hobohobo さん プロフィール

  •  
hobohoboさん: ほぼ毎日、ほぼ昭和食堂
ハンドル名hobohobo さん
ブログタイトルほぼ毎日、ほぼ昭和食堂
ブログURLhttp://char0203.blog.fc2.com/
サイト紹介文東京多摩地区を中心に昭和の風情を残す食堂を巡る。定番ランチや懐かしグルメ、人々の人間模様を伝える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2017/06/13 18:26

hobohobo さんのブログ記事

  • 人気店の超オトクなタイムサービス 【仙石】
  • 2018.11.09 金曜日は都合により夕方の時間設定が少し遅くなるので、晩ごはんのおかずに出来合いのものを調達することが多い。そうなったのは最近の話で、それまでうちでは惣菜関係を買うことはほとんどなかったから、この際よその味も確かめてみようか… みたいな感じで。「KIMURAYA59」や「じろえもん」のケースが行動パターンとしてわかりやすいかも。今日の場合、ご飯もないから主食的なものを、という指示を受けていたので、 [続きを読む]
  • 十何年ぶり? 再会の丼 【はま好】
  • 2018.11.09 先日の「揚子江」の記事で東村山市のお店限定という超ピンポイントなグルメブログ「東村山グルメ日記2」を紹介したが、今回取り上げるのもその飯テロ事例である。といっても、「揚子江」の麻婆炒麺が今年の新作メニューであるのに対して、今回の話は十数年前にさかのぼる。久米川駅南口、さくら通りにある定食屋「はま好」ではかつて牛丼を提供していた。いまは使われていないが、ビルの袖看板には「牛丼 はま好」と入 [続きを読む]
  • 猫使いとソーセージパン 【BuFuUu】
  • 2018.11.08 チビ猫が具合を悪くして、いちばんの問題は、われわれには捕まえることができないこと。昨日は2人がかりで捕まえられず、かかりつけのお医者さんに連れていけなかった。そして今日、木曜は休診日。チビに回復の様子は見られない。 逃げ回る猫仕方なく違う病院に行くことにしたが、問題はどうやってケージに入れるか。ところが、それが実はたやすい。うちには猫使いがいるのである。長女はいとも簡単にチビを捕まえる。 [続きを読む]
  • やっててよかった! 【ラーメンショップ 小川店】
  • 2018.11.07 チビ猫が具合を悪くしていて、ふざけたこと書く気になれないのでサクサクいきます。09:30ちょうどに、NS社のSRさんからドーンと仕事が来る。10:29 ドドーンと追加。13:17 作業すべて終了。遅い昼ごはんにあてもなく自転車を走らせていると、久米川駅前で後輪から変な音がする。タイヤに穴が開いて中のチューブがグンカンドリの喉袋のようにプクーッと。下りて押し始めてすぐ破裂。パーンと大音響。横にいたおばちゃん [続きを読む]
  • 秋の匂いに誘われ… 【ながしま 磯とり料理】
  • 2018.11.02 久米川北口商店街の磯とり料理「ながしま」の周りにはいつもおいしそうな匂いが漂っている。お店の前を通ると腹が減る、はじめからハラ減ってたりすると倒れそうになる。秋の匂いは特にキケン。ずばり、マツタケのにほひがする…。昼間から匂っているからもはやお店に染み付いている感じで、たぶん1日中マッタケ。近所の人、たまらないだろうなぁ…。去年9月にも同じようなネタで、「マツタケをいただくというなら急を [続きを読む]
  • 焼きそばにはライスが付くの法則 その2 【一品菜 新小平店】
  • 2018.11.01 実は食べるものに対しきわめて保守的で、新しいお店に入るのはもちろん、行きつけのお店で食べたことのないものを頼むのにも相当な勇気を要するワタクシ。それを刺激として楽しめているからこういう生活も続いているわけだが、モチベーションの上がらない日だって、もちろんある。そういうときはいつものお店でいつものメニューを頼みたい、でもそれだとブログの記事が書きづらい… などという、本末転倒な悩み事を抱 [続きを読む]
  • シビレる! ばかうま焼きそば 【揚子江】
  • 2018.10.29 東村山市のグルメ情報として、市内のお店限定という超ピンポイントな「東村山グルメ日記2」というブログがある。東村山では知らない人はいない? という有名ブログで、前身の「東村山グルメ日記」から数えれば14年分に及ぶていねいな取材に基づく膨大なデータは市民の宝と呼ぶにふさわしい。もちろん僕もチェックしていろいろ勉強させていただいているが、ときどき飯テロのようなことになるから要注意だ。その一例が、 [続きを読む]
  • 釜飯というカテゴリーの時代錯誤的コスパの高さ! 【竹馬】
  • 2018.10.27 前報の「ひがしやまとスイーツウォーキング」の途中に立ち寄ったのが、割烹・釜めしの「竹馬(ちくま)」。このお店を見つけたのは最近のことで、店構えのわりに昼のメニューはそれほど高くないので入ってみたくてうずうずしていたが、ジャンルがジャンルである。1人ではちょっと…。このウォーキングイベントなら同行者がいてコースにも近いので、だいぶ前から今回の候補に考えていた。釜飯は1人ではちょっと… の理 [続きを読む]
  • 昼、夜に持ち帰りと… 利用シーンいろいろ 【じろえもん】
  • 2018.10.26 萩山駅前のお気に入りの定食屋「じろえもん」であるが、ちょくちょく伺うようにすると前回書いておきながら3カ月以上空いてしまった。そろそろ顔を出さないと忘れられそうで…。というか、お気に入りといっても2回しか入ったことがない… ☆ヽ(ー_ー ) モシモシ!?忘れられても何の不思議もないし、むしろ覚えられてるほうが不思議。前回撮らせてもらった店内写真をあとで見直して、壁に張ってある品書きにはメニュー表に載 [続きを読む]
  • 圧倒的コスパで、ネタもよく! 【魚孝】
  • 2018.10.24 通常であればヒマな時期だが、急な仕事が入った。それがまぁ…。月曜9時にアップロードという予定が、12時、夕方、火曜12時… と遅れに遅れ、結局手元に届いたのが火曜16時ころ。そういう予定のずれとかはあまり気にしないが、問題はその仕事のテーマであった。「長生きするための食生活」 って、個人的に言わせてもらえばブラックユーモアかなんかですかぁ! \( ̄  ̄*) チョーイッえー… 食生活、改善します。なるべく…。 [続きを読む]
  • 季節のフルーツをケーキに 【猫のあんこ焼き菓子店】
  • 2018.10.22 一橋学園の「学園坂タウンキッチン」で月曜日に営業している「猫のあんこ焼き菓子店」は季節の果物のタルトを焼いている。季節はぶどう、いちじくからりんごへと移ろっていく。秋の果物でいちばん好きなのが、柿。2週間前、熟成中の柿2週間前にバースデーケーキをお願いしたとき、ぶどうのタルトを焼いてくれたが、僕が柿柿言うものだから、「柿にしようかとも思ったんですが…」と、あんこさん(←店主のおねえさん) [続きを読む]
  • 桃の風呂の隣に素敵な眺め……?【ベルビュー】
  • 2018.10.21 国分寺南町2丁目、東元町1・2丁目と歩き、お昼ごはんにする。本日の目的のお店は、お風呂屋さん… じゃなく、コインランドリー… でもなく。いや、お風呂屋さんでありコインランドリーでもあり…。そうです。国分寺街道沿いの銭湯「桃の湯」に併設されたコインランドリーに併設された洋食店「ベルビュー」。それが本日のお昼ごはんのお店。最近このエリアが気になって、下調べのようなことを何度かやって散歩コースを [続きを読む]
  • 国分寺散歩、目的の“お店”とは?
  • 2018.10.21 国分寺南部の元町通り(東元町1・2丁目)あたりには興味深い物件が散在しているので、一度歩いてみようと思っていた。国分寺駅南口。殿ヶ谷戸庭園の横を下る。 まずは国分寺街道の交差点の先のこれまで通ったことのない小高いエリアに入ってみる。 南町2丁目の国分寺街道より南東側の一帯は、周囲を急斜面に囲まれ、中心部は意外なほど平らで広さもある台地になっている。 駅から程近いとは思えない閑静な住宅街。い [続きを読む]
  • シンプルで奥深い名物タンメン ――2018-19秋冬メンコレ③ 【うな瀧】
  • 2018.10.20 五日市街道の天王橋の交差点から斜め左に入り、「ザ・ビッグ」の前を通って昭島駅の北口に出る。先ほど砂川三番のあたりで思い当たるところがあって南下したわけだが、これは行きすぎ。南口側に回り、江戸街道を引き返す。昭島の東中神周辺には“陳タンメン”と呼ばれる独特の麺料理があるらしいということを知ったのは2年ほど前。この間、2回出かけ2回とも臨時休業… という因縁のお店に向かっている。三度目の正直で [続きを読む]
  • キミはサラリ派? ドロリ派? ――2018-19秋冬メンコレ② 【東園】
  • 2018.10.19 もやしそばと聞いて、どういうたべものを思い浮かべるだろう。僕は、ドロッとしたあんかけのラーメン。最初に食べたもやしそばがそうだったから。川崎の新丸子に住んでいたころ、近所に小さい中華屋ができた。元は横浜中華街あたりの名の知れたお店の料理長で引退後お店を出した… みたいな。わしらの間で勝手にそういう想像を膨らませるような、そこいらの街中華とはひと味違う料理を出す中華屋。最初に食べたのがそ [続きを読む]
  • 熱々麺2018-19秋冬コレクション、はじめました 【八重ちゃん】
  • 2018.10.17 今日も自転車でプチ遠出。産業道路沿いの新座市片山農産物直売所の横を入り、坂を下って関越道の向こうに抜け、畑中公民館通りから保谷志木線へ。旧川越街道を右折。黒目川を渡って坂を上り、朝霞中央公園入口の交差点から川越街道側を引き返し、再び旧街道たびやの坂を上って野火止大門交差点へ。Gメール受信。仕事入る。いまから帰ってもちょっと無理なので明日やればいいか… と決めても、テンションはがた落ち。毎 [続きを読む]
  • レトロ中華の新機軸? 【境軒】
  • 2018.10.15 西武多摩川線・新小金井駅西口駅前に「新小金井西口商店街」という古い商店街がある。小金井市商工会のホームページによると、商店会が結成されたのは昭和42(1967)年。駅自体が地味である。新小金井駅の2017年度の1日平均乗降人員は3780人で、西武鉄道全92駅中80位。下位に入るのは山間部か娯楽施設用の駅のみ(正丸・武蔵横手・西吾野・芦ヶ久保・東吾野・吾野・遊園地西・横瀬・西武遊園地・競艇場前・高麗・西武 [続きを読む]
  • 秩父でおいなりさんといえば…? 【武島家】
  • 2018.10.14 秩父編のつづき。「大むら 本店」を出て参道(番場通り)や東町の商店街を散策。秩父は歴史ある町だけに、古く趣のある建造物がたくさん残っている。が…、あまりにも人が少ない。午後になって観光客らしき姿をちらほら見かけるようになったが、お昼ごろは人けがないといってもいいほどさびれていた。同じ埼玉県の歴史観光スポットでも、明治期に形成された蔵造りの街並みを生かしたまちおこしに成功し休日ともなれば [続きを読む]
  • 老舗そば屋で秩父名物 【大むら 本店】
  • 2018.10.14 車で秩父へ観光に行った。と書くと予定された行動のように思われそうだが、行き先が決まったのは車を走らせるとき。「じゃ、秩父でも行くかぁ…」と。アベノミクスのせいかどうか知らないが、最近、道路整備事業の進展が速く、さすがにナビなしでは車で遠出しづらくなった。ナビはスマホのアプリで十分のような気もするので、とりあえずGoogleマップアプリのナビ機能を使ってみよう、というのが今回の趣旨。走り始めて [続きを読む]
  • ごまかしのない本当のおいしさ 【シャルキュトゥリー モエ】
  • 2018.10.13 東久留米の「とんかつ だるま」の帰り。明らかに食べすぎなので、少し歩くことにした。滝山中央の商店街に自転車を止め、団地の中を散歩。団地センター通りの団地自治会直営のコミュニティカフェ「ダイニングカフェ滝山」では“月曜限定カレー”なるものを出すらしく、ずっと気になっている。さすがによそ者にはハードルが高いが、団地の高齢者だけでなく近くのビジネスマンの姿も見られるという情報もあるので、その [続きを読む]
  • 絶品とんかつとの不意の出会い! 【だるま】
  • 2018.10.13 格好から入る、というのが苦手。なんか、こっぱずかしい。なので自転車に乗るのも普段着。サイクリングウェア的なもので使っているのは裾止めバンド、やっすいの、のみ。これだけは機能的にどうしても必要なのだ。僕の普段着はジーパンと決まっている。生活の中で自転車に乗る時間が長く、必然的にジーパンの(お尻の)寿命は短くなるので、高いジーパンは買えない。ジーパンはユニクロと決まっている。東久留米のショ [続きを読む]
  • あの時代のC級グルメとは…? 【名代富士そば 小平店】
  • 2018.10.11 “グルメ”という用語がいつごろから日本で使われているのか知らないが、そこから派生し、いまやすっかり定着した“B級グルメ”の登場経緯は次のとおり。――最初に登場したのは1985年とされる。フリーライターの田沢竜次が雑誌『angle』に連載した記事をもとに、『東京グルメ通信 B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)が刊行された。そして1986年に文春文庫ビジュアル版で田沢竜次もメインライターとして参加した『B級 [続きを読む]
  • ○○450gの破壊力… 【B級食堂 相模屋】
  • 2018.10.10 自転車の旅は続く。しかし、こうやってあちこちに足を延ばしてみると、いかに行動範囲が狭くなっているか思い知らされる。立川駅の南口方面に来てみて、実に久しぶりということに気づいた。ウインズの周りには古本屋があったり中古CDショップ「珍屋」が2店舗あったりで、以前は頻繁に訪れていた。奥の赤い看板が「相模屋」「いなげや」(現ESBI ?)の並びに「ラーメン二郎」ができた、と思ったら閉めちゃった… という [続きを読む]