株式会社トレデキム さん プロフィール

  •  
株式会社トレデキムさん: 株式会社トレデキム 日本語教師転職サポートサービス
ハンドル名株式会社トレデキム さん
ブログタイトル株式会社トレデキム 日本語教師転職サポートサービス
ブログURLhttps://tredecim.co.jp
サイト紹介文日本語教育業界に特化した転職サポートサービス、株式会社トレデキムのウェブサイトです。
自由文時々、アンケートの結果等を記事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 120日(平均1.9回/週) - 参加 2017/06/14 16:29

株式会社トレデキム さんのブログ記事

  • 「日本語教育歴」の書き方
  • 求人に応募する際に必ず必要になってくるのが日本語教育歴。どのように書けば、学校側にとって応募者がどんな経験をもっているかわかりやすく、アピールになるかを考えてみました。あったほうがいいなと思う項目を列挙していきます。国内の日本語学校に応募されることを前提として書いていますが、海外の学校でも基本的には同じだと思います。今まで勤務された学校ごとに以下の項目について書くと良いのではないかと思います。自分 [続きを読む]
  • ITが苦手な人x漢字が苦手な人
  • 授業準備は学校の環境とクラスの部屋の大きさや形によっても工夫が必要です。いくらテレビとモバイル機器をつないで画面に映しても、縦長の教室だったら後ろの学生は見られません。ときにはポイントとなる項目は紙で各学生に配ったり、いくつかは紙に印刷して見せてまわったりということも必要かもしれません。しかし、モバイル機器に聴解のデータが入っている学校は聴解のときにテレビにつなげて再生すると楽ですし、頭出しが簡単 [続きを読む]
  • 古いですが、安いです。/古いです。そして、安いです。
  • 私が420時間を受けた時の恩師は「学生が言っていることがわからないときは、その学生の立場になって考えること」と言っていました。自分が教えている文型を正しく使えるから正解ではなく、学生がちょっと違った文を作っても、学生の頭の中を覗く質問をすることも授業だと教わりました。ある日、私が古い家の写真を見せると、学生A「古いです。そして、安いです。」学生B「古いですが、安いです。」使える文型が少ないので、もっと [続きを読む]
  • こんにちは。日本語教師ジョブです。すっかり涼しくなってきましたね。朝晩は肌寒い日も出てきました。ネパールの学生は夏によくコンビニで一番大きなペットボトルを買って友達とシェアをしていました。もしクラスにそういう学生がいたら、彼らの飲み方に注目してみてください。口をつけずに、上手に飲みますよ。上を向いて口を開け、うまく水が中へ落されていきます。私は初めてその飲み方に挑戦したとき、水が鼻に入り痛い思いを [続きを読む]
  • 深夜のアルバイト
  • こんにちは。日本語教師ジョブスタッフです。留学生はどうやって日本でアルバイトを見つけているのでしょうか。友達の紹介、学校のアルバイト募集の掲示板など日本に来てから見つける学生が大半だと思いますが、最近は来日してすぐアルバイトが決まっている学生もいるようです。つい先日、Facebookで外国人用国内アルバイト求人サイトの広告を見ました。どうも私のFacebookの友達のネパール人たちがよく「いいね」を押しているなと [続きを読む]
  • 目で伝える
  • こんにちは。日本語教師ジョブスタッフです。ケータイで音楽を聴く。チュッパチャップスを舐める。私が過去に勤めた学校にはこのような学生がいました。しかし私は初級クラスで「○○さん、帽子を取ってください。かぶってはいけません。失礼です。」などのような注意をしたことは一度もありません。理由は、①来日したばかりの学生または、日本語レベルが低い学生に言葉で注意しても内容が伝わらない。②周りの学生がいる中で注意 [続きを読む]
  • 学習者の日本語レベルにあったオリジナルプリント作成
  • こんにちは日本語教師ジョブスタッフです。その日教えた文型を使ってもらえるような活動を考えるのはけっこう骨が折れます。活動集を参考にしても、自分が描いたようにクラスが動かないこともあります。そんな時は学習者と活動のレベルが合っていない可能性があります。活動はその文型を使う学習者によって変えていく必要があるということです。活動を考える上でのポイントを考えてみました。1.学習者の国籍(非漢字圏/漢字圏/宗 [続きを読む]
  • 授業アンケートについての雑感
  • こんにちは。日本語教師ジョブスタッフです。授業アンケートというものを学生に行っている学校があります。学生の各教師の授業に対する評価を聞くものですね。3か月ごとであったり、半年であったりと時期も質問内容も様々ですが、何の目的をもって行われているのか、その後のFBの焦点が明確でないと、無駄になりかねません。非常勤講師の方にとって効果がいいほうに出る場合もあれば、その逆も考えられます。例えば、学生のアンケ [続きを読む]
  • 新米日本語教師の必携書
  • 日本語の文法書ひとつをとっても、品詞ごとにとりあげられたものや、初級、中級、上級と分けて説明されているものなどがあります。はじめにどれを手に取ったらいいのか悩んでしまいますよね。学校にも置かれているものですが、やはり、自宅にあったほうが便利です。今回は私が持っている文法書と教えるときの参考にしている本をご紹介します。まず、文法書はこちら①「考えて、解いて、学ぶ 日本語教育の文法」②「日本語文法ハン [続きを読む]
  • 教科書×副教材×教授法
  • たとえば初級の「みんなの日本語」ではご存知の通り、教科書、翻訳・文法解説書、教師用の教え方の手引き、文型練習帳、標準問題集、漢字練習帳などがあります。授業で行うクラスもあれば、宿題になったり、テストとして使われていたりと、副教材の扱われ方は各学校様によってそれぞれです。教師になりたての方は学生からどんな質問が来るか予想がつかないので、できる限りの準備をされてひとつひとつの授業に臨まれていらっしゃる [続きを読む]
  • 活動集
  • 教師の皆様は学生に新しい文型をいかに定着させ、使えるようにするかを日々の授業で工夫されていると思います。新人のころは、活動まで手が回らず、導入や練習のネタでいっぱいいっぱいかもしれませんが、私は学生に授業を楽しく思ってもらうには活動がうまくできるかどうかが一つのカギだと思っています。文型を教師が教え、練習を教師がチェックし、活動は学生が主役になれるからです。そして、活動をしてもらうと、教えた文型が [続きを読む]
  • フェスティバル
  • 学生がどんなところから来たのかを知るために何かされたことがありますか。インターネットでその国について調べてみたり、直接学生に聞いたりしたことが一度はあるかと思います。海外の暮らしについて取り上げるテレビ番組も増えたように思います。クラスで盛り上がるのは実際にその国へ旅行に行った話をすることですが、時間的も金銭的にもそういうわけにはいきませんよね。そこで、国は限られますが、都内で行われている各国のフ [続きを読む]
  • 留学生の1日あたりの授業料
  • 留学生の授業料って1日あたり税抜3,000円ぐらいです。(東京基準、入学金や施設費等は抜いた状態)。とすると、1クラス20人として、1日午前か午後で60,000円を相手に授業をしていることになるわけですね(もちろんそう単純なものでもありませんが)。この数字色々なところで使えます。私日本語教師時代に授業で「授業料1日いくら払ってるか知ってる?」と学生に聞くことがたまにありました。そう聞かれてもだいたい学生はピンと来 [続きを読む]
  • 新任教師には毎日のタスクチェックリストを
  • 新任の教師って色々緊張していると思います。まず初めての学校で初めての学生を相手に授業をするというプレッシャーがあります。経験者の方でもそうでしょうし他の学校との違いもあります。未経験の方なら尚更です。その状態で入社時にやらなければならないことを口頭であれやれこれや言われても中々全部を初日からこなすのは難しいのではと思います。ミスをなくすためにはチェックリストがあったほうがいいと思います。授業前、授 [続きを読む]
  • 日を置いて何度も触れること
  • 文法や語彙を教えるとき、重要なのは導入ではなく、日を置いて何度も触れることだと思っています。学校で教師に教えてもらったとか1日練習しただけで、その日の内容が身につく人なんてただの天才です。そういう人もいるんでしょうけど。次の日の先生に引継ぎして、「昨日の文法全然定着してなかった」って言われるのを恐れる必要はないと思います。例えばみん日27課をやった当日あるいは翌日、可能動詞ぐらいの変換ぐらいはできて [続きを読む]
  • 声が枯れる
  • 声枯れませんか?授業のあと。私は、たまになります。人数や学生によって声の大きさを変えなければならないからです。でも、本当にそれだけ?声枯れしたときは一度自分の授業を振り返るようにしています。何を振り返るのか。それは教師と学生の発話量です。教師(私)が話しすぎていなかったか。ということを客観的に振り返ります。学生が中心となって活動する時間や発表する時間が適当かをシミュレーション。そして、フィードバッ [続きを読む]
  • お土産
  • お土産は何があるかな〜。「お土産」という語彙が出たときに日本のお土産を紹介しています。現物があると余計な説明をしなくていいので助かりますね。初級前半なので、限られた語彙でわかりやすいものを選びます。そこからちょっと寄り道して学生の国のお土産をいくつか見せると喜びます。うまくいけば、頑張って説明してくれる学生も現れます。こういう寄り道は面白いという関心を持ってもらうために、ちょっと工夫や冒険したもの [続きを読む]
  • 子どもの日本語教育について
  • もし、あなたが子どものとき、家族で知らない国へ来てしまって、現地の一般の学校に通うことになったら?だれもその土地の言葉を教えてくれなかったら?考えただけで緊張しますし、不安になります。公立高校で働いている私の知人から、日本語が十分でない学生がクラスの中にいて、日本人の学生の中で苦労しているという話を聞いたことがあります。今頑張って日本語を勉強している留学生たちが、これから日本で就職して、結婚し、日 [続きを読む]
  • 笑顔マジック
  • こんにちは。日本語教師ジョブスタッフです。告白します。私、一日一回、鏡に向かって笑っています。では実際に今、皆さんも、どうぞ鏡に向かって笑顔をしてください。しましたか?していますね?ではそのまま、手で口を隠してください。どうですか?鏡に映っているあなたの目は笑っていますか?自然で上手な笑顔はここがポイントです。自然な笑顔を使いこなせたらクラスコントロールが楽になります。その理由は…①日本語 [続きを読む]
  • 暗示的口頭キュー練習
  • 何回かに分けて、初級2レベルの練習方法にバリエーションをもたせるための提案を書いていきたいと思います。どちらかというとある程度、初級レベルの授業内容が頭に入っており、最低限授業を成立させる流れを身につけている教師向けの内容となっています。・練習のバリエーションが足りないなという方・普段授業でしている練習では学生が簡単そうで困っている方などにお薦めしたい内容となっております。第1回は私が勝手に「暗示的 [続きを読む]
  • シリーズ・ネパールの日本語学校⑤(最終回)
  • 黒い日本語学校「周りの日本語学校は○○万払って、嘘でも書類を作れれば3か月後には日本に連れて行ってくれるというのに、どうして、日本人のあなたたちはそれができないんだ。」と言われたことがありました。それは違法行為だということを説明してもダメ。日本語がわからないまま日本に行ってもすぐに働けないといってもダメ。ほかの日本語学校から情報を得ている彼らの心には届きませんでした。しだいに、日本語学校にはビザや [続きを読む]
  • 暗示的口頭キュー練習
  • これから何回かに分けて、私がたぶん10年ぐらい前に作った教案サイトの内容をアップしていきたいと思います。テーマは「主に初級レベルの授業での練習のバリエーションを増やす」ですかね。Web上でも公開されているものなのでどこかでご覧になったこともあるかもしれません。教科書は「みんなの日本語」という想定です。この練習に適している文型)24課「てあげる」「てもらう」32課「たほうがいい」47課「そうです」「ようです」等 [続きを読む]
  • 留学生の進路指導
  • 留学生の進学指導って?留学生たちは、将来、大学へ行きたい。日本でビジネスをしたい。など、夢を抱いて来日してきます。しかし一方で、親に言われて日本へ来た。母国で特に何もやりたいことがなかったから来た。など、悪く言えば、無気力で何も考えていない、よく言えば欲がない留学生も見られます。しかしどんな学生でも、留学してきたからには、ビザの期限までに自分で進学するなり、就職するなり、帰国するなりという道を決め [続きを読む]
  • シリーズ・ネパールの日本語学校④
  • (写真は2013年以前のものです。)前回までネパール現地での日本語教師研修会についてのお話をしていました。今回はその研修会で話題に上がった漢字の教え方から話を始めます。漢字の教え方「漢字をどうやって教えたらいいか。また、自分自身もどうやって覚えて学生に伝えればいいか」というネパール人日本語教師の質問に対して、集まった先生たちで考えようということになりました。一つ一つの漢字には意味があるので、その意味を [続きを読む]
  • 初級クラス4コマのカロリー消費量は???
  • どのくらいだと思いますか。結構疲れませんか。初級クラスですと学生も来日してきたばかりでテンションが高いですし、元気ですし、発音練習も多いですし、気づいたらジェスチャーで説明してよく体を動かしますし、机間巡視も…。初級の授業はやっていて面白いのですが、本当に体力勝負。授業が終わると、ふぇ〜っと力が抜けます。そこでネットにあるカロリーについての記事を参考にしながら、ざっくりと初級授業の消費カロリーを [続きを読む]