Usako さん プロフィール

  •  
Usakoさん: うさぎと発酵
ハンドル名Usako さん
ブログタイトルうさぎと発酵
ブログURLhttp://fermentation-rabbit.seesaa.net/
サイト紹介文夫+うさぎの家族。発酵食品を日々の食事に取り入れ、夫婦健康に暮らしていきたい。愛兎うさ子の記録も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/06/14 20:44

Usako さんのブログ記事

  • 納豆とアボカドの和えもの〜おかずの一品として
  • 納豆のアボカド和え。この2つの組み合わせが大好きです。この時はプチトマト、チーズ入りで、味付けは醤油と柚子胡椒でした。納豆は最強の発酵食品。かといって、ご飯にかけて食べようとすると他のおかずがいらなくなっちゃうから、納豆自体をおかずの一品にしました。これは以前、大原千鶴さんがお酒に合うあてとして作ってらしたもの。そのアレンジです。参考記事:「大原千鶴さんがお酒に合う「あて」を作る番組「あてなよる」 [続きを読む]
  • グラハム入り自家製梅酵母食パン〜グラハムは全粒粉の一種で製法が異なる
  • ひたすら食パンを焼いています。今はほぼ毎日⁈配合や作り方を覚え、脱脂粉乳を使うなどのアレンジもきちんとできるようになるまで練習しよう〜参考書はいつものようにムラヨシマサユキさん。【100円クーポン配布中!】家庭のオーブンで作る食パン/ムラヨシマサユキ価格:1,080円(2018/7/11 16:21時点)この生地にはグラハムを入れました。量が同じでもライ麦のときと比べて生地がだいぶ柔らかい。グラハム粉 400g【製菓材料】価格: [続きを読む]
  • 身体に必要な食材を意識的に取り入れる
  • 前も書いた夫の気虚体質。参考にしている本でオススメ食材が書いてあり、それらを意識的に取り入れるようにしています。薬膳・漢方の食材帳ハンディ版 毎日役立つからだにやさしい [ 薬日本堂株式会社 ]価格:1,080円(2018/7/10 11:13時点)今回は餅米ととうもろこし。とうもろこしは夏の今が旬ですよね。毎日質素な我が家の食卓ですが、、毎日の黒米入りご飯に餅米を混ぜ、とうもろこしをトッピング。今度とうもろこしご飯を炊こう [続きを読む]
  • 平、温、涼の野菜でピクルスを
  • 友人にピクルスをいただいてから、私も「夫が食べられるようなピクルスを作ろう」と思い始めました。というのも、味の好みが違いすぎる私達夫婦で一番の違いが酸味。私は母も、酸っぱ味が強いものが好き。自然と味付けは酸っぱくなります。一方で、夫は特に酢の酸味がキライ。私の味付けでは強すぎるようです。ということで、市販のピクルス用調味液を買ってみました。友人が作ったピクルスは、美味しいと食べたからです。市販の調 [続きを読む]
  • 浄水分を酵母液に、牛乳分を水+脱脂粉乳に〜自家製梅酵母で自家製食パン
  • 梅酵母三姉妹は元気。このままだと冷蔵庫が瓶3本に占有されて空かないからせっせと焼いています。参考レシピはいつも通り、ムラヨシマサユキさんの本。当分、この本にお世話になります。【100円クーポン配布中!】家庭のオーブンで作る食パン/ムラヨシマサユキ価格:1,080円(2018/7/10 11:23時点)今回レシピから変えたのは、牛乳を水+脱脂粉乳にすること。牛乳はコーヒーに入れたりなどわりかし使っているので、脱脂粉乳に変えた [続きを読む]
  • 気虚体質の夫に〜豆類を食べてくれ〜
  • 私が買った薬膳の本によれば、夫は気虚体質(ちなみに、私は体質チェックしても、これだ!とバッチリ当てはまるものがなく〓) 。だから豆類とか芋類を食べて欲しいなあと思うのですが、夫は煮豆、五目豆が嫌い。以前、大豆を入れたカレーも作ったのですが、「普通のがいい」とのこと〓薬膳・漢方の食材帳ハンディ版 毎日役立つからだにやさしい [ 薬日本堂株式会社 ]価格:1,080円(2018/7/10 11:24時点)ってことで、以前も好評だった [続きを読む]
  • 自家製トマトケチャップ作り〜甘糀を入れて
  • トマトケチャップを作りました。またまたお安めのトマトを大量に購入したので、甘糀もあるし、これは作らねばと。基本材料は、トマト(なければピューレで)、玉ねぎ、甘糀、蜂蜜、大蒜、酢、塩胡椒です。これらをミキサーでガーっとして鍋に入れ、ここに、ククパを見ながら大量のスパイスを足しました。市販のケチャップをなめつつ、この味に近づけるように。市販のものは、トマト味というより酸味と甘みのスパイシーなソースという [続きを読む]
  • うさぎの3ヶ月定期検診〜お尻周りの毛のカットと朝ごはんの順番
  • うさ子、3ヶ月ごとの定期検診でした。ここ最近暑かったですが、今日は湿度はさることながら涼しくてよかったです。四月以来の受診。それまでは鬱滞で頻繁にきていたから、きちんと3ヶ月待ててよかったな。そのうさ子ですが…【行きはいつものようにブルブル】体重大幅に太って1.78キロ〓やはりサラダを追加したからかな。ただ先生によればサラダが悪いわけではなくカップ1くらいなら問題ないと(1.5くらいあげてたかな〓)のこと。 [続きを読む]
  • 梅酵母三姉妹〜梅シロップと梅酒の梅のリユース
  • 梅三兄弟ならぬ梅酵母三姉妹です。梅シロップ、梅酒をこして、残った梅をリユースしました。梅シロップをこした瓶には梅と浄水を足せばぷくぷくしてきます。梅酒の梅のリユースの場合は、ちょっと糖を出さないとかな。リユースしたい梅がたくさんあり大変(笑)さかんにぶくぶくしているときはまだ酵母が増殖しているので常温に。ただ暑くなってきたから適度な所で冷蔵庫に入れてもよいかも。発酵が進んだ酵母液は甘みが消えます。瓶 [続きを読む]
  • 杏の酵素シロップ〜空咳をしている夫に
  • お安めのものになっているとつい買ってしまう笑。杏を手に入れたので何にしようかなあと考えたのですが、いつものように酵素シロップにすることにしました。杏は形が崩れなければコンポートみたいに食べられるかな。アボカドのようにぐりぐりしなくても、種は簡単に取れました。種を植えられれば…と思うので、傷つけないように。実も熟していて柔らかい。砂糖と果物の比は0.9対1くらい。適当です笑。本当は氷砂糖で同量にしたかっ [続きを読む]
  • 唎酒師に合格しました〜通信講座
  • 唎酒師に合格しました!銀の達人の次は唎酒師に本格的に取り組まねばと思っていたので、すごく嬉しかったです。最短で3カ月で合格できるのを、じっくりやって1年ぎりぎりまでかかりました笑私が選んだのは通信講座です。だから、うまくやろうと思えば本当に短期間で取得できたのだろうけど、それでは資格取得だけが目的になりそうなので、教材をじっくり読み込んで課題を作成しました。私の一番の弱点は利き酒(涙)これらは利き酒練 [続きを読む]
  • 気虚、気滞の夫に合わせて〜薬膳も勉強中
  • 練習もかねて、また五味五性を書き出したいと思います。まずはパスタ!これは先日作ったイタリアンパセリとバジルのソースと粉チーズで和えたもの。材料:オイル、バジル(甘辛、温、気滞、瘀血)、アーモンド(甘、平、気滞、瘀血)、大蒜(辛、温、気滞、瘀血)、イタリアンパセリ、塩、チーズ(甘酸、平、血虚)次は鶏肉の甘酸っぱ煮鶏肉を黒酢、ワインビネガー、梅ジュース、醤油、酒、きび砂糖で煮ました。あ、長ネギの青い部分と厚め [続きを読む]
  • 薬膳にも関心を持ち始めた…かな?
  • きっかけは高校時代の友人が薬膳、中医学に興味を持ち始めたこと。そして、私が体を壊し、夫もなんとも言えない身体のだるさ、疲れ、不調があったこと。いろんな要因が重なり、食べ物の観点から薬としての食物にフォーカスしてみることにしました。写真の本は友人からおすすめしてもらった食材辞典のようなもの。まだ熟読していないけど、食材別に五味、五性等が書いてあります。そして友人のススメに従い、食べた食材の五味等を書 [続きを読む]
  • イタリアンパセリとバジルのソース
  • 我が家、今年はバジル、大葉、イタリアンパセリ、レタス、パクチーと沢山植えました。上記はほんの一部で主に…うさ子用です笑。うさ子は毎日のサラダが楽しみ。が、毎日わっさわっさ生い茂るので、人間用にバジルソースを作ることにしました。ただ急遽思いついて作り始めたため、松の実もなければ胡桃もなく、アーモンドをナッツとして投入。材料はバジル、イタリアンパセリ、アーモンド、オリーブオイル、塩、ニンニク。イタリア [続きを読む]
  • 今年の梅三兄弟〜きび砂糖の梅シロップ、梅酒、氷砂糖の梅シロップ
  • 今年も梅仕事の季節がやってきて、梅三兄弟を仕込みました。左から氷砂糖の梅シロップ、梅酒、きび砂糖の梅シロップです。さも私がやったような書き方ですが、我が家では梅仕事は夫の仕事笑。ありがとう、夫!糖による浸透圧の関係で、梅からエキスが出てきます。空気に触れている箇所はカビやすいため、頻繁に混ぜ混ぜ。瓶をよく振って砂糖液が果実にかかるようにしつつ、下にたまった砂糖もおたまなどで、瓶の底からよくかき混ぜ [続きを読む]
  • 鶏肉で「肉+発酵調味料+@」漬け
  • また、「鶏肉+発酵調味料+@」で下ごしらえをしておきました。左:酒粕+醤油麹+甘麹真ん中:生姜+大蒜+塩麹右側:ケチャップ+カレー粉+ヨーグルト+塩鶏肉の醤油麹漬け(左側)は照り焼きを考えこのような組み合わせに。真ん中はいつも通りで失敗がない組み合わせ。右側もたまに食べたくなるカレー用。カレー粉/ヨーグルト漬の組み合わせには、塩に麹の要素がありました。これは、塩入のキスケ糀パワーです。糀屋本店さん [続きを読む]
  • 自家製パン〜温度管理
  • 今回の食パン作りでは、ドライイーストを使って温度管理に注力してみました。まだそこまで暑い季節でもないのに、温度を管理するって難しいんだなぁと実感。食パン作りで参考にした本は、ムラヨシマサユキさんの『家庭のオーブンで作る食パン』。家庭のオーブンで作る食パン/ムラヨシマサユキ価格:1,080円(2018/6/1 18:44時点)Instagramでムラヨシさんのお名前をよく拝見し・・・書店で見つけたとき思わず手にしました。中を読む [続きを読む]
  • 元気なパン種〜甘酒からの自家製酵母液はお米のシャンパンのよう
  • 元気なパン種とはこういうものか〜と認識した自家製甘酒酵母液から作ったパン種。昨日常温で予備発酵したあと、一晩冷蔵庫に。冷蔵庫から出したてなので容器の内側に水滴が付いています。前回のブルーベリー酵母のパン種と比べると違いは一目瞭然。そもそも、甘酒酵母液が非常に良い状態にあります。表面は生クリームのようにつややかで、香りはお米のシャンパン。顔を近づけると、ぱちぱちと跳ねる酵母の気泡を感じます。混ぜると [続きを読む]
  • 練習〜自家製酵母液を使った食パン作り
  • 自家製酵母のパン作りをずーっと練習しています。課題は各段階で山のようにあり。なかなか完全に満足のいくものができません。まずは酵母液作り。これは冷凍ブルーベリーを使って仕込んだものです。だいたい、容器も良くなかった!柄が多すぎて発泡の状況が確認できません。冷凍ブルーベリーに付着していた酵母が少なかったのか…十分に酵母が増えなかったので(ほんのり発泡した程度)、ドライイーストを酵母液に直接追加しました [続きを読む]
  • 発酵の成功失敗の見極め〜香りを嗅いで目で確認
  • やはり、発酵作業では香りを嗅いで何かおかしい…と思った自分の直感を信じるべきだということがよくわかりました。先日仕込んだいちご酵母液ですが、一度つないで酵母を増殖させていたところ、ある時点で、香りをかいで?と思うようになりました。【こんなに発泡していましたが…】酵母液の勝手なイメージは、さわやかな香りのするシャンパンのようなものです。実際、別に仕込んでいる甘酒酵母液はシャンパンのような香りがして、 [続きを読む]
  • 鶏肉で「肉+発酵調味料+@」漬け
  • 「肉+麹+@」漬けでよく使うお肉はやはり鶏肉。あ、今回は「肉+発酵調味料+@」漬けかな。左から、「味噌・甘麹・酒粕」漬け、「塩麹・生姜大蒜」漬け、「ヨーグルト・カレー粉・ケチャップ・塩」漬けです。この中で、「味噌・甘麹・酒粕」漬けは夫に不評でした(笑)味噌の強い香りに対抗するものとしてはやはり豚肉が良いのかもしれません。この組み合わせは、ある旅館で食べたスペアリブの味噌漬けにヒントを得ました。当時 [続きを読む]
  • 発酵食品を使った料理〜豚肉の醤油麹漬け
  • 私は「肉+麹+@漬け」をよく仕込んでおきます。週末とか、夕方帰宅が遅い日とか・・自家製醤油麹は火入れをしていないので、酵素の力を借りて楽チンをさせてもらいます〜【塩麹と醤油麹は欠かせない】足りなくなるなぁと思ったら新しい醤油麹を仕込みます。継ぎ足しはしていません。今回は、薄切り豚肉にスライス大蒜、甘酢生姜の千切り、醤油麹、ちょこっと味醂を足しました。運動に行ってくる予定なので、大蒜入れてパワフルな [続きを読む]