理恵 さん プロフィール

  •  
理恵さん: 実活 〜じっかつ〜
ハンドル名理恵 さん
ブログタイトル実活 〜じっかつ〜
ブログURLhttp://everyday39.com/
サイト紹介文40代、50代の親との付き合いのリアル。 実家の片付け、葬儀、遺品整理、見守り、介護について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 159日(平均4.1回/週) - 参加 2017/06/16 09:34

理恵 さんのブログ記事

  • プルトップ・プルタブが開けられない高齢者のためのオープナー
  • 先日、近所のおばさん(70代)と話していて、おばさんの飼っている猫の話になりました。「やっぱり、カリカリよりも猫缶が好きだから毎日あげてるんだけど、缶を開けるのが辛くて・・」そういえば猫缶て、みんな引っ張って開けるタイプの缶に入っていますよね。一人暮らしのおばさんは加齢で瓶の蓋を開けるのにも苦労しているそうです。このおばさんにはいつもとてもお世話になっているので、補助具をプレゼントしました。あげる前 [続きを読む]
  • 高齢者世帯の冬じたく。
  • 急に寒くなってきました。これでも今年は冬になるのが遅いですね。我が家では居間にホットカーペットを敷くのですが、ほんの少しカーペットが畳から浮いているだけでも父がつまづく危険があるため、かなり気を使います。ゴザやカーペットを敷く時は、じゅうたん画びょうを細かい間隔で刺していくことが欠かせません。 これでも転ぶ時は転ぶんですけどね^^;それから、父が石油ストーブのそばを通らないように、家族で気をつけてい [続きを読む]
  • お風呂に入りたがらない高齢者をその気にさせる・我が家の方法
  • 今月79歳になる私の父がとにかくお風呂に入らないので困っています。どうしたものかと、あれこれ家族で試して効果のあった方法について書いています。高次脳機能障害による入浴拒否私の父は以前脳出血を起こした時の後遺症で「高次脳機能障害」という病気になりました。認知症とは違い、記憶障害や行動障害などはありませんが、穏やかだった性格がものすごく短期になってしまったことと、危機管理の能力が低下したという症状が出て [続きを読む]
  • 家庭の不用品引き取りには「産業廃棄物処理」の許可ではダメ〜!!
  • 不用品を有料で引き取ったあと、山野に不法投棄する犯罪があとを絶ちません。遺品不法投棄、回収時に過大料金請求 新たに1人逮捕遺品整理などで出た家庭ごみ約400キロを回収し、不法に捨てたとして、男3人が11日に札幌南署などに逮捕された事件で、沢井容疑者が、回収を依頼された客に対し「費用が高いのは不法投棄せず、適切に処分するため」などと説明していたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。道警は3人が合 [続きを読む]
  • AmazonからOK・簡単にできる「みんなのお焚き上げ」サービスとは
  • アマゾンからキットを注文して宅配便またはメール便で送れば、お焚き上げをしてもらえる「みんなのお焚き上げ」のサービスが開始されました。多忙のために溜め込みがちな、お焚き上げ品遺品整理や実家の片付けの時はもちろん、ゴミとして処分するのがためらわれる物って、意外と多いですね。仏壇や神棚、お守りや位牌はお焚き上げをするのがそれらの『もの』に対するマナーです。(関連記事:処分に困るのは仏壇・神棚だけじゃない [続きを読む]
  • 外国人・ロボットの介護を40代はどう思っている??
  • 介護現場での人員不足の解消のために外国人の労働許可の要件が緩和されましたね。ロボットの導入もどんどん現実的な話として進んでいます。私は、この動きは当然の流れだし、良いことだと思っています。ただ、他の人たちってどう思っているんだろう?と疑問だったところ、こんな記事を見つけました。【オリックス・リビング】「外国人実習生」「介護離職ゼロ」「介護ロボット」等、「介護の日」(11月11日)に合わせ第10回「介護に [続きを読む]
  • 物を捨てたがらない親についての記事一覧
  • 実家の片付けが大変なことの2大理由は「膨大な物の量」「捨てたがらない親の存在」です。物のない時代に育ち、「物をもつことこそ豊かさ」という価値観で生きてきた親の世代にとって、自分の持ち物を捨てるということは私たちが考える以上に辛いことなのです。 物を捨てたがらない親についての記事一覧 「感傷に浸らない」親の家 [続きを読む]
  • トラブル回避のための・不用品回収業者を選ぶ比較方法とポイント
  • 不用品回収サービスは、実家の片付けや遺品整理ではとても頼りになる存在ですが、きちんと比較・検討して選ぶことが必要です。知識がないとトラブルになったり、サービスに満足いかなかったりすることもあります。不用品無料回収にご用心無料で不用品を回収する、とうたっている業者には注意しましょう。【無料と思って呼び止めたら、後で有料と言われた】 「不用になった家電製品等を無料で回収する」とトラックでアナウンスして [続きを読む]
  • 途方に暮れないために・実家の片付けを成功させるカギは準備と手順
  • 自分の生活も大事にしつつ親の家や実家を片付けるには、準備と手順が必要です。 親の家が遠かったり、モノの処分について親と意見が合わなかったりするという点で、実家の片付けは自宅の片付けとは大変さが違います。無計画に始めると途中であまりの大変さに挫折してしまったり、終えることができたとしても何年もかかることもある一大事業といえます。片付けが原因で、体調やメンタルを崩してしまう人もいるほど。 事情は、その家 [続きを読む]
  • 実家片付けの成功に欠かせないこと。不用品処分の方法と注意点
  • 実家に蓄積された、おびただしい”不用品”の数々を処分していくことが、実家片付けの一番の目的です。「捨てる」というのはあまりにさびしいので「処分」という言葉でその方法を解説します。(「処分」、もまだ寂しさがありますが・・)基本的に、回収に出す場合は自治体のHPを確認すれば詳しい情報を得ることができます。引越しも控えている場合は引越し手続きの情報もいっしょに手に入れておきましょう。家具・家電を処分する [続きを読む]
  • 【意外な盲点】実家・親の家を片付けるときに注意したい19のこと
  • 意外に見落としがちな、実家や親の家を片付けるときに注意したいことをまとめました。実家の片付けにおける注意①時期1.真夏は避ける家の引き渡し期限が決まっている時は仕方がありませんが、時間に余裕があるときはなるべく気候のいい時期を選びたいものです。片付けは窓や戸を開けはなしたりして行うので、エアコンで気温調整ができませんから、真夏や真冬は作業が厳しいものとなります。特に真夏は、マスクや手袋をつけての作業 [続きを読む]
  • 実家の片付けに不用品回収業者を利用するメリット・デメリット
  • 実家の片付けに不用品回収業者を利用するメリット・デメリットについてです。片付けは体力も気力も非常に消耗する一大事業。家族の負担を軽減するためにメリット・デメリットを踏まえた上で、業者利用を検討してみてはいかがでしょうか。不用品回収業者の費用の相場は?トラック一台あたりの引き取り相場気になる不用品回収業者の費用の相場ですが、地域や業者によってかなりばらつきがあります。軽トラ1台にのる荷物(家電を含ま [続きを読む]
  • 終活もここまで来た・・・「かんおけ体験」「遺影撮影」ツアー。
  • 終活ブームは続いていますが、終活はセミナーにとどまらず、ツアーもあるそうです。こんな記事を見つけました。「終活」ツアーで体験 アルピコ交通が11・12月に日帰りで企画長野県松本市のアルピコ交通は、人生の終わりを自分で準備する活動「終活」の高まりに着目し、遺影の撮影やひつぎへの入棺を体験できる「日帰り終活ツアー」を11月22日、12月21日に初めて実施する。(中略)価格が5万〜12万円の3種類のひつぎへ [続きを読む]
  • やんちゃだった故人の、遺品整理に注意。
  • こんな記事がありました。引っ越し先にアタッシェケース、中から拳銃と実弾 横浜昨年11月、横浜市のマンションに住民が入居したところ、クローゼット内にアタッシェケースがあり、中から拳銃2丁と実弾64発が見つかる事件が起きていたことが分かった。(中略)容疑者は「拳銃は兄の遺品整理で出てきた。隠す場所がなかった」と供述しているという。引用元:朝日新聞デジタル あら、大変!お兄さん、ヤンチャだったのですね・・ [続きを読む]
  • 便利すぎることが、老化をすすめている気がします。
  • 先日母がお邪魔したお宅は、ご夫婦の老後の生活のためにリフォームを済ませたばかりだったそうです。全室に手すりが付いていて、バリアフリーになっていて、「あれなら安心よね」と母は羨ましそうでした。「ただね、あれはどうかなと思ったの」と母が言っていたのは、トイレの事。「最近、全自動で掃除をしてくれるトイレをつける家が多くて、かがむと腰にくるから羨ましいなと思っていたんだけど、掃除だけでなく、蓋の開け閉めや [続きを読む]
  • 日本じゅうが「同じことを何度も言う」にあふれてる。
  • 母が、十代のころ一緒に工場勤めをしていた友人宅に泊まるため、他県までお出かけ。「50年以上も会っていなかった人の家によく泊まりに行くね・・・」私と娘は絶句。「あんた(私)だって、インターネットで知り合った人と会ってるじゃない!!」いや、それは、最近の価値観が合うから仲良くなった人であって・・50年もたてばまったく別人だろうし、泊まりに行くとかハードル高いわ〜・・・と思っていましたが・・高度成長期をささ [続きを読む]
  • 家族にしょうもない人がいるのも、悪くない。かもしれない。
  • 私の父は若い時からアル中気味です。朝から飲んでいることなどしょっちゅうです。暴言を吐いたり暴れたりという酒癖はありませんが、すぐ寝てしまうかロレツが回らない口調で話しかけてくるので、イライラさせられることもあります。母がいうには、父は夜勤の仕事が多かったので、帰りに夜勤の人専用の酒場で朝飲んでから寝る習慣がついてしまったとか。うーん・・そうか?父はとても優しい人ですが自分にも優しいのであまり我慢と [続きを読む]
  • 高齢者だらけの地域のコンビニ、一番売れているものは・・・
  • 去年末、うちの近所にコンビニができました。大きな道路に面してはいるものの、観光地でもなく通勤ルートでもなく学校もそばにありません。空き家ばかりが目立つ寂しい場所で、少ない住人もほとんどが高齢者です。「こんなとこに開店して大丈夫なのかな・・・」と余計なお世話ですが心配していました。 ところが、このコンビニの売り上げはかなり快調だと噂に。それを聞いて、私も時々利用しているときに注意して様子を見ることに [続きを読む]
  • 一日一日が、いつか思い出になるんだなと感じた秋の朝。
  • 今朝は朝からよく晴れて、涼しくてとても気持ちいいです。子供たちを学校に送り出して、窓を大きく開け放ち、布団と洗濯物を干した後に両親と朝のドラマを見ていました。とくに会話もなく、同じ画面を三人で見入って。そのあと黙って三人で朝ごはんを食べました。居間の外を猫が横切る影が窓に映るのを見ていて、ふと「こういう何気ない日々のこと、親がいなくなったら思い出すのかもしれないな・・」と思いました。 一緒に住んで [続きを読む]
  • 母が食中毒?ちょっと意地悪な気持ちが残念な週末を招きました
  • きのうの土曜日、娘とふたりで外に出かける用事があり、前から行ってみたかった店で昼食を食べました。二人して大満足で帰ってきて、私は運転に疲れてちょっと眠ってしまいました。起きたらもう5時。まだちょっと疲れているし、もうご飯を作る気力がない・・と、夕食はスーパーで買ってきた寿司で済ませました。母には海鮮巻き、子供たちには太巻き、私は昼食が多くてお腹が空かなかったので夕食は抜きで。 けさ起きてみると、母は [続きを読む]
  • 遺品整理業者の失敗しない選び方。比較で優良業者を選ぶポイントは?
  • 遺品整理業者の選び方を誤ったことで後悔している人が増えています。ほとんどの人が一生のうちに一度、多くて二度ほどしか経験しない遺品整理作業。個人で行うにはあまりに負担の大きいこの作業を、最近では業者に依頼するのが主流になっています。ただ、デリケートな配慮が必要なこの作業、どの業者にやらせてもいいというわけにもいきません。故人にとっても遺族にとっても良い業者はどのように選べばよいでしょうか・・?経験者 [続きを読む]