774RR さん プロフィール

  •  
774RRさん: 狩猟メモ
ハンドル名774RR さん
ブログタイトル狩猟メモ
ブログURLhttp://hunt-memo.blogspot.jp/
サイト紹介文狩猟や銃について、初心者なりに模索しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 180日(平均8.9回/週) - 参加 2017/06/15 07:05

774RR さんのブログ記事

  • レッドバード復活
  • 京北射撃場ブログ NEWレッドバード入荷のお知らせ >猟用レッドバード>弾頭重量12GA:32g、20GA:25g>弾速は12GA:470m/s、20GA:440m/s>イタリアのグワランディ社ボーラ弾頭2016年7月の記事:スラッグ・サボットの既製弾頭でも紹介しました。グワランディ社公式サイトhttp://www.gualandi.it/en/products_slugs/borra_proiettile.html動画:色々なスラッグを試しているTAOFLEDERMAUSプラスチック部分はhttps://www.youtube.com/wa [続きを読む]
  • 肉をどうやって持ち帰るか
  •  単独忍び猟で現地解体・残滓埋設の場合、どうやって肉を持って帰るのかが悩みどころ。 不定形なのが難点です。 35Lのザックに体重40kgの鹿からとれる肉12kgぐらいを収めたことがありますが、かなりギリギリでした。 先シーズン後半ではアルミ背負子を使っていましたが、担ぐのがちょっと面倒に感じられます。 肉は吸水シート(ペットシーツ)、ビニール袋、新品の土嚢袋に入れてから、背負子に固定していました。----------- [続きを読む]
  • ディアドラッグはパラコードでいいかも
  •  単独猟で、体重60kgぐらいの大き目の鹿を仕留めました。 林道の下から高さ1.5mぐらい引き上げようとしましたが、腰がやられそうで断念。 結局、車のリアシャフトにロープをひっかけ、車を使って引き出しました。 単独の場合、引きずって斜面を下るのは可能ですが、引き上げるのは厳しい。 体重40kgぐらいなら何とか引き上げられますが、長距離は無理。 Glenn's Deer Handleを使っていましたが、嵩張って持ち運びにくいのが [続きを読む]
  • ウエストバッグで山を歩く
  •  装備が重いと、車から歩くのが億劫になってきます。(関連記事:一日歩く体力、気力と装備) 20年前に買ったマウンテンスミスのウエストバッグを、段ボールから掘り出してきました。 一時期、流行った気がします。 しかし、街中で腰に巻くと微妙で、肩掛けで使うのも意味が無い。 デイパックより小さく中途半端で、次第に使わなくなっていきました。 現行品はこちら   中の防水コーティングは加水分解でボロボロにはなっ [続きを読む]
  • 軽量なスコープリング
  •  マウンテンライフルに合う、軽量なリングについて。 リングは重量が書いていないものがほ
    とんどで、軽量なものを探しにくいです。 海外の掲示板などの情報で、軽量そうなメーカーは
    こちら。talley aluminum one piece ringshttp://www.talleymanufacturing.com/Products/Lightweight-Alloy-Scope-Mount.aspxConetrol
    Projectionless Scope Mountshttp://www.conetrol.com/S&K Scope Mountshttp://www.scopemounts.com/index.h [続きを読む]
  • 革の登山靴にカビが生える
  •  衣替えの勢いで下駄箱を整理したところ、革の登山靴にカビが生えかけていました。【狩猟】スパイク地下足袋、スパイク長靴、スパイクシューズ【登山】革登山靴、布系登山靴、トレランシューズ、スパイク地下足袋【日常】スニーカー、トレランシューズ どんなに高級な靴でも、消耗品です。 使ってなんぼの道具なので、うまくローテーションして使っていきたい。 しかし、革の登山靴は車の運転がしにくいし、日常で履くにはゴツ [続きを読む]
  • ブローニングAボルト廃止?
  • 散弾銃のAボルトhttp://www.browning.com/products/firearms/shotguns/a-bolt/current-production/a-bolt-shotgun-stalker.htmlライフルのAボルトhttp://www.browning.com/products/firearms/rifles/a-bolt.htmlどちらもThese products are no longer in production.(これらの製品は生産されていません)となっています。 ミロクで生産しているAボルトですが、アメリカでは散弾銃、ライフルともに廃盤と読めます。 ライフルはX- [続きを読む]
  • 双眼鏡一覧
  •  購入候補の双眼鏡一覧です。 表にしましたので、参考資料としてご活用ください。https://docs.google.com/spreadsheets/d/1A6MjTJjT4DJlwA0FfWj3Q33wLgS_tdcP9Onw0FoBnAQ/edit?usp=sharing 6x30クラス、8x32クラス、8x42クラスを中心に調べました。 入れなかったもの。 倍率10倍は日本の山では使いにくそう。 対物レンズ径20mmは林内で使うには明るさが足りないと思われる。 [続きを読む]
  • 単倍のスコープ(fixed power scope)
  •  流通している多くのスコープにズーム機能がついていますが、あえて単倍というのにも惹かれます。 (関連記事:軽量なズームスコープ)----------------------------------- ズームスコープが普及する以前、戦争に使われたものは、どのぐらいの倍率か。 第二次世界大戦でフィンランド軍で使われたスコープ 倍率は3〜4.2倍、対物レンズは22〜38mmです。 PE 4 X 30 mm 80 mm PEM 4.2 X 29 mm 85 mm PU 3.5 X 22 mm 72 mm Ph [続きを読む]
  • 軽量なズームスコープ(lightweight rifle scope)
  •  重量にこだわるマウンテンライフルでは、スコープも軽量な物を選ぶようです。 比較的軽いものを中心に、表にまとめてみました。https://docs.google.com/spreadsheets/d/1p7dvB6PO4mDWYPm8QYf_qUTigdZq_8o-8wI6-I1BEgo/edit?usp=sharing 軽量なリューポルドVX-2 Ultralight 3-9x33mmが264gで、通常ラインのVX-2 3-9x40mmが318gと、その差は54g。 マウンテンライフルの比較では100g単位で違いがありましたが、スコープは構造的 [続きを読む]
  • オイルドコットンの作り方
  •  ブッシュクラフトの教科書で紹介されていた、オイルドコットン(oiled cotton)、ティンクロス(Tin Cloth)、ワックスドコットン(Waxed cotton)について。 大航海時代に帆布加工の技術として発達し、アメリカ開拓時代で幌や鞄、防水着に使われるようになった。 防水で悩ましいのは、地下足袋とミツウマ岩礁のような布地長靴。 長靴は中にゴムが入っているので防水性能には問題ありませんが、朝露や雪で湿っていると、外側が [続きを読む]
  • 書籍:ブッシュクラフトの教科書
  • https://www.amazon.co.jp/dp/4775941771/ 最近流行りつつあるブッシュクラフトの本を読んでみました。 実際の話として、ウール毛布とタープで寝るより、車中泊やテントを使うと思います。 焚き火にしても、自分で持っている山ならともかく、他人の山や公有林でやるのは難しい世の中です。 そんな中、気になったアイテムをメモ。 ロイクロフトフレーム(roycroft flame) 棒を3本組み合わせて作るフレーム。 画像検索結果 [続きを読む]
  • 書籍:世界で一番美しい包丁の図鑑
  • https://www.amazon.co.jp/dp/4767822890 図書館で家族が借りた本に入っていました。 なかなか読み応えがあります。 これまでに鹿を数十頭解体していますが、現地の皮剥ぎと大バラシは適当なナイフで何とかなります。 解体の知識を増やし、手順、手際、左手の使い方などを工夫することで、まだ効率化できる余地は残っています。 家に帰ってきてから 枝肉から骨をはずし、筋膜や筋を取り除き、小分けする方が時間がかかり、面 [続きを読む]
  • Aliexpressでカモフォーム類似品を買う
  •  何度でも巻きなおせるカモフォーム(mcnett camoform) アメリカでは15ドル、日本では2300円程度です。 同様の商品をAmazonで買いましたが、870にスコープを載せるにあたり、自作チークライザーを包むのに使ってしまいました。 考え方は色々ありますが、こういった消耗品で、品質の差が出にくいものであれば、中国産でもよいのでは。 狩猟銃アクセサリー 注文数順https://ja.aliexpress.com/category/100005474/hunting-gun-a [続きを読む]
  • 罠有害の手伝い
  •  猟期中ですが、罠による有害鳥獣捕獲を手伝ってきました。 設置1日、見回り4日で10頭の成果。 銃猟は、場所・時間・射程距離内の接近・射撃精度が組み合わさらないと成果に至りません。 掛け算なので、どれかの要素が1つでもゼロなら、成果もゼロになります。 罠は24時間動いてくれるという利点があります。 捕獲確率を上げるため、罠を増やすことも可能なので、成果は比較的出しやすいような気もします。(毎日の見回 [続きを読む]
  • 軽量なマウンテンライフル(lightweight mountain rifle)
  •  プレーリードッグなどの小動物を狙撃するバーミント(varmint)やシャープシューティングでは小口径のヘビーバレルを使います。 銃身が重いことのメリット・発射時の振動が減り、精度が良くなる。・リコイルが軽くなる・連続発射時に銃身が熱くならず、精度が狂わない。 別の方向として、マウンテンライフルがあります。 標高の高い場所に生息する山羊(goat)アイベックス(ibex)を撃つイメージで、軽さを優先します。 スカウト [続きを読む]
  • 車に保護フィルムを張る
  •  車には泥除けをつけていますが、泥や小石の跳ね上げでサイドシルが傷つくのが気になります。 スパイク長靴を履いて運転すると、乗り降りの際にドア部分を傷付けることがあります。 自分で傷をつけるので、かなり凹みます。 Amazonで保護フィルムを見つけたので、ついでに買ってみました。 愛車を傷から守る プロテクションフィルム 特大サイズ 153cm×30? スクラッチガード PPF HZ2002 1,350 円https://www.amazon.co.jp/d [続きを読む]
  • 積極的に双眼鏡を使ってみる
  •  8x21の双眼鏡ケースを、ザックの胸ベルトに通し、双眼鏡ストラップを首に掛けて使ってみました。 ライフルスコープを双眼鏡代わりにして捜索するより、腕を使わなくて良いのは楽です。 しかし、肉眼で発見 → スコープで確認 → そのまま発砲というパターンもありえるので、双眼鏡が必須とも言えない。 尾根沿いや草地では、倍率8倍がちょうど良い。 木化けしていたり寝ている鹿を探すのは、基本的には地面に沿った線で動か [続きを読む]
  • 黒いパラコードは使いにくい?
  •  海外通販のついでで買ったパラコード(パラシュートコード)。 パラシュートに使われているロープで、細くても重い物が吊れるという、中二心をくすぐるアイテム。 とりあえず黒を買ってみました。 ジッパーのドローコードにするなど、小物としての使い方なら良いのですが、いざ野外で物を吊ろうとすると、黒は見えにくく、扱いづらいです。 赤やオレンジなど、派手な色のほうが使いやすかったかも…-------------------------- [続きを読む]
  • シェルホルダーの緩み防止
  •  ゴムのシェルホルダーを使っていると、だんだんゴムが緩んで、弾が抜け落ちそうになってきます。 Twitterの@ly_roneさんがやられた例を真似してみました。セリアのカーテンリング。 この輪のみを使います。弾に差してみると、ロンデルにうまく引っかかる。ホルダーに縫い付けます。 とりあえず緩んでいる2箇所に施工。 縫い目が分かるよう、白い糸を使いましたが、ダサいですね… 誰に見せびらかす装備でもないので、とり [続きを読む]
  • 一日歩く体力、気力と装備
  •  2017年度、初めての忍び猟に行ってみたが、体力と気力が不十分でした。 体力は平日にぼちぼち鍛えていくとしよう。 忍び猟の場合、車から降りてぐるっと猟場を回り、また車に乗って移動します。 体力や気力が落ちてくると、午後2時ぐらいになって、「今日はもういいか…」という気分になってきます。(1)一日の行程とメリハリ 鹿は日の出、日の入り前後の活性が高いと、一般的に言われます。 魚釣りでいう朝マズメのようなも [続きを読む]
  • ベルクロのまとめ買いで悩む
  •  ちょっとした加工にはダイソーのベルクロを使っていました。 オスメス両方30cmで108円。 しかし、大物を作るには足りない。 Amazonでベルクロを探してみると。25mのものが売っていました。JCW 業務用 ファスナー 縫製用 強力 オスメス セット 長さ25m x 幅2.0cm (ブラック)1,120円https://www.amazon.co.jp/dp/B01MT30IE9/ m単価は44.8円。 切り売りで5mぐらいが理想なのですが… 25mはホームセンターに置いてあるロール [続きを読む]
  • いのしし.comの踏み抜きタイプの罠
  • 猪狩人(シシハンター)シシカブーhttp://www.shishiwana.com/product-list/54 塩ビパイプを切り、踏み板を内側に嵌める。 踏み板がズレるとバランスが崩れ、バネが締まる仕組みになっています。 塩ビパイプVU150 H50 合板4mm 外側にパイプ、内側に蓋よりさらに簡単で、材料費もかからなさそうです。 [続きを読む]
  • 富士フィルムのライフルスコープ
  •  北米の富士フィルムでは、ライフルスコープを作っている。 2000年ごろ作っていたが廃盤になり、再度参入の様子。 2017年8月発表http://www.fujifilmusa.com/press/news/display_news?newsID=881221 ラインナップhttp://www.fujifilmusa.com/products/sports_optics/accurion_riflescopes/index.html1.75-5 X 32  3-9 X 40 4-12 X 403.5-10 X 50 実売は170〜220ドルと安い価格帯。https://www.opticsplanet.com/fujinon-rifl [続きを読む]
  • コストコで狩猟に使えそうな物を探す
  •  アメリカ系の倉庫スーパー、コストコ座間店に2017年10月末に行ってきたので、狩猟に使えるものはないか探してきました。 事前に調べていたミドルウェア 1035200 カークランド ソフトシェルジャケット 税込み2798円。 しかし、店頭にはアメリカサイズのSとLしかない。 Lは胴回りが太く、この上にはコートしか着れなさそう。 Sならピッチリ系のインナーの上に着ればよいが、生地があまり伸びないのでいまいち。 店員 [続きを読む]