SHUMAI さん プロフィール

  •  
SHUMAIさん: GOODDAYS
ハンドル名SHUMAI さん
ブログタイトルGOODDAYS
ブログURLhttp://gooddays.hatenablog.jp/
サイト紹介文世の中の歪みをかいくぐってひたすら逆張りの人生を歩む俺の意見
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2017/06/15 00:39

SHUMAI さんのブログ記事

  • 敬語って本当に邪魔
  • 日本語以外の言葉を話せないのに言うのも難だが、儒教的なものがとにかく嫌いな俺は敬語の存在が嫌だ。gooddays.hatenablog.jp本当は全ての人との会話をお互いにタメ口でしたいのに、無礼だと思われたり、不快感を持たれるのが不本意なので、実際には真逆の対応をとることとなってしまい、残念ながら無難な敬語を多用してしまっている。そう思っていながら、年齢が上というだけで横柄なタメ口で話しかけてくる人にムッとするこ [続きを読む]
  • スポーツへの嫌悪感情
  • 当然、大阪の地震にばかり心配と関心が行くが、書けることがないので別の話を書く。このブログでスポーツについて書いた時に、昔は野球やサッカーに応援について書いていたことが多かったのだが、10年前ぐらいからはスポーツに対する嫌悪感情ばかりを書いている。俺個人がスポーツに関して理解できる要素は以下の要素である。スポーツをする楽しさと見る楽しさ。アスリートによるすばらしいプレーへの称賛。アスリート個人の [続きを読む]
  • 晴海埠頭と選手村の2018年6月中旬の状況
  • オリンピック選手村から徒歩圏内に住む者として、オリンピック選手村の工事状況を定期的に記録しておいたほうが良いなと思ったので、2月に続いて現在の状況をアップする。ここまでの大事業はそうそうないっすからね…。gooddays.hatenablog.jp晴海地区の選手村予定地区へ移動。前回、同じアングルでは撮影していなかったのだが、建物が高いところまで建っていてビックリ。4ヵ月前には構造物がこんなに高くまではできていなか [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS⑦ 我が家の脇役たち
  • 今シリーズは今回で最後となる。今回は10年前から部屋を彩ってくれている脇役を紹介させていただく。一部は7年選手だが、ほとんどは10年選手で、新人はほとんどいない。クラシックギターを弾く時の配置。クラシックギターを弾くには足台が必要一時期、自己流でムーンウォークを身につけたいと思った時期があり、全身とステップを確認できるサイズの巨大な姿見を買ったのだが、おかげでムーンウォークはほぼほぼ身についた。実 [続きを読む]
  • はてなブログに移転して1年が経った
  • 27歳の時にGOODDAYSを書き始めて14年弱だが、はてなブログに移転してちょうど1年が経つ。今は41歳なので、人生の3分の1はこのブログを書いていることになる。余談だが、昨日は同い年のうちのご主人の誕生日で1歳年上になった。今は無きLOVELOGに書いていた頃はブログを書いていた人同士でブログ上でもリアルでも交流をしたものだが、今は、コメントをもらうことすら稀である。過去に何度も述べているが、結婚したのも本ブログが [続きを読む]
  • ぐるっとパス
  • 東京ミュージアムぐるっとパスというものが2,200円で発行されているのだが、これを買うと初回利用から2ヵ月間にわたって東京都内の指定92箇所の施設に無料もしくは割引で入場できるというものだ。しかも、この92箇所の施設のラインナップは驚くほど充実している。なお、冊子&チケットもぎり制になっているので、同じ施設には1度までしか入れない。俺が昨年夏にウィーンに行った際に「ウィーンにはウィーンパスというパスがあって [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS⑥ 7年弱経った現在の部屋
  • 今回はリノベーション工事から7年弱経った現在の状況について、リノベーション前の状況と比較も交えながら述べる。下の写真は現在のリビングだが、リノベーション直後から部屋の様子はほとんど変わってない。現在のリビングリノベーション前のキッチンは閉鎖型のキッチンで、後ろから洗面所に入れる作りだった。リノベーション前のキッチン給湯器の位置をウォークインクローゼットの後ろにできたデッドスペースに変更す [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS⑤ デティールにこだわる
  • シリーズの③でパーツについて述べたが、今回も細かくこだわった点について述べる。家のスイッチは全て下のシンプルなデザインのスイッチで統一した。実は昔から船の操縦席にあるような鉄製のトグルスイッチをパチンパチンと動かすことにかなりの憧れがあったのだが、デザイン・色・費用・はじいた際に出る音の小ささと音色の良さ・はじいた感触のキレの良さ等を念入りに検討して結局はこのスイッチに決定した。指の腹で押す必要 [続きを読む]
  • 野球の乱闘とアメフトの悪質反則と危機管理のジャンル
  • 日大のアメフトの悪質反則に関連して個人的にどうしても理解できないことがいくつかある。アメフトの悪質反則は異常に叩かれるのに、野球の乱闘や報復の死球はどうして同様に叩かれないのか?両者がどう違うのかがさっぱりわからない。なお、こちらによると、メジャーリーグでは乱闘に参加しないと罰金というルールまであるそうな。内田正人氏と井上奨氏の行為と認識は俺が蛇蝎のように忌み嫌う体育会の悪い部分が出ているが、学 [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS④ 工事ビフォーアフター
  • 今回は我が家のリノベーション工事の様子について述べる。以前にも載せたのだが、以下の写真は内装を取り払ってスケルトン状態になった状態の写真である。多額のカネを投じて買ったのは要するにこのスペースなのだという気持ちに…余談だが、マンションを購入する前に不動産屋に頼んで、ゆうに百枚以上はある建築図面をコピーしてきてもらって、素人ながらも材質等を細かくチェックした。他にも管理組合の議事録だのなんだのと [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS③ パーツの選定
  • 北朝鮮情勢が激動するなか、木曜夜から日曜夜までソウルに出かけた。ソウル行きはてるみくらぶ事件の被害で頓挫していたのだが、35ヵ国目にして初の韓国上陸となった。旅行感想文と写真などはまとめて後日アップするが、個人的には相当な衝撃を受けた。昔から韓国のことがあまり好きではなかったので、これまで韓国に行かずにいたのだが、俺がこれまで「韓国はこの程度だろう」「なんで韓国に好んで行くかねえ」と勝手に思っていた [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS② 構想を練って業者を探す
  • 不動産の購入や交渉云々については、前回に紹介した通り、別の回に述べているため、今回は触れないが、居住中の物件を軽くリフォームして引き渡してくれる予定だったものを、現況での引き渡しにしてもらった。もちろんその分のリフォーム費用を値引きしてもらった上で取引価格の交渉をしたのだが、隅田川沿いの希少物件であっただけに本当にタフな交渉だった。東日本大震災があって間もない時期だったので、売主に「地震の時はどう [続きを読む]
  • GOODROOMS, GOODDAYS①
  • 5月19日に述べた通り、我が家のリノベーションとインテリアの詳細について少しずつ述べていくことにするので、複数回にわたるシリーズとなる。俺は、持ち家が持ったほうが良いか、借りたほうが良いかを損得勘定で悩むぐらいなら絶対に借りるべきだと思う。人生はいつ何があるかわからないので、リスクはできるだけ小さくしておいたほうが良いと思うからだ。また、低金利とはいえ、今は住宅の価格自体が高いと思うし、日本の人口 [続きを読む]
  • ケンカに巻き込まれた場合の中二病的脳内シミュレーション
  • 今回は路上でケンカに巻き込まれた場合の俺のシミュレーションについて書く。まずは路上で人とケンカになるような状況を回避する生き方をすることが第一だが、昔は血の気が多かったので、ケンカを売られるのを期待していたところがあるし、ケンカの仲裁も大好きだった。このブログに書いただけでも数回あると思う。gooddays.hatenablog.jpケンカの仲裁に関しては警察や係員が近くにいない場合は、俺がしなきゃ誰がやる?と思 [続きを読む]
  • 俺自身の強みについて
  • そんじゃそこらでは負けないと思う自分の強みについて述べるが、自分では掃除と整理整頓にだけは自信があるつもりだ。単純に俺よりも掃除と整理整頓を徹底的にしている人間を見たことがないからそう思うのだ。もちろん、これを神経質の超A型の潔癖な性格と言ってしまえばたちまち弱点にもなる。主に月曜日に溜まっているPodcastの番組を聴きながら、90分かけて猛スピードで床・レンジ周り・ベランダの手すり・窓の桟などを全て拭き [続きを読む]
  • 若者がインフルエンサーに振り回されたらどうする?
  • ツイッターはずっと前に少し使って時間の無駄だと思ったので長らく見ていなかったのだが、3月に新しく登録して見るようになった。フォロー者本人の発信しか読みたくないので、リツイート機能は全て非表示にしている。ちなみに俺もGOODDAYSで登録しているけど、本ブログの一部の更新情報を貼るだけで何も書いていない。そもそも、頭の中でまとまったことしか発信する気がしない俺にとって、ツイッターは発信用ツールとしては向かな [続きを読む]
  • 幸福への道と飽くなき努力は相反する
  • 本ブログでは幸福になるうえで必要な道は以下のような考え方だと繰り返し述べているつもりである。足るを知る。現状に満足する。周囲と比べない。周囲を気にしない。自分に期待しない。他人に期待しない。とにかく楽しいことをする。嫌いな人とは関わらない。時には諦めも肝心。有名にならない。子供の頃に近所の文具店に行って、「きれいな空とカッコ良いブルートレインの絵を描くぞ!」と思いながら画用紙を1枚だけ手に取っ [続きを読む]
  • バーチャルとエアと経験値カバー
  • ライブだとかトークショーだとかスポーツ観戦といった生のイベントは、場の空気を味わったり、みんなで応援したい時だとかテンションを上げたい時にはもってこいである。特に、場の空気や間が大切な落語や、スピーカーを通さないクラシックやジャズの演奏などはライブで聴いたほうがずっとすばらしいということは言うまでもない。また、ミュージカル大好き人間としては、スピーカーを使っているにせよそうでないにせよ、ミュージカ [続きを読む]
  • アイドルになる理由とアイドルを好きになる理由の接点
  • 常に主観で書くのが本ブログの特徴だが、今日は本当に100%主観であり、また、違う意見があることも認めるので、違う意見の方は読まないか、腹を立てないでいただきたく思う。商売でやっていることであり、商売が成り立っているわけだから別にいいといえばいいのだが、やはりアイドルという文化はおかしな文化だと俺は思う。なお、アイドル批判やオタク批判については随分昔に3度も書いている。gooddays.hatenablog.jpgooddays [続きを読む]
  • 山崎寿人氏著「年収100万円の豊かな節約生活術」に学ぶ豊かな生活
  • 今シリーズはとりあえず、ここまでで一区切りとなる。寝太郎さんは月に2万円の生活をBライフと呼んで実行されていて、今もB’ライフとでも呼ぶべき生活をされておられるが、「年収100万円の豊かな節約生活術」を著されている山崎寿人さんは月に8万円程度の出費で豊かな生活を送っておられる。寝太郎さんは小屋暮らしの際には、山梨県の人里に近い森の中にある自作の小屋に住んで、自作のコンポストトイレと湧き水とソーラー発 [続きを読む]
  • 寝太郎さんがアパートを借りたそうだが…
  • 今回は前回の続きになってしまう。以下が前回の内容である。gooddays.hatenablog.jpゴールデンウィーク中はうちのご主人の実家にいたので、前々回と前回は予約投稿をして出かけ、前回の内容がアップされたのは5月5日だったのだが、その1日前の5月4日に寝太郎さんのブログが以下のように更新されていた。そして、間が悪いことに、その内容がこれまでと一線を画した内容となっていたので衝撃を受けた次第である。mainennetaro. [続きを読む]
  • 中野孝次先生著「清貧の思想」は俺のバイブル
  • 先日、内山直氏著「幸せの確率」はアーリーリタイア本の決定版という内容で書いた際に、高村友也氏著「自作の小屋で暮らそう−Bライフの楽しみ」と山崎寿人氏著「年収100万円の豊かな節約生活術」の紹介をすると言っておきながら延び延びになっていたのでそろそろと思ったのだが、その前に俺のバイブルについて述べる。俺のバイブルには2冊あって、それは、デール・カーネギー著「人を動かす」と中野孝次氏著「清貧の思想」であ [続きを読む]
  • 有名人と無名人の人権を揃える必要はないのか?
  • TOKIOの山口達也氏の強制わいせつ不祥事の件について述べる。キスレベルの強制わいせつを成年相手に行った場合、同意の有無が争点となるだろうが、相手が未成年である時点で無条件で強制わいせつであり、日本で刑事事件として起訴されると99.9%は有罪となるので、起訴されないためにも、速やかに示談を目指さなくてはならない。有名人の事件に関しても、示談によって解決して不起訴に持ち込めた場合には明るみにならずに済むこ [続きを読む]
  • 圧倒的に女性優遇の世の中で
  • 大相撲の女人禁制の問題で、緊急時に女性が土俵に上がった際に退去するよう言ったのは言語道断だが、どさくさに紛れて、平時も女性を土俵に上がれるようにするべきかという問題が議題に上っている。もちろん、女性も土俵に上がれるようにするべきだと言うのは言論の自由だと思う。しかし、そもそも大相撲は、異常に健康の悪い食べ方をして太った男が・マゲを結って・尻の出た褌をして・神道の神事として行って・皆で一緒に住んで・ [続きを読む]