュのほうは、この3倍以上のキャプチャ量です。ま、こんな機会も多分最後だしね。 [続きを読む]
  • パク・セワン:新作ドラマ「テンポガールズ」ポスター公開
  • メインポジションにパク・セワンさんがいます。主役です。12月3日からの放送開始が決まった、パク・セワンさん主演のKBS月火ドラマ「テンポガールズ」トップに貼ったように、予告ポスターも公開されました。台本の読み合わせは10月半ばには始まっていました。今は撮影に入っていることでしょう。昨日の韓国の記事ではこのドラマと上野樹里主演の「スイングガールズ」との類似性が指摘されています。「パクリ」といった意味で [続きを読む]
  • 秋の東北一人旅⑦ 旅の最後は郡山
  • レトロ駅舎はテツを誘惑する飯坂温泉からの帰り、福島駅の一つ手前、曽根田駅で途中下車白石から福島に向かう車中で目にとまったのがこの駅舎です。どっからみても大正から昭和初期に建てられた駅舎。これだけ風格漂う佇まいの駅舎は今ではなかなか見られないものです。駅舎の中も広い天井や待合室などが、かっての賑わいを想起させます。この行先案内板も今やレアな代物ですね。駅舎にはかって花屋が入居していたそうですが、今は [続きを読む]
  • ニュッサン:ビエピ・ジョンオプのソロ作MVに参加
  • どうせなら音源の方にも参加させたらいいのに5日に公開されたビエピメンバーのソロ曲集『THE RECOLLECTION』収録のジョンオプのソロ「イライラする(Annoying)」のMVにニュッサンがゲスト参加。前半のイメージパートでジョンオプ、ZELO(セロ)と絡んでいますあれ?私も参加してたっけ?ZELOとニュッサンは一つ違いだけなんだよね。後半はTRCNGを従えての実際のライブステージをメインに構成このライブにソナムもサポートメンバー [続きを読む]
  • 秋の東北一人旅⑥ 最終日は歴史と湯めぐり旅
  • 車窓から見えた妙に低い位置の虹最終日は7時過ぎに起きてチェックアウト。仙台駅へは晩翠通り(詩人土井晩翠の邸宅跡・晩翠草堂に因む)を通るバスを選択。旅行中毎日、1万7千歩以上歩いているのに、地下鉄からJRへの乗り換えで歩くのをケチるためです。バスを利用した方が歩く距離は少し短くなります。昼間の仙台駅の姿をようやく見ることが出来ました。仙台駅で朝食用のパンを買って、9時ちょうどの白石行きに乗車。最終日も [続きを読む]
  • ミンジェ:単独では初のOST曲参加!
  • ドラマの方はあのソンフンくんが主演だポータルサイド「oksusu」TVで11月に公開されるドラマ「私は道で芸能人を拾った」で、ミンジェがOST曲「Le Petit Prince」を担当。ソナムとしては「ザ・ミラクル」でOSTを歌っていますが、ミンジェ単独としてはもちろん初めてのことです。曲の方はミンジェだからバラードっぽいものと思いきや、軽快なポップナンバー。ミンジェのクルジェムボイスが心地よく耳に響きます。ドラマの方で使わ [続きを読む]
  • 秋の東北一人旅⑤ 3日目は仙台周辺ブラブラ
  • まずは杜の都を散歩3日目は10時頃まで熟睡この日は連泊なので、荷物を軽くしてホテルを出発。匂当台公園駅と反対方向に向かい、西公園通りから青葉通りに出て、地下鉄2駅分歩いて仙台駅前へ。仙石線の「あおば通」駅は地下駅。仙石線の前身は大正14年に開業した宮城電気鉄道で、戦時統合で国鉄になった路線。ですので東北本線と並走する区間も多く、仙台駅も当初から別の位置にあります。そして開業当初は仙台駅〜東七番丁駅 [続きを読む]
  • 秋の東北一人旅④ 日本海から太平洋へ
  • 陸羽東線を走る「リゾートみのり」・・・今回は乗車せず加茂水族館と鶴岡駅を結ぶバスは鶴岡の市街地を走り、途中、史跡である庄内藩藩校の致道館や歴史的建造物が移設されている致道博物館なども車内から見ることはできたんですが、途中下車してじっくり見て回るほどには時間もなく、そのまま鶴岡駅に取って返しました。(長野に戻る新幹線内で読んだ「トランヴェール」12月号で、ここの特集組んでいて、それ読んだから「見てお [続きを読む]
  • 秋の東北一人旅③ 「世界一のクラゲ館」鶴岡市立加茂水族館
  • ようやく念願叶いました前日は夜9時前に早々に寝たので、2日目(29日)の朝は自然に5時過ぎに目が覚めました。昨夜は結構激しい雨が降っていたのですが、それで空気が澄んだせいか、ホテル12階の客室から美しい日の出が拝めました。今回、酒田でこのホテルを選んだのは、リーズナブル(5200円)なのに、朝食がついて、しかもバイキングだから。酒田の街は北前船で栄えた昔はいざ知らず、今やすっかりこぢんまりとした街 [続きを読む]