hobohobo さん プロフィール

  •  
hobohoboさん: ほぼ毎日、ほぼ昭和食堂
ハンドル名hobohobo さん
ブログタイトルほぼ毎日、ほぼ昭和食堂
ブログURLhttp://char0203.blog.fc2.com/
サイト紹介文東京多摩地区を中心に昭和の風情を残す食堂を巡る。定番ランチや懐かしグルメ、人々の人間模様を伝える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2017/06/13 18:26

hobohobo さんのブログ記事

  • 街の栄枯盛衰を見つめて 【えぞ】
  • 2018.09.13 1970〜80年代に隆盛を極めたサッポロラーメン… というか「どさん子」チェーン。ピーク時には全国約1200店舗を数えたという。当然、柳の下に亜流・傍流はあまた出現したであろうし、なかには商標をめぐる訴訟問題にまで発展した事例もあったようだ。なお、“サッポロ”に関しては、蝦夷・えぞ・えぞ菊・えぞふじ・ニューコタン・元祖札幌や・どさん子・ピリカ・ピリカを参照。いま、裏町や古い幹線道路沿いでひっそり [続きを読む]
  • 洗練度を増す? 和風だしラーメン 【大勝軒 一ツ橋】
  • 2018.09.12 西武多摩湖線一橋学園駅近くの「大勝軒」は、この地域に移り住んで真っ先に通い始めたラーメン屋の一つ。立川市中央図書館で蔵書整理につき何冊かもらってきた中に、古い多摩地区のラーメンガイド本があった。そこに掲載されていたラーメン屋の一つが「一ツ橋 大勝軒」。椎名誠のエッセイにしばしば登場する店と紹介されていた。当時は市役所通りを現在地より50mほど北、いまでいえばインドカレー「ナマステ・ネパール [続きを読む]
  • 吉祥寺の街はずれに60年 【まるけん食堂】
  • 2018.09.11 ブログタイトルに昭和と付いているが、特に昭和(1926.12.25〜1989.01.07)という年代に強くこだわっているわけではない。その時代の空気感や人間性のようなものを思い出させる(忘れさせない)場所や事柄にアクセスし続けたいと願っているわけで。昭和時代に存在したということを考えれば、いちおう創業30年が目安となるが、昨日今日できたところでも当然、いいお店はたくさんある。いまさら、言い訳じゃないが。言い [続きを読む]
  • 気ままにふらっとクラフトビール 【Distant Shores Brewing】
  • 2018.09.09 昼に食べた「ミノールマルシェ」のピザが期待以上のおいしさだっただけに、もやもやするものがある。ノンアルコールビール、残念すぎ… ε〜( ̄д ̄ ;)ゞ ハァー…かたき討ちじゃないが、おいしいビールを飲みに行くことにした。日曜日は「Distant Shores Brewing(DSB)」のテイスティングルーム営業日。夕方、ぶらぶら歩いて向かう。DSBは去年11月に東村山市秋津町に設立されたビールブルワリーで、毎日曜午後(1 PM- 6 [続きを読む]
  • ご当地野菜の焼きたてピザ 【ミノールマルシェ】
  • 2018.09.09 1カ月前の記事に「めぐりん小平」という小平市主催のスタンプラリーのことを書いてそれきりになっているが、実際、それっきりスタンプ1個も増えていない。そりゃ、あの猛暑ですから。町めぐりなんて、下手したら命に関わる。このイベントは11月4日までと長丁場なので、気候がよくなってからぼちぼち… と、悠長に構えているわけで。さすがに涼しくなってきたので久々に歩こうかと話していたら、この週末、またまた暑い [続きを読む]
  • 駅前一等地の隠れ家喫茶は、超穴場的ラーメン物件? 【喫茶 エンゼル】
  • 2018.09.08 チビ猫はロイヤルカナンというブランドめしを召し上がるので、近所のスーパーやドラッグストアでは売っておらず、「シマホ東村山店」まで買いに行った。そのまま昼ごはんに清瀬まで足を延ばす。清瀬は、南口の商店街はおもしろい店が多いのでちょくちょく出かけているが、北口の特にけやき通りと「西友」を中心とした再開発地区は魅力に乏しいように思う。入ったことがあるのはとんかつ屋の「とんとん」くらい。ところ [続きを読む]
  • 毎月更新される季節のパスタと定番カレー 【KIMURAYA59(キムラヤ)】
  • 2018.09.07 1週間前の記事に、東村山の本町商店街のお店は全部入った、みたいなことを書いている。そんなこと言ったら、本町から近い久米川駅周辺もかなりいい線いってるんじゃない?そんな感じでチョーシこいてたわけだが、とんでもない。そう思い知らされたのが今日入った「KIMURAYA59」。こういう真面目でおいしいお店も知らずにチョーシこいてんじゃねーよ! と。西武新宿線久米川駅南口。ロータリー角の丸山書房から西友通り商 [続きを読む]
  • とんこつラーメンのEndless Summer 【九州ラーメン いし】
  • 2018.09.06 行きつけのラーメン屋「いし」で冷やし中華をやっていることに気づいたのは去年の8月。次に行ったら食べてみようと思いつつ、気づいたら10月になってしまっていた。今年7月の猛暑日、冷やし中華食べる気満々で「いし」に入ったが、注文で口をついて出てきた言葉は「ラーメンと餃子のセット」。ここのラーメン(のスープのにおい)は中毒性が高いので、半径10m以内に踏み込んだ途端、ラーメンの呪縛にとらわれてしまっ [続きを読む]
  • 町おこしパン2題 +α 【ホームベーカリー マドンナ】
  • 2018.09.04 東村山市には「里に八国」という食の地域ブランドがある。この土地で時代とともに培われてきた食の一つ一つを掘り起こし、広く知らしめ守り伝えるべく、市商工会がブランド名の商標登録を取得、地域ブランド推進委員会が選定にあたるというもの。現在、「飲食部門」「食品部門」合わせて20品が認定されている。下宅部遺跡はっけんのもり“八国”とは、東村山市北西部にある八国山のこと。映画『となりのトトロ』の“七 [続きを読む]
  • ここにも、半世紀の生き証人 【日乃出】
  • 2018.09.03 このところちょっと多い“ブロ友さんおススメのお店”シリーズ。西武多摩湖線一橋学園駅から東へ、小平団地方面へ向かうメイン通り。商店街のプレートには「東中央通り」と書いてある。その中ほどにある「そば処 日乃出」。このかいわいの古い貴重な情報を寄せてくださるツキさんおススメのお店だ。実は昼ごはんのタイミングを外し3時近くになってしまい、もう開いてる店少ないし… とどうしてよいやら途方に暮れてい [続きを読む]
  • 鎮守の森を借景に 【宮前寿司】
  • 2018.09.02 東村山市には意外にすし屋が多いということを書いたことがあるが(「亀八鮨」参照)、隣接するほかの市はどうだろう? ちなみにその記事には次のように記している。――ここでは非チェーン系ということに限定するが、その中でさらにランチサービスを提供するという条件で絞り込んでも、自分の知る限り該当する店は15店ほどもある。これは、面積にして20%広い小平市よりも、路線価で70%高い国分寺市よりも、すし屋の [続きを読む]
  • 1970’s〜80’sそのままのたたずまい 【カレーショップ デリー】
  • 2018.09.01 西武池袋線秋津駅とJR武蔵野線新秋津駅は、両線の乗り換え利用を中心に、ともに乗降客数の多い駅である。秋津駅の2017年度の1日平均乗降人員は81309人で、西武鉄道全92駅中9位。東村山市内の主要駅としては、東村山駅(49492人、19位)、久米川駅(32758人、29位)を大きく上回る(駅別乗降人員 2017年度版)。ちなみにJR新秋津駅は38860人で、西武鉄道では26位に相当する数字。両駅間に連絡通路はなく、乗り換え客は [続きを読む]
  • 知性派喫茶で意外な展開 【喫茶にじのまど】
  • 2018.08.31 商店街のお店をいくつかオムニバスの写真で紹介している前の記事は、実はイントロダクションの役割を持たせてある。その商店街とは、東村山の本町商店街。本町都営住宅(久米川団地)と空堀川の間の低地に形成されたこの商店街のお店をこれまでいろいろ取り上げてきたが、飲食店としては本日紹介するのが最後の未掲載店ということになる(2018年8月末日現在)。それが「喫茶にじのまど」。「にじのまど」はおそらく本 [続きを読む]
  • 何でもそろうが、店じまいは早く… 【肉専門店 むら田】
  • 2018.08.30 夜、相方の帰りが遅くなるので、自力で酒のアテを調達。こういうとき、東村山の本町商店街は重宝する。昔、雑貨屋や商店街のキャッチコピーでよく使われていた「何でも揃う」。本町商店街は、酒のアテは何でもそろいそうだ。 左から、「木村屋」「河野屋」「はなみずき」 「サンエイストア」「松屋」最近、「はなみずき」「サンエイ」とこの商店街の登場頻度が高くなっているが、肉屋の「むら田」も使い勝手のよいお [続きを読む]
  • いつものラーメンで活力チャージ 【村山ホープ軒 東大和店】
  • 2018.08.30 このブログに書いているような昼ごはんの冒険(のつもり ( ̄∇ ̄) ハハ…)を始めるにあたり、いくつか約束事をつくった。・基本的に食べたいものを食べること・月々の小遣いの範囲でやりくりすること(当たり前か)・お残しは許しまへんで・新規開拓にかまけて昔なじみから足が遠のくことのないことこの最後の項目が、なかなか難しい。そもそも冒険(のつもり)なわけだから、フロンティアスピリットがうずくというか、 [続きを読む]
  • ごく普通という得難い個性 【おおむら】
  • 2018.08.28 吉祥寺を代表するラーメン屋といえば? などと不用意な発言をして、実際にそういうアンケート結果を突き付けられでもしたら立場が危うくなる。ベスト10のうち7〜8店は知らない可能性が高い(笑)。なので、ここは先手を打って書き出しを変更。吉祥寺を代表する“昭和の”ラーメン屋といえば、どこを思い浮かべるだろう。 「ホープ軒本舗」中華そば、みんみん「塩ラーメン」 「珍来亭」ラーメン、「さくらい」味噌ラーメ [続きを読む]
  • 非進化系スーパーでおかずパン 【サンエイストア】
  • 2018.08.27 イレギュラーの仕事が2本重なって、ちょっと忙しい。イレギュラーは突然やって来る。打診のメールに仕事そのものが添付されていたりする。もう25年以上、そんな感じでやってきたので、付き合いの長い人はワタクシに対して正規の手続きを踏むような時間の無駄づかいをしない ( ̄ー ̄;)ゞ ウウム…1本目の仕事のキーワードは、たとえば「HFrEFとHFpEFとHFmrEFとHFrecEF」。2本目のテーマは「即時残余耐震性能判定システ [続きを読む]
  • 団地の街の隠れ家フレンチ 【Bistrot Lierre】
  • 2018.08.26 東久留米 滝山・前沢地区の夏祭りで狂言の舞台があるという。祭りのポスターを見ると屋外での開催のようで、薪能を彷彿させそれはそれでおもしろそうだが、この夏何度目かの猛暑のピークの本日、真っ昼間にそんなことやって大丈夫か?やるのかやらないのか確認だけでもと、とにかく現場に行くだけ行ってみようとなった。 現場に中止の案内はないので、やることはやるようだ。とりあえず昼ごはんを食べ、狂言開演時間 [続きを読む]
  • 新興住宅地に創業50年のお店? 【とんかつ せき】
  • 2018.08.24 先月の相羽建設「手しごとフェスタ2018」のあとのこと、昼ごはんどうしよう、が実は一大事であった。なにしろそこは清瀬市と東村山市と東久留米市のはざま、ちょっと前まで畑しかなかったような新興宅地造成地である。たべもの屋とか、なーんもない。会場で相羽建設の若い社員さんに聞いてみた。答えは「『山田うどん』しかない」聞かれたほうはそうとしか答えようがないし、聞いてもしょうがないことはわかっているが [続きを読む]
  • 人気の熱々麺、夏バージョンとは? 【笑顔】
  • 2018.08.24 3回連続のおすすめシリーズ。今回、誰のおすすめかというと、いわゆるシェフのおすすめ。といっても、“料理人が通う店”とかじゃなく、シェフ自らの料理のselectionという意味。久米川駅近くの中華料理店「笑顔(にこ)」で前回、四川麻辣麺、冷やし中華と2日続けて華やかな麺料理をいただいたとき、ほかにも「これは…!」というおいしそうなお話をいくつかシェフ(店主)に伺った。そのうちの一つが、ずばり“酸辣湯 [続きを読む]
  • ダテじゃない“最強宣言”餃子 【当り屋】
  • 2018.08.23 東久留米下里の「当り屋」のラーメンがおいしいという情報をいただいた。前報に引き続きブロ友さんおすすめシリーズ。シリーズっていうか、たまたまそうなっただけだが。「当り屋」は一度入ったことがあるが、それはもうはるか昔の話なので(20年近く前かも)、入ったうちに入らない。…と、書き出しも前報と一緒。そのあたりも偶然の一致である。情報をくださったのは、台湾上機派紫微斗数命理師の実力者にして今夏二 [続きを読む]
  • 台湾ラーメンの人気店@ムサコ 【麺 鶴亀屋】
  • 2018.08.20 武蔵小金井の「鶴亀屋」の台湾ラーメンがおいしいという情報をブログのお友だちMさんから寄せていただいていた。鶴亀屋は一度入ったことがあるが、それはもうはるか昔の話なので(20年近く前かも)、入ったうちに入らない。よく覚えていないが、そのとき食べたものがそうだったからかオーソドックスな鶏ガラベースの中華そば系統のお店という印象を抱いていたので、台湾ラーメンという情報は意外だった。実は最近、別 [続きを読む]
  • 創業50年の街の洋食屋さん 【キッチン チェック】
  • 2018.08.19 知り合いが所属するアマチュアオーケストラの定期演奏会を聴きに行く。会場は池袋の東京芸術劇場。14時開演なので、まず池袋の街なかでお昼ごはんを済ますという段取りを組んでいたが、余裕で家を出たつもりが西武新宿線の事故遅延に巻き込まれ(てか、そんな状況にもかかわらず無理やり食事をとったせいで)、ホールに入ったときは開演ぎりぎり、座って1分もしないうちに指揮者が袖から出てきたという (; ̄ー ̄A アセア [続きを読む]