りんちゃん さん プロフィール

  •  
りんちゃんさん: 銀ちゃんとりんちゃんの性のお悩み相談室
ハンドル名りんちゃん さん
ブログタイトル銀ちゃんとりんちゃんの性のお悩み相談室
ブログURLhttps://ameblo.jp/gintorin/
サイト紹介文逝けないあなた逝ってみたいあなた、究極の愛の逝く逝く人生にあなたを誘います。質問にもお答えします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 123日(平均3.6回/週) - 参加 2017/06/15 09:54

りんちゃん さんのブログ記事

  • 過去の意識を打ち破る方法
  • こんにちは?りんです。 前々回、前回で過去の自分を知って、未来の自分を作る方法を書きましたが、そうは言っても過去の自分って手強いのです!というメールがたくさん届きました。 わかります! 私もかなり手こずりました。 自分でもほとほと疲れるぐらいに頑固です。 よく銀ちゃんに 「りんちゃんてホンマに頑固。」 って何度呟かれたことか?? 「わかっているのよ。本当にごめんなさい。でもどうにもならないの私。」 と言 [続きを読む]
  • 過去の自分を知って、未来の自分を作る
  • こんにちは??りんです。 前回私たちは過去の考え方に支配されていると書きました。 ではどうしたら過去に支配されなくなるのでしょうか? まずは、過去の自分をよく知りましょう。 太りやすい、平均以下の実力、貧乏、恋愛運がない、セックスで逝けない、不器用、可哀想、などなどと思っている自分はいませんか? 実際はこうした考え、思考はどれも真実ではないのです。 はい。これらの私は事実ではないと声に出して言ってくだ [続きを読む]
  • 自分の心に正直に生きる
  • りんです?? 気持ちのいい季節になりましたね。 銀ちゃんは今、と〜っても忙しくなかなかゆっくりする時間がないのですが、(銀ちゃんのカウンセリングの予約は早くて12月の中旬になりそうです。緊急事態の方は早めにご連絡ください。なんとか都合がつく日が1日くらいなら取れるかもしれません。)先日久しぶりにゆっくり過ごすことができました。 二人で散歩をしていると金木犀のいい香りがふわ〜ってしてきて思わず深呼吸しま [続きを読む]
  • 今のあなたの夢は何ですか?
  • りんです? 最近ふと思い出したことがあります。 実は私、アイドルになりたかったんです?? これね、言うの恥ずかしいのです。 でも、ここで恥ずかしがっていてはカウンセラーの名が廃る!! そう思って告白します。 私の年代はアイドル全盛期! 小さい頃は友達の家でキャンディーズの解散コンサートを見た記憶があります。(この時代にこんなこと生中継してたかなぁ?この記憶はちょっと不確かです。) 幼稚園の頃はピンクレ [続きを読む]
  • ストレスについて
  • お久しぶりです!りんです?? めっきり涼しくなりましたね。 この季節は大好きです。 昨日の夜は大きなお月様が見えましたよ。ご覧になりましたか? 満月は一昨日だったようでちょっとかけて居ましたが?? 夜に買い物に出た時に自転車に乗っていざ!と前を向いた途端 バーン!と目に飛び込んできました?? (すいません。これは満月の写真です。でもこのくらい迫力がありました。) ワォー!! 些細なことですが最高の気持ちに [続きを読む]
  • 逝けない貴女の心理的ブロック
  • 銀二です??よく雑誌や何かで見た記事には、セック スで逝っ たことがある女性は3割程だと書かれています。7割、つまり100人女性がいたら70人はセック スしても逝 けないと言うことです。また、実際に毎回毎回のセック スで絶頂に達せれる女性はもっと少ないのだと思います。実際に僕のセック スセラピーを受けに来る女性はほとんどの方が逝 けない女性ばかりです。恐ろしい事です。??ある種気持ち悪い話です。女の本当の幸せ [続きを読む]
  • 警告‼? 精子は飲んではいけません。
  • 銀二です??おしっこやうんこで病気が治るとか。おしっこをかけ合うとか。浣腸してうんこをかけ合えとか。トンデモ無いような変態的な非常識な事をこのブログは書いているようです。が、皆さんはトンデモ無い情報を鵜呑みにして、世間では常識になっている事があります??特にアダルトビデオやエロ小説、エロ漫画からその情報が拡散されています。それは、男が射精をする際に、膣外射精をする場合においての行為です。所謂、顔 [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑨ スカトロ編?
  • 銀二です??昔のお殿様には、専属のお医者様と料理人が付いていたのは当然の事だとは思うでしょうが、実は検便係もいて検便係がお殿様の毎日のうんこをチェックし、お医者にうんこの状態を報告し、そしてお医者が食事のメニューを考え、そのメニュー通りに料理人がお殿様の食事を作っていたそうです。勿論、昔のお医者と言うのは、今の様な西洋医学の医師では無くて、薬草や漢方を使うか、または日々の食事そのものが薬であると [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑨ スカトロ編?
  • 銀二です??皆さんはパートナーとおしっこをかけあってますか?貴女はご主人や彼、とにかくセック スをしているパートナーにおしっこをかけられたいですか?また、かけたいですか?男性にも同じ事を聞いてみましょう。彼方は奥さんや彼女、とにかくセック スをしているパートナーにおしっこをかけられたいですか?また、かけたいですか?おしっこ、つまり尿が汚いもの、不潔だと思う気持ちや意識は後天的に植え付けられた概念で [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑨ スカトロ編?
  • 銀二です??結婚生活において一番大切な事はお互いを共有すると言う事になります。寝室や寝具を共有したり食事を共有したり、着る物や家具、その他の道具を共有する事になります。子供が出来れば子供の育て方や与える知識や概念を共有する事になりますし、お互いの親を共有する事にもなります。もちろん、人生そのものを共有する訳ですし、人生の中での縁起や出来事、幸不幸を共有します。精神的には夢や目的、目標を共有する事 [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑨ スカトロ編 ?
  • 銀二です??先ずはつい先日の僕の体験から。皆さんは読みたくも無いとは思いますが哲学的、心理学的、生理学的考察です。僕が最後にウンコを漏らしたのは中学二年の時です。学校から帰り道の途中、田んぼのあぜ道を歩いている途中にやってしまいました。下痢便であったと思います。田んぼを越えればそこに家があったにも関わらず。思いっきりブリブリ、ビチビチとやってしまいました。家に帰ってお婆ちゃまがウンコまみれになっ [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑧ 無我の境地編
  • 銀二です??私達は通常、日常生活の中で色んなものを抱えています。仕事や家庭、子供や両親、社会に対しての責任や義務。目標や夢、理念や目的や理想、役割や使命感。名前、年齢、経験、知識、記憶、過去と未来の一切。負債や財産。これら現実の全ては恋愛にはお荷物になります。セック スをするにもお荷物になります。こんなもの抱えていては聖なる性の世界には入れません。私と言う意識、自分と言う意識を棄て無ければ括約筋は [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑦ 共通の夢編
  • 銀二です??あなたの夢は何ですか?と、街を歩いたらテレビかなんかの取材で呼び止められたとします。さて、一言で貴方は何と答えますか?夢と言うのは人生を通して、現実的に実現したい事です。メルヘンチックな妄想ではありません。まぁ、メルヘンチックでも良いのですが、現実のものにしなくては夢とは言えません。妄想でも良いですから実現しなくてはいけません。別に、魔法使いサリーちゃんになりたい??でも良いですから [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑥ 続 近親 相姦編?
  • 銀二です??この近親 相姦シリーズで最も大切なポイントは、自分にとっての異性の親の事を異性として好きなのか?果たして嫌いなのか?と言う事です。勿論、顕在的な浅く、感情的に分かりやすい好き嫌いではありません。潜在意識を知る事は、人生の中で一番大切な結婚と言うものを成功させるか、失敗させるかの分かれ目になるからです。もし、あなたが女性なら。あなたはお父さんの様な男性と結婚するべきなのか?それとも、お父 [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑥ 続 近親 相姦編 ?
  • 銀二です??さて、お母さん、お袋さん、ママ……。一体この存在と言うのは何なのか?と言う自己洞察です。例えば、貴方の目の前にお母さんがいる。果たして、その人は本当にお母さんなのか?僕の感覚から出た答えは?僕のお母さんは10歳の時に死んだ??と言う事です。発生学的には、遺伝的には今も、いつまでも母親である事は間違いありません。が、意識の上では、記憶の上ではと言う事です。お母さんの子宮の中で発生し、お母 [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?⑥ 続 近親 相姦編?
  • 銀二です??僕 は約束の前日の午後のフライトで目的地に到着していました。いよいよ待ち合わせの時間になりました。観光客が必ずは訪れる有名なレストランで母達のツアーのメンバーと落ち合い、一緒にランチを食べる事になりました。そして、別行動となります。明日、落ち合う場所と時間を確認し、全員に見送られ分かれました。近親 相姦 母子と見られないものなのか?どうか、ヒヤヒヤものでした。恐らく、そう言う動機から以前 [続きを読む]
  • 愛のあるセックスとは?⑧ 続 近親相姦編?
  • 銀二です??僕は約束の前日の午後のフライトで目的地に到着していました。いよいよ待ち合わせの時間になりました。観光客が必ずは訪れる有名なレストランで母達のツアーのメンバーと落ち合い、一緒にランチを食べる事になりました。そして、別行動となります。明日、落ち合う場所と時間を確認し、全員に見送られ分かれました。近親 相姦 母子と見られないものなのか?どうか、ヒヤヒヤものでした。恐らく、そう言う動機から以前 [続きを読む]
  • 愛のあるセックスとは?⑦ 続 近親相姦編?
  • 銀二です??それと言うのも、ちょうどその頃、国際電話が母親から突然かかって来て、その頃母親が一生懸命になっていた英会話のクラスの仲間達数人と、近いうちに初めての海外旅行に行けるかも知れないということでした。それも、その頃僕が住んでいるところからさほど遠く離れていない所にも寄ると言う事で、その際に顔を見せに合流出来ないか?もし、どこかのタイミングで近くのホテルに泊まる事が出来るなら、一泊くらいは仲 [続きを読む]
  • 愛のあるセックスとは?⑥ 続 近親相姦編 ?
  • 銀二です??人の悩みは色々あるものです。とりわけ、人間関係においての悩みは尽きないものです。健康の悩みも、お金の悩みも、当然の事ながら人間関係の悩みも、その基本はもの心がついた頃、つまり二、三歳の頃の家庭環境や受けた教育、その家庭の食生活から、お父さんの考え方、また特にお母さんとの接し方、お母さんの口癖、もちろん両親から受けた愛情の度合いや質の影響を受けるものです。と、すれば……。普通、結婚や恋 [続きを読む]
  • 愛のあるセックスとは?⑤ 近親相姦編
  • 銀二です??話の流れのついでに近親相姦と言うタブーについても触れておきましょう。僕は色々なジャンルのカウンセリングを、今までに一万人以上の方に行って来ました。セック スをした女性は千人を軽く越えています。ニューハーフの方は五人です。セック スをし会話が深くなると、僕は必ず近親相姦の話題を持ち出します。まぁ、何の関係も無い人にイキナリ近親相姦の話を持ち出してもシバかれるだけだと思いますが……??近親 [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?④
  • 銀二です??前回の流れから不倫について少し書きます。当然の事ながら不倫は駄目です??不倫は悪です??不倫はは最低の不貞行為です??僕は不倫に対しては断固反対です??不倫、不貞を働いたものは何らかの制裁が加えられて然るべしでしょう。と、これで良いでしょう。が‼? です。これらは概念的なものであり、人間の頭が作り出した社会的ルールです。結婚と言う枠組みを事実のものにする為には、その枠組みから外れた者に [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?③
  • 銀二です??極普通に愛のあるセック スをしたい??と言う想いのある人は、好きな人とするセック スをイメージすると思います。好きな人から告白されて、有頂天になり、デートをして、キスをして、いざ勝負下着をつけていよいよセック スに至ると言うストーリーが理想となるのでしょう。そして、問題のセック スですが。メッチャ燃え上がって最高のセック スだった??と言う場合も中にはあるでしょう。ところが案外、イマイチで [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?②
  • 銀二です??では本題に入ります。貴方は人に好かれたいのか?貴方は人の役に立ちたいのか?好きな人に、恋人に、パートナーに、お母さんに、お父さんに、友達に、仕事仲間に、お客さんに、もしブログを書かれていたり、ツイッターやフェイスブックをしているとしたら読者に。当然、良いね??と言われたり、好き??と言われたり、ありがとう??と言われたら嬉しいですし、やる気も出るでしょう。が‼? です。落とし穴はここ [続きを読む]
  • 感謝感激雨あられ
  • 銀二です??りんちゃんがブログを始めて約1ヶ月になります。僕はつい先日から12作品を思いつくまま書きました。ちょっとふざけ気味のプロフィールも書きました。何も考えずに、その時何故か想った事を書いています。別に意図を持って書いた訳でもありません。普通ならフェイスブックやメルマガ、ホームページと連動させて有料の動画やオーディオブックなどのデジタルコンテンツに繋げるのでしょうが今のところそんな事も考えては [続きを読む]
  • 愛のあるセック スとは?①
  • 銀二です??「 愛 」とは一体何なのか?もし、貴方が友達に野暮な質問をされたとします。「 ねぇねぇ〜、…さんはパートナーの事を愛してるの?」って。そうすると、貴方は答えます。「 愛してるわよ〜??」っとか。「 ぜんぜん、愛してなんかいないよ〜??」とか。ところが、真実の世界ではどちらの答えも間違っています。何故なら、どちらの答えも貴方の記憶の世界であり、貴方の過去の世界だからです。思考の世界、概念の世 [続きを読む]